トランプ大統領の「問題発言」がゲームに!

トランプ大統領の「問題発言」がゲームに!

「フェイク・ニュース」を扱ったカード・ゲームがウケている。例えば、ツイッターを通しての発言で毎度物議を醸しだすトランプ大統領の発言をまとめて、「それが本当に彼の発言だったか、否か」を推理するという、バカげたゲームまで登場しているらしい。


フェイクニュースで大儲け

 アメリカではドナルド・トランプ氏がアメリカ大統領になってからというもの、「フェイク・ニュース」という言葉を聞かない日はない。

 トランプ大統領の発言がすべて虚偽ということはないにもかかわらず、「フェイク・ニュース」という言葉がこれほど市民権を得てしまったのは、トランプ大統領就任直後に、ホワイトハウス報道官が発したことが原因だ。オバマ大統領就任式に集まった観衆よりも、明らかに少ない観衆しか集まらなかったにも関わらず、報道官は「過去最大の就任式観衆だった」発言した。どう考えても虚偽でしかないこの発言を、大統領顧問のケリー・アン・コンウェイがさらに擁護。彼女の発した「オルタナティブ・ファクト(代替的事実)」という言葉は、その後、多くのアメリカ国民から失笑される結果となった。

 昨年、このオルタナティブ・ファクトを冠にしたゲームが発売された。ゲームの正式名称は、その名もズバリ、「Fake News Game:Fake News and Alternative Fact」。ルールは簡単で、ドナルド・トランプ大統領、ケリー・アン・コンウェイ、スティーブ・バノン、レインス・プリバス、ベン・カーソン、ショーン・スパイサー、マイク・ペンスによる、「フェイク・ニュース」だと世間を騒がせた発言が4つ書かれたカードの中から、「本当に彼らが発言したこと」を選ぶだけ。選んだ発言が本物あれば、ポイントを獲得でき、最初に11ポイントに達する人が勝つというゲームだ。

このカードは米国メディア各社が取り上げ、話題になった。そんなニュースのひとつはこちら。

トランプ大統領バージョンが登場!

 このカード・ゲームの売れ行きは予想以上に良かったらしく、その後も「フェイク・ニュース」を扱った二番煎じ的なカード・ゲームの販売が後を絶たない。なかでも注目されているのは、「フェイク・ニュース・ゲーム トランプ大統領バージョン」だ。

 大統領が実際に発言したことや、ツイッターでの「迷言」を集めたバカらしいゲームだが、「大統領がいかにツイッターで問題発言を繰り返しているかがわかる、学習ツールでもある」と考える人もいるらしい。通販でも購入可能なので、興味のある人はどうぞ。

https://bluecrate.com/products/fake-news-card-game

その他の「フェイク・ニュース」に関する記事

この記事の寄稿者

関連する投稿


テキサス人が選んだ2018年のフェイク・ニュース トップ5

テキサス人が選んだ2018年のフェイク・ニュース トップ5

 テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。年末を迎えた今回は、テキサスに暮らす保守派たちが選んだ「2018年のフェイク・ニュース トップ5」を著者の解説つきで紹介しよう。


「大手新聞の一斉トランプ批判」への批判

「大手新聞の一斉トランプ批判」への批判

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが語る。全米300紙以上の新聞が8月18日、一斉にトランプ大統領を批判する社説を掲載した。そして、この批判への批判もチラホラ……。


メラニア・トランプのファッション、HOW MUCH?

メラニア・トランプのファッション、HOW MUCH?

常に華やかでスタイリッシュ、カジュアルからフォーマルまで完璧に着こなすメラニア米大統領夫人。現在はアメリカ国籍だが、スロベニアからの移民で、渡米前はその180㎝の長身を生かしてモデルとして活動していた。今日はそんな彼女のファッションにフォーカスを当ててみよう。


「宇宙軍」創設!? 中間選挙へ向けたトランプの新戦略

「宇宙軍」創設!? 中間選挙へ向けたトランプの新戦略

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、トランプ政権が「米軍に新しく宇宙軍(Space Force)を加える」と提案したことについて。この提案に湧くトランプ支持者たちを、リベラル派の著者はどう見るか?


【Red vs. Blue】トランプ大統領とイーロン・マスクは似ている?

【Red vs. Blue】トランプ大統領とイーロン・マスクは似ている?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露。今回は、『フォーブス』誌が掲載した、トランプ大統領とイーロン・マスクの類似点をあげた記事を読んだ両者の意見を聞く。






最新の投稿


成功への選択「理想の家」2019年3月22日~3月28日

成功への選択「理想の家」2019年3月22日~3月28日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


【Red vs. Blue】米国土安全保障省、留学生の取締まりのため「おとり」の偽造大学設立

【Red vs. Blue】米国土安全保障省、留学生の取締まりのため「おとり」の偽造大学設立

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は不法滞在者のおとり捜査をするために、米国土安全保障省が「おとりの偽造大学」を創設していたことについて。


ミレニアル世代は「社会主義」のイメージまで塗り替える?

ミレニアル世代は「社会主義」のイメージまで塗り替える?

アメリカ生活20年強。翻訳家の高柳準が、アメリカ文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回は資本主義よりも社会主義に魅せられるという、ミレニアル世代たちについて。なぜ今、社会主義なのだろう?


アメリカの若者は占星術の虜?

アメリカの若者は占星術の虜?

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生たちのトレンドなどの情報をお届けする。今回は占いにハマる人が急増中という、アメリカのミレニアル世代たちについて。


アメリカでタイダイ柄がカムバック! 政治の影響がファッションに

アメリカでタイダイ柄がカムバック! 政治の影響がファッションに

1960年代のアメリカを一世風靡したヒッピー・ムーブメント。その頃の若者たちが着ていたカラフルな絞り染め、「タイダイ柄」を覚えているだろうか? 1950年代の厳しい社会的規範から逃れて自由を謳歌し、個人を表現するカウンター・カルチャーのシンボルとして大流行したタイダイ柄が、アメリカで再び流行り出しているようだ。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング