赤ちゃんがすぐ泣き止む画期的なロボティックス・ベッド

赤ちゃんがすぐ泣き止む画期的なロボティックス・ベッド

2002年に育児書でベストセラー本とDVDを出版した小児科医が、多額の投資を受けてハイテックなロボティックス・ベビー・ベッドを開発した。育児における親の「消耗」が最大のストレスに繋がると警告する同医師が、親たちのストレスを軽減するために開発した画期的なベッドを紹介しよう。


ロボティックス技術を駆使したベビー・ベッドで赤ちゃんも両親も快眠

 2002年に育児書『The Happiest Baby on the Block』でベストセラー本を出版し、現在でもその本とDVDがアマゾンの育児書カテゴリーの上位を維持する元小児科医、ハービー・カープ博士。この博士が、約3千万ドル(約33億円)の投資を受けて開発した超ハイテク・ベビー・ベッド「SNOO(スヌー)」が、「親たちの睡眠時間を確保し、ストレスを除去できる」と話題だ。

 これはハイテクなロボティックス技術を応用して科学的に効果が出るような揺れが起きるように開発したスマートなベビー・ベッドで、このベッドに赤ちゃんを寝かせると5分以内に静かになり、赤ちゃんが自然に寝付くという。このベッドを説明した映像はこちら。

泣き声に反応してベッドが子宮内のように自動揺れ

 この自動的に揺れるベッドは、赤ちゃんの泣き声に反応してホワイトノイズ(あらゆる周波数で同強度となるノイズ)を出し、同時にベッドを子宮内のように微妙に揺らす。上記のリンク映像のように、赤ちゃんは「スリープサック」と呼ばれる網の中に、まるで蚕か、SF映画のワンシーンのように上向きに軽く固定されたような状態で寝かされるため、不自然な寝返りをすることもなく安全というのが博士の説明だ。

 このベッドはアプリとも連動しており、親たちはベッド上の赤ちゃんのモニターが簡単にできたり、カスタマイズできる利点がある。夜間睡眠以外でも、赤ちゃんをこのベッドに寝かしていれば、その間に親たちは料理や入浴をしたり、昼寝をすることもできるため、家族みんなにメリットがあるというのが博士の論だ。

 キャッチフレーズは、「赤ちゃんが健やかに眠れば、家族みんなが健やかに眠れる」。赤ちゃんと親の両方の目線に立った優れたマーケティングで話題になっているSNOOだが、このベッドは1台$1,160 と大変高価だ。しかし、そのベッドが今ならお得な割引価格$870で送料も無料で購入できるという(理由は不明)。この機会に間違いなく、このロボティックス・ベッドを購入する人たちが増えるだろう。

SNOO公式サイト
https://www.happiestbaby.com/

この記事の寄稿者

関連する投稿


アプリ操作で簡単! ロボット・バーテンダーで本格的なカクテルを

アプリ操作で簡単! ロボット・バーテンダーで本格的なカクテルを

掃除ロボットやハンバーガーを作るロボットなど、次々と新しいマシーンが登場する中、カクテルを作ってくれるロボットが登場した。モバイル・アプリと連動して動くロボット・バーテンダーのキャッチコピーは、「あなたのパーソナル・バーテンダー」だ。自宅にロボットがいたら、飲み過ぎてしまいそう?!


無人「買い物デリバリー車」が街をゆく?

無人「買い物デリバリー車」が街をゆく?

 一部の都心を除いては、車なしに生活することは不可能なアメリカ。ミルクひとつ買いに行くだけでも、車を走らせねばならない。そんな生活を一変させるかもしれない、夢のような一般家庭用向けの車の開発が進んでいる。その実態とは?


構想から8年! スタイリッシュなロボットが作るグルメバーガー登場 

構想から8年! スタイリッシュなロボットが作るグルメバーガー登場 

アメリカでもグルメな都市として知られるサンフランシスコに、ハイテクなロボティックス技術を駆使し、有名シェフ監修の元にグルメなハンバーガーを提供する店がオープンした。これまでのハンバーガー・ロボットを大きく超えた、その画期的なビジュアルや技術を紹介しよう!


アマゾンに勝負!  生き残りをかける小売食品業界を救う新事業

アマゾンに勝負!  生き残りをかける小売食品業界を救う新事業

アマゾン社をはじめ、多くの企業がオンデマンド食料品配達を急ピッチで進める中、小規模な食料品小売業はどうすれば生き残れるのか? ロボットが増えたら人間の仕事がなくなるかも知れないと心配する人々とは裏腹に、「優秀なロボットが増えれば人間も小売業も生き残れる」と謳うベンチャー企業が提案する解決策とは?






最新の投稿


パソコンを使えない日本のサイバー戦略担当閣僚、欧米で大ウケ!

パソコンを使えない日本のサイバー戦略担当閣僚、欧米で大ウケ!

日本政府のサイバーセキュリティー戦略を担当する桜田義孝五輪相が、「自分でパソコンを打ったことがない」ことや「USBを知らない」と報道した日本のニュースを、欧米の大手新聞各紙やウエブメディアが一斉に取り上げ、反響を呼んでいる。アメリカでは各紙の同記事がSNSで拡散され、様々な声が寄せられた。その一部を紹介しよう。


アメリカの有権者、中間選挙でトランプと共和党による一党政権を拒否

アメリカの有権者、中間選挙でトランプと共和党による一党政権を拒否

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。中間選挙では民主党が躍進して下院を奪回したが、上院が共和党支配のままでは民主党の出来ることは限られている。確実に一歩前進したリベラル派だが、その先に続く道は険しそうだ。


成功への選択「新調したマフラー」2018年11月16日~11月22日

成功への選択「新調したマフラー」2018年11月16日~11月22日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


えっ、そこ? アマゾン第2本社、NY市とワシントンDC近郊に決定

えっ、そこ? アマゾン第2本社、NY市とワシントンDC近郊に決定

米アマゾン・ドットコム社の「第2本社」が、ニューヨーク市とワシントンDC近郊アーリントンの二拠点となることが発表された。昨年開始された「アマゾン誘致合戦」の結果は、アメリカに新しい大都市が誕生することを期待していた多くの企業や地域関係者を落胆させたが、同社はこの決定により、さらに成長の加速度を増しそうだ。


シアトルのホームレス人口はなぜ減らない?

シアトルのホームレス人口はなぜ減らない?

アメリカ生活20年を過ぎた翻訳家の高柳準が、アメリカの文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回は多くの画期的な解決策が提示される「ホームレス問題」の中で、「この解決策ってどうなの?」という疑問が沸いてしまうような対策案について、リベラルな著者ならではの視点をまとめてみた。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング