人気の「Moon Juice」、カリスマ社長の商法とは

人気の「Moon Juice」、カリスマ社長の商法とは

美と健康を追求するアメリカ人女性の多くは自分の目標像が明確。最近は「頑張れば自分もそうなれるかもしれない」と思える距離感にいる美しい女性たちが、カルト的な人気を博している。有機植物コスメや美容食を販売する「Moon Juice」の社長は、そんな女性の一人。彼女のライフスタイルに憧れるファンが多く、商品の生産が追いつかないという。


「SEX Dust」なら年収1千万円アップより幸せになれる?

 アメリカのヘルスコンシャスたちに支持されている有機のコールドプレス・ジュース(Cold Pressed Juice)。全米展開する大手ブランドのBluePrintやEvolution Fresh、Pressed Juicery、Juice Pressなど多くの商品がひしめき合う市場において、 ロサンゼルスの「Moon Juice 」(ムーン・ジュース)はジュースだけでなく一線を画した商法で知名度をあげている。

  2011年にベニスビーチに1店舗目をオープン後、現在はロサンゼルスに計3店舗の直営店を展開する「Moon Juice」は、有機植物から作ったヘルシーなジュースやハーブでファンを増やしてきた。創業と同時にジュースの原料に使用しているハーブや植物を美容食、サプリメント、基礎化粧品などにも応用。なかでも人気が高いのは、「ムーン・ダスト」と呼ばれる、有機ハーブや植物をブレンドした粉末(ダスト)を瓶詰めにした商品($38、14回分)だ。

 ムーン・ダストは、お茶やジュース、水などに入れて飲んだり、食べ物に振りかけて摂取する粉末で、「ビューティー」、「ブレイン」、「パワー」、「スピリット」、「ドリーム」、そして「セックス」の6種類がある。 たとえば「ブレイン」に配合されているのは、マカ、イチョウ、ロディオラ、ジラジッド、キバナオウギなどで、記憶力と覚醒、ストレスをリリースする能力を高めると説明している。なかでも話題の 「セックス・ダスト」は、文字通りセックスを促進するもので、「パートナーとの定期的なセックスは、年収が今より1千万円上がるよりも、あなたを幸せにする」というインナービューティーを謳ったキャッチフレーズと共にSNSで注目された。人気ゆえ、直営店だけでなく、全米展開するデパートのノードストロームやUrban Outfitters、女優グウィネス・パルトロウが率いるオンライン・ウェルネス・ショップ「Goop」などでも販売されている同社の看板商品のひとつだ。 

アマンダのようになりたい!新商品「Super You」売切れ続出

 「セックス・ダスト」が大手メディアで取り上げられるやいなや、親と友人から借りた1500万円で創業した35歳の美しすぎる起業家、アマンダ・シャンタル・ベーコン社長のストーリーが一躍注目されるようになり、身体の内側からの美を追求するヘルスコンシャス・ビューティーの教祖的な位置に躍り出た。

 NY育ちのアマンダ社長は高校卒業後、シェフの道に進んだが、自身の食物アレルギーと病気からハーブに目覚め、それによって健康を取り戻すことができたという。「自然でヘルシーなものだけを体内に取り込めば心身共に健康になり、それが美と幸福に繋がる」ことに気づいて起業。 「大学もビジネススクールも出ていない、ごく普通の2児の母」である社長自らがブランド・アイコンとなって、彼女の日々の幸せをSNSでアップする手法で熱烈なファンを増やしていった。

 ビジネスの経験がないまま起業したとはいえ、アマンダの母上は世界的なファッション・アイコンだったベッツィー・ジョンソンの元CEO。母とグーグルなど大企業の広告を手がけるメディア・エージェンシーFull Picture の デザレー・グルーバーCEO、ニキビ予防・治療化粧品プロアクティブの広告などを手がけたGuthy Renkerの創業者グレッグ・レンカー氏から初期投資を受けて起業した。広告エキスパートたちの後ろ盾を得て、「アマンダの美しいライフスタイル」は、カルト的な支持を得るほどに成長した。

 今夏からは、全米700店舗以上を展開するセレクト・コスメ専門店「Sephora」(本社フランス)で、同社の新商品「Super You」($49)の販売を開始。これはアマンダも毎日飲んでいるというサプリメントで、「ストレスを減少させ、エネルギーをアップし、ポジティブな気分に変化させるだけでなく、コラーゲンを保持し、ストレスによる体重増加を抑える」という。同商品は人気が爆発して生産が追いつかず、ウエイティング・リストの受付を続けている状態だ。消費者が「手が届きそうな幸せ」に惹かれるのは、どこの国でも同じなようだ。

参考記事:
http://time.com/money/5353793/amanda-chantal-bacon-moon-juice-sex-dust-interview/

この記事の寄稿者

関連するキーワード


美容 健康 カリスマ

関連する投稿


ソーシャルメディア時代にぴったり!写真映えするビタミン剤

ソーシャルメディア時代にぴったり!写真映えするビタミン剤

ちょっと変わったマルチビタミンが注目を集めている。特に変わっているのはその「形状」だ。今まで見たことがないような新しいデザインの錠剤は、写真映えするという理由から、たちまち世間に浸透した。一体、どんなビタミンなのだろう?


アメリカに浸透する「カリフラワー食」

アメリカに浸透する「カリフラワー食」

一般的に流通する野菜のひとつだったカリフラワーが、4〜5年前からニューヨークやロサンゼルスなどの米沿岸都市部で脚光を浴び始め、 今や最も人気のあるヘルシー野菜の代名詞になった。控えめなサイドディッシュでしかなかったカリフラワーが、なぜ、アメリカでこれほどウケたのだろう?


疲れたニューヨーカーを癒す、スーパー銭湯?

疲れたニューヨーカーを癒す、スーパー銭湯?

マンハッタンを望むニュージャージー州に昨年オープンした「SoJo Spa」。このスパでは、「韓国風の高級スパをイメージしたサービス」を売りにしているが、アジア式の風呂文化をアメリカ人に広めるのに、ひと役買っているという。


これぞ、アメリカ版「トクホ」飲料? 価格と手軽さの両方で勝負

これぞ、アメリカ版「トクホ」飲料? 価格と手軽さの両方で勝負

血圧や血中のコレステロールなどを正常に保つことを助けたり、おなかの調子を整えたりするのに役立つといわれる「トクホ飲料」。少々値段が張っても、「トクホ」のお墨付きならばと手にする人も多いはず。では、「トクホ」がないアメリカでは、どんな商品が支持されているのだろう?


女性の大敵セルライト、アメリカで話題の撃退法とは

女性の大敵セルライト、アメリカで話題の撃退法とは

多くの成人女性の皮膚に見られる、悪しきセルライト。オレンジの皮のように、でこぼこした肌を少しでも目立たなくするために、エステやマッサージ、除去手術、超音波治療など様々な解決策が市場に出ているが 、アメリカでは安全で安価な撃退法や即効性のみを重視した解決法などに注目が集まっている






最新の投稿


パソコンを使えない日本のサイバー戦略担当閣僚、欧米で大ウケ!

パソコンを使えない日本のサイバー戦略担当閣僚、欧米で大ウケ!

日本政府のサイバーセキュリティー戦略を担当する桜田義孝五輪相が、「自分でパソコンを打ったことがない」ことや「USBを知らない」と報道した日本のニュースを、欧米の大手新聞各紙やウエブメディアが一斉に取り上げ、反響を呼んでいる。アメリカでは各紙の同記事がSNSで拡散され、様々な声が寄せられた。その一部を紹介しよう。


アメリカの有権者、中間選挙でトランプと共和党による一党政権を拒否

アメリカの有権者、中間選挙でトランプと共和党による一党政権を拒否

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。中間選挙では民主党が躍進して下院を奪回したが、上院が共和党支配のままでは民主党の出来ることは限られている。確実に一歩前進したリベラル派だが、その先に続く道は険しそうだ。


成功への選択「新調したマフラー」2018年11月16日~11月22日

成功への選択「新調したマフラー」2018年11月16日~11月22日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


えっ、そこ? アマゾン第2本社、NY市とワシントンDC近郊に決定

えっ、そこ? アマゾン第2本社、NY市とワシントンDC近郊に決定

米アマゾン・ドットコム社の「第2本社」が、ニューヨーク市とワシントンDC近郊アーリントンの二拠点となることが発表された。昨年開始された「アマゾン誘致合戦」の結果は、アメリカに新しい大都市が誕生することを期待していた多くの企業や地域関係者を落胆させたが、同社はこの決定により、さらに成長の加速度を増しそうだ。


シアトルのホームレス人口はなぜ減らない?

シアトルのホームレス人口はなぜ減らない?

アメリカ生活20年を過ぎた翻訳家の高柳準が、アメリカの文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回は多くの画期的な解決策が提示される「ホームレス問題」の中で、「この解決策ってどうなの?」という疑問が沸いてしまうような対策案について、リベラルな著者ならではの視点をまとめてみた。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング