電通イージス 、ファッション界の巨人LVMHの北米広告担当に

電通イージス 、ファッション界の巨人LVMHの北米広告担当に

世界的な高級ブランド・コングロマリットであるLVMH(モエ・ヘネシー・ルイヴィトン)社。同社が所有する全ブランドの北米における広告を、電通の海外企業である電通イージス・ネットワークが行うことが決定した。LVMHは 昨年だけで北米市場になんと3億8,600万ドル(約428億円)もの広告費を使っている。


ディオールを買収したLVMH社

 世界最大の高級ブランドのコングロマリット、LVMH(モエ・ヘネシー・ルイヴィトン)社(本社フランス)。同社の北米広告担当企業を決めるプレゼンで、これまで9年間にわたり同社の北米市場の広告を担当してきた欧州大手広告代理店Havas Media社と、競合MDC PartnersのAssembly社を抑えて、日本の広告代理店・電通の海外企業である電通イージス・ネットワークが担当することが決まった。

 LVMHは、その社名であるLOUIS VUITTON(ルイヴィトン)、高級酒Moet(モエ)とHennessy(ヘネシー)に代表される高級ブランドに加え、昨年はファッションと化粧品ブランドの Dior(ディオール)を買収。現在傘下にはLOEWE(ロエベ)、CELINE(セリーヌ)、 FENDI(フェンディ)、 EMILIO PUCCI (エミリオ・プッチ)、GIVENCHY(ジバンシー)、 KENZO(ケンゾー)、MARC JACOBS(マーク・ジェイコブス)などのファッション・ブランドのほか、化粧品や香水のGUERLAIN(ゲラン) 、時計や宝石のFRED(フレッド)など錚々たるブランドが並んでいる。

LVMHだけで約428億円を超える莫大な北米の広告費

 そのLVMH社が北米市場における広告費は莫大で、2016年は約4億ドル(約444億円)、2017年には3億8,600万ドル(約428億3,300万円)の広告費が使われている。

 このプレゼンはファイナリスト3社に対して、LVMH社がそれぞれ3万ドル(約332万円)を支払ってパリへ呼び、プレゼンの最終準備をさせたことも「さすがヨーロッパ!」と、アメリカの広告業界で話題になっている。

参考記事:
French Luxury Giant LVMH Moves North American Media Business From Havas to Dentsu
https://www.adweek.com/agencies/french-luxury-giant-lvmh-moves-north-american-media-business-from-havas-to-dentsu/

この記事の寄稿者

関連する投稿


アメリカのティーンが選ぶベスト10ブランド 2018年秋冬版

アメリカのティーンが選ぶベスト10ブランド 2018年秋冬版

アメリカのティーンエイジャー6,000人を対象に実施されたアンケート調査。平均年齢16歳のティーンたちが支持するアパレル・ブランドのベスト10、そしてファストフード・チェーン店のベスト5とは?


モデルたちが細すぎる! 有名セクシー下着メーカー、売上げが減少

モデルたちが細すぎる! 有名セクシー下着メーカー、売上げが減少

アメリカ生まれの下着ブランド、「ヴィクトリアズ・シークレット」(通称VS)。セクシーな下着を身につけた美しいモデルたちの広告で世界的に有名なブランドだ。しかし、最近の欧米女性たちの流れである「リアル・ウーマン主義」に乗り切れず、下着界の王者の座に長年君臨してきたVSが、他ブランドにその座を奪われてしまった……。


未だかつてない日本のビジネスに、アメリカ失笑

未だかつてない日本のビジネスに、アメリカ失笑

ここ数週間、アメリカで笑いが伴う話題に上るようになった日本企業、ワキノ広告社。BizSeeds編集部はアメリカにあるため、この会社が日本でどれほどの知名度があるのか分からないが、ワキノ広告社が販売する驚きの広告スペースに、アメリカ人が失笑中だ。


Apple、カンヌライオンズで既に2部門でグランプリ その映像とは?

Apple、カンヌライオンズで既に2部門でグランプリ その映像とは?

世界最大規模の広告関連の祭典、「カンヌライオンズ国際クリエイティビティ・フェスティバル2018」。 今月24日まで開催中だが、米Appleが、すでに「Music部門」と「Brand Experience & Activation部門」の2部門でグランプリを受賞し、注目を浴びている。


ハイネケン新商品CMが人種差別的なのは、広告代理店の狙い通り?

ハイネケン新商品CMが人種差別的なのは、広告代理店の狙い通り?

人種のるつぼ、アメリカにおける広告は誰が見ても気を悪くしないような映像や言葉選びが重要だ。そんな中、大手ビール会社ハイネケンが、誤解を招くような映像にまさかのコピーを乗せたCMを発表し、大炎上した。






最新の投稿


成功への選択「入浴剤」2019年1月18日~1月24日

成功への選択「入浴剤」2019年1月18日~1月24日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


アメリカの本当の顔とは?

アメリカの本当の顔とは?

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、時代の変化に柔軟性のない共和党(保守)に対して、民主党(リベラル)がいかにそうした変化を受け入れて柔軟であるかを軸に、アメリカのあるべき今後の姿について語る。


誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

エンターテインメントの街、ラスベガスは、カナダに本拠地のあるシルク・ドゥ・ソレイユのアメリカ拠点としても知られている。現在ラスベガスでは6つのショーが上演されているが、その本場の舞台に出演中の日本人パフォーマーが、新しいビジネスをスタートさせた。ラスベガス旅行を計画している人には特に注目の新情報だ。


あれから1年、#MeToo はどうなった?

あれから1年、#MeToo はどうなった?

アメリカ生活20年強。翻訳家の高柳準が、アメリカ文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回はハリウッド界に端を発する「#MeToo」について。女性差別問題は根深く、複雑化しやすい。性別や文化により、セクハラと性犯罪の違いに対する意識の違いを浮き彫りにしたこの運動、あれからどうなったのだろう?


アメリカ版の福袋? 女子力アップの「サブスクリプション・ボックス」

アメリカ版の福袋? 女子力アップの「サブスクリプション・ボックス」

日本の1月の風物詩のひとつである「福袋」。今年も85,000円もする「ジャイアント馬場福袋」があっという間に完売したり、新たな出会いを願う人のための「婚活福袋」が登場したりと世間を賑わせたが、アメリカにも福袋の発想に近い商品がある。それは若い女性を中心に人気を博している「サブスクリプション・ボックス」だ。その箱の中身とは?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング