アメリカで支持される出会い系アプリ 〜新しい恋愛の形〜

アメリカで支持される出会い系アプリ 〜新しい恋愛の形〜

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生のトレンドなどの情報をお届けする。今回紹介するのは、周囲の大学生やシングルスたちから支持されている数々の出会い系アプリだ


女性のエンパワーメントを反映したアプリも

 よく耳にする出会い系アプリ。日本では知らない人とご飯を食べたり、デートするのは一見、危険なことと思われがちだ。しかしそんな「出会い系アプリ=危ない」という印象が優位となる日本とは異なり、アメリカの若者の間では、出会い系アプリは新しい出会いを得るための「手段」として捉える傾向が高い。

 日本と同様、アメリカにも目的に応じた複数の出会い系アプリがある。世界的に有名な恋愛アプリ「Tinder」(ティンダー)は、表示される他のユーザーの簡単なプロフィールを元に、そのユーザーが良いと思ったら〇、思わなかったら×と選択していき、“マッチ”(相互が〇を選択した状況)した場合のみ、メッセージの交換が可能になるシステムで知られている。簡易さと登録数の多さでティンダーが今も人気を博しているのは確かだが、アプリが女性目線ではないことや、長期にわたって交際することを視野に入れていない登録者が多いという現実もある。

 そういう点を改善すべく作られたのが 「Bumble」 (バンブル)という、女性からしかメッセージのやり取りをスタートできない仕組みにした恋愛アプリだ。使い方は前述のティンダーと同様だが、ティンダーとは異なり、バンブルの場合は「女性からイニシアティブをとる」というシステムなので、アメリカをはじめ、世界で注目されている女性のエンパワーメント運動の流れをしっかりと反映している。

目的別・出会い系アプリはどこまで進むのか?

 ほかにも様々な出会い系アプリがあるが、「Coffee Meets Bagel 」(コーヒー・ミーツ・ベーグル)というアプリでは、フェイスブック上で共通の友人がいるユーザーのみが表示される。このアプリでは、24時間以内にマッチできる回数が制限されており、「量より質」を大事にするとして、有名大学やビジネス・スクールに通うエリートたちにも人気のアプリだ。

 一方、「Seeking Arrangement」(シーキング・アレンジメント)は、いわゆるお互いの目的が明確な援助交際的カップルをマッチングさせるアプリだ。プロフィールには年収や職業が記載され、主に女性のユーザーはお金持ちを狙って相手を選抜する。「カップル」と言っても、「一回だけ食事に行く」だけの場合などもあり、このアプリの使い方は人それぞれだ。ここニューヨークにはウォールストリートなどの証券街で働くお金持ちや、企業のCEOなども多いため、若い女性や学生で、このアプリを通してお小遣い稼ぎをしようとする人によく会うのも現実だ。

 恋愛アプリは、何もかもがデジタル化された社会において欠かせないものになってきているように思う。登録するのも使うのも個人の自由だが、情報を悪用されたり、相手に騙されないように心がけて賢くアプリを使うことが重要だろう。これからも、もっとニッチなニーズに応じた恋愛アプリがでてくるに違いない。

この記事の寄稿者

1997年生まれ、21歳。東京都出身。青山学院初等部・中等部を卒業後、米国バージニア州の女子校、St. Margaret’s Schoolに2年通う。2015年にコネチカット州のWestminster Schoolに転校し、卒業。現在はニューヨークにあるコロンビア大学・バーナードカレッジにて都市計画と国際関係、教育を専攻し、国際貢献の分野を志している。

関連する投稿


クレジットカード社会のアメリカらしい、子供向けサービス

クレジットカード社会のアメリカらしい、子供向けサービス

日本とは異なり、アメリカでは50ドル以上の現金を持ち歩く人はとても少ない。「現金はまったく持たず、クレジットカードかデビットカードのみ」という人も大勢いる。そんなカード社会だからこそ重宝されている、子供向けのサービスがある。


ワッパーが1円! バーガーキング、カンヌ広告グランプリ受賞

ワッパーが1円! バーガーキング、カンヌ広告グランプリ受賞

米バーガーキングがキャンペーンで採用した“トンデモナイ発想から生まれた冗談のようなアプリ特典”が、カンヌ・ライオンズ広告賞を受賞した。同社の宿敵であるハンバーガー・チェーンの王者マクドナルドの店員たちと、バーガーキングのワッパーを求める客たちの両者を大混乱させたお騒がせアプリ特典とは?


アメリカの警察は人種により対応が異なるのは本当か?

アメリカの警察は人種により対応が異なるのは本当か?

日本でよく聞く「職質」、いわゆる「職務質問」とは、街にいる「怪しそうな人」に警察官が声をかけることだが、英語だと職質は「プロファイリング」と呼ばれる。日本と同様、警察官が気になった人に対して名前や職業などを尋ねることが、今アメリカでは社会的な問題になっている。


アメリカの若者は占星術の虜?

アメリカの若者は占星術の虜?

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生たちのトレンドなどの情報をお届けする。今回は占いにハマる人が急増中という、アメリカのミレニアル世代たちについて。


アメリカの若者のエクササイズ事情:運動というライフスタイルのかたち

アメリカの若者のエクササイズ事情:運動というライフスタイルのかたち

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生たちのトレンドなどの情報をお届けする。今回は、アメリカの若者たちのエクササイズのトレンドについてお届けする。






最新の投稿


奴隷制に対する賠償金を支払うのは誰なのか?

奴隷制に対する賠償金を支払うのは誰なのか?

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、トランプ大統領に対抗するリベラル派の大統領候補や政治家たちが「過去の奴隷制に対して賠償金を払うべき」と訴えていることについて、保守派の見解を解説する。


今週の神秘ナンバー占い(2019年7月19日~25日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年7月19日~25日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


クレジットカード社会のアメリカらしい、子供向けサービス

クレジットカード社会のアメリカらしい、子供向けサービス

日本とは異なり、アメリカでは50ドル以上の現金を持ち歩く人はとても少ない。「現金はまったく持たず、クレジットカードかデビットカードのみ」という人も大勢いる。そんなカード社会だからこそ重宝されている、子供向けのサービスがある。


50歳以上の女性を対象にした一軒家シェア・マッチングとは

50歳以上の女性を対象にした一軒家シェア・マッチングとは

地域などで差はあるものの、一般的に個人主義と言われるアメリカ人は、高齢になってもひとり暮らしを好む傾向が高い。しかし50歳を過ぎて独身の場合は、必ずしもそうとは言えないようだ。一軒家の所有者で同居人を探している人と、賃貸マンションやアパート暮らしに不安を感じている人をマッチングさせるサイトの人気が上がっているという。


アイデア靴下の大勝利? 旅行やアウトドアの必需品に

アイデア靴下の大勝利? 旅行やアウトドアの必需品に

夏、真っ盛り! 旅行やイベントなどの予定がある人も多い中、海外旅行や野外イベントに行くときに、ちょっと心配なのが貴重品の管理だ。大勢が集まる場所や海外ではスリやひったくりに遭わないよう、昔ながらの腹巻型の貴重品入れに財布やパスポートを入れて持ち歩く人もいるのでは? そんなあなたにオススメなのが、このアイデア靴下だ。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング