アメリカで支持される出会い系アプリ 〜新しい恋愛の形〜

アメリカで支持される出会い系アプリ 〜新しい恋愛の形〜

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生のトレンドなどの情報をお届けする。今回紹介するのは、周囲の大学生やシングルスたちから支持されている数々の出会い系アプリだ


女性のエンパワーメントを反映したアプリも

 よく耳にする出会い系アプリ。日本では知らない人とご飯を食べたり、デートするのは一見、危険なことと思われがちだ。しかしそんな「出会い系アプリ=危ない」という印象が優位となる日本とは異なり、アメリカの若者の間では、出会い系アプリは新しい出会いを得るための「手段」として捉える傾向が高い。

 日本と同様、アメリカにも目的に応じた複数の出会い系アプリがある。世界的に有名な恋愛アプリ「Tinder」(ティンダー)は、表示される他のユーザーの簡単なプロフィールを元に、そのユーザーが良いと思ったら〇、思わなかったら×と選択していき、“マッチ”(相互が〇を選択した状況)した場合のみ、メッセージの交換が可能になるシステムで知られている。簡易さと登録数の多さでティンダーが今も人気を博しているのは確かだが、アプリが女性目線ではないことや、長期にわたって交際することを視野に入れていない登録者が多いという現実もある。

 そういう点を改善すべく作られたのが 「Bumble」 (バンブル)という、女性からしかメッセージのやり取りをスタートできない仕組みにした恋愛アプリだ。使い方は前述のティンダーと同様だが、ティンダーとは異なり、バンブルの場合は「女性からイニシアティブをとる」というシステムなので、アメリカをはじめ、世界で注目されている女性のエンパワーメント運動の流れをしっかりと反映している。

目的別・出会い系アプリはどこまで進むのか?

 ほかにも様々な出会い系アプリがあるが、「Coffee Meets Bagel 」(コーヒー・ミーツ・ベーグル)というアプリでは、フェイスブック上で共通の友人がいるユーザーのみが表示される。このアプリでは、24時間以内にマッチできる回数が制限されており、「量より質」を大事にするとして、有名大学やビジネス・スクールに通うエリートたちにも人気のアプリだ。

 一方、「Seeking Arrangement」(シーキング・アレンジメント)は、いわゆるお互いの目的が明確な援助交際的カップルをマッチングさせるアプリだ。プロフィールには年収や職業が記載され、主に女性のユーザーはお金持ちを狙って相手を選抜する。「カップル」と言っても、「一回だけ食事に行く」だけの場合などもあり、このアプリの使い方は人それぞれだ。ここニューヨークにはウォールストリートなどの証券街で働くお金持ちや、企業のCEOなども多いため、若い女性や学生で、このアプリを通してお小遣い稼ぎをしようとする人によく会うのも現実だ。

 恋愛アプリは、何もかもがデジタル化された社会において欠かせないものになってきているように思う。登録するのも使うのも個人の自由だが、情報を悪用されたり、相手に騙されないように心がけて賢くアプリを使うことが重要だろう。これからも、もっとニッチなニーズに応じた恋愛アプリがでてくるに違いない。

この記事の寄稿者

1997年生まれ、21歳。東京都出身。青山学院初等部・中等部を卒業後、米国バージニア州の女子校、St. Margaret’s Schoolに2年通う。2015年にコネチカット州のWestminster Schoolに転校し、卒業。現在はニューヨークにあるコロンビア大学・バーナードカレッジにて都市計画と国際関係、教育を専攻し、国際貢献の分野を志している。

関連する投稿


アメリカの若者は占星術の虜?

アメリカの若者は占星術の虜?

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生たちのトレンドなどの情報をお届けする。今回は占いにハマる人が急増中という、アメリカのミレニアル世代たちについて。


アメリカの若者のエクササイズ事情:運動というライフスタイルのかたち

アメリカの若者のエクササイズ事情:運動というライフスタイルのかたち

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生たちのトレンドなどの情報をお届けする。今回は、アメリカの若者たちのエクササイズのトレンドについてお届けする。


バスの中で瞑想?! ニューヨークの街を走るメディテーション・バス

バスの中で瞑想?! ニューヨークの街を走るメディテーション・バス

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生のトレンドなどの情報をお届けする。今回紹介するのは、ストレスを抱えながら働く人が多いニューヨークのマンハッタンに登場した「モバイル・メディテーション・バス」だ。


エリートだけが会員になれるデーティング・アプリは社会問題?

エリートだけが会員になれるデーティング・アプリは社会問題?

  アメリカでも結婚相手やパートナーとの出会いに繋がるオンライン・デーティング・サービスの需要は高く、各社は年齢層や地域を限定したり、人種や宗教で括ったり、真剣度の差などを売りにして競っている。そんな中、「会員になれるのは、男女ともエリートのみ」と厳しく限定したデーティング・アプリが注目されている。


携帯ひとつでクリエイターになれる! アメリカで人気のアプリ「VSCO」

携帯ひとつでクリエイターになれる! アメリカで人気のアプリ「VSCO」

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生のトレンドなどの情報をお届けする。今回紹介するのは、アメリカの若者たち、なかでも女子たちから圧倒的に支持されている写真加工アプリ「VSCO 」だ。






最新の投稿


死んだら肥料になる? ホラーな法案がワシントン州で成立間近

死んだら肥料になる? ホラーな法案がワシントン州で成立間近

アメリカには不思議な法律がいろいろ存在するが、ワシントン州で思わず首をかしげたくなるような「ホラーな法案」が承認され、この5月1日から施行されようとしている。かなり気味が悪い法律の全貌とは?


再生紙はもはや常識? 環境に優しいファストフード

再生紙はもはや常識? 環境に優しいファストフード

アメリカのファストフード企業の多くは、このところ環境配慮を全面に押し出したマーケティングを行っている。環境配慮の一環としてパッケージに再生紙を利用し、プラスチック・ストローを廃止し、パッケージのリサイクルなどを行うだけでなく、商品を包むパッケージの全てを「堆肥化可能なもの」にしたという企業も現れた。


ストリーミング市場を制する米ネットフリックス、加入者数が歴代最大

ストリーミング市場を制する米ネットフリックス、加入者数が歴代最大

世界最大の動画ストリーミング配信企業、米ネットフリックスが、今年の第1四半期の業績を発表し、加入者数は前年同期比8%増で歴代最大の1億4,890万人だと明らかにした。アップルとディズニーの参入で競争が激化するストリーミング市場で今後の伸び悩みが懸念される同社だが、他社との差別化で躍進を続ける構えだ。


成功への選択「落とし前のつけ方」2019年4月19日~4月25日

成功への選択「落とし前のつけ方」2019年4月19日~4月25日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


【Red vs. Blue】あのシェル石油がパリ協定を支持! 米国のロビー支援をやめると発表

【Red vs. Blue】あのシェル石油がパリ協定を支持! 米国のロビー支援をやめると発表

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は世界的な大企業のシェル石油が気候変動抑制を支持し、長年の米国でのロビー活動をやめると発表したことについて。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング