アプリ操作で簡単! ロボット・バーテンダーで本格的なカクテルを

アプリ操作で簡単! ロボット・バーテンダーで本格的なカクテルを

掃除ロボットやハンバーガーを作るロボットなど、次々と新しいマシーンが登場する中、カクテルを作ってくれるロボットが登場した。モバイル・アプリと連動して動くロボット・バーテンダーのキャッチコピーは、「あなたのパーソナル・バーテンダー」だ。自宅にロボットがいたら、飲み過ぎてしまいそう?!


2,000種類のカクテルがプログラムできる

 「カクテルを飲むのは好きだが、自分ではつくらない」という人に朗報のロボット・バーテンダーが発売される。カクテルを作るロボットのアイデアを思いつき、2014年に Barsysを起業した創設者CEOのAkshet Tewari氏は「ほとんどの人が、カクテルは正確な分量で作ることが非常に重要なことを知らない。このマシーンがあれば、誰でも美味しいカクテルが自宅で作れるし、ゲストにも喜ばれる」と話している。

  このマシーンはアプリと連動して自動で温度管理され、アルコールやジュースなどの材料を入れると、カクテルがミックスされていく過程でライトが付き、グラスが移動していく仕組みになっている。ベースとなるアルコールは5種類まで、ミキサー(割るもの)は3種類までセットできる。「少しアルコールを弱めに」、「柑橘系を強く効かせたい」など、個人の好みを細かく反映でき、アプリは好みのパターンを記録できる上、アルコールなど材料の残量なども教えてくれる。

 アプリに手元にある酒やジュースなどを入力すると、カクテル・メニューが表示される。2,000種類以上のカクテル・メニューをプログラムすることが可能で、オプションで自分のオリジナル・カクテルを作って名前をつけることもできる。また、機械で計量するため、高い酒を無駄にせずに一定の味を作り出せるという。そのロボット・バーテンダーのプロモ映像はこちら。

そのパーソナル・バーテンダーのお値段は?

 映像で紹介している家庭用だけでなく、レストランやバー、ホテルなどの業務用ロボットもあるそうで、 同社はこのロボットはベテラン・バーテンダーの職を奪うのではなく、これを使うことによってもっと顧客のサービスにまわす時間が作れるだけでなく、ロボットを利用して新しいカクテルを生み出すことにも貢献できると話している。

 さて、気になる料金は、1台1,050ドルで、購入は同社の公式サイトから。しかし、8月の発売を告知していたが、サイトに行くと「予約はこちら」という表示が出るので発売が遅れているようだ。

 味が一定した美味しいカクテルが簡単に飲めるのは便利だが、ロボットには「もう、この辺でおやめになった方がよいかと……」と助言をしてくれる人間のバーテンダーのような機能はついていないので、くれぐれも調子に乗り過ぎないように気をつけたい。

この記事の寄稿者

関連する投稿


卵じゃない卵?! これからの世界を見据えた「植物から作った卵」

卵じゃない卵?! これからの世界を見据えた「植物から作った卵」

肉と魚を食べないベジタリアンや、乳製品も食べないヴィーガンも多いアメリカでは、植物から作った加工食品が数多く販売されている。なかでも注目されている商品が、栄養価が卵と同様に高く、味も見た目も卵にそっくりな「Just Egg」なる商品だ。それを開発・販売するジャスト社が日本の酪農家と組んで新商品を開発中だという。


アメリカに浸透する「カリフラワー食」

アメリカに浸透する「カリフラワー食」

一般的に流通する野菜のひとつだったカリフラワーが、4〜5年前からニューヨークやロサンゼルスなどの米沿岸都市部で脚光を浴び始め、 今や最も人気のあるヘルシー野菜の代名詞になった。控えめなサイドディッシュでしかなかったカリフラワーが、なぜ、アメリカでこれほどウケたのだろう?


赤ちゃんがすぐ泣き止む画期的なロボティックス・ベッド

赤ちゃんがすぐ泣き止む画期的なロボティックス・ベッド

2002年に育児書でベストセラー本とDVDを出版した小児科医が、多額の投資を受けてハイテックなロボティックス・ベビー・ベッドを開発した。育児における親の「消耗」が最大のストレスに繋がると警告する同医師が、親たちのストレスを軽減するために開発した画期的なベッドを紹介しよう。


無人「買い物デリバリー車」が街をゆく?

無人「買い物デリバリー車」が街をゆく?

 一部の都心を除いては、車なしに生活することは不可能なアメリカ。ミルクひとつ買いに行くだけでも、車を走らせねばならない。そんな生活を一変させるかもしれない、夢のような一般家庭用向けの車の開発が進んでいる。その実態とは?


構想から8年! スタイリッシュなロボットが作るグルメバーガー登場 

構想から8年! スタイリッシュなロボットが作るグルメバーガー登場 

アメリカでもグルメな都市として知られるサンフランシスコに、ハイテクなロボティックス技術を駆使し、有名シェフ監修の元にグルメなハンバーガーを提供する店がオープンした。これまでのハンバーガー・ロボットを大きく超えた、その画期的なビジュアルや技術を紹介しよう!






最新の投稿


成功への選択「入浴剤」2019年1月18日~1月24日

成功への選択「入浴剤」2019年1月18日~1月24日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


アメリカの本当の顔とは?

アメリカの本当の顔とは?

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、時代の変化に柔軟性のない共和党(保守)に対して、民主党(リベラル)がいかにそうした変化を受け入れて柔軟であるかを軸に、アメリカのあるべき今後の姿について語る。


誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

エンターテインメントの街、ラスベガスは、カナダに本拠地のあるシルク・ドゥ・ソレイユのアメリカ拠点としても知られている。現在ラスベガスでは6つのショーが上演されているが、その本場の舞台に出演中の日本人パフォーマーが、新しいビジネスをスタートさせた。ラスベガス旅行を計画している人には特に注目の新情報だ。


あれから1年、#MeToo はどうなった?

あれから1年、#MeToo はどうなった?

アメリカ生活20年強。翻訳家の高柳準が、アメリカ文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回はハリウッド界に端を発する「#MeToo」について。女性差別問題は根深く、複雑化しやすい。性別や文化により、セクハラと性犯罪の違いに対する意識の違いを浮き彫りにしたこの運動、あれからどうなったのだろう?


アメリカ版の福袋? 女子力アップの「サブスクリプション・ボックス」

アメリカ版の福袋? 女子力アップの「サブスクリプション・ボックス」

日本の1月の風物詩のひとつである「福袋」。今年も85,000円もする「ジャイアント馬場福袋」があっという間に完売したり、新たな出会いを願う人のための「婚活福袋」が登場したりと世間を賑わせたが、アメリカにも福袋の発想に近い商品がある。それは若い女性を中心に人気を博している「サブスクリプション・ボックス」だ。その箱の中身とは?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング