アマゾンCEOベゾス氏、20億ドルの慈善ファンドを立ち上げ

アマゾンCEOベゾス氏、20億ドルの慈善ファンドを立ち上げ

米アマゾンドットコムの創業者でCEOのジェフ・ベゾス氏が14日、20億ドル(約2,240億円)の慈善ファンド「Bezos Day One Fund」を立ち上げたことを公式ツイッターで発表した。このファンドは、ホームレス支援と幼児教育にフォーカスするもので、今年3月のForbes誌の長者番付の1位になったベゾス氏がこれまで行った寄付の中で最大のものとなる。


「Day One(デイ・ワン)」という名称の意味

 米アマゾンドットコムの創業者でCEOであり、今年の長寿番付1位のジェフ・ベゾス氏が、20億ドルの慈善ファンド「Bezos Day One Fund」を立ち上げたことを公式ツイッターで発表した。このファンドは、ホームレス支援と教育の2つの課題にフォーカスするもので、「Day One Families Fund」ではホームレス支援団体などをサポートし、「Day One Academies Fund」では「モンテッソーリ教育」方式を採用する無料の幼稚園網を創立するという。

 ベゾス氏が慈善ファンドの名称に用いた「Day One(デイ・ワン)」は、同氏が1997年のアマゾン上場以来、株主に向けた年次書簡に添えている「常に“Day One(ビジネスを始めた日)”のつもりでアマゾンを運営する」という理念に由来する。ファミリー・ファンドでは「子供たちを屋外には寝かせない」こと、アカデミック・ファンドでは「学び、発明し、進歩する」をモットーに進めていくようだ。

ベソス氏の姿勢と寄付先の注目度

 ベゾス氏(54歳)は、今年3月のForbes誌の長者番付で首位に立った。番付発表時点の同氏の資産総額は1,120億ドル(約11兆8,500億円)だったが、現在は1,640億ドル(約1.8兆円)に達していると言われる。昨年10月に同じくシアトル近郊に住むマイクロソフト創設者のビル・ゲイツ氏を抜いて世界一となった。

 同氏は、今年1月に「ドリーマー」と呼ばれる、幼少時に親に連れられて米国に不法入国した高校生1,000名に対し、大学の奨学金を支援する目的で、3,300万ドルを非営利団体「TheDream.US」に寄付している。米オバマ前大統領が、2012年に導入した移民政策「DACA(若年移民に対する国外強制退去の延期措)」では、不法入国した子供たちは強制国外退去処分を免除されていたが、現トランプ大統領が昨年9月にDACA制度を撤廃する方針を決定。しかし反対する声が多く、撤廃にはまだ至っていない。

 また、ベゾス氏は今月、退役軍人を議会に送り込むことを目的としたスーパーPAC(政治活動特別委員会)にも1,000万ドルを寄付したばかり。寄付先の「名誉の基金(With Honorz)」は民主党と共和党の両党から立候補する退役軍人20名を資金援助するもので、この寄付には米大手ウォルマート創設者一家のジム・ウォルトン氏、元スターバックスCEOのハワード・シュルツ氏なども参加している。この基金は保守でもリベラルでもない中立路線だが、同氏はリベラルなワシントン州で昨年、同性婚の権利擁護運動がおきた際に250万ドルを寄付している。

 ベゾス氏は何に寄付をして、誰をサポートするのか。ワシントン・ポスト社のオーナーでもあり、彼ほどの資産を持った企業家が今後どのように社会に貢献していくのか、氏の動向に世界中から注目が集まっている。

参考記事:
https://www.usatoday.com/story/tech/science/2018/09/13/amazon-ceo-jeff-bezos-announces-2-billion-charity-fund/1289788002/

この記事の寄稿者

関連する投稿


学生たちを借金から解放させた米実業家に賞賛の声

学生たちを借金から解放させた米実業家に賞賛の声

大学の学費が高額なことで知られるアメリカ。親が裕福ではない限り、大抵の学生が卒業後に返済が始まる学生ローンを受けて進学するため、借金を抱えながら社会人になる。それでは若者たちが夢に向かいにくいと、ある実業家が大学を卒業する生徒、約400人分の学生ローン、総額約44億円を肩代わりすると発表。感動と賞賛の声がアメリカを駆け巡った。


アメリカでは4人に1人がスマートスピーカーを所有している

アメリカでは4人に1人がスマートスピーカーを所有している

進化を続けるオンライン事情により、日々豊かに変化していく人々の暮らし。そんな世界で賢く生きる術とは? デジタルマーケティング専門家、ティム・ポールが解説するコラム『オンラインと僕らの生活』。アメリカの一般家庭におけるスマートスピーカーの普及率が上昇し、成人の4人に1人が所有するといわれるアメリカ市場の現状とは?


知られざる米南部の高い“コンサバ度”

知られざる米南部の高い“コンサバ度”

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをアーカンソー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は沿岸部大都市に比べると驚くほど保守的な文化を誇る南部地域で、著者が経験したことを交えてそのコンサバ度合いを紹介する。


ストリーミング市場を制する米ネットフリックス、加入者数が歴代最大

ストリーミング市場を制する米ネットフリックス、加入者数が歴代最大

世界最大の動画ストリーミング配信企業、米ネットフリックスが、今年の第1四半期の業績を発表し、加入者数は前年同期比8%増で歴代最大の1億4,890万人だと明らかにした。アップルとディズニーの参入で競争が激化するストリーミング市場で今後の伸び悩みが懸念される同社だが、他社との差別化で躍進を続ける構えだ。


成功への選択特別編「令和」という時代を読む

成功への選択特別編「令和」という時代を読む

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。今回は新元号「令和」と、その時代がもたらす日本の行方についての特別編。新しい時代は、どのような変化を日本にもたらしていくのでしょう?






最新の投稿


今週の神秘ナンバー占い(2019年6月14日~20日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年6月14日~20日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


【Red vs. Blue】日本でのトランプ大統領の発言に、アメリカ国民はどう思ったか?

【Red vs. Blue】日本でのトランプ大統領の発言に、アメリカ国民はどう思ったか?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は先月、日本に新元号初の国賓として訪れたトランプ米大統領が、日本で開催された記者会見で自国の政敵の悪口を言い、金正恩の発言をサポートしたことについて。


再選活動本格始動! トランプ大統領とディナーを食べたい人、募集中

再選活動本格始動! トランプ大統領とディナーを食べたい人、募集中

毎度お騒がせのドナルド・トランプ大統領が、「彼とディナーを一緒に食べたい人」を募集している。来年の大統領選挙での再選に備えたPR活動の一環だ。公式HPで応募がスタートされるや否や、ネット上は大騒ぎになっている。


国境警備員の仕事は子守じゃない! 民主党が招いた不法移民激増の危機

国境警備員の仕事は子守じゃない! 民主党が招いた不法移民激増の危機

米テキサス州に暮らすイスラム教徒のジャーナリスト・西森マリーが、米国内でも報道されにくい保守派の声やテキサス州など南部の住民たちの声をお届けするコラム。今回はメキシコ国境があるテキサス州の住人だからこそ見える国境警備隊と不法移民たちの日常と、保守派は不法移民の激増をどう見ているのかについて。


デートを盛り上げる小道具が定期的に送られてくる宅配とは?

デートを盛り上げる小道具が定期的に送られてくる宅配とは?

「デートがマンネリ化している…」と思ってはいても、毎回、次のデートのアイデアを考えて、その準備をする時間が作れる人は、そう多くはないだろう。そんな悩みを抱えるアメリカのカップルたちに代わって、次回のデートを盛り上げる企画を考え、それに伴うグッズを宅配してくれる変わったサービスがある。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング