「アロハ」商標獲得で炎上! シカゴのポケ店、ボイコット運動に発展

「アロハ」商標獲得で炎上! シカゴのポケ店、ボイコット運動に発展

「アロハ」(Aloha)は、ハワイの挨拶語。ハワイ語で愛、平和、同情心という意味を持ち、ハワイアン文化を象徴する言葉だ。しかし、「アロハ」をハワイ名物料理の「ポケ」(Poke)と抱き合わせてシカゴの企業が商標化したため、ハワイアンたちが立腹。ソーシャルメディアで人種文化問題だとして炎上し、同店のボイコット運動へ……


「アロハ」はハワイアンの心。商標化などできない!

 ポケ(Poke)は、切ったマグロや鮭などの生魚を、ゴマ油や醤油などで味付けしたハワイの地元料理で、そのまま食べたり、ご飯やサラダ菜に乗せて食べる手軽な一品だ。数年前から全米では「ポケ・ブーム」なるものが起き、各地に多くの専門店が登場。それまではハワイならではだったポケは、今では全米展開する大手スーパーマーケット「Whole Foods」のデリ・セクションなどでも売られている。

 そのブーム初期の2016年に、イリノイ州シカゴで創業されたポケ専門のファストフード店「Aloha Poke Co.」は、創業と同時に米国特許商標庁に「Aloha Poke」という商標を申請し、同年に商標を獲得した。アメリカでは商標所有者が弁護士を通じて、米国内にて同名でビジネスを営む企業や店舗に対し、名称変更要請をすることは珍しいことではない。そのため、全米展開する準備が整った同社も、同名称を使用中の各社に対して名称変更を即す手紙を出したのだが、「Aloha Poke」だけでなく、「Aloha」という単語も使用不可という内容だったため、手紙を受け取った経営者たちだけでなく、大勢のハワイアンたちが、「アロハという言葉を一企業が商標化するなど、ありえない」とソーシャルメディアで反発。同社へのボイコット運動を起こす動きにまで発展した。

ハワイアンにとって「アロハ」は精神的な象徴

 昨年、店名の変更をシカゴの弁護士から要請されて、結果的に従ったワシントン州フェアヘヴンのポケ店の経営者は、ハワイアンの象徴だとして「アロハ」を店名に残すために法的に戦ったが、店名から外さざるを得ず、今は「Fairhaven Poke」という店名でポケ専門店を経営している。同店のフェイスブックには、シカゴからアロハという単語は一切使えないと言われたと記載されており、「あなたはアロハを商標登録できても、ハワイアン精神は商標登録できない!」と書かれている。

 先月末にハワイアンの活動家がソーシャルメディアに動画を公開し、ハワイアンにとって、「アロハがどれほど大切か」を詳しく説明、「Aloha Poke Co.」をボイコットする運動を呼びかけたことで騒ぎが大きくなった。

 一方、渦中の「Aloha Poke Co.」は、イリノイ州だけでなく、すでにカリフォルニア州、フロリダ州、ミネソタ州に進出している。この騒動に対して同社は、事実が誤解されて拡散されているとフェイスブック・ページで反論。同社は「アロハ」も「ポケ」も、各単語での商標登録は申請すらしておらず、商標は「アロハ・ポケ」で取得しているため、ソーシャル・ネットワークに出回っている数々のエピソードは事実と反すると発表している。

 ボイコット運動によって一躍有名になった同社だが、同商標の獲得に動いた元社長は、この騒動が起きる数カ月前にすでに退任しており、現社長は全米430店舗以上を展開する「Potbelly Sandwich」の元社長が就任している。

参考記事:
https://chicago.eater.com/2018/7/30/17631154/aloha-poke-response-boycott-leis-poke-stop-anchorage-alaska

この記事の寄稿者

関連する投稿


イーロン・マスクの地下交通システムがシカゴ市内を走る?!

イーロン・マスクの地下交通システムがシカゴ市内を走る?!

宇宙ロケットや高級電気自動車開発などで世界に話題を振りまく実業家イーロン・マスク氏のトンネル掘削会社ボーリングが、米シカゴ市の新交通システムの入札で交渉権を獲得。同市の市街地と空港間に地下トンネルを作り、電動ポッドを走らせる正式交渉に入ることが決まった。もし完成すれば空港と市街地をたった12分で移動できることになる。


魚を出さない寿司屋! インスタ映えする「100%ヴィーガン寿司」

魚を出さない寿司屋! インスタ映えする「100%ヴィーガン寿司」

食に対する意識が高いニューヨークには、肉や魚を食べない人たちも多く、健康的な料理を出すレストランの人気が高い。そんなニューヨークで、野菜と果物と穀物だけで作る「100%ヴィーガンの寿司」が、着々とファンを増やしている。


普通女子をミリオネアへと転身させるアメリカの「インスタ・ビジネス」

普通女子をミリオネアへと転身させるアメリカの「インスタ・ビジネス」

“インスタ映え”する風景や人の写真を見るのは、暇つぶしに最適だが、好きな写真をシェアーする場であるインスタグラムも、昨今ではビジネス・ツール色が濃くなってきた。アメリカでは、スポンサーを意識した写真を載せて、一般人からミリオネアになった女子たちも。そんな彼女たちの手法とは?


アメリカ進出の第一歩は「アイデンティティ」

アメリカ進出の第一歩は「アイデンティティ」

シカゴを拠点に30年近くビジネスを展開する著者が、アメリカに進出したい企業人が知っておくべき常識や、ハイパーニッチで事業開発を加速化する術を指南する、岸岡慎一郎のコラム『今こそ、アメリカで勝負!』。トランプ政権も2年目に突入し、アメリカの好景気が続く中、どのようなビジネスがアメリカに進出しやすいのだろうか?


ミレニアムのテレビは「コード・カッティング」

ミレニアムのテレビは「コード・カッティング」

進化を続けるオンライン事情により、日々豊かに変化していく人々の暮らし。そんな世界で賢く生きる術とは? デジタルマーケティング専門家、ティム・ポールが解説するコラム『オンラインと僕らの生活』。最近はアメリカの一般家庭でも自宅用の電話を引かず、携帯電話だけにする人が増えたが、テレビもまたその流れを追っている。






最新の投稿


電通イージス 、ファッション界の巨人LVMHの北米広告担当に

電通イージス 、ファッション界の巨人LVMHの北米広告担当に

世界的な高級ブランド・コングロマリットであるLVMH(モエ・ヘネシー・ルイヴィトン)社。同社が所有する全ブランドの北米における広告を、電通の海外企業である電通イージス・ネットワークが行うことが決定した。LVMHは 昨年だけで北米市場になんと3億8,600万ドル(約428億円)もの広告費を使っている。


成功への選択「夏の日の大雨」2018年8月17日~8月23日

成功への選択「夏の日の大雨」2018年8月17日~8月23日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


テキサス人は、なぜオノ・ヨーコが嫌いなのか?

テキサス人は、なぜオノ・ヨーコが嫌いなのか?

テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、ビートルズの故ジョン・レノン氏の未亡人オノ・ヨーコ氏が、平和のために新作アルバムを発表するニュースを南部テキサス人はどう捉えているか、というレポートだ。


未だかつてない日本のビジネスに、アメリカ失笑

未だかつてない日本のビジネスに、アメリカ失笑

ここ数週間、アメリカで笑いが伴う話題に上るようになった日本企業、ワキノ広告社。BizSeeds編集部はアメリカにあるため、この会社が日本でどれほどの知名度があるのか分からないが、ワキノ広告社が販売する驚きの広告スペースに、アメリカ人が失笑中だ。


赤ちゃんがすぐ泣き止む画期的なロボティックス・ベッド

赤ちゃんがすぐ泣き止む画期的なロボティックス・ベッド

2002年に育児書でベストセラー本とDVDを出版した小児科医が、多額の投資を受けてハイテックなロボティックス・ベビー・ベッドを開発した。育児における親の「消耗」が最大のストレスに繋がると警告する同医師が、親たちのストレスを軽減するために開発した画期的なベッドを紹介しよう。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング