トランプ大統領の愛娘イヴァンカが自身のブランドを廃止したワケ

トランプ大統領の愛娘イヴァンカが自身のブランドを廃止したワケ

トランプ大統領の愛娘で、元モデルのイヴァンカ・トランプが、2007年から続けてきた自身の名前を付けたブランド「Ivanka Trump」を廃止することを発表した。その美貌に日本でも注目が集まったイヴァンカの背景にうごめく様々な大人の事情とは?


イヴァンカのブランドは人気があった

 大統領の娘、イヴァンカ・トランプ自身が立ち上げたアパレル・ブランドの「Ivanka Trump」。好調だった同ブランドだが、先月24日、本人が同ブランドを廃止することをウォールストリート・ジャーナル誌に話した。

 同ブランドの立ち上げは2007年。大富豪が多く住む、ニューヨークはマンハッタン、アッパーイースト地区出身である、イヴァンカのエレガントでハイソサエティーな雰囲気のファッション・ラインに注目が集まり、ジュエリーやバッグ、シューズと規模を拡大させていった。フォーブス誌によると、2015年の年商は100億ドル。有名デパートのノードストロームや、ニーマン・マーカス 等のスポンサーシップを受けたファッション・インフルエンサー達も、そのセンスと品の良さから、こぞってイヴァンカのブランドを紹介し、同ブランドはさらに勢いを増していった。

 しかし、父であるドナルド トランプ氏が大統領になってからというもの、その「トランプ・ブランド」が論争の的となり、マイナスのイメージが作用して様々な有名デパートから取り扱いのボイコットをされるようになった。父のトランプ氏も自身のツイッターに、「娘はノードストロームから不当な扱いを受けている」と援護し、大きな波紋を呼んだ。

 ウォールストリート・ジャーナル誌によると、ブランドの2017年度の年商は61%上昇したが、ボイコット運動を受けた後は2018年6月時点で45%減だったという。しかし、それでも全米のメジャーなデパートで取り扱いされ、海外進出もしていた同ブランドの人気は廃止すべきほど衰えてはいなかった。

ブランド廃止の電撃発表、本当の理由とは?

 イヴァンカは現大統領の実娘であるだけでなく、ホワイトハウスに勤務し、大統領補佐官を務めている。大統領の側近という立場上、自身の名前を冠したブランド事業を経営することは利益相反の可能性があるという批判を、就任以来ずっとされ続けてきた。今回の事業廃止の発表では、「ホワイトハウスでの業務に力を入れたい」と話しているが、批判が最も大きかったときではなく、なぜ今になって廃業するのだろう。

 イヴァンカはこの発表の際、「(ブランドへ)いつ復帰できるか、あるいは復帰することがあるのかどうかも分からない」、「自分が今フォーカスすべきことは、ワシントンDCでの仕事」と発言している。この発言に、3カ月後に控える米中間選挙と、2年後の次期大統領選挙が関係していないとは考えにくい。父トランプの再選の足かせとなりうる要因は、どんな小さなものでも今のうちに排除しておきたいのか、それとも次期大統領戦にも勝算があると見て詳細な準備を進めているからなのか……。

 有名デパート各社が彼女のブランドを扱わなくなっても、ブランドは売れていたことを考慮すると、トランプ大統領のマイナス・イメージによる経営困難説が原因ではなく、「大人の事情」によるブランド廃止ではないかと様々な憶測が飛び交っている。

 なんともイヴァンカらしい軽やかな身のこなしだが、政界キャリアがないにもかかわらず、ホワイトハウスに自らの役職を作ってしまったときの動きにも似た「したたかさ」と「スマートさ」が見え隠れする。今後のイヴァンカの動向にも注目したい。

参考記事:
https://studybreaks.com/thoughts/ivanka-trump-company-closure/

この記事の寄稿者

関連する投稿


「大手新聞の一斉トランプ批判」への批判

「大手新聞の一斉トランプ批判」への批判

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが語る。全米300紙以上の新聞が8月18日、一斉にトランプ大統領を批判する社説を掲載した。そして、この批判への批判もチラホラ……。


メラニア・トランプのファッション、HOW MUCH?

メラニア・トランプのファッション、HOW MUCH?

常に華やかでスタイリッシュ、カジュアルからフォーマルまで完璧に着こなすメラニア米大統領夫人。現在はアメリカ国籍だが、スロベニアからの移民で、渡米前はその180㎝の長身を生かしてモデルとして活動していた。今日はそんな彼女のファッションにフォーカスを当ててみよう。


「宇宙軍」創設!? 中間選挙へ向けたトランプの新戦略

「宇宙軍」創設!? 中間選挙へ向けたトランプの新戦略

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、トランプ政権が「米軍に新しく宇宙軍(Space Force)を加える」と提案したことについて。この提案に湧くトランプ支持者たちを、リベラル派の著者はどう見るか?


【Red vs. Blue】トランプ大統領とイーロン・マスクは似ている?

【Red vs. Blue】トランプ大統領とイーロン・マスクは似ている?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露。今回は、『フォーブス』誌が掲載した、トランプ大統領とイーロン・マスクの類似点をあげた記事を読んだ両者の意見を聞く。


アメリカでの偽装結婚斡旋サービスと実態

アメリカでの偽装結婚斡旋サービスと実態

トランプ政権発足後、不法移民問題だけでなく、不法な形でビザを取得した人への摘発も強化されつつある。ビザの取得が難しいアメリカにおいて、永住権・通称グリーンカードを取得するために偽装結婚をする人はかなりいるというが、偽装が分かってしまったら、一体どんな罪になるのだろう?






最新の投稿


来年は「カツサンド」がアメリカのトレンドに?

来年は「カツサンド」がアメリカのトレンドに?

アメリカでは年末が近づくと発表される、来年の「レストラン・メニューのトレンド」予想。今年の食トレンドは、「サステーナブルなシーフード」、「手作り調味料」、メルロー・カットなど牛ステーキの「新カット」などだったが、来年は日本が誇るB級グルメ「カツサンド」が、アメリカのレストランにおけるトレンドになるらしい。


成功への選択「脱、暴飲暴食」2018年12月14日~12月20日

成功への選択「脱、暴飲暴食」2018年12月14日~12月20日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


共和党の民意無視がアメリカを蝕む

共和党の民意無視がアメリカを蝕む

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、先の中間選挙で共和党州から民主党州に変わった州の現知事が、退任前に新しく就任する知事の権力を制限する法律を制定しようとする動きについて、著者の憤慨をまとめた。


アメリカで再注目されている「サードプレイス」の重要性

アメリカで再注目されている「サードプレイス」の重要性

日常生活の中で定期的に通えて、第三者と会話を交わせる場所「サードプレイス」が、個人や地域の活力を生み出す上で重要であると社会学者のレイ・オールデンバーグ氏が提唱したのは、今から約20年前のことだ。ネット社会が確立した今、アメリカでは再び、自宅でも職場でもない第三の場所、「サードプレイス」の重要性が注目されている。


マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ合法州が一段と増えたアメリカでは、葉に火をつけて吸引するだけでなく、成分を飲み物に混ぜたり、スイーツや料理に加えたりと、様々な嗜好品が誕生している。しかも、この市場は来年以降、さらに広がる見込みだという。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング