アメリカに浸透する「カリフラワー食」

アメリカに浸透する「カリフラワー食」

一般的に流通する野菜のひとつだったカリフラワーが、4〜5年前からニューヨークやロサンゼルスなどの米沿岸都市部で脚光を浴び始め、 今や最も人気のあるヘルシー野菜の代名詞になった。控えめなサイドディッシュでしかなかったカリフラワーが、なぜ、アメリカでこれほどウケたのだろう?


スーパーマーケットの冷凍棚の王者、「カリフラワー・ライス」

 ヘルシー食のトレンドは次々に生まれる。たとえば白いパンより茶色いパン、パンよりも米、米よりも雑穀米、雑穀米より野菜の方がさらに健康だというように。

 アメリカでは数年前から、糖質が多い炭水化物とカロリーを抑えるために、穀物に代わる 「ベジタブル・ベース・オプション」として、 カリフラワーや人参、ブロッコリーなどの野菜を細かくカットして「米の代用品」として使用する料理が多く紹介されるようになった。以前は、「ライス」(rice)とは「米」や、炊いた米である「ごはん」を指す名詞の英単語だったが、最近は「ごはんのような」という形容詞や、ときには「ごはんにする」という動詞としても使われるようになってきた。

 「米の代用品」のなかでも特に目立つのが、カリフラワーだ。繊維やプロテイン、マグネシウムは米よりも少ないが、ビタミンCとKを多く含むというカリフラワーを、炊いた米のような大きさに切り揃えた袋入りの「カリフラワー・ライス」や、チャーハン(Fried Rice)の米の代わりにカリフラワーで使って調理した「カリフラワー・フライド・ライス」の冷凍食品などが市場に出回っている。

 たとえば、全米展開するヘルシー系スーパーマーケットの Whole FoodsTrader Joe’s、一般的な大手スーパーでも大手食品メーカーのGreen GiantBoulder Canyonなどは積極的に野菜ライス・シリーズを販売し、人気を集めている。もはや、アメリカで食品パッケージやメニューに「ライス」と書かれていても、米が入っているとは限らないのだ。

カリフラワーから作られたアイスクリームも?

 カリフラワーの米状カットはもとより、マッシュド・ポテトの要領で蒸して潰した「マッシュド状」にしたカリフラワー・マッシュや、「カリパウダー」というカリフラワーから作ったベーキング・ミックスなどを使って、ニョッキ・パスタやリゾットを作り、それを冷凍食品にして売り出すメーカーも増えている。

さらには、カリフラワーのアイスクリームも登場。これは、フロリダのアイスクリーム・メーカー「Peekaboo Ice Cream」が開発した商品で、 野菜が入っているのに野菜の味がしないため、子供たちが喜んで食べてくれると、小さな子供を持つ親たちから人気を博している。すべてオーガニックで、フレーバーはカリフラワーをベースにしたチョコレート味、人参をベースにしたストロベリー味、ほうれん草を入れたミントチップ味など5種類、各8ドル(パイント・サイズ)。ブランド名の「Peekaboo」=「かくれんぼ」の通り、スイーツの中に隠された野菜の栄養が摂れるのは一石二鳥という、甘い物好きに好評で、おしゃれなパッケージも人気だ。

  数年前には、葉野菜のケールが突然脚光を浴び、今やケールという野菜を知らない人がいないほど定着した。カリフラワーは新しく現れた野菜ではなく、その持ち味が「再発見」された野菜。もともと馴染みのある野菜だけに、新しい食べ方がまだまだ生まれそうだ。

この記事の寄稿者

関連するキーワード


飲食業 健康 美容

関連する投稿


待望のレディー・ガガ、オリジナル美容ブランドがアマゾンでデビュー

待望のレディー・ガガ、オリジナル美容ブランドがアマゾンでデビュー

世界的に有名な米女性歌手、レディー・ガガ。楽曲やパフォーマンスはもちろん、ファッショニスタとしても注目される彼女自身のプロデュースによる初のビューティー・ブランド「Haus Laboratories」がローンチする。しかも、アマゾン・ドットコム社の独占販売になるという。


育毛もテックな時代に?!

育毛もテックな時代に?!

米ノースキャロライナ州に拠点を置くPhotonMD社が販売しているテックな育毛医療機器が、密かな話題を呼んでいる。男女問わず、いわゆる若ハゲ(アンドロゲン性脱毛症)やストレス性脱毛などに高い効果があるという。どんな商品なのだろう?


アメリカ中のBBQを食べ歩いて1万ドル貰える、おいしい仕事とは?

アメリカ中のBBQを食べ歩いて1万ドル貰える、おいしい仕事とは?

アメリカを代表する肉料理のひとつ、バーベキュー・リブ。どの街にも我こそが一番だと名乗るバーベキュー自慢の店があり、独自のスパイスや焼き方を追求している。そんな中、ある大手企業が「1万ドルを貰って、アメリカで最も美味しいバーベキュー・リブを探してくれる人」という求人広告を出し、大きな話題を呼んでいる。


エスカレートする白さの追求 白い歯にこだわるアメリカ人

エスカレートする白さの追求 白い歯にこだわるアメリカ人

「歯を見れば、その人がアメリカ人かどうか分かる」と揶揄されることがあるほど、アメリカ人は歯のホワイトニングやデンタルケアに非常に気を遣う。なぜ、白い歯にこだわるのだろう?


米ヘルシー朝食トレンド旋風に乗るダンキン・ドーナツ

米ヘルシー朝食トレンド旋風に乗るダンキン・ドーナツ

「甘いドーナツとコーヒー」の組み合わせは、アメリカの定番朝食メニューのひとつ。しかし最近のヘルシー志向の影響を受け、ドーナツ屋でさえも、ドーナツ以外の異なるメニュー開発に力を注いでいる。世界展開をするドーナツ・チェーン、「ダンキン・ドーナツ」でも、健康的な「ブレックファスト・ボウル」なるメニューを開始して話題を呼んでいる。






最新の投稿


奴隷制に対する賠償金を支払うのは誰なのか?

奴隷制に対する賠償金を支払うのは誰なのか?

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、トランプ大統領に対抗するリベラル派の大統領候補や政治家たちが「過去の奴隷制に対して賠償金を払うべき」と訴えていることについて、保守派の見解を解説する。


今週の神秘ナンバー占い(2019年7月19日~25日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年7月19日~25日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


クレジットカード社会のアメリカらしい、子供向けサービス

クレジットカード社会のアメリカらしい、子供向けサービス

日本とは異なり、アメリカでは50ドル以上の現金を持ち歩く人はとても少ない。「現金はまったく持たず、クレジットカードかデビットカードのみ」という人も大勢いる。そんなカード社会だからこそ重宝されている、子供向けのサービスがある。


50歳以上の女性を対象にした一軒家シェア・マッチングとは

50歳以上の女性を対象にした一軒家シェア・マッチングとは

地域などで差はあるものの、一般的に個人主義と言われるアメリカ人は、高齢になってもひとり暮らしを好む傾向が高い。しかし50歳を過ぎて独身の場合は、必ずしもそうとは言えないようだ。一軒家の所有者で同居人を探している人と、賃貸マンションやアパート暮らしに不安を感じている人をマッチングさせるサイトの人気が上がっているという。


アイデア靴下の大勝利? 旅行やアウトドアの必需品に

アイデア靴下の大勝利? 旅行やアウトドアの必需品に

夏、真っ盛り! 旅行やイベントなどの予定がある人も多い中、海外旅行や野外イベントに行くときに、ちょっと心配なのが貴重品の管理だ。大勢が集まる場所や海外ではスリやひったくりに遭わないよう、昔ながらの腹巻型の貴重品入れに財布やパスポートを入れて持ち歩く人もいるのでは? そんなあなたにオススメなのが、このアイデア靴下だ。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング