アメリカでの偽装結婚斡旋サービスと実態

アメリカでの偽装結婚斡旋サービスと実態

トランプ政権発足後、不法移民問題だけでなく、不法な形でビザを取得した人への摘発も強化されつつある。ビザの取得が難しいアメリカにおいて、永住権・通称グリーンカードを取得するために偽装結婚をする人はかなりいるというが、偽装が分かってしまったら、一体どんな罪になるのだろう?


フロリダ、ラスベガスで偽装結婚摘発が続く

 今年に入ってから、偽装結婚の斡旋業者の摘発が続いている。摘発強化は今のところ全国規模ではないようだが、これからこうした動きは全国的に広がるとみられている。

 最近、摘発が続いているのはフロリダ州だ。特に同州Brevard郡では、過去18ケ月の間に、50以上の偽装結婚を斡旋した詐欺師が摘発されて、大きな話題となった。この地域では2015年以降、同地域でウズベキスタン、カザフスタン、キルギスおよびその他旧ソ連諸国からの移民が著しく増加。これを不審とした移民税関執行機関の国土安全保障局が、郡との協力により本格調査に乗り出したていたが、その結果、斡旋を働いたデニス・ヤコブレフとサービスを受けた合計9人が、先月末までの間に有罪判決を受けた。

 また、ネバダ州ラスベガス市でも摘発が続いている。今年5月にも斡旋業者が有罪判決を受けたばかりで、犯行に及んだジェニファー・ハモイとアントニオ・イバネズは、2013年から2015年に偽装結婚を斡旋。正式に刑が言い渡されるのは今月で、求刑は5年の懲役および罰金25万ドルだ。

 米国民との偽装結婚斡旋料は、1万ドルから2万ドルが相場。サービスを利用して結婚し、逮捕される人たちは、ほぼ全員が学生ビザで米国に入国したのち、偽装結婚へ至っているという。

偽装結婚がバレた場合、本国への強制送還だけで済むのか?

 斡旋業者同様、偽装結婚した当人ももちろん罪に問われる。斡旋業者はビザ取得のための面接内容や書類の書き方など細かく指導をするそうだが、偽物夫婦がビザ申請と面接を無事に乗り越えるのは容易ではないと言われている。

 米国移民局にとっても、偽装結婚の摘発は現在の最優先事項のひとつだ。1980年代から摘発強化はされ続けており、それに伴い、米国内での婚姻による永住権申請は年々審査が厳しくなっている。同局によれば、米国内での外国人と米国市民結婚のうちの30%近くが、すんなりと永住権申請の書類やインタビューを通過させるには疑わしいと判断されているという。

 なかには簡単な追加調査で済む場合もあるが、それでも疑わしいと判断されると、徹底的な追加調査が入る。国土安全保障省の検査官が、永住権申請者の家を訪問調査したり、本人には内緒で交友関係の調査が行われたり、雇用主に連絡して事情を聞くこともある。

 こうした調査を経て、少しでも偽装の疑いが残れば、申請中のビザは却下される。しかし、場合によっては却下されるだけでは済まない。偽装結婚が「疑わしい」のではなく、完全にバレてしまった場合は、ビザ申請却下だけでなく、刑事追及される可能性もある。U.S. Immigration and Customs Enforcement(ICE)によると、懲役は最大で5年間か罰金25万ドル。しかも、これは偽装結婚を依頼した外国人本人だけでなく、その結婚に協力した米国人との双方にかかるリスクだ。

 外国人だから、「たとえ偽装結婚がバレても本国へ強制送還だけで済む」と軽く考える人もいるかもしれないが、刑事罰によって強制送還された場合には向こう10年間、もしくは二度とアメリカには入国できないという条件が付くことも知識として知っておきたい。

 ちなみに隣国カナダやイギリスでは、軽犯罪歴があると入国が却下されるので、犯罪歴がついた場合はアメリカだけでなく、複数国で入国不可になってしまうこともお忘れなく。

この記事の寄稿者

関連する投稿


「大手新聞の一斉トランプ批判」への批判

「大手新聞の一斉トランプ批判」への批判

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが語る。全米300紙以上の新聞が8月18日、一斉にトランプ大統領を批判する社説を掲載した。そして、この批判への批判もチラホラ……。


メラニア・トランプのファッション、HOW MUCH?

メラニア・トランプのファッション、HOW MUCH?

常に華やかでスタイリッシュ、カジュアルからフォーマルまで完璧に着こなすメラニア米大統領夫人。現在はアメリカ国籍だが、スロベニアからの移民で、渡米前はその180㎝の長身を生かしてモデルとして活動していた。今日はそんな彼女のファッションにフォーカスを当ててみよう。


「宇宙軍」創設!? 中間選挙へ向けたトランプの新戦略

「宇宙軍」創設!? 中間選挙へ向けたトランプの新戦略

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、トランプ政権が「米軍に新しく宇宙軍(Space Force)を加える」と提案したことについて。この提案に湧くトランプ支持者たちを、リベラル派の著者はどう見るか?


【Red vs. Blue】トランプ大統領とイーロン・マスクは似ている?

【Red vs. Blue】トランプ大統領とイーロン・マスクは似ている?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露。今回は、『フォーブス』誌が掲載した、トランプ大統領とイーロン・マスクの類似点をあげた記事を読んだ両者の意見を聞く。


トランプ大統領の愛娘イヴァンカが自身のブランドを廃止したワケ

トランプ大統領の愛娘イヴァンカが自身のブランドを廃止したワケ

トランプ大統領の愛娘で、元モデルのイヴァンカ・トランプが、2007年から続けてきた自身の名前を付けたブランド「Ivanka Trump」を廃止することを発表した。その美貌に日本でも注目が集まったイヴァンカの背景にうごめく様々な大人の事情とは?






最新の投稿


来年は「カツサンド」がアメリカのトレンドに?

来年は「カツサンド」がアメリカのトレンドに?

アメリカでは年末が近づくと発表される、来年の「レストラン・メニューのトレンド」予想。今年の食トレンドは、「サステーナブルなシーフード」、「手作り調味料」、メルロー・カットなど牛ステーキの「新カット」などだったが、来年は日本が誇るB級グルメ「カツサンド」が、アメリカのレストランにおけるトレンドになるらしい。


成功への選択「脱、暴飲暴食」2018年12月14日~12月20日

成功への選択「脱、暴飲暴食」2018年12月14日~12月20日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


共和党の民意無視がアメリカを蝕む

共和党の民意無視がアメリカを蝕む

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、先の中間選挙で共和党州から民主党州に変わった州の現知事が、退任前に新しく就任する知事の権力を制限する法律を制定しようとする動きについて、著者の憤慨をまとめた。


アメリカで再注目されている「サードプレイス」の重要性

アメリカで再注目されている「サードプレイス」の重要性

日常生活の中で定期的に通えて、第三者と会話を交わせる場所「サードプレイス」が、個人や地域の活力を生み出す上で重要であると社会学者のレイ・オールデンバーグ氏が提唱したのは、今から約20年前のことだ。ネット社会が確立した今、アメリカでは再び、自宅でも職場でもない第三の場所、「サードプレイス」の重要性が注目されている。


マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ合法州が一段と増えたアメリカでは、葉に火をつけて吸引するだけでなく、成分を飲み物に混ぜたり、スイーツや料理に加えたりと、様々な嗜好品が誕生している。しかも、この市場は来年以降、さらに広がる見込みだという。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング