エリートだけが会員になれるデーティング・アプリは社会問題?

エリートだけが会員になれるデーティング・アプリは社会問題?

  アメリカでも結婚相手やパートナーとの出会いに繋がるオンライン・デーティング・サービスの需要は高く、各社は年齢層や地域を限定したり、人種や宗教で括ったり、真剣度の差などを売りにして競っている。そんな中、「会員になれるのは、男女ともエリートのみ」と厳しく限定したデーティング・アプリが注目されている。


パワー・カップルのためのデーティング・アプリ「League」

 両者ともに高学歴、高収入のカップルのことを「パワー・カップル」と呼ぶが、お互いに高いパフォーマンスを求められる仕事を持つ多忙な二人が出会うのは、なかなか難しい。そんな中、スタンフォード大学でMBAを学んでいたアマンダ・ブラッドフォードさんが、自身のように「成功したいと大志を抱く人同士」を対象にしたデーティング・サービスが必要だと思い立ち、2015年にサンフランシスコで立ち上げたのが、「League」(リーグ)だ。

 その名前からアイビーリーグを連想するかも知れないが、まさにその通り。「そこに属せる優秀な人だけのエリート・グループ」というブランディングを明確に打ち出したサービスだ。キャッチフレーズは、「賢く会おう」。立ち上げ当初からメディアでも話題にしたが、若く美しい女性起業家のお手並み拝見的な、やや批判的なコメントも多かった。

 それから約3年。今やニューヨークなど全米17都市で展開し、30万人の会員を抱え、ウエイティング・リストにはなんと50万人もの申し込み者がいるというサービスに成長した。会員の質を保つため入会審査に時間がかかり、場合によっては、会員申請をしてから可否がわかるまで数カ月待ちだという。

不平等を売り文句にして何が悪い?

 日本でも「男性会員は高学歴、高収入者のみ」という広告を出している結婚相談所はあるが、「League」の場合は、女性も高学歴、高収入者でなければ入会できない。たとえば年収1千万以上の二人が夫婦になると、かなり裕福な生活ができるだけでなく、ブラッドフォードさんによると「高学歴の人は上昇志向が高いので、人生の目標にも共通点が多い」という。

 男性会員の「高収入」をうたったライバル企業は多い中、「League」が健闘しているのは、ウエイティング・リストが長いことや、マッチングに対して速やかに返答しない会員は、「全員の時間の無駄になるため、キックアウトする」という強気な姿勢なども支持されているようだ(再び25ドル支払わないと会員には戻れない)。

 しかし、こういうことを推進すると、さらなる社会的な格差を生むと指摘する専門家や貧困支援団体らの声もある。格差問題の理由として引用されることもあるアプリだが、ブラッドフォードさんは「自分のスタンダードが高い人同士で付き合いたいと思うことは、何も悪くない」と気にする様子はなく、さらに良いマッチングができるシステムの開発や宣伝などに余念がないそうだ。

 現在このアプリが使用できるのは、ニューヨーク、ボストン、ロサンゼルス、サンフランシスコ、シアトル、シカゴ、ワシントンDC、ダラスなど大都市のみ17地域だが、この様子だと今後はさらに使用できる都市が増えそうだ。

その他のアメリカ人の「恋愛」に関する記事

この記事の寄稿者

関連する投稿


文化の「盗用」について考える

文化の「盗用」について考える

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが語る。アメリカに住んでいると、たびたび話題になるのが「文化の盗用」。当事者としてこの問題を扱うことになって感じたこととは?


アメリカにおける結婚と現実

アメリカにおける結婚と現実

国際結婚をする人が増えているが、アメリカ人と結婚する場合は、上手くいかなくなった時のリスクも考えた方がよさそうだ。


アメリカで支持される出会い系アプリ 〜新しい恋愛の形〜

アメリカで支持される出会い系アプリ 〜新しい恋愛の形〜

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生のトレンドなどの情報をお届けする。今回紹介するのは、周囲の大学生やシングルスたちから支持されている数々の出会い系アプリだ


プリンセスへの憧れ リアル・シンデレラ・ストーリーの影響力

プリンセスへの憧れ リアル・シンデレラ・ストーリーの影響力

今年の5月にイギリス王室のヘンリー王子と結婚したアメリカ人の女優、メーガン・マークル。サセックス公爵夫人になったリアル・プリンセスは、これまで皇室に入った女性たちよりも親しみやすい雰囲気があるとファンが多い。「メーガンのようになりたい!」と思っている熱烈ファンたちのトレンドを紹介しよう。


割り勘も立て替えもアプリ「Venmo」でらくらく!

割り勘も立て替えもアプリ「Venmo」でらくらく!

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生のトレンドなどの情報をお届け。今回紹介するのは、友人たちとの食事で割り勘にするときや、誰かの分を立て替えてあげるときに助かるアプリ、「Venmo 」。






最新の投稿


成功への選択「入浴剤」2019年1月18日~1月24日

成功への選択「入浴剤」2019年1月18日~1月24日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


アメリカの本当の顔とは?

アメリカの本当の顔とは?

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、時代の変化に柔軟性のない共和党(保守)に対して、民主党(リベラル)がいかにそうした変化を受け入れて柔軟であるかを軸に、アメリカのあるべき今後の姿について語る。


誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

エンターテインメントの街、ラスベガスは、カナダに本拠地のあるシルク・ドゥ・ソレイユのアメリカ拠点としても知られている。現在ラスベガスでは6つのショーが上演されているが、その本場の舞台に出演中の日本人パフォーマーが、新しいビジネスをスタートさせた。ラスベガス旅行を計画している人には特に注目の新情報だ。


あれから1年、#MeToo はどうなった?

あれから1年、#MeToo はどうなった?

アメリカ生活20年強。翻訳家の高柳準が、アメリカ文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回はハリウッド界に端を発する「#MeToo」について。女性差別問題は根深く、複雑化しやすい。性別や文化により、セクハラと性犯罪の違いに対する意識の違いを浮き彫りにしたこの運動、あれからどうなったのだろう?


アメリカ版の福袋? 女子力アップの「サブスクリプション・ボックス」

アメリカ版の福袋? 女子力アップの「サブスクリプション・ボックス」

日本の1月の風物詩のひとつである「福袋」。今年も85,000円もする「ジャイアント馬場福袋」があっという間に完売したり、新たな出会いを願う人のための「婚活福袋」が登場したりと世間を賑わせたが、アメリカにも福袋の発想に近い商品がある。それは若い女性を中心に人気を博している「サブスクリプション・ボックス」だ。その箱の中身とは?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング