インスタ映えするカラフルなアイスクリームたち

インスタ映えするカラフルなアイスクリームたち

暑い夏といえば、アイスクリーム! アメリカでは毎年7月第3日曜が「ナショナル・アイスクリーム・デー」で、7月にはアイスクリーム業界がさまざまなプロモーションを仕掛ける。SNSにもアイスクリームの写真がたくさんシェアされているが、なかにはアイスクリームのようなハイヒールまで登場し、インスタグラムを盛り上げている。


チートスをまぶしたチーズ・ソフトクリームが大人気

暑い夏にぴったりのアイスクリーム。バニラ、ストロベリー、チョコレートなど定番のフレーバーに加え、各店が様々なオリジナル味のアイスクリームを出しているが、ニューヨークの「Big Gay Ice Cream」のチーズ味のソフトクリームがインスタグラムを盛り上げている。 

 このソフトクリームの色はご覧の通り、鮮やかなオレンジ。これはアメリカで最も有名なスナック菓子のひとつ、Cheetos(チートス)を細かく砕いて、それをソフトクリームの周りにつけてあるため、チーズ風味が内側と外側から楽しめる。有名な商品名をそのままアイスクリームの名前には使えないため、チートスではなく、チート・オース( Cheat-ohs)と呼ばせていることも笑えるが、この衝撃的な色と発想から、今月のインスタグラムの上位を占めている話題のアイスクリームとなっている。

この靴は食べもの? いいえ、食べられません

 「全米アイスクリーム・デー」としてあがっているカラフルなアイスクリームの写真の中には、アメリカらしく青や紫、もはやグロテスクといえるほど濃い配色のアイスクリームや、たいやきの皮の中にソフトクリームを入れたものなど様々な写真が掲載されている。

 そんな中には、アイスクリームやケーキのようなデザインのハイヒールや、クッキーで挟んだアイスクリーム・サンドイッチのようなデザインのバッグなどの写真も。これはフロリダにある「Shoe Bakery」という靴ブティックの商品で、ちなみにプレミアム・ストロベリー・アイスクリーム・ヒールという靴は$250と高価だ。それもそのはず、これはオーナーが手作業で装飾しており、それだけの手間と時間がかかるという。

 自分のお気に入りの靴を同店に送り、そこにケーキやアイスクリームのような可愛いカスタム・デコレーションをしてもらえるサービスもある。ユニークなデザインの靴やバッグは盛況で、昨年はポップアップにも挑戦。反響は上々だという。

 インスタグラムで拡散されやすいデザイン商品を売るビジネスは、ますます熱くなりそうだ。

その他の“Instagramに関する記事”

この記事の寄稿者

関連する投稿


魚を出さない寿司屋! インスタ映えする「100%ヴィーガン寿司」

魚を出さない寿司屋! インスタ映えする「100%ヴィーガン寿司」

食に対する意識が高いニューヨークには、肉や魚を食べない人たちも多く、健康的な料理を出すレストランの人気が高い。そんなニューヨークで、野菜と果物と穀物だけで作る「100%ヴィーガンの寿司」が、着々とファンを増やしている。


携帯ひとつでクリエイターになれる! アメリカで人気のアプリ「VSCO」

携帯ひとつでクリエイターになれる! アメリカで人気のアプリ「VSCO」

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生のトレンドなどの情報をお届けする。今回紹介するのは、アメリカの若者たち、なかでも女子たちから圧倒的に支持されている写真加工アプリ「VSCO 」だ。


普通女子をミリオネアへと転身させるアメリカの「インスタ・ビジネス」

普通女子をミリオネアへと転身させるアメリカの「インスタ・ビジネス」

“インスタ映え”する風景や人の写真を見るのは、暇つぶしに最適だが、好きな写真をシェアーする場であるインスタグラムも、昨今ではビジネス・ツール色が濃くなってきた。アメリカでは、スポンサーを意識した写真を載せて、一般人からミリオネアになった女子たちも。そんな彼女たちの手法とは?


新たな婚約指輪トレンドの誕生? 永遠の誓いを“永遠”のものに……

新たな婚約指輪トレンドの誕生? 永遠の誓いを“永遠”のものに……

婚約指輪といえば「ダイヤモンド」。そのダイヤモンドの感動を永遠のものにしたいと願うのは、アメリカのミレニアルズ世代も共通だ。しかし彼ら流のダイヤモンドの新しい身に付け方は、ちょっと変わっている


トヨタのインスタ広告が秀逸とアメリカの広告業界で話題に

トヨタのインスタ広告が秀逸とアメリカの広告業界で話題に

パラリンピックに出場する視覚障害を持つスキーヤーの視界は、実際にはどのように見えているのだろうか? トヨタがインスタグラムで発信した映像広告が秀逸だとアメリカの広告業界で話題になっている






最新の投稿


電通イージス 、ファッション界の巨人LVMHの北米広告担当に

電通イージス 、ファッション界の巨人LVMHの北米広告担当に

世界的な高級ブランド・コングロマリットであるLVMH(モエ・ヘネシー・ルイヴィトン)社。同社が所有する全ブランドの北米における広告を、電通の海外企業である電通イージス・ネットワークが行うことが決定した。LVMHは 昨年だけで北米市場になんと3億8,600万ドル(約428億円)もの広告費を使っている。


成功への選択「夏の日の大雨」2018年8月17日~8月23日

成功への選択「夏の日の大雨」2018年8月17日~8月23日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


テキサス人は、なぜオノ・ヨーコが嫌いなのか?

テキサス人は、なぜオノ・ヨーコが嫌いなのか?

テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、ビートルズの故ジョン・レノン氏の未亡人オノ・ヨーコ氏が、平和のために新作アルバムを発表するニュースを南部テキサス人はどう捉えているか、というレポートだ。


未だかつてない日本のビジネスに、アメリカ失笑

未だかつてない日本のビジネスに、アメリカ失笑

ここ数週間、アメリカで笑いが伴う話題に上るようになった日本企業、ワキノ広告社。BizSeeds編集部はアメリカにあるため、この会社が日本でどれほどの知名度があるのか分からないが、ワキノ広告社が販売する驚きの広告スペースに、アメリカ人が失笑中だ。


赤ちゃんがすぐ泣き止む画期的なロボティックス・ベッド

赤ちゃんがすぐ泣き止む画期的なロボティックス・ベッド

2002年に育児書でベストセラー本とDVDを出版した小児科医が、多額の投資を受けてハイテックなロボティックス・ベビー・ベッドを開発した。育児における親の「消耗」が最大のストレスに繋がると警告する同医師が、親たちのストレスを軽減するために開発した画期的なベッドを紹介しよう。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング