「宇宙軍」創設!? 中間選挙へ向けたトランプの新戦略

「宇宙軍」創設!? 中間選挙へ向けたトランプの新戦略

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、トランプ政権が「米軍に新しく宇宙軍(Space Force)を加える」と提案したことについて。この提案に湧くトランプ支持者たちを、リベラル派の著者はどう見るか?


トランプは自身のサポーターが喜ぶアイデアを発言する

 ドナルド・トランプは、今年3月に米海兵隊へのスピーチを行った際、米軍の新しい部門として「宇宙軍」(Space Force)を創設すると発言した。彼が真剣なのか、それとも、いつものように心の中にある欲望をコントロールできず、とりあえず言っているだけなのかが確かではなかった。だが、それ以来、彼は各所でのスピーチ、ツイッター、インタビューなどで「宇宙軍」について何度も言及し、彼のサポーターはそのアイデアを歓迎した。

 ドナルド・トランプは良い評価を欲しがる。まるで幼児のように、人からの承認と賞賛を強く望んでいる。だから、トランプがいつも最優先にすることは、彼のサポーターが「聞きたいこと」を発言することだ。

 慣例上、アメリカ大統領は大統領に選出されたら選挙キャンペーンをやめる。彼らは「国を統治すること」のために時間を使うことを選ぶからだ。しかし、トランプは従来の大統領とは違う。彼は広いアメリカの中でも強いサポートが得られる地域を選んで、定期的なキャンペーン集会の開催を今も続けている。多くの熱狂的なファンの前に立っている時のトランプは、自己満足そのものの表情を見せる。彼は自分にいかに知性があるか、自分のアイデアがどんなに素晴らしいかをファンに向かって熱弁し、自分をサポートすることがどんなに賢いことかをファンに伝える。そのお返しに、ファンは彼に熱狂的な歓声と拍手を贈るのだ。

 最近、こういうキャンペーン集会で、トランプが米軍について言及すると、彼のサポーターたちは、「宇宙軍! 宇宙軍! 宇宙軍!」と叫び始める。先日、トランプ内閣が、宇宙軍を創設する計画を正式発表した。彼らは宇宙軍を既存の陸軍、海軍、空軍、海兵隊と沿岸警備隊と同等で、独立した6番目の軍にしたいと考えており、宇宙での戦闘専用軍にしたいそうだ。

これは「常識」との戦いだ

 しかし、アメリカ大統領が米軍に新しい軍を作りたいと言っても、連邦議会の承認がなければ作ることはできない。多くの議員や軍人たちのトップクラスは、宇宙軍の創設に反対している。よって宇宙軍は創設されないかもしれないが、そんなことは「トランプの再選キャンペーン」には関係ない。すでに、宇宙軍のアイデアにサポーターは湧いているのだから。トランプ再選キャンペーンがサポーターに送った最近のeメールでは、「宇宙軍のロゴをトランプ再選キャンペーンで販売するため」に、センスの悪い宇宙軍の6種類のロゴ・デザインのうちのひとつに投票することを呼びかけ、投票後には再選キャンペーンへの寄付を求めた。トランプにとって、これは個人的な利益を得るための別のチャンスでもあるのだ。

 アメリカには宇宙軍が必要なのだろうか? そうなのかもしれない。中国とロシアは宇宙での軍事資産を増やしている。それはアメリカも同じだ。米軍は通信や監視、位置情報などのために人工衛星に大きく依存しており、米空軍だけでも衛星の打ち上げや宇宙システムの開発のために、8.5億ドル(約9,435億円)の予算を持っている。 アメリカがこれらの宇宙資産をさらに開発・保護し、戦争が起こった場合には他国の宇宙資産を無効にするために、多額の投資をしていないと考えるのは、バカげている。

 米軍内に新しく独立した宇宙軍を作ることは、良いアイデアなのかもしれないし、軍全体の効果が下がり、不必要な官僚を増やすだけなのかもしれない。しかし、今アメリカが議論している内容は、それではない。

 私達はまたしても、馴染みのパターンにおちいっているのだ。トランプは「何となくいい感じがする」という理由だけで、ひとつのアイデアを奨励し、彼のサポーターは、それを応援する。トランプも彼のサポーターも、事実や実用的な考慮事項には全く興味がないが、「宇宙軍」という響きは、トランプ・サポーターにとっては宇宙船やレーザー銃と同じように非常に魅力的だ。だから、彼らはトランプに歓声を送り続け、馬鹿げたロゴに投票し、トランプからの「市民として素晴らしい義務を果たした」との賞賛を受け入れるのである。

 アメリカ国民は、トランプに力を貸す共和党から議会の支配権を奪い返すために、何としても中間選挙で民主党員を選出する必要がある。それができなければ、アメリカにおける建設的な対話や良識ある政策は、共和党によってトランプの子供じみた漫画のような理想主義へ恒久的に代替されてしまうだろう。

この記事の寄稿者

1974年生まれ。文学書とコーヒーを愛するコラムニスト。書籍に関しては幅広く読むが、コーヒーに関しては、豆の原産地から流通や焙煎の過程までを詳細にフォローし、納得したものだけを味わうことにしている。温厚で穏やかな性格であるものの、コーヒー豆へのこだわりと同様に理路整然としない、あるいは納得できない社会の動きに対しては、牙をむく活動派的な一面もある。妻と犬一匹と共に、カリフォルニア州オークランド在住。

関連する投稿


アメリカの有権者、中間選挙でトランプと共和党による一党政権を拒否

アメリカの有権者、中間選挙でトランプと共和党による一党政権を拒否

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。中間選挙では民主党が躍進して下院を奪回したが、上院が共和党支配のままでは民主党の出来ることは限られている。確実に一歩前進したリベラル派だが、その先に続く道は険しそうだ。


【11/12追記あり】大統領よりも重要!?「最高判事」でアメリカが変わる

【11/12追記あり】大統領よりも重要!?「最高判事」でアメリカが変わる

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが語る。中間選挙が終わるや否や、アメリカ中が危惧する問題が勃発。大統領より時に重要で、国を揺るがしかねない最高判事問題とは?


中間選挙の結果がトランプ再選にとって好都合なワケ

中間選挙の結果がトランプ再選にとって好都合なワケ

テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。先日の米中間選挙で、トランプ率いる共和党は下院の過半数を民主党に取り返されてしまったが、保守派たちは「この方がトランプ再選に向けて好都合だ」と思っているのだ。


米中間選挙:今回は選挙に行く! 勢いづくアメリカの若者たち

米中間選挙:今回は選挙に行く! 勢いづくアメリカの若者たち

米中間選挙まで、あとわずか。 この選挙は米上院下院議員を選出するもので、この結果により議会の与党と野党が入れ替わる可能性があるが、4年に一度の大統領選に比べると中間選挙の得票率は低いのが通常だ。しかし、今回の中間選挙には、普段は投票しない大勢の若者たちが「投票しよう!」と立ち上がる動きが広がっていることが注目されている。


トランプ大統領、米国の「生得権」を廃止する意向を表明

トランプ大統領、米国の「生得権」を廃止する意向を表明

「アメリカで生まれた子供は自動的に米国民である」という米合衆国憲法は、150年前から継続するものだ。しかし、米中間選挙を直前に控えた10月31日、トランプ大統領は、その憲法を廃止する大統領令を発令する意向であることをTV番組のインタビューで述べ、世界を驚かせている。この大統領令の発令は合法なのか?






最新の投稿


パソコンを使えない日本のサイバー戦略担当閣僚、欧米で大ウケ!

パソコンを使えない日本のサイバー戦略担当閣僚、欧米で大ウケ!

日本政府のサイバーセキュリティー戦略を担当する桜田義孝五輪相が、「自分でパソコンを打ったことがない」ことや「USBを知らない」と報道した日本のニュースを、欧米の大手新聞各紙やウエブメディアが一斉に取り上げ、反響を呼んでいる。アメリカでは各紙の同記事がSNSで拡散され、様々な声が寄せられた。その一部を紹介しよう。


アメリカの有権者、中間選挙でトランプと共和党による一党政権を拒否

アメリカの有権者、中間選挙でトランプと共和党による一党政権を拒否

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。中間選挙では民主党が躍進して下院を奪回したが、上院が共和党支配のままでは民主党の出来ることは限られている。確実に一歩前進したリベラル派だが、その先に続く道は険しそうだ。


成功への選択「新調したマフラー」2018年11月16日~11月22日

成功への選択「新調したマフラー」2018年11月16日~11月22日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


えっ、そこ? アマゾン第2本社、NY市とワシントンDC近郊に決定

えっ、そこ? アマゾン第2本社、NY市とワシントンDC近郊に決定

米アマゾン・ドットコム社の「第2本社」が、ニューヨーク市とワシントンDC近郊アーリントンの二拠点となることが発表された。昨年開始された「アマゾン誘致合戦」の結果は、アメリカに新しい大都市が誕生することを期待していた多くの企業や地域関係者を落胆させたが、同社はこの決定により、さらに成長の加速度を増しそうだ。


シアトルのホームレス人口はなぜ減らない?

シアトルのホームレス人口はなぜ減らない?

アメリカ生活20年を過ぎた翻訳家の高柳準が、アメリカの文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回は多くの画期的な解決策が提示される「ホームレス問題」の中で、「この解決策ってどうなの?」という疑問が沸いてしまうような対策案について、リベラルな著者ならではの視点をまとめてみた。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング