アップル、時価総額が米企業初の1兆ドル越え

アップル、時価総額が米企業初の1兆ドル越え

 米国株式市場で、米アップル社が米企業として初めて時価総額1兆ドルを突破した。ハイテク大手による「1兆ドル達成レース」が注目されていた中、アマゾン・ドットコム社などの追随を振り切って、アップルが初の座を手に入れた。


iPhone発売以降、同社の株価は12倍に

 今月2日(日本時間3日)、米カリフォルニア州に本社を構えるアップル社の株式が終値207.39ドルという過去最高値を付け、時価総額が1兆ドル(約112兆円)を超えた。時価総額1兆ドル超えは米上場企業初。

 2007年に中国石油天然気集団公司(ペトロチャイナ)が上場した際、同社の時価総額は1.1兆ドルだったが、ほぼ全株が中国政府に保有されていた(現在の時価総額は約2,220億ドル前後)。

 アップルの主力製品であるiPhoneが初めて発売されたのは、2007年。以来、同社の株価は12倍になり、過去1年間でも約30%上昇していた。iPhoneの開発を指揮したのは、アップル創設者であるスティーブ・ジョブズ氏だが、ジョブズ氏が2011年に亡くなった後は、ティム・クックCEOの経営手腕によりiPhoneを高級機種化し、アプリやクラウドなどで収入源を多様化。2017年には売上高2,290億ドル、利益484億ドルで、米上場企業の中で最も利益を出す企業となった。

クック氏が全従業員に送った言葉 全容

 今回の件で、ティム・クックCEOは12万人を超える全従業員に感謝を伝え、故スティーブ・ジョブズ氏が抱いていた同社設立の信念などを振り返った。

 「スティーブは、人間の創造力が最大の課題でさえ解決でき、世界を変えられると狂おしいほど思う人こそが実際に世界を変えると信じて、アップルを設立しました。今日の世界では、私たちの使命はこれまで以上に重みを増しています。当社の製品は、驚きと喜びの瞬間を創出するだけでなく、全世界の人々や周囲の生活を豊かにする力を与えるのです。
 いつもスティーブがそうしていたように、アップルの明るい未来と偉大な仕事に向けて、ともに頑張っていきましょう」

 クック氏のメモ英語全容は下記。

Team,

Today Apple passed a significant milestone. At our closing share price of $207.39, the stock market now values Apple at more than $1 trillion. While we have much to be proud of in this achievement, it's not the most important measure of our success. Financial returns are simply the result of Apple's innovation, putting our products and customers first, and always staying true to our values.

It's you, our team, that makes Apple great and our success is due to your hard work, dedication and passion. I am deeply humbled by what you do, and it's the privilege of a lifetime to work alongside you. I want to thank you from the bottom of my heart for all the late hours and extra trips, all the times you refuse to settle for anything less than excellence in our work together.

Let's take this moment to thank our customers, our suppliers and business partners, the Apple developer community, our coworkers and all those who came before us at this remarkable company.

Steve founded Apple on the belief that the power of human creativity can solve even the biggest challenges — and that the people who are crazy enough to think they can change the world are the ones who do. In today's world, our mission is more important than ever. Our products not only create moments of surprise and delight, they empower people all around the globe to enrich their lives and the lives of others.

Just as Steve always did in moments like this, we should all look forward to Apple's bright future and the great work we'll do together.

Tim

 アップルに続き、1兆ドル超えを目指せる企業としてアマゾン・ドットコム社、グーグルのオーナーであるアルファベット社、マイクロソフト社の名前が並んでいる。

参考記事:
https://www.thehindubusinessline.com/markets/stock-markets/apple-breaches-1-trillion-stock-market-valuation/article24589087.ece

この記事の寄稿者

関連する投稿


無人「買い物デリバリー車」が街をゆく?

無人「買い物デリバリー車」が街をゆく?

 一部の都心を除いては、車なしに生活することは不可能なアメリカ。ミルクひとつ買いに行くだけでも、車を走らせねばならない。そんな生活を一変させるかもしれない、夢のような一般家庭用向けの車の開発が進んでいる。その実態とは?


シアトルでプラスチック製ストロー禁止令 新ストローは植物由来

シアトルでプラスチック製ストロー禁止令 新ストローは植物由来

海に投棄されたプラスチック製のゴミによる環境汚染が大きな問題となるなか、米西海岸ワシントン州シアトル市が7月1日より、市内のすべての飲食店で使い捨てのプラスチック製ストローとプラスチック製スプーンやフォークなどの提供を禁止する措置に踏み切った。


構想から8年! スタイリッシュなロボットが作るグルメバーガー登場 

構想から8年! スタイリッシュなロボットが作るグルメバーガー登場 

アメリカでもグルメな都市として知られるサンフランシスコに、ハイテクなロボティックス技術を駆使し、有名シェフ監修の元にグルメなハンバーガーを提供する店がオープンした。これまでのハンバーガー・ロボットを大きく超えた、その画期的なビジュアルや技術を紹介しよう!


Made in USA海外流出 ハーレー・ダビッドソンがトランプ政策に反旗

Made in USA海外流出 ハーレー・ダビッドソンがトランプ政策に反旗

アメリカが誇る「Made in USA」で、「自由の国」の文化的象徴でもあるオートバイのハーレー・ダビットソン社が、トランプ大統領が仕掛けた貿易戦争に対するEUの報復関税の影響を受け、欧州向けオートバイ生産拠点を海外へ移す方針を発表した。それを知ったトランプ大統領は自身のツイッターで同社の判断に対して猛反撃しているが…


愛犬の巨大食道症を救う「魔法の椅子」

愛犬の巨大食道症を救う「魔法の椅子」

犬の「巨大食道症」という病気をご存知だろうか? 食道が伸び切って食物がうまく胃に運べなくなる病気で、犬種によっては発症数も多い。これまで治療が難しいとされてきたが、最近、この病気に苦しむ犬たちを救う「椅子」が発売され、愛犬家の間で話題になっている。






最新の投稿


電通イージス 、ファッション界の巨人LVMHの北米広告担当に

電通イージス 、ファッション界の巨人LVMHの北米広告担当に

世界的な高級ブランド・コングロマリットであるLVMH(モエ・ヘネシー・ルイヴィトン)社。同社が所有する全ブランドの北米における広告を、電通の海外企業である電通イージス・ネットワークが行うことが決定した。LVMHは 昨年だけで北米市場になんと3億8,600万ドル(約428億円)もの広告費を使っている。


成功への選択「夏の日の大雨」2018年8月17日~8月23日

成功への選択「夏の日の大雨」2018年8月17日~8月23日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


テキサス人は、なぜオノ・ヨーコが嫌いなのか?

テキサス人は、なぜオノ・ヨーコが嫌いなのか?

テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、ビートルズの故ジョン・レノン氏の未亡人オノ・ヨーコ氏が、平和のために新作アルバムを発表するニュースを南部テキサス人はどう捉えているか、というレポートだ。


未だかつてない日本のビジネスに、アメリカ失笑

未だかつてない日本のビジネスに、アメリカ失笑

ここ数週間、アメリカで笑いが伴う話題に上るようになった日本企業、ワキノ広告社。BizSeeds編集部はアメリカにあるため、この会社が日本でどれほどの知名度があるのか分からないが、ワキノ広告社が販売する驚きの広告スペースに、アメリカ人が失笑中だ。


赤ちゃんがすぐ泣き止む画期的なロボティックス・ベッド

赤ちゃんがすぐ泣き止む画期的なロボティックス・ベッド

2002年に育児書でベストセラー本とDVDを出版した小児科医が、多額の投資を受けてハイテックなロボティックス・ベビー・ベッドを開発した。育児における親の「消耗」が最大のストレスに繋がると警告する同医師が、親たちのストレスを軽減するために開発した画期的なベッドを紹介しよう。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング