成功への選択「鞄の中身」2018年8月31日~9月6日

成功への選択「鞄の中身」2018年8月31日~9月6日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


質問を読み、2つの選択肢からあなたのインスピレーションに近い回答を選んでください。あなたがビジネスで成功するためのヒントをアドバイスします。

質問

遅刻寸前、慌てて用意をして家を出たあなた。鞄の中に、うっかり余計なものを入れてしまいました。それは、次のどちらでしょう?

1)読みかけの本
2)食べかけのお菓子

開運を運ぶ格言

Think twice before burdening a friend with a secret
友達に秘密を共有することを強いる前には、2度立ち止まって考えよ
              マレーネ・ディートリッヒ(Marlene Dietrich)

8月31日~9月6日の週のキーワード

 8月が終わりを告げ、いよいよ9月。もうすぐ夏も終わりです。まだまだ日本は暑い夏でしょうが、今週は秋に向けた準備に取り掛かるとよいでしょう。新しい服を購入したり、家のインテリアを少し変えるなどして、一足早く秋らしさを生活に取り入れましょう。少し気の早い先取りが、あなたに幸運を呼びます。

 今年の9月は数秘的にみると、何かが新しく始まる前の準備期に相当します。そして数字の神秘は、その準備が早ければ早いほど開運につながるということを伝えています。9月は今年から来年前半に起こる、すべての出来事のための準備の時間。これから数か月への運気を整えるために、自分自身をブラッシュアップさせることに時間を使ってください。また、何か大事な事業やプロジェクトを抱えている人は、その道中にあっても、今月は様々なリサーチや検証を綿密に続けてください。

選択肢1:「読みかけの本」を選んだあなたへ

 今週のキーワードは「久しぶり」。久しぶりに会う友達、久しぶりに出掛ける店、久しぶりの相手に電話をかけるなど、「久しぶりの何か」があなたに幸運を運ぶでしょう。以前は親しんでいたのに、すっかりご無沙汰しているようなことはありませんか? じっくりと思い返してみましょう。その「久しぶり」が、あなたが遠い昔に忘れていた大切な何かを思い出すきっかけを運んでくれそうです。そして、その「大切な何か」こそが、あなたに今、最も必要なことです。今はすっかり忘れてしまっている「何か」を見つけ出してから、満を持して秋への第一歩を踏み出しましょう。

選択肢2:「食べかけのお菓子」を選んだあなたへ

 今週は少しやっかいなことが起こるかもしれません。本当は引き受けたくないことを引き受けさせられたり、楽しみにしていた予定がキャンセルされたり。それによってイライラしてしまうこともありそうですが、感情を上手くコントロールし、ぐっと堪えてください。今週は、そのやっかいなことから「何かを学ぶ」ことが、あなたの課題になるからです。どんなことが起こっても、平常心を忘れずに望みましょう。そして、そのやっかいな出来事が、あなたに与えてくれる学びは何なのかを自分に問いましょう。今はすぐに答えが出なくても、ゆくゆくあなたは理解するでしょう。「あの時の、あの出来事の意味は、ここにつながるのか!」と。

この記事の寄稿者

運命鑑定士の家系に生まれ、幼少期より算命学、数秘術、占星術などを学ぶ。米国ロサンゼルス在住。大学を卒業後、両親の顧客であった著名人の運命鑑定を引き継いだことをきっかけに依頼が増え、現在は長期契約の顧客のみを鑑定しながら、シンボル・アートの制作に力を入れている。日本にも住んでいたことがある。

関連する投稿


成功への選択「新調したマフラー」2018年11月16日~11月22日

成功への選択「新調したマフラー」2018年11月16日~11月22日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


えっ、そこ? アマゾン第2本社、NY市とワシントンDC近郊に決定

えっ、そこ? アマゾン第2本社、NY市とワシントンDC近郊に決定

米アマゾン・ドットコム社の「第2本社」が、ニューヨーク市とワシントンDC近郊アーリントンの二拠点となることが発表された。昨年開始された「アマゾン誘致合戦」の結果は、アメリカに新しい大都市が誕生することを期待していた多くの企業や地域関係者を落胆させたが、同社はこの決定により、さらに成長の加速度を増しそうだ。


成功への選択「週末の体づくり」2018年11月9日~11月15日

成功への選択「週末の体づくり」2018年11月9日~11月15日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


成功への選択「冷や汗をかく瞬間」2018年11月2日~11月8日

成功への選択「冷や汗をかく瞬間」2018年11月2日~11月8日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


成功への選択「ハロウィーンの衣装」2018年10月26日~11月1日

成功への選択「ハロウィーンの衣装」2018年10月26日~11月1日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?






最新の投稿


パソコンを使えない日本のサイバー戦略担当閣僚、欧米で大ウケ!

パソコンを使えない日本のサイバー戦略担当閣僚、欧米で大ウケ!

日本政府のサイバーセキュリティー戦略を担当する桜田義孝五輪相が、「自分でパソコンを打ったことがない」ことや「USBを知らない」と報道した日本のニュースを、欧米の大手新聞各紙やウエブメディアが一斉に取り上げ、反響を呼んでいる。アメリカでは各紙の同記事がSNSで拡散され、様々な声が寄せられた。その一部を紹介しよう。


アメリカの有権者、中間選挙でトランプと共和党による一党政権を拒否

アメリカの有権者、中間選挙でトランプと共和党による一党政権を拒否

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。中間選挙では民主党が躍進して下院を奪回したが、上院が共和党支配のままでは民主党の出来ることは限られている。確実に一歩前進したリベラル派だが、その先に続く道は険しそうだ。


成功への選択「新調したマフラー」2018年11月16日~11月22日

成功への選択「新調したマフラー」2018年11月16日~11月22日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


えっ、そこ? アマゾン第2本社、NY市とワシントンDC近郊に決定

えっ、そこ? アマゾン第2本社、NY市とワシントンDC近郊に決定

米アマゾン・ドットコム社の「第2本社」が、ニューヨーク市とワシントンDC近郊アーリントンの二拠点となることが発表された。昨年開始された「アマゾン誘致合戦」の結果は、アメリカに新しい大都市が誕生することを期待していた多くの企業や地域関係者を落胆させたが、同社はこの決定により、さらに成長の加速度を増しそうだ。


シアトルのホームレス人口はなぜ減らない?

シアトルのホームレス人口はなぜ減らない?

アメリカ生活20年を過ぎた翻訳家の高柳準が、アメリカの文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回は多くの画期的な解決策が提示される「ホームレス問題」の中で、「この解決策ってどうなの?」という疑問が沸いてしまうような対策案について、リベラルな著者ならではの視点をまとめてみた。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング