人気の「Moon Juice」、カリスマ社長の商法とは

人気の「Moon Juice」、カリスマ社長の商法とは

美と健康を追求するアメリカ人女性の多くは自分の目標像が明確。最近は「頑張れば自分もそうなれるかもしれない」と思える距離感にいる美しい女性たちが、カルト的な人気を博している。有機植物コスメや美容食を販売する「Moon Juice」の社長は、そんな女性の一人。彼女のライフスタイルに憧れるファンが多く、商品の生産が追いつかないという。


「SEX Dust」なら年収1千万円アップより幸せになれる?

 アメリカのヘルスコンシャスたちに支持されている有機のコールドプレス・ジュース(Cold Pressed Juice)。全米展開する大手ブランドのBluePrintやEvolution Fresh、Pressed Juicery、Juice Pressなど多くの商品がひしめき合う市場において、 ロサンゼルスの「Moon Juice 」(ムーン・ジュース)はジュースだけでなく一線を画した商法で知名度をあげている。

  2011年にベニスビーチに1店舗目をオープン後、現在はロサンゼルスに計3店舗の直営店を展開する「Moon Juice」は、有機植物から作ったヘルシーなジュースやハーブでファンを増やしてきた。創業と同時にジュースの原料に使用しているハーブや植物を美容食、サプリメント、基礎化粧品などにも応用。なかでも人気が高いのは、「ムーン・ダスト」と呼ばれる、有機ハーブや植物をブレンドした粉末(ダスト)を瓶詰めにした商品($38、14回分)だ。

 ムーン・ダストは、お茶やジュース、水などに入れて飲んだり、食べ物に振りかけて摂取する粉末で、「ビューティー」、「ブレイン」、「パワー」、「スピリット」、「ドリーム」、そして「セックス」の6種類がある。 たとえば「ブレイン」に配合されているのは、マカ、イチョウ、ロディオラ、ジラジッド、キバナオウギなどで、記憶力と覚醒、ストレスをリリースする能力を高めると説明している。なかでも話題の 「セックス・ダスト」は、文字通りセックスを促進するもので、「パートナーとの定期的なセックスは、年収が今より1千万円上がるよりも、あなたを幸せにする」というインナービューティーを謳ったキャッチフレーズと共にSNSで注目された。人気ゆえ、直営店だけでなく、全米展開するデパートのノードストロームやUrban Outfitters、女優グウィネス・パルトロウが率いるオンライン・ウェルネス・ショップ「Goop」などでも販売されている同社の看板商品のひとつだ。 

アマンダのようになりたい!新商品「Super You」売切れ続出

 「セックス・ダスト」が大手メディアで取り上げられるやいなや、親と友人から借りた1500万円で創業した35歳の美しすぎる起業家、アマンダ・シャンタル・ベーコン社長のストーリーが一躍注目されるようになり、身体の内側からの美を追求するヘルスコンシャス・ビューティーの教祖的な位置に躍り出た。

 NY育ちのアマンダ社長は高校卒業後、シェフの道に進んだが、自身の食物アレルギーと病気からハーブに目覚め、それによって健康を取り戻すことができたという。「自然でヘルシーなものだけを体内に取り込めば心身共に健康になり、それが美と幸福に繋がる」ことに気づいて起業。 「大学もビジネススクールも出ていない、ごく普通の2児の母」である社長自らがブランド・アイコンとなって、彼女の日々の幸せをSNSでアップする手法で熱烈なファンを増やしていった。

 ビジネスの経験がないまま起業したとはいえ、アマンダの母上は世界的なファッション・アイコンだったベッツィー・ジョンソンの元CEO。母とグーグルなど大企業の広告を手がけるメディア・エージェンシーFull Picture の デザレー・グルーバーCEO、ニキビ予防・治療化粧品プロアクティブの広告などを手がけたGuthy Renkerの創業者グレッグ・レンカー氏から初期投資を受けて起業した。広告エキスパートたちの後ろ盾を得て、「アマンダの美しいライフスタイル」は、カルト的な支持を得るほどに成長した。

 今夏からは、全米700店舗以上を展開するセレクト・コスメ専門店「Sephora」(本社フランス)で、同社の新商品「Super You」($49)の販売を開始。これはアマンダも毎日飲んでいるというサプリメントで、「ストレスを減少させ、エネルギーをアップし、ポジティブな気分に変化させるだけでなく、コラーゲンを保持し、ストレスによる体重増加を抑える」という。同商品は人気が爆発して生産が追いつかず、ウエイティング・リストの受付を続けている状態だ。消費者が「手が届きそうな幸せ」に惹かれるのは、どこの国でも同じなようだ。

参考記事:
http://time.com/money/5353793/amanda-chantal-bacon-moon-juice-sex-dust-interview/

この記事の寄稿者

関連するキーワード


美容 健康 カリスマ

関連する投稿


米FDAが警鐘 豊胸手術でリンパ癌になる確率高まる

米FDAが警鐘 豊胸手術でリンパ癌になる確率高まる

整形大国のアメリカにおいて、「整形したい部位の手術ランキング」のトップに君臨する豊胸手術。年に約40万人ものアメリカ人が豊胸手術を受けている中、米食品医薬品局(FDA)が、人口乳房の埋め込み手術を受けた人が珍しい癌にかかる割合が高いと注意を換気する公聴会を開き、患者や整形外科業界を中心に波紋を呼んでいる。


アメリカにピクルス・ブーム到来? ピクルスで挟むサンドイッチ登場

アメリカにピクルス・ブーム到来? ピクルスで挟むサンドイッチ登場

当サイトでも「どうやら今年のアメリカのトレンドはピクルスらしい」とお伝えしてきたが、それを裏付けるような面白いサンドイッチが登場した。パンの代わりのピクルスに具を挟んだサンドイッチだ。これまでは添え物にすぎなかったピクルスが、最近やけに存在感を増している。


あのバーガーキングが肉なしのバーガーを発売!?

あのバーガーキングが肉なしのバーガーを発売!?

世界のファストフードを牽引する大手チェーンのひとつ、バーガーキングが、「肉の入っていないバーガー」の販売を試験的に開始。「あのバーガーキングが肉なしを?」と驚きの声が上がっているが、肉を避ける動きは世界中に広がりつつある。植物原料で作ったパテを使用した肉なしハンバーガーで、同社は健康志向の客の取り込みを目指せるか?


テックなガジェットで糖尿病を改善

テックなガジェットで糖尿病を改善

人口の推定7.2%が糖尿病を患っているといわれるアメリカで、自宅で簡単に血糖値をチェックできるガジェットが販売され、注目を集めている。開発会社のビジネス・スローガンは「日々のチェックで、アメリカの糖尿病人口を減らそう!」というものだ。さて、その商品とは?


アメリカの巻き髪女性の秘密兵器は「魔法の杖」

アメリカの巻き髪女性の秘密兵器は「魔法の杖」

ファッション系や美容系インフルエンサーたちのインスタグラムでは、新しい化粧品や洋服の写真はもちろん、ヘアスタイルやヘアケア商品の写真も多く見られる。なかでも長い髪の毛をドライヤーで巻いて「巻き髪」にした写真は定番のひとつ。その巻き髪を作るためのドライヤーも日々進化を続けているが、今、注目の商品は「魔法の杖」らしい。






最新の投稿


成功への選択「あまのじゃく」2019年4月26日~5月2日

成功への選択「あまのじゃく」2019年4月26日~5月2日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


国税庁を味方にトランプ大統領を窮地に追い込む民主党

国税庁を味方にトランプ大統領を窮地に追い込む民主党

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、政敵トランプ大統領に対し国税庁を使って追い詰めようとしている民主党のやり方について、保守派の見解を披露する。


米FDAが警鐘 豊胸手術でリンパ癌になる確率高まる

米FDAが警鐘 豊胸手術でリンパ癌になる確率高まる

整形大国のアメリカにおいて、「整形したい部位の手術ランキング」のトップに君臨する豊胸手術。年に約40万人ものアメリカ人が豊胸手術を受けている中、米食品医薬品局(FDA)が、人口乳房の埋め込み手術を受けた人が珍しい癌にかかる割合が高いと注意を換気する公聴会を開き、患者や整形外科業界を中心に波紋を呼んでいる。


死んだら肥料になる? ホラーな法案がワシントン州で成立間近

死んだら肥料になる? ホラーな法案がワシントン州で成立間近

アメリカには不思議な法律がいろいろ存在するが、ワシントン州で思わず首をかしげたくなるような「ホラーな法案」が承認され、この5月1日から施行されようとしている。かなり気味が悪い法律の全貌とは?


再生紙はもはや常識? 環境に優しいファストフード

再生紙はもはや常識? 環境に優しいファストフード

アメリカのファストフード企業の多くは、このところ環境配慮を全面に押し出したマーケティングを行っている。環境配慮の一環としてパッケージに再生紙を利用し、プラスチック・ストローを廃止し、パッケージのリサイクルなどを行うだけでなく、商品を包むパッケージの全てを「堆肥化可能なもの」にしたという企業も現れた。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング