トランプが世界に仕掛ける無謀な経済戦争

トランプが世界に仕掛ける無謀な経済戦争

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回はトランプの支持者が多い、オートバイのハーレーダビッドソン社が海外へ移転せざるをえない結果を作ったトランプ大統領が、同社を攻撃している矛盾について。


トランプはやってもいいが、ハーレーはダメという屁理屈

 アメリカの象徴ともいわれてきたオートバイ会社、ハーレーダビッドソンが、欧州連合(EU)で販売するオートバイにかけられる大幅な輸入関税を回避するため、一部の生産を海外へ移転することを発表した。この新しい関税は、ドナルド・トランプが欧州と多くのアメリカ友好国から輸入されるアルミニウムとスチールにかける関税の引き上げを決定したことへの対抗措置として課せられたもの。あたかも、トランプによる世界貿易戦争の第1ラウンドというような様相だ。

 知性ある経済専門家の誰もが、国際貿易戦争は皆に経済的損害を引き起こすことを知っている。しかし、トランプは専門家よりも自分の方がよくわかっていると思っている。実際、彼は「貿易戦争に勝つのは簡単だ」とさえ発言している。頭の悪いアメリカの有権者たちが、品がなく節操もなく嘘つきで弱い者いじめをする男に投票してホワイトハウスに送り込んだために、アメリカと世界は、またひとつ、実害を被ることになりそうだ。

 大統領選挙前、トランプは自分の納税申告書を公開することを拒否した。ヒラリー・クリントンは、「彼が公開を拒否するのは、税金のシステムの抜け穴を使って国を欺き、連邦税を全く払っていなかったことをアメリカ国民に知られたくないからだ」と示唆したが、彼女の主張に対し、トランプは「それは私が賢いという証明だ」と反応した。

 しかし、ハーレーダビッドソンが自らの収益性を守るために、合法的かつ不必要な税金を払わないと決めたときには、トランプ大統領は前述の発言を翻した。ハーレーダビッドソンの決定のせいで、私の顔は丸潰れだと言い、彼がそういう風に感じた時にいつもするように、同社に対しての攻撃を開始した。トランプは、ハーレーダビッドソンの株価が下がることを知りながら侮辱的な発言を繰り返した。もし、ハーレーダビッドソンが海外に生産拠点を移動したら、これまでになかったような税金を同社に課すという脅しまでした。トランプは、いつでも自身のことだけを気にしている。だから、ハーレーダビッドソンの発表は、自分に対する個人的侮辱だとしか見ることができないのだ。テレビのインタビューでは、「今までにハーレーダビッドソンを買った人は、全員、私に投票したと保証する」とまで言ったこの男は、明らかに戯言を垂れ流し続けるおしゃべり病を超えて、深刻な精神的問題を抱えていると思う。

なぜ、多くのアメリカ人が今もトランプを支援するのか?

 なぜ、これほど多くのアメリカ人がトランプに投票し、今だに彼を支援し続けるのか? 支持者たちの多くは、「トランプはアメリカにとって良いビジネス取引ができる、熟練したビジネスマンだ」と言うが、彼らはトランプが世界の舞台で良い取引をすることができるほど洗練されてはいないことに気づかない。

 これまでに成功したトランプ流の取引には、不正行為と取引相手を巧みに利用することが伴っている。例えば、これまでトランプが行なった例はお粗末なものも実に多い。まずベンチャー企業のためにお金を借り、そのビジネスが機能しなくなるようにする。その間、彼と家族に多額の給料を払う。最終的にはそのビジネスを倒産させるか、債務の条件を再交渉する。そうすることにより、彼が返済しなければならない金額はものすごく低くなるというようなものが、その代表だろう。別の例をあげると、彼の不動産物件の建設にあえて小さな企業と契約し、その仕事の終了後に支払いを拒否する。彼は、その小さな企業が長期で高額な裁判を戦っていく資金がないことを知っているから、裁判にならずに自分の不正行為から逃れることができる。つまりトランプにとって、成功したビジネスの契約とは、「自分が勝ち、相手が負ける」ということだけなのだ。

 このアプローチ法は、政治や経済の「世界の舞台」では通用しない。なぜなら、いつも同じ国々が互いに交渉しているからだ。もし、ある国が他国に対して不当な優位性を取ったり、不誠実に交渉した時には、次にその国と契約をしなければならない時、自分たちの国も同じような状況に追い込まれてしまう。世界の舞台での交渉は、戦略的提携を検討する能力と、双方に利益のある取引、つまり「Win-Winの取引」をするための素養が必要とされる。トランプには、そのような素養がないのだ。そして、彼の判断力の欠如は、事実上、何十年も不当にアメリカに有利になるように傾いていた世界の経済システムを破壊している。

 トランプの支援者たちは、今だに「アメリカを再び偉大な国にしよう」と書かれた帽子をかぶって、トランプを応援している。もし、僕のようなリベラル派が動揺していたら、「トランプは何か正しいことをしているに違いない」と、彼らは考えているからだ。

トランプより優れた大統領候補の登場か?

https://bizseeds.net/articles/727

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住で、トランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今秋に行われる中間選挙を前に、現政権に対立する民主党はもとより、共和党内でもトランプに異を唱える政治家が出はじめている。そんな共和党候補者を、リベラルはどう見ているのか。

この記事の寄稿者

関連する投稿


【Red vs. Blue】トランプ大統領とイーロン・マスクは似ている?

【Red vs. Blue】トランプ大統領とイーロン・マスクは似ている?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露。今回は、『フォーブス』誌が掲載した、トランプ大統領とイーロン・マスクの類似点をあげた記事を読んだ両者の意見を聞く。


アメリカでの偽装結婚斡旋サービスと実態

アメリカでの偽装結婚斡旋サービスと実態

トランプ政権発足後、不法移民問題だけでなく、不法な形でビザを取得した人への摘発も強化されつつある。ビザの取得が難しいアメリカにおいて、永住権・通称グリーンカードを取得するために偽装結婚をする人はかなりいるというが、偽装が分かってしまったら、一体どんな罪になるのだろう?


トランプ大統領の愛娘イヴァンカが自身のブランドを廃止したワケ

トランプ大統領の愛娘イヴァンカが自身のブランドを廃止したワケ

トランプ大統領の愛娘で、元モデルのイヴァンカ・トランプが、2007年から続けてきた自身の名前を付けたブランド「Ivanka Trump」を廃止することを発表した。その美貌に日本でも注目が集まったイヴァンカの背景にうごめく様々な大人の事情とは?


アメリカを二分するイデオロギーの根底は中絶問題にある?!

アメリカを二分するイデオロギーの根底は中絶問題にある?!

 テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は中絶、不法移民、銃規制問題など、ことごとく意見が合わないアメリカの保守派とリベラル派のイデオロギーが具体的にどう異なるのかについて。


トランプ大統領の「問題発言」がゲームに!

トランプ大統領の「問題発言」がゲームに!

「フェイク・ニュース」を扱ったカード・ゲームがウケている。例えば、ツイッターを通しての発言で毎度物議を醸しだすトランプ大統領の発言をまとめて、「それが本当に彼の発言だったか、否か」を推理するという、バカげたゲームまで登場しているらしい。






最新の投稿


電通イージス 、ファッション界の巨人LVMHの北米広告担当に

電通イージス 、ファッション界の巨人LVMHの北米広告担当に

世界的な高級ブランド・コングロマリットであるLVMH(モエ・ヘネシー・ルイヴィトン)社。同社が所有する全ブランドの北米における広告を、電通の海外企業である電通イージス・ネットワークが行うことが決定した。LVMHは 昨年だけで北米市場になんと3億8,600万ドル(約428億円)もの広告費を使っている。


成功への選択「夏の日の大雨」2018年8月17日~8月23日

成功への選択「夏の日の大雨」2018年8月17日~8月23日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


テキサス人は、なぜオノ・ヨーコが嫌いなのか?

テキサス人は、なぜオノ・ヨーコが嫌いなのか?

テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、ビートルズの故ジョン・レノン氏の未亡人オノ・ヨーコ氏が、平和のために新作アルバムを発表するニュースを南部テキサス人はどう捉えているか、というレポートだ。


未だかつてない日本のビジネスに、アメリカ失笑

未だかつてない日本のビジネスに、アメリカ失笑

ここ数週間、アメリカで笑いが伴う話題に上るようになった日本企業、ワキノ広告社。BizSeeds編集部はアメリカにあるため、この会社が日本でどれほどの知名度があるのか分からないが、ワキノ広告社が販売する驚きの広告スペースに、アメリカ人が失笑中だ。


赤ちゃんがすぐ泣き止む画期的なロボティックス・ベッド

赤ちゃんがすぐ泣き止む画期的なロボティックス・ベッド

2002年に育児書でベストセラー本とDVDを出版した小児科医が、多額の投資を受けてハイテックなロボティックス・ベビー・ベッドを開発した。育児における親の「消耗」が最大のストレスに繋がると警告する同医師が、親たちのストレスを軽減するために開発した画期的なベッドを紹介しよう。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング