アメリカに浸透する「カリフラワー食」

アメリカに浸透する「カリフラワー食」

一般的に流通する野菜のひとつだったカリフラワーが、4〜5年前からニューヨークやロサンゼルスなどの米沿岸都市部で脚光を浴び始め、 今や最も人気のあるヘルシー野菜の代名詞になった。控えめなサイドディッシュでしかなかったカリフラワーが、なぜ、アメリカでこれほどウケたのだろう?


スーパーマーケットの冷凍棚の王者、「カリフラワー・ライス」

 ヘルシー食のトレンドは次々に生まれる。たとえば白いパンより茶色いパン、パンよりも米、米よりも雑穀米、雑穀米より野菜の方がさらに健康だというように。

 アメリカでは数年前から、糖質が多い炭水化物とカロリーを抑えるために、穀物に代わる 「ベジタブル・ベース・オプション」として、 カリフラワーや人参、ブロッコリーなどの野菜を細かくカットして「米の代用品」として使用する料理が多く紹介されるようになった。以前は、「ライス」(rice)とは「米」や、炊いた米である「ごはん」を指す名詞の英単語だったが、最近は「ごはんのような」という形容詞や、ときには「ごはんにする」という動詞としても使われるようになってきた。

 「米の代用品」のなかでも特に目立つのが、カリフラワーだ。繊維やプロテイン、マグネシウムは米よりも少ないが、ビタミンCとKを多く含むというカリフラワーを、炊いた米のような大きさに切り揃えた袋入りの「カリフラワー・ライス」や、チャーハン(Fried Rice)の米の代わりにカリフラワーで使って調理した「カリフラワー・フライド・ライス」の冷凍食品などが市場に出回っている。

 たとえば、全米展開するヘルシー系スーパーマーケットの Whole FoodsTrader Joe’s、一般的な大手スーパーでも大手食品メーカーのGreen GiantBoulder Canyonなどは積極的に野菜ライス・シリーズを販売し、人気を集めている。もはや、アメリカで食品パッケージやメニューに「ライス」と書かれていても、米が入っているとは限らないのだ。

カリフラワーから作られたアイスクリームも?

 カリフラワーの米状カットはもとより、マッシュド・ポテトの要領で蒸して潰した「マッシュド状」にしたカリフラワー・マッシュや、「カリパウダー」というカリフラワーから作ったベーキング・ミックスなどを使って、ニョッキ・パスタやリゾットを作り、それを冷凍食品にして売り出すメーカーも増えている。

さらには、カリフラワーのアイスクリームも登場。これは、フロリダのアイスクリーム・メーカー「Peekaboo Ice Cream」が開発した商品で、 野菜が入っているのに野菜の味がしないため、子供たちが喜んで食べてくれると、小さな子供を持つ親たちから人気を博している。すべてオーガニックで、フレーバーはカリフラワーをベースにしたチョコレート味、人参をベースにしたストロベリー味、ほうれん草を入れたミントチップ味など5種類、各8ドル(パイント・サイズ)。ブランド名の「Peekaboo」=「かくれんぼ」の通り、スイーツの中に隠された野菜の栄養が摂れるのは一石二鳥という、甘い物好きに好評で、おしゃれなパッケージも人気だ。

  数年前には、葉野菜のケールが突然脚光を浴び、今やケールという野菜を知らない人がいないほど定着した。カリフラワーは新しく現れた野菜ではなく、その持ち味が「再発見」された野菜。もともと馴染みのある野菜だけに、新しい食べ方がまだまだ生まれそうだ。

この記事の寄稿者

関連するキーワード


飲食業 食事 健康 美容

関連する投稿


ソーシャルメディア時代にぴったり!写真映えするビタミン剤

ソーシャルメディア時代にぴったり!写真映えするビタミン剤

ちょっと変わったマルチビタミンが注目を集めている。特に変わっているのはその「形状」だ。今まで見たことがないような新しいデザインの錠剤は、写真映えするという理由から、たちまち世間に浸透した。一体、どんなビタミンなのだろう?


アプリ操作で簡単! ロボット・バーテンダーで本格的なカクテルを

アプリ操作で簡単! ロボット・バーテンダーで本格的なカクテルを

掃除ロボットやハンバーガーを作るロボットなど、次々と新しいマシーンが登場する中、カクテルを作ってくれるロボットが登場した。モバイル・アプリと連動して動くロボット・バーテンダーのキャッチコピーは、「あなたのパーソナル・バーテンダー」だ。自宅にロボットがいたら、飲み過ぎてしまいそう?!


人気の「Moon Juice」、カリスマ社長の商法とは

人気の「Moon Juice」、カリスマ社長の商法とは

美と健康を追求するアメリカ人女性の多くは自分の目標像が明確。最近は「頑張れば自分もそうなれるかもしれない」と思える距離感にいる美しい女性たちが、カルト的な人気を博している。有機植物コスメや美容食を販売する「Moon Juice」の社長は、そんな女性の一人。彼女のライフスタイルに憧れるファンが多く、商品の生産が追いつかないという。


疲れたニューヨーカーを癒す、スーパー銭湯?

疲れたニューヨーカーを癒す、スーパー銭湯?

マンハッタンを望むニュージャージー州に昨年オープンした「SoJo Spa」。このスパでは、「韓国風の高級スパをイメージしたサービス」を売りにしているが、アジア式の風呂文化をアメリカ人に広めるのに、ひと役買っているという。


これぞ、アメリカ版「トクホ」飲料? 価格と手軽さの両方で勝負

これぞ、アメリカ版「トクホ」飲料? 価格と手軽さの両方で勝負

血圧や血中のコレステロールなどを正常に保つことを助けたり、おなかの調子を整えたりするのに役立つといわれる「トクホ飲料」。少々値段が張っても、「トクホ」のお墨付きならばと手にする人も多いはず。では、「トクホ」がないアメリカでは、どんな商品が支持されているのだろう?






最新の投稿


パソコンを使えない日本のサイバー戦略担当閣僚、欧米で大ウケ!

パソコンを使えない日本のサイバー戦略担当閣僚、欧米で大ウケ!

日本政府のサイバーセキュリティー戦略を担当する桜田義孝五輪相が、「自分でパソコンを打ったことがない」ことや「USBを知らない」と報道した日本のニュースを、欧米の大手新聞各紙やウエブメディアが一斉に取り上げ、反響を呼んでいる。アメリカでは各紙の同記事がSNSで拡散され、様々な声が寄せられた。その一部を紹介しよう。


アメリカの有権者、中間選挙でトランプと共和党による一党政権を拒否

アメリカの有権者、中間選挙でトランプと共和党による一党政権を拒否

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。中間選挙では民主党が躍進して下院を奪回したが、上院が共和党支配のままでは民主党の出来ることは限られている。確実に一歩前進したリベラル派だが、その先に続く道は険しそうだ。


成功への選択「新調したマフラー」2018年11月16日~11月22日

成功への選択「新調したマフラー」2018年11月16日~11月22日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


えっ、そこ? アマゾン第2本社、NY市とワシントンDC近郊に決定

えっ、そこ? アマゾン第2本社、NY市とワシントンDC近郊に決定

米アマゾン・ドットコム社の「第2本社」が、ニューヨーク市とワシントンDC近郊アーリントンの二拠点となることが発表された。昨年開始された「アマゾン誘致合戦」の結果は、アメリカに新しい大都市が誕生することを期待していた多くの企業や地域関係者を落胆させたが、同社はこの決定により、さらに成長の加速度を増しそうだ。


シアトルのホームレス人口はなぜ減らない?

シアトルのホームレス人口はなぜ減らない?

アメリカ生活20年を過ぎた翻訳家の高柳準が、アメリカの文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回は多くの画期的な解決策が提示される「ホームレス問題」の中で、「この解決策ってどうなの?」という疑問が沸いてしまうような対策案について、リベラルな著者ならではの視点をまとめてみた。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング