プリンセスへの憧れ リアル・シンデレラ・ストーリーの影響力

プリンセスへの憧れ リアル・シンデレラ・ストーリーの影響力

今年の5月にイギリス王室のヘンリー王子と結婚したアメリカ人の女優、メーガン・マークル。サセックス公爵夫人になったリアル・プリンセスは、これまで皇室に入った女性たちよりも親しみやすい雰囲気があるとファンが多い。「メーガンのようになりたい!」と思っている熱烈ファンたちのトレンドを紹介しよう。


私もメーガン・ マークルになりたい!

 米カリフォルニア州ロサンゼルス生まれの女優、メーガン・ マークルは、英国のプリンス、ヘンリー王子と結婚し、サセックス公爵夫人となったリアル・プリンセスだ。

 彼女がアメリカ国籍の民間人ということで、当初はメーガンが英国王室へ嫁ぐのは難しいという声もあった。実際には、モナコ公妃となった有名女優のグレース・ケリーを含む11人ものアメリカ出身のプリンセスがいるが、それでもメーガンの英国王室入りに対する否定的な声も聞かれることは少なくなかった。

 しかし、メーガンが婚約を発表してからは支持率が急激に上昇。白人系と黒人系のダブルの血を引き、女優で離婚歴もある等のバックグラウンドを持ちながら、プリンセスになったという彼女への親近感、そして彼女がカジュアルな服装でメディアに出ることや、その気取らない発言がさらに人気に拍車をかけた。

 そんな親しみやすさから、「メーガン・ マークルのようになりたい!」という熱烈ファンも急増。メーガンのチャームポイントと言われる「そばかす」を真似て顔に描く人や、「そばかすのアートメイク」や「そばかすタトゥー」を入れる人まで 現れている。

 従来、そばかすはファンデーションやコンシーラーで隠すものだったが、あえて隠さずにSNSにセルフィーをポストする人も増えている。コメント欄にも「そのそばかす、チャーミング!」や「私もそばかすがあったらいいな……」等のいう意見が目立っている。メーガンの影響力で、コンプレックスがチャームポイントになったわけだ。

メーガン愛用のジーンズは何百人もが入荷待ち

 メーガン・ マークルの影響力はそれだけにとどまらず、彼女が愛用しているジーンズのブランド「Mothers」のネット検索率は、彼女がプリンセスになってから200%上昇した。彼女が着用していたモデル「The Ankle Looker Fray jeans in Love Gun」は、$228(約2万6千円)と比較的高額であるにも関わらず、3日で売り切れ、400人もの「再入荷待ち」が現れるような人気ぶりだ。

 2018年のリアル・プリンセス、メーガンのファッションはトレンドを生み、等身大の女性の代表と称賛されている。そんな彼女の今後のファッションに注目が集まっている。

普通女子をミリオネアへと転身させるアメリカの「インスタ・ビジネス」

https://bizseeds.net/articles/719

“インスタ映え”する風景や人の写真を見るのは、暇つぶしに最適だが、好きな写真をシェアーする場であるインスタグラムも、昨今ではビジネス・ツール色が濃くなってきた。アメリカでは、スポンサーを意識した写真を載せて、一般人からミリオネアになった女子たちも。そんな彼女たちの手法とは?

アメリカの「恋愛・結婚」に関する記事

この記事の寄稿者

関連する投稿


エリートだけが会員になれるデーティング・アプリは社会問題?

エリートだけが会員になれるデーティング・アプリは社会問題?

  アメリカでも結婚相手やパートナーとの出会いに繋がるオンライン・デーティング・サービスの需要は高く、各社は年齢層や地域を限定したり、人種や宗教で括ったり、真剣度の差などを売りにして競っている。そんな中、「会員になれるのは、男女ともエリートのみ」と厳しく限定したデーティング・アプリが注目されている。


新たな婚約指輪トレンドの誕生? 永遠の誓いを“永遠”のものに……

新たな婚約指輪トレンドの誕生? 永遠の誓いを“永遠”のものに……

婚約指輪といえば「ダイヤモンド」。そのダイヤモンドの感動を永遠のものにしたいと願うのは、アメリカのミレニアルズ世代も共通だ。しかし彼ら流のダイヤモンドの新しい身に付け方は、ちょっと変わっている






最新の投稿


電通イージス 、ファッション界の巨人LVMHの北米広告担当に

電通イージス 、ファッション界の巨人LVMHの北米広告担当に

世界的な高級ブランド・コングロマリットであるLVMH(モエ・ヘネシー・ルイヴィトン)社。同社が所有する全ブランドの北米における広告を、電通の海外企業である電通イージス・ネットワークが行うことが決定した。LVMHは 昨年だけで北米市場になんと3億8,600万ドル(約428億円)もの広告費を使っている。


成功への選択「夏の日の大雨」2018年8月17日~8月23日

成功への選択「夏の日の大雨」2018年8月17日~8月23日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


テキサス人は、なぜオノ・ヨーコが嫌いなのか?

テキサス人は、なぜオノ・ヨーコが嫌いなのか?

テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、ビートルズの故ジョン・レノン氏の未亡人オノ・ヨーコ氏が、平和のために新作アルバムを発表するニュースを南部テキサス人はどう捉えているか、というレポートだ。


未だかつてない日本のビジネスに、アメリカ失笑

未だかつてない日本のビジネスに、アメリカ失笑

ここ数週間、アメリカで笑いが伴う話題に上るようになった日本企業、ワキノ広告社。BizSeeds編集部はアメリカにあるため、この会社が日本でどれほどの知名度があるのか分からないが、ワキノ広告社が販売する驚きの広告スペースに、アメリカ人が失笑中だ。


赤ちゃんがすぐ泣き止む画期的なロボティックス・ベッド

赤ちゃんがすぐ泣き止む画期的なロボティックス・ベッド

2002年に育児書でベストセラー本とDVDを出版した小児科医が、多額の投資を受けてハイテックなロボティックス・ベビー・ベッドを開発した。育児における親の「消耗」が最大のストレスに繋がると警告する同医師が、親たちのストレスを軽減するために開発した画期的なベッドを紹介しよう。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング