アプリ操作で簡単! ロボット・バーテンダーで本格的なカクテルを

アプリ操作で簡単! ロボット・バーテンダーで本格的なカクテルを

掃除ロボットやハンバーガーを作るロボットなど、次々と新しいマシーンが登場する中、カクテルを作ってくれるロボットが登場した。モバイル・アプリと連動して動くロボット・バーテンダーのキャッチコピーは、「あなたのパーソナル・バーテンダー」だ。自宅にロボットがいたら、飲み過ぎてしまいそう?!


2,000種類のカクテルがプログラムできる

 「カクテルを飲むのは好きだが、自分ではつくらない」という人に朗報のロボット・バーテンダーが発売される。カクテルを作るロボットのアイデアを思いつき、2014年に Barsysを起業した創設者CEOのAkshet Tewari氏は「ほとんどの人が、カクテルは正確な分量で作ることが非常に重要なことを知らない。このマシーンがあれば、誰でも美味しいカクテルが自宅で作れるし、ゲストにも喜ばれる」と話している。

  このマシーンはアプリと連動して自動で温度管理され、アルコールやジュースなどの材料を入れると、カクテルがミックスされていく過程でライトが付き、グラスが移動していく仕組みになっている。ベースとなるアルコールは5種類まで、ミキサー(割るもの)は3種類までセットできる。「少しアルコールを弱めに」、「柑橘系を強く効かせたい」など、個人の好みを細かく反映でき、アプリは好みのパターンを記録できる上、アルコールなど材料の残量なども教えてくれる。

 アプリに手元にある酒やジュースなどを入力すると、カクテル・メニューが表示される。2,000種類以上のカクテル・メニューをプログラムすることが可能で、オプションで自分のオリジナル・カクテルを作って名前をつけることもできる。また、機械で計量するため、高い酒を無駄にせずに一定の味を作り出せるという。そのロボット・バーテンダーのプロモ映像はこちら。

そのパーソナル・バーテンダーのお値段は?

 映像で紹介している家庭用だけでなく、レストランやバー、ホテルなどの業務用ロボットもあるそうで、 同社はこのロボットはベテラン・バーテンダーの職を奪うのではなく、これを使うことによってもっと顧客のサービスにまわす時間が作れるだけでなく、ロボットを利用して新しいカクテルを生み出すことにも貢献できると話している。

 さて、気になる料金は、1台1,050ドルで、購入は同社の公式サイトから。しかし、8月の発売を告知していたが、サイトに行くと「予約はこちら」という表示が出るので発売が遅れているようだ。

 味が一定した美味しいカクテルが簡単に飲めるのは便利だが、ロボットには「もう、この辺でおやめになった方がよいかと……」と助言をしてくれる人間のバーテンダーのような機能はついていないので、くれぐれも調子に乗り過ぎないように気をつけたい。

この記事の寄稿者

関連するキーワード


飲食業 ロボティクス

関連する投稿


米フード配達員の約3割、客の食べ物を配達中につまみ食い?!

米フード配達員の約3割、客の食べ物を配達中につまみ食い?!

配車サービスの運転手が、レストランやファストフード店から自宅へ温かい料理を配達してくれるサービスは、アメリカでも人気が高い。しかし、「Uber Eats」など米大手フード配達サービス4社と契約している配達員500人のうち、なんと28%が「配達中に我慢できずに客の食べ物をつまみ食いしたことがある」というアンケート結果が出ている。


スフィロ・リングで誰もがミュージシャンに!

スフィロ・リングで誰もがミュージシャンに!

 子どもでもプログラミングが可能な球体のロボテック・トイとして知られるスフィロ社の「Sphero(スフィロ)」。アメリカでは小学校や中学校の授業でも使われているテック商品だが、日本でもかなり浸透しはじめた感がある。そのスフィロを作った会社が、ウェアブルな音楽ガジェットを発売して話題になっている。


フォードが宅配ロボット動画を公開 ロボット配達人の動きに注目!

フォードが宅配ロボット動画を公開 ロボット配達人の動きに注目!

米自動車大手フォードは、自社の自動運転車に搭載した二足歩行の宅配ロボットがドアの前まで荷物を運ぶ実験の開始を発表。そのロボットの動き方を撮った動画が公開され、大きな話題を呼んでいる。


MITの頭脳を結集した「世界一テック」なレストラン

MITの頭脳を結集した「世界一テック」なレストラン

5月3日、ボストンにオープンしたレストラン「SPYCE」。世界一テックなレストランという呼び声も高く、早くも全米で注目の的となっている。何が世界一「テック」だと言われる理由なのだろうか? 


アマゾンに勝負!  生き残りをかける小売食品業界を救う新事業

アマゾンに勝負!  生き残りをかける小売食品業界を救う新事業

アマゾン社をはじめ、多くの企業がオンデマンド食料品配達を急ピッチで進める中、小規模な食料品小売業はどうすれば生き残れるのか? ロボットが増えたら人間の仕事がなくなるかも知れないと心配する人々とは裏腹に、「優秀なロボットが増えれば人間も小売業も生き残れる」と謳うベンチャー企業が提案する解決策とは?






最新の投稿


コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが、お届けする開運指南。今月は新型コロナウイルスが猛威を振るう世の中における、今後の動向を星の配置や数秘の観点からお伝えしていきます。


トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、新型コロナウィルス感染防止で自宅に篭るべく、個々が食料品や雑貨の買い溜めをして備えているが、「忘れられている備え」があることについて。


【Red vs. Blue】コロナウイルスで混乱するアメリカと渡航禁止令

【Red vs. Blue】コロナウイルスで混乱するアメリカと渡航禁止令

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回はトランプ大統領による渡航禁止令で混乱するアメリカ、事前警告がなかったと困惑するEUの件などについて。


12星座「ハリウッド開運術」2020年3月の運勢

12星座「ハリウッド開運術」2020年3月の運勢

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが、お届けする開運指南。星座が織りなす神秘のメッセージが、あなたを幸せへと導きます!


スーパー・チューズデーは何が“スーパー”なの? リベラルの言い分

スーパー・チューズデーは何が“スーパー”なの? リベラルの言い分

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、アメリカ中が注目する「スーパー・チューズデー」の「何がそんなにスーパーなのか?」について。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング