アメリカに浸透する「カリフラワー食」

アメリカに浸透する「カリフラワー食」

一般的に流通する野菜のひとつだったカリフラワーが、4〜5年前からニューヨークやロサンゼルスなどの米沿岸都市部で脚光を浴び始め、 今や最も人気のあるヘルシー野菜の代名詞になった。控えめなサイドディッシュでしかなかったカリフラワーが、なぜ、アメリカでこれほどウケたのだろう?


スーパーマーケットの冷凍棚の王者、「カリフラワー・ライス」

 ヘルシー食のトレンドは次々に生まれる。たとえば白いパンより茶色いパン、パンよりも米、米よりも雑穀米、雑穀米より野菜の方がさらに健康だというように。

 アメリカでは数年前から、糖質が多い炭水化物とカロリーを抑えるために、穀物に代わる 「ベジタブル・ベース・オプション」として、 カリフラワーや人参、ブロッコリーなどの野菜を細かくカットして「米の代用品」として使用する料理が多く紹介されるようになった。以前は、「ライス」(rice)とは「米」や、炊いた米である「ごはん」を指す名詞の英単語だったが、最近は「ごはんのような」という形容詞や、ときには「ごはんにする」という動詞としても使われるようになってきた。

 「米の代用品」のなかでも特に目立つのが、カリフラワーだ。繊維やプロテイン、マグネシウムは米よりも少ないが、ビタミンCとKを多く含むというカリフラワーを、炊いた米のような大きさに切り揃えた袋入りの「カリフラワー・ライス」や、チャーハン(Fried Rice)の米の代わりにカリフラワーで使って調理した「カリフラワー・フライド・ライス」の冷凍食品などが市場に出回っている。

 たとえば、全米展開するヘルシー系スーパーマーケットの Whole FoodsTrader Joe’s、一般的な大手スーパーでも大手食品メーカーのGreen GiantBoulder Canyonなどは積極的に野菜ライス・シリーズを販売し、人気を集めている。もはや、アメリカで食品パッケージやメニューに「ライス」と書かれていても、米が入っているとは限らないのだ。

カリフラワーから作られたアイスクリームも?

 カリフラワーの米状カットはもとより、マッシュド・ポテトの要領で蒸して潰した「マッシュド状」にしたカリフラワー・マッシュや、「カリパウダー」というカリフラワーから作ったベーキング・ミックスなどを使って、ニョッキ・パスタやリゾットを作り、それを冷凍食品にして売り出すメーカーも増えている。

さらには、カリフラワーのアイスクリームも登場。これは、フロリダのアイスクリーム・メーカー「Peekaboo Ice Cream」が開発した商品で、 野菜が入っているのに野菜の味がしないため、子供たちが喜んで食べてくれると、小さな子供を持つ親たちから人気を博している。すべてオーガニックで、フレーバーはカリフラワーをベースにしたチョコレート味、人参をベースにしたストロベリー味、ほうれん草を入れたミントチップ味など5種類、各8ドル(パイント・サイズ)。ブランド名の「Peekaboo」=「かくれんぼ」の通り、スイーツの中に隠された野菜の栄養が摂れるのは一石二鳥という、甘い物好きに好評で、おしゃれなパッケージも人気だ。

  数年前には、葉野菜のケールが突然脚光を浴び、今やケールという野菜を知らない人がいないほど定着した。カリフラワーは新しく現れた野菜ではなく、その持ち味が「再発見」された野菜。もともと馴染みのある野菜だけに、新しい食べ方がまだまだ生まれそうだ。

この記事の寄稿者

関連するキーワード


飲食業 健康 美容

関連する投稿


ビールのお供にドーナツ! 高カロリー・マッチングは流行るのか?

ビールのお供にドーナツ! 高カロリー・マッチングは流行るのか?

アメリカ生活には欠かせない食べ物のひとつ、ドーナツ。子供たちだけでなく、大人も大好きなスイーツだ。「おやつ」のイメージが強いドーナツだが、ビールと合わせてドーナツを楽しむことをトレンドにしようと頑張る人たちがいる。


アメリカでも人気のタピオカ・ドリンク とうとうアルコール入りも

アメリカでも人気のタピオカ・ドリンク とうとうアルコール入りも

日本でも大人気のタピオカ・ミルクティー。アイスティーをはじめとするタピオカ入りドリンクの人気がアメリカでも沸騰し、全米に様々な店舗が現れている中、各社が斬新なブランド・イメージや独自メニューを打ち出して競争している。


「牛肉を控えても健康上のメリットなし」? 調査結果に揺れるアメリカ

「牛肉を控えても健康上のメリットなし」? 調査結果に揺れるアメリカ

医学学術誌「アナルズ・オブ・インターナル・メディシン」が、「牛肉などの赤身肉を控えても健康上のメリットはない」という調査結果を公開し、菜食主義者や健康を気遣うヘルスコンシャスな人が日々増え続けているアメリカが揺れている。これまでの通説を覆すこの研究発表に対して、主要な国際機関からも反発がおきている。


米フード配達員の約3割、客の食べ物を配達中につまみ食い?!

米フード配達員の約3割、客の食べ物を配達中につまみ食い?!

配車サービスの運転手が、レストランやファストフード店から自宅へ温かい料理を配達してくれるサービスは、アメリカでも人気が高い。しかし、「Uber Eats」など米大手フード配達サービス4社と契約している配達員500人のうち、なんと28%が「配達中に我慢できずに客の食べ物をつまみ食いしたことがある」というアンケート結果が出ている。


米南部人が大好きなフライドチキン、バーガーになって大混乱!

米南部人が大好きなフライドチキン、バーガーになって大混乱!

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをケンタッキー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は米南部の名物料理のひとつであるフライドチキンをバンズに挟んで売り出しただけで大騒ぎになってしまった件について。






最新の投稿


米アマゾンの年末商戦、「子供の目線」のカタログ配布は功を奏すか?

米アマゾンの年末商戦、「子供の目線」のカタログ配布は功を奏すか?

昨年、米アマゾンドットコム社が突如開始したオモチャのカタログ。今年もホリデーシーズンに先駆けて、アメリカ国内の家庭にカタログが届き始めた。しかし昨年とは異なり、今年のアマゾンのカタログのマーケティングにはひねりがある。このカタログは、完全に子供たちに向けたものなのだ。


ハリウッドに続け! ベガスに「セルフィー・ミュージアム」がオープン

ハリウッドに続け! ベガスに「セルフィー・ミュージアム」がオープン

映画の街ハリウッドにオープンして話題の「セルフィー・ミュージアム」。ハリウッドに続けと、今度はエンターテイメントの都・ラスベガスにもオープンした。本物そっくりな人気番組のセットやイルージョンに見える背景など、SNSで目立つこと間違いなしのセットが揃うミュージアムで、思う存分セルフィー撮影を楽しもう!


2020年版、「アメリカで最も求められる企業トップ100社」発表

2020年版、「アメリカで最も求められる企業トップ100社」発表

米ESG評価機関NGO「JUST Capital」による恒例の「America’s Most JUST Companies」の2020年度ランキングが発表された。地域への還元や雇用の創出、環境保全への取り組みなどの公共性など、時代を反映する各項目でそれぞれ高得点を得た米企業とは?


今週の神秘ナンバー占い(2019年11月15日~21日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年11月15日~21日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


米大統領選ガイド(1)「アメリカの大統領選は、なぜ重要なのか?」

米大統領選ガイド(1)「アメリカの大統領選は、なぜ重要なのか?」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング