俳優ウィル・スミスと本田圭祐が投資ファンドを設立

俳優ウィル・スミスと本田圭祐が投資ファンドを設立

 プロサッカー選手の本田圭祐氏が、ハリウッド俳優のウィル・スミス氏とベンチャー起業への投資を目的とした投資会社「ドリーマーズ・ファンド」を、米ロサンゼルスで4月に設立したことが明らかになった。アメリカで彼らが具体的にどのベンチャー起業に投資するのか、今後の動き方が注目されている。


米国で社会貢献をする起業を応援する「ドリーマーズ・ファンド」

 サッカーW杯では日本代表として活躍したサッカー選手の本田圭祐氏と、ハリウッド人気俳優のウィル・スミス氏が、1億米ドル(約113億円)規模の投資ファンド「The Dreamers Fund」(ドリーマーズ・ファンド)を4月に米ロサンゼルスで創設し、「アメリカの社会問題を解決しようとするスタートアップ企業」に投資をしていくことを明らかにした。野村ホールディングスもリミテッド・パートナーとして出資合意しているが、その金額は公開されていない。

 スミス氏は俳優として知られているが、以前から投資会社を経営し、米国内の貧困や暴力などの社会問題の根本的な原因に目を向け、解決策の提案を訴えてきた社会活動家でもある。「人のせいにするな、がんばれば何かできる」と語る、YouTubeで相当の再生回数を誇るスミス氏の自撮りスピーチに、彼が出演した映画のカットを入れて編集された映像はこちら。

アメリカの社会問題を助ける企業をサポートすることが日本に繋がる?

 そのスミス氏が、KSK Groupを通して投資をしていた本田氏と野村ホールディングスと組み、そこにアメリカで社会変革を起こしてきたテック企業への出資経験のある投資家の参加を募り、「アメリカのみ」に出資していくという取り組みだ。

 日本マネーが、他国であるアメリカの社会問題に取り組む企業のみに投資され、どんな利点があるのかという点に関して、野村ホールディングスは「ドリーマーズ・ファンドに出資することで、米国内で世の中に新しいことを打ち出そうとしているカッティング・エッジな起業家や企業を知ることができる」とコメントしている。米国の最新ビジネス動向などの情報がそこから得られるところに利益があると見ているようだ。

 国を超えた繋がりを通して、結果的に自国の利益に結びつけようという動きは、この投資会社に限らず、どんどん増えてきている。これまでの日本とアメリカのビジネスの結びつき方とは異なる、新しい方法や考え方による結びつきによって、若い世代が海外とビジネスをしやすくなってきた。この流れによって、これからも新しい協業ビジネスが次々に生まれるかもしれない。

参考記事:
http://news.abs-cbn.com/business/07/18/18/japanese-footballer-honda-starts-venture-fund-with-will-smith

この記事の寄稿者





最新の投稿


電通イージス 、ファッション界の巨人LVMHの北米広告担当に

電通イージス 、ファッション界の巨人LVMHの北米広告担当に

世界的な高級ブランド・コングロマリットであるLVMH(モエ・ヘネシー・ルイヴィトン)社。同社が所有する全ブランドの北米における広告を、電通の海外企業である電通イージス・ネットワークが行うことが決定した。LVMHは 昨年だけで北米市場になんと3億8,600万ドル(約428億円)もの広告費を使っている。


成功への選択「夏の日の大雨」2018年8月17日~8月23日

成功への選択「夏の日の大雨」2018年8月17日~8月23日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


テキサス人は、なぜオノ・ヨーコが嫌いなのか?

テキサス人は、なぜオノ・ヨーコが嫌いなのか?

テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、ビートルズの故ジョン・レノン氏の未亡人オノ・ヨーコ氏が、平和のために新作アルバムを発表するニュースを南部テキサス人はどう捉えているか、というレポートだ。


未だかつてない日本のビジネスに、アメリカ失笑

未だかつてない日本のビジネスに、アメリカ失笑

ここ数週間、アメリカで笑いが伴う話題に上るようになった日本企業、ワキノ広告社。BizSeeds編集部はアメリカにあるため、この会社が日本でどれほどの知名度があるのか分からないが、ワキノ広告社が販売する驚きの広告スペースに、アメリカ人が失笑中だ。


赤ちゃんがすぐ泣き止む画期的なロボティックス・ベッド

赤ちゃんがすぐ泣き止む画期的なロボティックス・ベッド

2002年に育児書でベストセラー本とDVDを出版した小児科医が、多額の投資を受けてハイテックなロボティックス・ベビー・ベッドを開発した。育児における親の「消耗」が最大のストレスに繋がると警告する同医師が、親たちのストレスを軽減するために開発した画期的なベッドを紹介しよう。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング