フェイスブック社の性別カテゴリーで学ぶ、アメリカの性の多様性

フェイスブック社の性別カテゴリーで学ぶ、アメリカの性の多様性

アメリカでは性の多様性を認識し、行政や企業がマイノリティーに配慮した政策や対策を取ることが多い。今やトランスジェンダーも安心して利用できるユニセックス・トイレ(男女どちらでも使えるサインを掲示したトイレ)の設置は沿岸都市部の大都市では当たり前だ。しかし「性の多様性」はアメリカの実際はどれほどなのだろうか?


 日本においても性的多様性(LGBT)への理解は深まりつつあるが、アメリカのLGTBに対する社会的な配慮は、日本のそれよりもずっと進んでいる。そんなアメリカにおける性の多様性を知る参考になるのが、フェイスブックに記載されている“ジェンダー・カテゴリー”だろう。日本語版では選べる性別は基本的に「男」と「女」で、それ以外はカスタマイズ方式で個人が自由に書き込みできるようになっている。ところがアメリカ版フェイスブックでは、性別カテゴリーがなんと50種類以上もあり、その中から自分の性や性的嗜好に合わせてジェンダーを選ぶことが可能である。そのフェイスブックの性別リストの一部をここで紹介しよう。

Agender/Neutrois
性別を特定していない人。性別や中立性を“あえて明確にしないで済む配慮”がある表現になっている

Androgyne/Androgynous
男性と女性の両方の性別特性を自らの中に認める人のため特有のジェンダー区分

Cis/Cisgender
生まれた時に診断された身体特徴に従った性でいることを、そのまま選択する人を指す。その性の果たすべき“社会が求める役割”などに対しても受容することを表明したい人が使うカテゴリー。

Male to Female/MTF
男性から女性へ、肉体的(トランスセクシャル)、精神的、あるいはその両方において移行している人のこと

Female to Male/FTM
女性から男性へ、肉体的(トランスセクシャル、精神的、あるいはその両方において移行している人のこと

Gender Fluid
男性と女性の両方の特徴をその時々で選択し、自由に表現し、楽しむ人たちを指す

Gender Questioning
このカテゴリーは自分が性別や性別の軸をどこに置くかを検討中の人のためのもの

Intersex
完全に男性または女性ではない性的な解剖学的構造、器官、または染色体で生まれた人のこと

Non-binary
性における男性と女性の二分法を無視したい人のためのカテゴリー

Pangender
男性と女性の両方の側面の組み合わせによって、第3の性別として識別されたい人のためのカテゴリー

Trans/Transgender
自らの性が生まれつきの性別とは異なると感じる人を含む幅広いカテゴリー。(性的不快感があっても物理的に他方の性に移行することを選択する場合も、しない場合もある)

Transsexual
性的不快感や嗜好のために、生まれた時の性とは違う性を肉体的にも変える選択をした人を指す

Two-spirit
ネイティブ・アメリカン(北米先住民)には精神や宗教的な背景から、女性の服装をして女性の役割をする男性が存在する。そうした男女を超えて存在する2つの精神を持つ人を指すカテゴリー。1990年代までは「berdache」という言葉が使われていたが、それは差別を含む蔑称だとされ、現在はTwo-Spiritと呼ばれるようになっている。

Bizseedsでは、アメリカの注目新サービスを日本に展開するお手伝いをしています。ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

この記事の寄稿者

関連する投稿


【Red vs Blue】NYタイムス紙の詩織さん報道 レイプ被害者に対する日米の視点の違い

【Red vs Blue】NYタイムス紙の詩織さん報道 レイプ被害者に対する日米の視点の違い

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。今回は米メディアが取り上げた日本の「詩織さんレイプ被害事件」について。通常は意見が対立するレッドとブルーだが……?!


 1月第1・2週ニュース・ピックス! スマホからホワイトハウスまで

1月第1・2週ニュース・ピックス! スマホからホワイトハウスまで

先週アメリカでは、どんなことが起こり、何が話題になったのか? 米大手メディアが拾わないような現地ニュースも含め、アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思ったニュースをピックアップ!今回は2週間の拡大版。背筋が寒くなりそうなテック・ニュースなどに注目!


権利意識が社会を変える:アメリカ女子アイスホッケー(前編)

権利意識が社会を変える:アメリカ女子アイスホッケー(前編)

アイスホッケーの在米コーチである著者が、アメリカのプロスポーツ・ビジネスの構造や考え方、ユース・スポーツの育成、アプローチ方法などを情報満載でお届けする、若林弘紀のコラム『スポーツで知るアメリカ』。平昌オリンピックの開幕まで、あと約1カ月。今回は注目の女子アイスホッケーで、なぜ北米が優位なのかを解説する。


【Red vs Blue】トランプ政権、米疾病管理予防センターに「7つの用語」の使用禁止を通達

【Red vs Blue】トランプ政権、米疾病管理予防センターに「7つの用語」の使用禁止を通達

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。今回は、先月半ばに現政権が米CDCに対して「多様性」などの用語の使用禁止を通達したことについて、両者が意見を戦わせる。


ミレニアムのテレビは「コード・カッティング」

ミレニアムのテレビは「コード・カッティング」

進化を続けるオンライン事情により、日々豊かに変化していく人々の暮らし。そんな世界で賢く生きる術とは? デジタルマーケティング専門家、ティム・ポールが解説するコラム『オンラインと僕らの生活』。最近はアメリカの一般家庭でも自宅用の電話を引かず、携帯電話だけにする人が増えたが、テレビもまたその流れを追っている。






最新の投稿


サステイナブルな食生活への移行はゆっくりでいい

サステイナブルな食生活への移行はゆっくりでいい

オーガニック野菜の生産や販売、食育教室などを開催するサステイナブル農場「21エーカース」の料理人で、料理人歴30年以上のベテラン・シェフ、ジャック・サリバン。今回はジャックが、サステイナブルな食生活へのスムーズに移行するための「コツ」を伝授する。


日本好きを魅了する、ビバリーヒルズのスパ探訪

日本好きを魅了する、ビバリーヒルズのスパ探訪

全米の流行発信地のひとつでもあるカリフォルニアのビバリーヒルズに、セレブリティたちを魅了する日本スタイルのスパがある。日本人女性、黒野智子さんがオーナーの「Tomoko Spa」だ。その驚きのサービスとは?


【Red vs Blue】ビットコインが抱える“多くの問題”に頭を悩ませる監査当局

【Red vs Blue】ビットコインが抱える“多くの問題”に頭を悩ませる監査当局

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は、両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々の見解を披露する。今回は、アメリカでも話題の仮想通貨への投資について。


今週のU.S.A.ニュース・ピックス! 銃規制スピーチからロボット動画まで

今週のU.S.A.ニュース・ピックス! 銃規制スピーチからロボット動画まで

アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思った今週のU.S.A.ニュースをピックアップ! 2月第3週のアメリカでは、フロリダ州の高校で起きた銃乱射事件の生存者によるスピーチを有名アーティストや若者層がリツイートして全米に銃所持の問題を提起したことが最大のニュースに。


トランプの「軍事パレード開催」発言を兵士たちはどう受け止めたか

トランプの「軍事パレード開催」発言を兵士たちはどう受け止めたか

多様なアメリカでは、暮らす地域によってすべてが異なる。テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、「軍事パレードを開催したい」というトランプ大統領発言に対する兵士や保守派の意見を紹介する。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング