未来の起業家育成は地域が応援!

未来の起業家育成は地域が応援!

アメリカ全土で、子供のための「起業家教育」プロジェクトが盛んになってきた。全米で最も大きな起業家育成イベントは、「Acton Children's Business Fair」という、地域社会を巻き込んだ子供のための「起業フェア」だ。これは、どのように運営されているのだろう?


子供の未来を変える革命

 「世界各地で、1日ひとつのフェアを実施しよう」という目標を掲げてスタートした「Acton Children's Business Fair」。テキサス州オースティンを拠点とするActon AcademyとActon MBAプログラムの共同事業で、「小さな教育機関が始めた、子供の未来と世界を変える革命」と呼んでいる活動のひとつだ。彼らの活動に賛同した人々の口コミにより、このフェアは年々拡大し、今やアメリカ全土に広がっている。

 フェアの目的は、子供たちの起業家精神を促し、人生における彼らの個人的な使命を見つける手助けをすること。子供たちに「1日起業家」として、自分の考えたビジネスを運営させる機会を提供している。

 子供たちが披露するビジネス・アイデアは実に興味深い。子供らしい発想で絵やクラフトグッズを作って売る子供もいれば、靴磨き、ヨガ指導などのサービスを売る子供もいる。なかには自分が開発した発明品やアプリの販売権、代理店の権利を販売する子供もいるというのから驚きだ。そんなフェアの概要がわかる映像はこちら。

Children's Business Fair 2014 from Amanda Horvath on Vimeo.

フェアというより、もはやムーブメント?

 このフェアが成長した秘訣は、地域社会を巻き込んだことだ。自治体が主催する形でフェアを主催するケースや、子供関連の活動を行うボランティア・グループが呼びかけ、地域のイベントとしてフェアを行うなど、コミュニティーが一丸となり、この活動を盛り立てているという特徴がある。

 夏休みなど子供の自由時間が多い時期には、文字通りアメリカのどこかで必ずこのフェアが開催されているという現状だ。もはやこのフェアは単なる子供対象のフェアというより、地域や国をあげて子供の起業家精神を応援するという、新しい「ムーブメント」と言えるのかもしれない。

https://www.childrensbusinessfair.org/

サマーキャンプで未来を創造するリーダー育成

https://bizseeds.net/articles/696

夏休みが長いアメリカでは、子供を「サマーキャンプ」に送るのが通常だ。キャンプといっても、テントで寝泊まりするのではなく、科学や美術、スポーツなど様々なスキルを学ぶためのもの。なかでも昨今の人気は……?

アメリカの「子供」に関する記事

この記事の寄稿者





最新の投稿


電通イージス 、ファッション界の巨人LVMHの北米広告担当に

電通イージス 、ファッション界の巨人LVMHの北米広告担当に

世界的な高級ブランド・コングロマリットであるLVMH(モエ・ヘネシー・ルイヴィトン)社。同社が所有する全ブランドの北米における広告を、電通の海外企業である電通イージス・ネットワークが行うことが決定した。LVMHは 昨年だけで北米市場になんと3億8,600万ドル(約428億円)もの広告費を使っている。


成功への選択「夏の日の大雨」2018年8月17日~8月23日

成功への選択「夏の日の大雨」2018年8月17日~8月23日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


テキサス人は、なぜオノ・ヨーコが嫌いなのか?

テキサス人は、なぜオノ・ヨーコが嫌いなのか?

テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、ビートルズの故ジョン・レノン氏の未亡人オノ・ヨーコ氏が、平和のために新作アルバムを発表するニュースを南部テキサス人はどう捉えているか、というレポートだ。


未だかつてない日本のビジネスに、アメリカ失笑

未だかつてない日本のビジネスに、アメリカ失笑

ここ数週間、アメリカで笑いが伴う話題に上るようになった日本企業、ワキノ広告社。BizSeeds編集部はアメリカにあるため、この会社が日本でどれほどの知名度があるのか分からないが、ワキノ広告社が販売する驚きの広告スペースに、アメリカ人が失笑中だ。


赤ちゃんがすぐ泣き止む画期的なロボティックス・ベッド

赤ちゃんがすぐ泣き止む画期的なロボティックス・ベッド

2002年に育児書でベストセラー本とDVDを出版した小児科医が、多額の投資を受けてハイテックなロボティックス・ベビー・ベッドを開発した。育児における親の「消耗」が最大のストレスに繋がると警告する同医師が、親たちのストレスを軽減するために開発した画期的なベッドを紹介しよう。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング