疲れたニューヨーカーを癒す、スーパー銭湯?

疲れたニューヨーカーを癒す、スーパー銭湯?

マンハッタンを望むニュージャージー州に昨年オープンした「SoJo Spa」。このスパでは、「韓国風の高級スパをイメージしたサービス」を売りにしているが、アジア式の風呂文化をアメリカ人に広めるのに、ひと役買っているという。


韓国風というが、日本風な感じも?

 「SoJo Spa」の売りは9つあるプールとバス。屋外のプールスペースはマンハッタンが望める絶景が楽しめ、疲れたニューヨーカーたちを癒す人気スポットになっているという。「韓国式」をうたってはいるが、日本人の目から見ると、「打たせ湯」を彷彿させるショルダー・マッサージ・プールなるものや、小石を敷き詰めた上に水を張ったフットマッサージ・エリアなど、まるで日本の温泉のような造りになっている。この施設を紹介した映像はこちら。

さまざまなサウナや垢すりサービスも

 このスパのもうひとつの魅力は、サウナ。スタンダードなドライ・サウナ、炭を使ったサウナ、ヒマラヤ岩塩を使ったサウナなど全部で5種類のサウナを完備している。体を冷やすためのアイスルームや、岩盤浴の設備もある。韓国式というだけあって、垢すりのサービスもあるが、その施術は高級エステのような雰囲気の中で受けられるという。気になる施設使用料は、平日60ドル、週末75ドルと物価の高いニューヨークにしては手頃だ(ただし、マッサージなどのサービスは別料金)。

 どうにも日本の健康ランドや温泉施設を彷彿させる施設だが、顧客のほとんどがアメリカ人だ。この現地での人気を見ると、韓国風に限らず、日本の風呂文化ももっと浸透していいはずだが、韓国式は全米各地にあっても日本式スパ施設は見かけない。「シャワー中心で、入浴法も簡単」というアメリカで、日本の温泉風の入浴が楽しめる施設があれば流行るかもしれない。日本のホスピタリティ産業の市場拡大の先に、アメリカを加えてみてはどうだろう?

https://www.sojospaclub.com/

風呂好きが多い日本でも流行るか? アメリカの最新バスタブ

https://bizseeds.net/articles/745

アメリカでは「湯船に肩まで浸かって毎日温まる」という人は、日本に比べると極端に少ない。たいていのアメリカ人は、毎日シャワーのみだ。しかし最近はアメリカでも湯船の効用が認識されはじめ、性能の良い「バスタブ」が開発されている。なかには、こんな優れた商品も登場している。

アメリカの「健康」に関する記事

この記事の寄稿者

関連する投稿


アメリカの巻き髪女性の秘密兵器は「魔法の杖」

アメリカの巻き髪女性の秘密兵器は「魔法の杖」

ファッション系や美容系インフルエンサーたちのインスタグラムでは、新しい化粧品や洋服の写真はもちろん、ヘアスタイルやヘアケア商品の写真も多く見られる。なかでも長い髪の毛をドライヤーで巻いて「巻き髪」にした写真は定番のひとつ。その巻き髪を作るためのドライヤーも日々進化を続けているが、今、注目の商品は「魔法の杖」らしい。


「使用済みのティッシュペーパー」を高額で販売?!

「使用済みのティッシュペーパー」を高額で販売?!

他人が使用したティッシュペーパーなど、触りたくもないと思う方が一般的な気がするが、米ロサンゼルスに、それを高値で販売している会社がある。なぜ、そんなものが売られているのだろう? そもそも、誰がわざわざ他人が使用したティッシュペーパーを購入するのだろうか?


アメリカで大ヒット中の「Kombucha」、アルコール入りも登場

アメリカで大ヒット中の「Kombucha」、アルコール入りも登場

アメリカ、特に西海岸のヘルスコンシャスな人たちの間で「コンブチャ」が流行り始めて既に数年が経つが、いよいよ本格的な「コンブチャ・ブーム」が到来。 一般のスーパーマーケットの棚にも様々なコンブチャ・ドリンクのボトルが並ぶようになり、今もっとも成長が速い商品と言われている。そんな中、なんとアルコール入りのコンブチャまで登場した。


ソーシャルメディア時代にぴったり!写真映えするビタミン剤

ソーシャルメディア時代にぴったり!写真映えするビタミン剤

ちょっと変わったマルチビタミンが注目を集めている。特に変わっているのはその「形状」だ。今まで見たことがないような新しいデザインの錠剤は、写真映えするという理由から、たちまち世間に浸透した。一体、どんなビタミンなのだろう?


アメリカに浸透する「カリフラワー食」

アメリカに浸透する「カリフラワー食」

一般的に流通する野菜のひとつだったカリフラワーが、4〜5年前からニューヨークやロサンゼルスなどの米沿岸都市部で脚光を浴び始め、 今や最も人気のあるヘルシー野菜の代名詞になった。控えめなサイドディッシュでしかなかったカリフラワーが、なぜ、アメリカでこれほどウケたのだろう?






最新の投稿


成功への選択「理想の家」2019年3月22日~3月28日

成功への選択「理想の家」2019年3月22日~3月28日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


【Red vs. Blue】米国土安全保障省、留学生の取締まりのため「おとり」の偽造大学設立

【Red vs. Blue】米国土安全保障省、留学生の取締まりのため「おとり」の偽造大学設立

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は不法滞在者のおとり捜査をするために、米国土安全保障省が「おとりの偽造大学」を創設していたことについて。


ミレニアル世代は「社会主義」のイメージまで塗り替える?

ミレニアル世代は「社会主義」のイメージまで塗り替える?

アメリカ生活20年強。翻訳家の高柳準が、アメリカ文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回は資本主義よりも社会主義に魅せられるという、ミレニアル世代たちについて。なぜ今、社会主義なのだろう?


アメリカの若者は占星術の虜?

アメリカの若者は占星術の虜?

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生たちのトレンドなどの情報をお届けする。今回は占いにハマる人が急増中という、アメリカのミレニアル世代たちについて。


アメリカでタイダイ柄がカムバック! 政治の影響がファッションに

アメリカでタイダイ柄がカムバック! 政治の影響がファッションに

1960年代のアメリカを一世風靡したヒッピー・ムーブメント。その頃の若者たちが着ていたカラフルな絞り染め、「タイダイ柄」を覚えているだろうか? 1950年代の厳しい社会的規範から逃れて自由を謳歌し、個人を表現するカウンター・カルチャーのシンボルとして大流行したタイダイ柄が、アメリカで再び流行り出しているようだ。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング