米ウォルマート、グーグルの自動運転車で送迎テスト

米ウォルマート、グーグルの自動運転車で送迎テスト

北米を制する小売業界の王者、ウォルマートが、元グーグル開発チームによる自動運転車、Waymoと提携し、顧客が購入した商品を自動運転車で受け取りに行けるシステム開発に取り組むことを発表した。オンラインの帝王、アマゾンドットコム社に対抗するための措置とみられている。


家に商品が配達されるアマゾンへの対抗策とは?

 グーグルを所有するアルファベット社の子会社である自動運転テクノロジーのWaymo(ウェイモ。元グーグル自動運転プロジェクト)が、北米に約5,000店舗を展開する小売業最王手のウォルマートと組み、パイロット・プログラムを開始することを発表した。ネット注文されたウォルマートの商品をWaymoの自動運転車で取りに行けるというシステムだという。

(C)Waymo

 オンラインで注文した商品が自宅まで届くアマゾンドットコム社のサービスとは異なり、ウォルマートではオンラインで注文した商品を最寄りの店舗で受け取ることができるサービスを行っている。新しいパイロット・プログラムでは、この商品の受け取り部分にWaymoの自動運転車を導入し、顧客がWaymoの送迎サービスを使用して商品を取り行けるようにすることが目的だ。Waymo自動運転車のプロモーション映像はこちら。

打倒アマゾン! 自動運転シャトルで快適ショッピング

 Waymoは現在、アリゾナ州にて「アーリー・ライダー・プログラム」と称した試乗試験を行っている。ウォルマートとの取り組みも、同プログラムの利用者などを対象に同州フェニックスの店舗と利用者間の送迎をテストケースとし、進められる予定だ。

 この取組みからも明らかであるが、Waymoは配車や送迎サービスだけでなく、配送などのビジネスモデルの構築が可能になる。ウォルマートはWaymoに先立って発表されたマイクロソフト社との業務提携などにより、新しい小売ビジネス業態を確立してアマゾンドットコム社に対抗していく構えだ。開発スピードが勝負の決め手になりそうな各社の戦い方に注目が集まっている。

参考記事:
https://www.npr.org/2018/07/25/632257414/walmart-to-test-self-driving-cars-for-grocery-pickup-service

この記事の寄稿者

関連する投稿


リベラルでも賛同しかねる、行き過ぎ人道支援

リベラルでも賛同しかねる、行き過ぎ人道支援

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが語る。シアトル市議会が大企業向けの新税をたった1カ月で撤回。リベラルでもうんざりするような「行き過ぎた人助け」の実態とは?


宅配からシフト? アメリカの「ミール・キット」は店頭販売

宅配からシフト? アメリカの「ミール・キット」は店頭販売

あらかじめレシピに合わせて必要な分量の食材や調味料がセットされた「ミール・キット」。食材を洗ったり、切ったりする必要がなく、同封レシピに沿って調理すれば30分以内で美味しい食事を楽しめるキットは宅配が主流だったが、アメリカでは「ミール・キット」がスーパーマーケットやドラッグストアで販売される方向にシフトしているという。


無人「買い物デリバリー車」が街をゆく?

無人「買い物デリバリー車」が街をゆく?

 一部の都心を除いては、車なしに生活することは不可能なアメリカ。ミルクひとつ買いに行くだけでも、車を走らせねばならない。そんな生活を一変させるかもしれない、夢のような一般家庭用向けの車の開発が進んでいる。その実態とは?


「Amazon Go」に対抗 米マイクロソフトが無人精算システムを開発中

「Amazon Go」に対抗 米マイクロソフトが無人精算システムを開発中

米アマゾンドットコム社が、鳴り物入りでオープンした無人精算システム小売店「Amazon Go」の存在を脅かすライバルが登場した。相手はアマゾン本社と同州内に本社を構えるマイクロソフト社だ。マイクロソフトの新開発システムは、アマゾンに対抗できるのだろうか?


アマゾンに勝負!  生き残りをかける小売食品業界を救う新事業

アマゾンに勝負!  生き残りをかける小売食品業界を救う新事業

アマゾン社をはじめ、多くの企業がオンデマンド食料品配達を急ピッチで進める中、小規模な食料品小売業はどうすれば生き残れるのか? ロボットが増えたら人間の仕事がなくなるかも知れないと心配する人々とは裏腹に、「優秀なロボットが増えれば人間も小売業も生き残れる」と謳うベンチャー企業が提案する解決策とは?






最新の投稿


電通イージス 、ファッション界の巨人LVMHの北米広告担当に

電通イージス 、ファッション界の巨人LVMHの北米広告担当に

世界的な高級ブランド・コングロマリットであるLVMH(モエ・ヘネシー・ルイヴィトン)社。同社が所有する全ブランドの北米における広告を、電通の海外企業である電通イージス・ネットワークが行うことが決定した。LVMHは 昨年だけで北米市場になんと3億8,600万ドル(約428億円)もの広告費を使っている。


成功への選択「夏の日の大雨」2018年8月17日~8月23日

成功への選択「夏の日の大雨」2018年8月17日~8月23日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


テキサス人は、なぜオノ・ヨーコが嫌いなのか?

テキサス人は、なぜオノ・ヨーコが嫌いなのか?

テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、ビートルズの故ジョン・レノン氏の未亡人オノ・ヨーコ氏が、平和のために新作アルバムを発表するニュースを南部テキサス人はどう捉えているか、というレポートだ。


未だかつてない日本のビジネスに、アメリカ失笑

未だかつてない日本のビジネスに、アメリカ失笑

ここ数週間、アメリカで笑いが伴う話題に上るようになった日本企業、ワキノ広告社。BizSeeds編集部はアメリカにあるため、この会社が日本でどれほどの知名度があるのか分からないが、ワキノ広告社が販売する驚きの広告スペースに、アメリカ人が失笑中だ。


赤ちゃんがすぐ泣き止む画期的なロボティックス・ベッド

赤ちゃんがすぐ泣き止む画期的なロボティックス・ベッド

2002年に育児書でベストセラー本とDVDを出版した小児科医が、多額の投資を受けてハイテックなロボティックス・ベビー・ベッドを開発した。育児における親の「消耗」が最大のストレスに繋がると警告する同医師が、親たちのストレスを軽減するために開発した画期的なベッドを紹介しよう。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング