アプリ操作で簡単! ロボット・バーテンダーで本格的なカクテルを

アプリ操作で簡単! ロボット・バーテンダーで本格的なカクテルを

掃除ロボットやハンバーガーを作るロボットなど、次々と新しいマシーンが登場する中、カクテルを作ってくれるロボットが登場した。モバイル・アプリと連動して動くロボット・バーテンダーのキャッチコピーは、「あなたのパーソナル・バーテンダー」だ。自宅にロボットがいたら、飲み過ぎてしまいそう?!


2,000種類のカクテルがプログラムできる

 「カクテルを飲むのは好きだが、自分ではつくらない」という人に朗報のロボット・バーテンダーが発売される。カクテルを作るロボットのアイデアを思いつき、2014年に Barsysを起業した創設者CEOのAkshet Tewari氏は「ほとんどの人が、カクテルは正確な分量で作ることが非常に重要なことを知らない。このマシーンがあれば、誰でも美味しいカクテルが自宅で作れるし、ゲストにも喜ばれる」と話している。

  このマシーンはアプリと連動して自動で温度管理され、アルコールやジュースなどの材料を入れると、カクテルがミックスされていく過程でライトが付き、グラスが移動していく仕組みになっている。ベースとなるアルコールは5種類まで、ミキサー(割るもの)は3種類までセットできる。「少しアルコールを弱めに」、「柑橘系を強く効かせたい」など、個人の好みを細かく反映でき、アプリは好みのパターンを記録できる上、アルコールなど材料の残量なども教えてくれる。

 アプリに手元にある酒やジュースなどを入力すると、カクテル・メニューが表示される。2,000種類以上のカクテル・メニューをプログラムすることが可能で、オプションで自分のオリジナル・カクテルを作って名前をつけることもできる。また、機械で計量するため、高い酒を無駄にせずに一定の味を作り出せるという。そのロボット・バーテンダーのプロモ映像はこちら。

そのパーソナル・バーテンダーのお値段は?

 映像で紹介している家庭用だけでなく、レストランやバー、ホテルなどの業務用ロボットもあるそうで、 同社はこのロボットはベテラン・バーテンダーの職を奪うのではなく、これを使うことによってもっと顧客のサービスにまわす時間が作れるだけでなく、ロボットを利用して新しいカクテルを生み出すことにも貢献できると話している。

 さて、気になる料金は、1台1,050ドルで、購入は同社の公式サイトから。しかし、8月の発売を告知していたが、サイトに行くと「予約はこちら」という表示が出るので発売が遅れているようだ。

 味が一定した美味しいカクテルが簡単に飲めるのは便利だが、ロボットには「もう、この辺でおやめになった方がよいかと……」と助言をしてくれる人間のバーテンダーのような機能はついていないので、くれぐれも調子に乗り過ぎないように気をつけたい。

この記事の寄稿者

関連するキーワード


飲食業 ロボティクス

関連する投稿


米フード配達員の約3割、客の食べ物を配達中につまみ食い?!

米フード配達員の約3割、客の食べ物を配達中につまみ食い?!

配車サービスの運転手が、レストランやファストフード店から自宅へ温かい料理を配達してくれるサービスは、アメリカでも人気が高い。しかし、「Uber Eats」など米大手フード配達サービス4社と契約している配達員500人のうち、なんと28%が「配達中に我慢できずに客の食べ物をつまみ食いしたことがある」というアンケート結果が出ている。


スフィロ・リングで誰もがミュージシャンに!

スフィロ・リングで誰もがミュージシャンに!

 子どもでもプログラミングが可能な球体のロボテック・トイとして知られるスフィロ社の「Sphero(スフィロ)」。アメリカでは小学校や中学校の授業でも使われているテック商品だが、日本でもかなり浸透しはじめた感がある。そのスフィロを作った会社が、ウェアブルな音楽ガジェットを発売して話題になっている。


フォードが宅配ロボット動画を公開 ロボット配達人の動きに注目!

フォードが宅配ロボット動画を公開 ロボット配達人の動きに注目!

米自動車大手フォードは、自社の自動運転車に搭載した二足歩行の宅配ロボットがドアの前まで荷物を運ぶ実験の開始を発表。そのロボットの動き方を撮った動画が公開され、大きな話題を呼んでいる。


卵じゃない卵?! これからの世界を見据えた「植物から作った卵」

卵じゃない卵?! これからの世界を見据えた「植物から作った卵」

肉と魚を食べないベジタリアンや、乳製品も食べないヴィーガンも多いアメリカでは、植物から作った加工食品が数多く販売されている。なかでも注目されている商品が、栄養価が卵と同様に高く、味も見た目も卵にそっくりな「Just Egg」なる商品だ。それを開発・販売するジャスト社が日本の酪農家と組んで新商品を開発中だという。


アメリカに浸透する「カリフラワー食」

アメリカに浸透する「カリフラワー食」

一般的に流通する野菜のひとつだったカリフラワーが、4〜5年前からニューヨークやロサンゼルスなどの米沿岸都市部で脚光を浴び始め、 今や最も人気のあるヘルシー野菜の代名詞になった。控えめなサイドディッシュでしかなかったカリフラワーが、なぜ、アメリカでこれほどウケたのだろう?






最新の投稿


CES2020で最も笑いをとった新商品 「猫好きなあなたへ」

CES2020で最も笑いをとった新商品 「猫好きなあなたへ」

毎年1月、米ラスベガスで開催される電子機器業界最大の見本市、CES。今年も約4,500社が最先端の技術を駆使した新製品を紹介した。そんな中、「もっともバカげた商品」との呼び声が高かった商品を紹介しよう。


ニューヨーク女子大学生殺人事件 〜そこから読み解くアメリカの刑事裁判〜

ニューヨーク女子大学生殺人事件 〜そこから読み解くアメリカの刑事裁判〜

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生・光田有希が、アメリカの大学生たちの文化やトレンドなどの情報をお届けするコラム。今回は著者と同じ大学に通っていた女子学生が大学キャンパスのすぐそばで殺害された事件と、それにまつわる周囲の反応を紹介する。


米大リーグの名監督3人が「サイン盗み」で続々解任! どうなる今季?

米大リーグの名監督3人が「サイン盗み」で続々解任! どうなる今季?

2017年のワールドシリーズの王者、ヒューストン・アストロズ。この強豪球団が、ハイテク機器を使用して相手のサインを盗んでいた疑惑が浮上し、それを調査していた米大リーグ機構が不正があったと断定。それを受けて、わずか4日間で3球団の監督が解任されるという緊急事態に米球界はもちろん、野球ファン以外の人たちも注目している。


スペースX宇宙船、有人飛行へ向けた脱出実験をネット中継

スペースX宇宙船、有人飛行へ向けた脱出実験をネット中継

毎度お騒がせなイーロン・マスク氏率いる宇宙ベンチャー企業、米スペースXが日本時間20日、同社初の有人飛行に向けた最後の安全実験を行った。同社はNASAと組んで、その様子をネットで生中継した。


今週の神秘ナンバー占い(2020年1月17日~23日)

今週の神秘ナンバー占い(2020年1月17日~23日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


アクセスランキング


>>総合人気ランキング