シリコンバレーの新トレンド 裏庭で養鶏

シリコンバレーの新トレンド 裏庭で養鶏

毎日コンピューターに向かい、長時間の集中を強いられる仕事をしているシリコンバレーのIT業界従事者たちの間で、自宅の庭で鶏を飼うことが流行っている。バーチャルの世界から離れて、できるだけ自然と触れ合いたいと考える人が増えているようだ。


鶏たちを見ていると仕事の疲れが癒される

 コンピューターの画面を長時間見ていると、仕事が終わっても、なかなか目と頭の疲れが取れない人が多い。そんな人たちの中で最近、自宅の裏庭でブランド鶏を飼い、新鮮な卵を食べることが流行っているという。

 アメリカでは農村地帯だけではなく、大きな150都市の93%において裏庭で養鶏をすることを認めている。つまり、裏庭で鶏を飼うこと自体はそれほど珍しいことではないが、それをIT業界の先端を走るシリコンバレーのプログラマーやエンジニアたちが行っていることが話題になっている。

 先月CBSニュースの取材を受けた、シリコンバレー在住のソフトウエア・エンジニア、スコット・ヴァンダーリップさんは、「コンピューターに向かってコードばかり書いている仕事から、プライベートへの切り替えに鶏たちとのふれあいは最適。シリコンバレーだけで何千、何万もの鶏小屋があると思う」などと話している。そのニュース映像はこちら。

DIYでユニークな鶏小屋も登場

 裏庭に設置する鶏小屋にはおしゃれなデザインが多く、自宅の母屋とマッチするようなデザインにした小屋や、鶏舎の窓をステンドグラスにしたり、大きな犬小屋風にしたりと、みな趣向をこらしている。ホームセンターで材料を入手してDIYを楽しむ人から、プロの大工さんを雇って鶏小屋を作る人まで様々だ。

 また裏庭の高級鶏から採れる新鮮な卵を家庭だけでなく、ご近所さんに配って交流を図るなど、鶏がコミュニティー・ビルディングにも繋がっているという。養鶏を通して自然や生命の営みに触れることができ、鶏を見ているだけでリラックスできると感じる人たちも多いようだ。

 年収が高いことで知られるシリコンバレーのIT業界ワーカーたち。テック産業の従事者は生活が豊かと言われているが、心の癒しを求める人は多い。なにごともバランスが大切ということだろう。

その他の「シリコンバレー」に関する記事

この記事の寄稿者

関連する投稿


アメリカで本格派ラーメンの宅配! 若き日本人起業家による新ビジネス

アメリカで本格派ラーメンの宅配! 若き日本人起業家による新ビジネス

アメリカにおける「日本の本格派ラーメン」の人気は年々上昇を続け、ニューヨークやロサンゼルスなどの沿岸大都市では本格派ラーメン店が並ぶ激戦区があるほどだ。地方都市でもラーメン人気が高まる中、若い日本人起業家が考案した「自宅で本格的な日本の味を再現できるラーメンのミール・キット」が話題を呼んでいる。


クールなバブル・リュックに猫好き悶絶!

クールなバブル・リュックに猫好き悶絶!

猫好きなアメリカ人の中には、犬と同じように猫を散歩に連れ出したいと願う人がかなりいる。そんな人たちのニーズを満たすべく開発されたリュック型バブル・キャリーバッグに愛猫を入れて出掛ける人たちの写真がインスタグラムを賑わせている。


愛犬、愛猫と24時間一緒にいたい! ペットの毛で作るカスタム腕時計

愛犬、愛猫と24時間一緒にいたい! ペットの毛で作るカスタム腕時計

可愛い犬や猫は大切な家族の一員。とはいえ外出先にペットを同伴できないことは多く、離れている間には愛おしさがさらに募るもの。そんな飼い主たちの間で、愛犬や愛猫を常に身近に感じていられるカスタム腕時計の人気が沸騰中だ。


ロボットがバリスタ?! 話題の「Cafe X」

ロボットがバリスタ?! 話題の「Cafe X」

ベンチャー・テック企業がひしめく大都市、サンフランシスコ。一大観光地でもある同市のダウンタウンに今年、「ロボットがバリスタ」という無人コーヒー・バーが誕生し、話題になっている。洗練されたデザインのカプセルの中で、エスプレッソやコールド・ブリュー・コーヒーをロボット・バリスタが提供する「Cafe X」を紹介しよう。


アマゾンCEOベゾス氏、20億ドルの慈善ファンドを立ち上げ

アマゾンCEOベゾス氏、20億ドルの慈善ファンドを立ち上げ

米アマゾンドットコムの創業者でCEOのジェフ・ベゾス氏が14日、20億ドル(約2,240億円)の慈善ファンド「Bezos Day One Fund」を立ち上げたことを公式ツイッターで発表した。このファンドは、ホームレス支援と幼児教育にフォーカスするもので、今年3月のForbes誌の長者番付の1位になったベゾス氏がこれまで行った寄付の中で最大のものとなる。






最新の投稿


有罪に見えにくい服装とは? 法廷スタイリストが選ぶセレブの出廷服

有罪に見えにくい服装とは? 法廷スタイリストが選ぶセレブの出廷服

巨額の資産を持つドイツの令嬢になりすましてニューヨークの社交界に入り、高級ホテルの宿泊費やプライベートジェットのフライト代などを踏み倒して有罪判決を受けていた女性詐欺師、アナ・ソロキン。今月、同被告に4~12年の禁固刑が言い渡されたことで再び法廷での彼女の服装や、他の女性被告たちの服装に注目が集まった。


今週の神秘ナンバー占い(2019年5月17日〜23日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年5月17日〜23日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


【Red vs. Blue】全米ライフル協会に迎合するトランプ、国連武器貿易条約から離脱か?

【Red vs. Blue】全米ライフル協会に迎合するトランプ、国連武器貿易条約から離脱か?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は、銃規制に反対する全米ライフル協会を支持するトランプ大統領が、同協会の会合で「国連武器貿易条約」から離脱すると発言したことについて。


アメリカでは4人に1人がスマートスピーカーを所有している

アメリカでは4人に1人がスマートスピーカーを所有している

進化を続けるオンライン事情により、日々豊かに変化していく人々の暮らし。そんな世界で賢く生きる術とは? デジタルマーケティング専門家、ティム・ポールが解説するコラム『オンラインと僕らの生活』。アメリカの一般家庭におけるスマートスピーカーの普及率が上昇し、成人の4人に1人が所有するといわれるアメリカ市場の現状とは?


米大手メディアはなぜキリスト教徒迫害の現状を伝えないのか?

米大手メディアはなぜキリスト教徒迫害の現状を伝えないのか?

米テキサス州に暮らすイスラム教徒のジャーナリスト・西森マリーが、米国内でも報道されにくい保守派の声やテキサス州など南部の住民たちの声をお届けするコラム。今回は、欧米にはびこる「ポリティカル・コレクトネスの風潮」から、イスラム教徒の迫害は欧米でニュースになるのに、キリスト教徒の迫害は報道されないという現状について。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング