爆発的な人気TV番組「Fixer Upper」の影響力

爆発的な人気TV番組「Fixer Upper」の影響力

家とガーデニングの話題に特化したケーブルTV局HGTVで、爆発的な人気を博していた「Fixer Upper」。テキサス州の田舎町で改装業を営むゲインズ夫婦が、古い家をおしゃれに改装するリアリティーTV番組で、今年4月に最終回を放送したばかり。その番組の影響で、夫妻が住む田舎街に全米から観光客が集まり、大々的な町興しになっている。


マーサ・ ステュワートも怯えるジョアンナ ・ゲインズとは?

 昨年のシーズン4の最終回は全米で521万人が視聴し、ケーブルTV局のその年の歴代2位の視聴率を記録したHGTVの「Fixer Upper」。プロデューサーは日系アメリカ人Michael Matsumoto氏、主役はテキサス州にあるWACOという小さな田舎町で、「マグノリア・ホームズ」を家族経営するチップ&ジョアンナ・ゲインズ夫妻だ。

 夫のチップ・ゲインズさんと妻のジョアンナさん が、クライアントの希望に応じて現存の古い家を見違えるほど素敵にリフォームして、「アメリカン・ドリームホーム」を提供するという、非常に分かりやすいリアリティー番組。4月に放送された同番組シーズン5の最終回では全米ライブ週間視聴率2位を獲得し、別れを惜しむファンたちから番組の続投を願うEメールが同局に押し寄せたというが、それほどの人気を誇るゲインズ夫婦とは、どんな一般人なのだろう?

 番組の人気の秘密は、チップさんのユニークで親しみやすい性格が織り成す、夫婦漫才にも近いアットホームな雰囲気と、妻ジョアンナさんが生み出す今どきのデザインと、誰もが息をのむ空間の提供力、そして彼らの家族愛のようだ。ただカッコ良くリフォームするのは誰にでもできるが、クライアントがハッピーになるように寄り添う姿勢のリフォームが、クライアントだけでなく、視聴者をも釘付けにしたのだろう。そんな彼らのHGTVの「Fixer Upper」のトレーラー映像はこちら。

カフェや別荘も展開! 地元の町興しに大貢献

 ジョアンナのインテリア・デザインのセンスには誰もが目を奪われる。本人たちがファーム(農場)に住んでいることから、フレンチ・カントリーとファーム・ハウス系のデザインを得意としながらも、男性ウケするインダストリアルなデザインや、マスキュリンなミッド・センチュリー・モダンなデザインも加えて彼女らしく仕上げる腕前だ。

 ジョアンナが出版した本のひとつ「Magnolia Table」(定価$30)は、ゲインズ家のお気に入りの料理を集めたレシピ本で、発売1週間で約17万部を売り上げた。これまで「カリスマ主婦」、「主婦の鏡」と、もてはやされたマーサ・ステュワートも、ジョアンナの活躍に自身の立ち位置が揺るがされるとヤキモキしているということが週刊誌に掲載されたばかりだが、それもそのはず、ジョアンナの作るカップケーキや朝食も人気を博している。

 ケインズ夫妻 は、拠点であるWACO市にあった古いカフェを自らリノベーションし、彼らのレシピ本の中から選んだ朝食をサーブするレストラン「Magnolia Table」をはじめ、ジョアンナ監修のホームグッズ店「Magnolia Market」や、複数のバケーション・ハウスもオープンさせた。そのWACO市に、HGTVを放送しているカナダを含めた北米全土から「Fixer Upper」ファンが押し寄せて、同市は 同番組が放送される前の観光客数2万5,000人から30万人以上が安定して訪れる観光都市に成長した。つまり、ケインズ夫妻は同市にとって、これ以上ないような観光大使になったのである。

 全米を一斉風靡したカリスマ主婦、マーサ・ステュワートの時代はもう終わり、新しいヒロインであるジョアンナ・ゲインズが生まれた。「Fixer Upper」の終了後、彼女をフィーチャーしたスピンオフ新番組「Behind the Design」が好評放送中だ。彼女の今後の活躍に多方面から注目が集まっている。

この記事の寄稿者

関連する投稿


テキサス人が選んだ2018年のフェイク・ニュース トップ5

テキサス人が選んだ2018年のフェイク・ニュース トップ5

 テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。年末を迎えた今回は、テキサスに暮らす保守派たちが選んだ「2018年のフェイク・ニュース トップ5」を著者の解説つきで紹介しよう。


米中間選挙: 保守派の見解「信じるな!世論調査とCNN」

米中間選挙: 保守派の見解「信じるな!世論調査とCNN」

テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は中間選挙に向けて、世論調査の結果を掲げて議論するリベラル派に対して、「その質問はフェアーか?」と質問の仕方に疑問を持つ保守派の声を現地からレポートする。


米中間選挙:保守派がSNSによる“選挙介入”を恐れる理由

米中間選挙:保守派がSNSによる“選挙介入”を恐れる理由

テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、保守派たちはグーグルなどのリベラル派IT企業やソーシャル・メディアによる“選挙介入”を恐れている、という現地からの声をレポートする。


「棚ぼたアメリカン・ドリーム」を手に入れた人たち

「棚ぼたアメリカン・ドリーム」を手に入れた人たち

「あの時、たまたまそこに居会わせなかったら……」。幸運を掴むには努力と運の両方が必要と言われるが、世の中には「棚ぼた」と言われるような成功例も多々ある。今回は、「棚ぼたアメリカン・ドリーム」と言われるケースをいくつかご紹介しよう。


テキサス人は、なぜオノ・ヨーコが嫌いなのか?

テキサス人は、なぜオノ・ヨーコが嫌いなのか?

テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、ビートルズの故ジョン・レノン氏の未亡人オノ・ヨーコ氏が、平和のために新作アルバムを発表するニュースを南部テキサス人はどう捉えているか、というレポートだ。






最新の投稿


来年は「カツサンド」がアメリカのトレンドに?

来年は「カツサンド」がアメリカのトレンドに?

アメリカでは年末が近づくと発表される、来年の「レストラン・メニューのトレンド」予想。今年の食トレンドは、「サステーナブルなシーフード」、「手作り調味料」、メルロー・カットなど牛ステーキの「新カット」などだったが、来年は日本が誇るB級グルメ「カツサンド」が、アメリカのレストランにおけるトレンドになるらしい。


成功への選択「脱、暴飲暴食」2018年12月14日~12月20日

成功への選択「脱、暴飲暴食」2018年12月14日~12月20日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


共和党の民意無視がアメリカを蝕む

共和党の民意無視がアメリカを蝕む

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、先の中間選挙で共和党州から民主党州に変わった州の現知事が、退任前に新しく就任する知事の権力を制限する法律を制定しようとする動きについて、著者の憤慨をまとめた。


アメリカで再注目されている「サードプレイス」の重要性

アメリカで再注目されている「サードプレイス」の重要性

日常生活の中で定期的に通えて、第三者と会話を交わせる場所「サードプレイス」が、個人や地域の活力を生み出す上で重要であると社会学者のレイ・オールデンバーグ氏が提唱したのは、今から約20年前のことだ。ネット社会が確立した今、アメリカでは再び、自宅でも職場でもない第三の場所、「サードプレイス」の重要性が注目されている。


マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ合法州が一段と増えたアメリカでは、葉に火をつけて吸引するだけでなく、成分を飲み物に混ぜたり、スイーツや料理に加えたりと、様々な嗜好品が誕生している。しかも、この市場は来年以降、さらに広がる見込みだという。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング