未来の起業家育成は地域が応援!

未来の起業家育成は地域が応援!

アメリカ全土で、子供のための「起業家教育」プロジェクトが盛んになってきた。全米で最も大きな起業家育成イベントは、「Acton Children's Business Fair」という、地域社会を巻き込んだ子供のための「起業フェア」だ。これは、どのように運営されているのだろう?


子供の未来を変える革命

 「世界各地で、1日ひとつのフェアを実施しよう」という目標を掲げてスタートした「Acton Children's Business Fair」。テキサス州オースティンを拠点とするActon AcademyとActon MBAプログラムの共同事業で、「小さな教育機関が始めた、子供の未来と世界を変える革命」と呼んでいる活動のひとつだ。彼らの活動に賛同した人々の口コミにより、このフェアは年々拡大し、今やアメリカ全土に広がっている。

 フェアの目的は、子供たちの起業家精神を促し、人生における彼らの個人的な使命を見つける手助けをすること。子供たちに「1日起業家」として、自分の考えたビジネスを運営させる機会を提供している。

 子供たちが披露するビジネス・アイデアは実に興味深い。子供らしい発想で絵やクラフトグッズを作って売る子供もいれば、靴磨き、ヨガ指導などのサービスを売る子供もいる。なかには自分が開発した発明品やアプリの販売権、代理店の権利を販売する子供もいるというのから驚きだ。そんなフェアの概要がわかる映像はこちら。

Children's Business Fair 2014 from Amanda Horvath on Vimeo.

フェアというより、もはやムーブメント?

 このフェアが成長した秘訣は、地域社会を巻き込んだことだ。自治体が主催する形でフェアを主催するケースや、子供関連の活動を行うボランティア・グループが呼びかけ、地域のイベントとしてフェアを行うなど、コミュニティーが一丸となり、この活動を盛り立てているという特徴がある。

 夏休みなど子供の自由時間が多い時期には、文字通りアメリカのどこかで必ずこのフェアが開催されているという現状だ。もはやこのフェアは単なる子供対象のフェアというより、地域や国をあげて子供の起業家精神を応援するという、新しい「ムーブメント」と言えるのかもしれない。

https://www.childrensbusinessfair.org/

サマーキャンプで未来を創造するリーダー育成

https://bizseeds.net/articles/696

夏休みが長いアメリカでは、子供を「サマーキャンプ」に送るのが通常だ。キャンプといっても、テントで寝泊まりするのではなく、科学や美術、スポーツなど様々なスキルを学ぶためのもの。なかでも昨今の人気は……?

アメリカの「子供」に関する記事

この記事の寄稿者





最新の投稿


成功への選択「理想の家」2019年3月22日~3月28日

成功への選択「理想の家」2019年3月22日~3月28日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


【Red vs. Blue】米国土安全保障省、留学生の取締まりのため「おとり」の偽造大学設立

【Red vs. Blue】米国土安全保障省、留学生の取締まりのため「おとり」の偽造大学設立

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は不法滞在者のおとり捜査をするために、米国土安全保障省が「おとりの偽造大学」を創設していたことについて。


ミレニアル世代は「社会主義」のイメージまで塗り替える?

ミレニアル世代は「社会主義」のイメージまで塗り替える?

アメリカ生活20年強。翻訳家の高柳準が、アメリカ文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回は資本主義よりも社会主義に魅せられるという、ミレニアル世代たちについて。なぜ今、社会主義なのだろう?


アメリカの若者は占星術の虜?

アメリカの若者は占星術の虜?

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生たちのトレンドなどの情報をお届けする。今回は占いにハマる人が急増中という、アメリカのミレニアル世代たちについて。


アメリカでタイダイ柄がカムバック! 政治の影響がファッションに

アメリカでタイダイ柄がカムバック! 政治の影響がファッションに

1960年代のアメリカを一世風靡したヒッピー・ムーブメント。その頃の若者たちが着ていたカラフルな絞り染め、「タイダイ柄」を覚えているだろうか? 1950年代の厳しい社会的規範から逃れて自由を謳歌し、個人を表現するカウンター・カルチャーのシンボルとして大流行したタイダイ柄が、アメリカで再び流行り出しているようだ。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング