AI相手にチャットで悩みを解決!

AI相手にチャットで悩みを解決!

日本でもメンタル不調者の増加が問題視されているが、アメリカもそれは同じ。Anxiety and Depression Association of America (ADAA)の調べによると、メンタル不調者数は2013年より増加が著しく目立つようになり、現在は18歳以上の人口18%以上が、何らかの心理的問題や疾患を抱えて苦しんでいるという。しかし、そんな悩めるアメリカに救世主が登場?!


AIロボットが24時間カウンセリング

 ヘルスケア系のアプリはたくさんあるが、Woebot Lab社が開発した認知行動療法を熟知したAIチャット・ロボット「Woebot」は、テックな代替医療ツールとして市場で高い信頼を獲得している。Woebotにはフェイスブックのメッセンジャー機能が使われており、メッセンジャーを使ってWoebotとチャットしてメンタル不調を改善させるという手軽さが、多くの人に支持されている理由だという。

 利用者は、24時間いつでも自分の悩みを相談できる。搭載された人工知能で、相談者の心理状態、感情などを素早く分析し、それに合わせた適切な回答を、まるで「友達と話しているかのように」返してくれるのだという。Woebotの仕組みを紹介した映像はこちら。

対面式カウンセリングよりも、ずっと気楽?

 Woebot Labがこのアプリを開発した理由は、一般的にアメリカにおける対面式のカウンセリングが高額であるという背景がある。医療費が高いアメリカでは、経済的な理由などから、専門家の助けが必要な人のすべてがサービスを気軽に利用できるとは限らない。また、臨床心理士などの専門家に助けを求めるよりも、ロボット相手に話す方が緊張せずに自分のことや悩みを話しやすいという利用者も多いという。前出のADAAの調べでも、臨床心理士の助けが必要と思われる人の60%は、カウンセリングに通うことを避けることが分かっている。

 このように、とても使い勝手がよいWoebotだが、フェイスブックの機能を使っている点において難色を示す人が後を絶たない。このアプリの利用者の会話は、当然フェイスブック側に記録として残るため、プライバシー保護という観点でみると、悩みの内容を全く関係ない企業に把握されてしまうことを不快に思う人は多いだろう。

 セキュリティーのしっかりした独自のプラットフォームで悩み相談が出来る仕組みになったら、もっと利用者の幅が増えるかもしれない。その辺りがこのサービスの今後の課題になりそうだ。

https://woebot.io/

この記事の寄稿者

関連するキーワード


AI 人工知能

関連する投稿


ニューロサイエンスを駆使したゲームで人材を採用する企業が続々

ニューロサイエンスを駆使したゲームで人材を採用する企業が続々

アメリカでは昨今、離職率の高さが問題になっている。人事担当者が数多くの履歴書を吟味し、面接を重ねても、それだけでは判断がつかない現実があるようだ。そんな中、候補者の適正を判断するAI搭載ゲームやビデオ面接アプリを使って、その結果で候補者の適正を判断する大手企業が増えているという。


「テックなパジャマ」に全米の男性が夢中?!

「テックなパジャマ」に全米の男性が夢中?!

米家電協会が毎年主催する世界最大規模の家電ショー「CES」。AI関連機器やテック系ガジェットなどの出展が目立つ中、今年のCESで異彩を放っていたのが、Under Armour(アンダーアーマー)が開発した「パジャマ」だ。一見、何の変哲もないように見える商品だが、一体どこがテックなのだろう?






最新の投稿


パソコンを使えない日本のサイバー戦略担当閣僚、欧米で大ウケ!

パソコンを使えない日本のサイバー戦略担当閣僚、欧米で大ウケ!

日本政府のサイバーセキュリティー戦略を担当する桜田義孝五輪相が、「自分でパソコンを打ったことがない」ことや「USBを知らない」と報道した日本のニュースを、欧米の大手新聞各紙やウエブメディアが一斉に取り上げ、反響を呼んでいる。アメリカでは各紙の同記事がSNSで拡散され、様々な声が寄せられた。その一部を紹介しよう。


アメリカの有権者、中間選挙でトランプと共和党による一党政権を拒否

アメリカの有権者、中間選挙でトランプと共和党による一党政権を拒否

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。中間選挙では民主党が躍進して下院を奪回したが、上院が共和党支配のままでは民主党の出来ることは限られている。確実に一歩前進したリベラル派だが、その先に続く道は険しそうだ。


成功への選択「新調したマフラー」2018年11月16日~11月22日

成功への選択「新調したマフラー」2018年11月16日~11月22日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


えっ、そこ? アマゾン第2本社、NY市とワシントンDC近郊に決定

えっ、そこ? アマゾン第2本社、NY市とワシントンDC近郊に決定

米アマゾン・ドットコム社の「第2本社」が、ニューヨーク市とワシントンDC近郊アーリントンの二拠点となることが発表された。昨年開始された「アマゾン誘致合戦」の結果は、アメリカに新しい大都市が誕生することを期待していた多くの企業や地域関係者を落胆させたが、同社はこの決定により、さらに成長の加速度を増しそうだ。


シアトルのホームレス人口はなぜ減らない?

シアトルのホームレス人口はなぜ減らない?

アメリカ生活20年を過ぎた翻訳家の高柳準が、アメリカの文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回は多くの画期的な解決策が提示される「ホームレス問題」の中で、「この解決策ってどうなの?」という疑問が沸いてしまうような対策案について、リベラルな著者ならではの視点をまとめてみた。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング