プリンセスへの憧れ リアル・シンデレラ・ストーリーの影響力

プリンセスへの憧れ リアル・シンデレラ・ストーリーの影響力

今年の5月にイギリス王室のヘンリー王子と結婚したアメリカ人の女優、メーガン・マークル。サセックス公爵夫人になったリアル・プリンセスは、これまで皇室に入った女性たちよりも親しみやすい雰囲気があるとファンが多い。「メーガンのようになりたい!」と思っている熱烈ファンたちのトレンドを紹介しよう。


私もメーガン・ マークルになりたい!

 米カリフォルニア州ロサンゼルス生まれの女優、メーガン・ マークルは、英国のプリンス、ヘンリー王子と結婚し、サセックス公爵夫人となったリアル・プリンセスだ。

 彼女がアメリカ国籍の民間人ということで、当初はメーガンが英国王室へ嫁ぐのは難しいという声もあった。実際には、モナコ公妃となった有名女優のグレース・ケリーを含む11人ものアメリカ出身のプリンセスがいるが、それでもメーガンの英国王室入りに対する否定的な声も聞かれることは少なくなかった。

 しかし、メーガンが婚約を発表してからは支持率が急激に上昇。白人系と黒人系のダブルの血を引き、女優で離婚歴もある等のバックグラウンドを持ちながら、プリンセスになったという彼女への親近感、そして彼女がカジュアルな服装でメディアに出ることや、その気取らない発言がさらに人気に拍車をかけた。

 そんな親しみやすさから、「メーガン・ マークルのようになりたい!」という熱烈ファンも急増。メーガンのチャームポイントと言われる「そばかす」を真似て顔に描く人や、「そばかすのアートメイク」や「そばかすタトゥー」を入れる人まで 現れている。

 従来、そばかすはファンデーションやコンシーラーで隠すものだったが、あえて隠さずにSNSにセルフィーをポストする人も増えている。コメント欄にも「そのそばかす、チャーミング!」や「私もそばかすがあったらいいな……」等のいう意見が目立っている。メーガンの影響力で、コンプレックスがチャームポイントになったわけだ。

メーガン愛用のジーンズは何百人もが入荷待ち

 メーガン・ マークルの影響力はそれだけにとどまらず、彼女が愛用しているジーンズのブランド「Mothers」のネット検索率は、彼女がプリンセスになってから200%上昇した。彼女が着用していたモデル「The Ankle Looker Fray jeans in Love Gun」は、$228(約2万6千円)と比較的高額であるにも関わらず、3日で売り切れ、400人もの「再入荷待ち」が現れるような人気ぶりだ。

 2018年のリアル・プリンセス、メーガンのファッションはトレンドを生み、等身大の女性の代表と称賛されている。そんな彼女の今後のファッションに注目が集まっている。

普通女子をミリオネアへと転身させるアメリカの「インスタ・ビジネス」

https://bizseeds.net/articles/719

“インスタ映え”する風景や人の写真を見るのは、暇つぶしに最適だが、好きな写真をシェアーする場であるインスタグラムも、昨今ではビジネス・ツール色が濃くなってきた。アメリカでは、スポンサーを意識した写真を載せて、一般人からミリオネアになった女子たちも。そんな彼女たちの手法とは?

アメリカの「恋愛・結婚」に関する記事

この記事の寄稿者

関連する投稿


アメリカ南部における恋人の見つけ方

アメリカ南部における恋人の見つけ方

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをアーカンソー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は、都会と地方では結婚年齢の平均値に差があるアメリカで、南部地域住民は結婚時の平均年齢が比較的若いと言われる所以について。


アメリカにおける結婚と現実

アメリカにおける結婚と現実

国際結婚をする人が増えているが、アメリカ人と結婚する場合は、上手くいかなくなった時のリスクも考えた方がよさそうだ。


エリートだけが会員になれるデーティング・アプリは社会問題?

エリートだけが会員になれるデーティング・アプリは社会問題?

  アメリカでも結婚相手やパートナーとの出会いに繋がるオンライン・デーティング・サービスの需要は高く、各社は年齢層や地域を限定したり、人種や宗教で括ったり、真剣度の差などを売りにして競っている。そんな中、「会員になれるのは、男女ともエリートのみ」と厳しく限定したデーティング・アプリが注目されている。


新たな婚約指輪トレンドの誕生? 永遠の誓いを“永遠”のものに……

新たな婚約指輪トレンドの誕生? 永遠の誓いを“永遠”のものに……

婚約指輪といえば「ダイヤモンド」。そのダイヤモンドの感動を永遠のものにしたいと願うのは、アメリカのミレニアルズ世代も共通だ。しかし彼ら流のダイヤモンドの新しい身に付け方は、ちょっと変わっている






最新の投稿


成功への選択「理想の家」2019年3月22日~3月28日

成功への選択「理想の家」2019年3月22日~3月28日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


【Red vs. Blue】米国土安全保障省、留学生の取締まりのため「おとり」の偽造大学設立

【Red vs. Blue】米国土安全保障省、留学生の取締まりのため「おとり」の偽造大学設立

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は不法滞在者のおとり捜査をするために、米国土安全保障省が「おとりの偽造大学」を創設していたことについて。


ミレニアル世代は「社会主義」のイメージまで塗り替える?

ミレニアル世代は「社会主義」のイメージまで塗り替える?

アメリカ生活20年強。翻訳家の高柳準が、アメリカ文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回は資本主義よりも社会主義に魅せられるという、ミレニアル世代たちについて。なぜ今、社会主義なのだろう?


アメリカの若者は占星術の虜?

アメリカの若者は占星術の虜?

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生たちのトレンドなどの情報をお届けする。今回は占いにハマる人が急増中という、アメリカのミレニアル世代たちについて。


アメリカでタイダイ柄がカムバック! 政治の影響がファッションに

アメリカでタイダイ柄がカムバック! 政治の影響がファッションに

1960年代のアメリカを一世風靡したヒッピー・ムーブメント。その頃の若者たちが着ていたカラフルな絞り染め、「タイダイ柄」を覚えているだろうか? 1950年代の厳しい社会的規範から逃れて自由を謳歌し、個人を表現するカウンター・カルチャーのシンボルとして大流行したタイダイ柄が、アメリカで再び流行り出しているようだ。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング