アマゾンCEOベゾス氏、20億ドルの慈善ファンドを立ち上げ

アマゾンCEOベゾス氏、20億ドルの慈善ファンドを立ち上げ

米アマゾンドットコムの創業者でCEOのジェフ・ベゾス氏が14日、20億ドル(約2,240億円)の慈善ファンド「Bezos Day One Fund」を立ち上げたことを公式ツイッターで発表した。このファンドは、ホームレス支援と幼児教育にフォーカスするもので、今年3月のForbes誌の長者番付の1位になったベゾス氏がこれまで行った寄付の中で最大のものとなる。


「Day One(デイ・ワン)」という名称の意味

 米アマゾンドットコムの創業者でCEOであり、今年の長寿番付1位のジェフ・ベゾス氏が、20億ドルの慈善ファンド「Bezos Day One Fund」を立ち上げたことを公式ツイッターで発表した。このファンドは、ホームレス支援と教育の2つの課題にフォーカスするもので、「Day One Families Fund」ではホームレス支援団体などをサポートし、「Day One Academies Fund」では「モンテッソーリ教育」方式を採用する無料の幼稚園網を創立するという。

 ベゾス氏が慈善ファンドの名称に用いた「Day One(デイ・ワン)」は、同氏が1997年のアマゾン上場以来、株主に向けた年次書簡に添えている「常に“Day One(ビジネスを始めた日)”のつもりでアマゾンを運営する」という理念に由来する。ファミリー・ファンドでは「子供たちを屋外には寝かせない」こと、アカデミック・ファンドでは「学び、発明し、進歩する」をモットーに進めていくようだ。

ベソス氏の姿勢と寄付先の注目度

 ベゾス氏(54歳)は、今年3月のForbes誌の長者番付で首位に立った。番付発表時点の同氏の資産総額は1,120億ドル(約11兆8,500億円)だったが、現在は1,640億ドル(約1.8兆円)に達していると言われる。昨年10月に同じくシアトル近郊に住むマイクロソフト創設者のビル・ゲイツ氏を抜いて世界一となった。

 同氏は、今年1月に「ドリーマー」と呼ばれる、幼少時に親に連れられて米国に不法入国した高校生1,000名に対し、大学の奨学金を支援する目的で、3,300万ドルを非営利団体「TheDream.US」に寄付している。米オバマ前大統領が、2012年に導入した移民政策「DACA(若年移民に対する国外強制退去の延期措)」では、不法入国した子供たちは強制国外退去処分を免除されていたが、現トランプ大統領が昨年9月にDACA制度を撤廃する方針を決定。しかし反対する声が多く、撤廃にはまだ至っていない。

 また、ベゾス氏は今月、退役軍人を議会に送り込むことを目的としたスーパーPAC(政治活動特別委員会)にも1,000万ドルを寄付したばかり。寄付先の「名誉の基金(With Honorz)」は民主党と共和党の両党から立候補する退役軍人20名を資金援助するもので、この寄付には米大手ウォルマート創設者一家のジム・ウォルトン氏、元スターバックスCEOのハワード・シュルツ氏なども参加している。この基金は保守でもリベラルでもない中立路線だが、同氏はリベラルなワシントン州で昨年、同性婚の権利擁護運動がおきた際に250万ドルを寄付している。

 ベゾス氏は何に寄付をして、誰をサポートするのか。ワシントン・ポスト社のオーナーでもあり、彼ほどの資産を持った企業家が今後どのように社会に貢献していくのか、氏の動向に世界中から注目が集まっている。

参考記事:
https://www.usatoday.com/story/tech/science/2018/09/13/amazon-ceo-jeff-bezos-announces-2-billion-charity-fund/1289788002/

この記事の寄稿者

関連する投稿


コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが、お届けする開運指南。今月は新型コロナウイルスが猛威を振るう世の中における、今後の動向を星の配置や数秘の観点からお伝えしていきます。


米アマゾンの年末商戦、「子供の目線」のカタログ配布は功を奏すか?

米アマゾンの年末商戦、「子供の目線」のカタログ配布は功を奏すか?

昨年、米アマゾンドットコム社が突如開始したオモチャのカタログ。今年もホリデーシーズンに先駆けて、アメリカ国内の家庭にカタログが届き始めた。しかし昨年とは異なり、今年のアマゾンのカタログのマーケティングにはひねりがある。このカタログは、完全に子供たちに向けたものなのだ。


2020年版、「アメリカで最も求められる企業トップ100社」発表

2020年版、「アメリカで最も求められる企業トップ100社」発表

米ESG評価機関NGO「JUST Capital」による恒例の「America’s Most JUST Companies」の2020年度ランキングが発表された。地域への還元や雇用の創出、環境保全への取り組みなどの公共性など、時代を反映する各項目でそれぞれ高得点を得た米企業とは?


マイクロソフトが米国防省のクラウド契約を獲得

マイクロソフトが米国防省のクラウド契約を獲得

米国防省、通称「ペンタゴン」のクラウド・コンピューティング契約をマイクロソフト社が獲得した。これは破竹の勢いで拡大を続けるアマゾンドットコム社(AWS)が取ると見られていたため、米国防省のこの決定に業界がざわついている。


「牛肉を控えても健康上のメリットなし」? 調査結果に揺れるアメリカ

「牛肉を控えても健康上のメリットなし」? 調査結果に揺れるアメリカ

医学学術誌「アナルズ・オブ・インターナル・メディシン」が、「牛肉などの赤身肉を控えても健康上のメリットはない」という調査結果を公開し、菜食主義者や健康を気遣うヘルスコンシャスな人が日々増え続けているアメリカが揺れている。これまでの通説を覆すこの研究発表に対して、主要な国際機関からも反発がおきている。






最新の投稿


米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


BizSeeds編集部スタッフがお届け!『ロックダウン・アメリカ』スタート

BizSeeds編集部スタッフがお届け!『ロックダウン・アメリカ』スタート

新型コロナウイルス、死者・感染者ともに拡大を見せているアメリカ。ロックダウンが始まって1ケ月今日、アメリカのフツーの人は、どうやってロックダウン生活を過ごしているのか? 


新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けする、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回はトランプ大統領を嫌っている米大手メディアと民主党によるトランプ・バッシングが、度を超えているという著者の意見を例を挙げて紹介しよう。


コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが、お届けする開運指南。今月は新型コロナウイルスが猛威を振るう世の中における、今後の動向を星の配置や数秘の観点からお伝えしていきます。


トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、新型コロナウィルス感染防止で自宅に篭るべく、個々が食料品や雑貨の買い溜めをして備えているが、「忘れられている備え」があることについて。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング