アマゾンCEOベゾス氏、20億ドルの慈善ファンドを立ち上げ

アマゾンCEOベゾス氏、20億ドルの慈善ファンドを立ち上げ

米アマゾンドットコムの創業者でCEOのジェフ・ベゾス氏が14日、20億ドル(約2,240億円)の慈善ファンド「Bezos Day One Fund」を立ち上げたことを公式ツイッターで発表した。このファンドは、ホームレス支援と幼児教育にフォーカスするもので、今年3月のForbes誌の長者番付の1位になったベゾス氏がこれまで行った寄付の中で最大のものとなる。


「Day One(デイ・ワン)」という名称の意味

 米アマゾンドットコムの創業者でCEOであり、今年の長寿番付1位のジェフ・ベゾス氏が、20億ドルの慈善ファンド「Bezos Day One Fund」を立ち上げたことを公式ツイッターで発表した。このファンドは、ホームレス支援と教育の2つの課題にフォーカスするもので、「Day One Families Fund」ではホームレス支援団体などをサポートし、「Day One Academies Fund」では「モンテッソーリ教育」方式を採用する無料の幼稚園網を創立するという。

 ベゾス氏が慈善ファンドの名称に用いた「Day One(デイ・ワン)」は、同氏が1997年のアマゾン上場以来、株主に向けた年次書簡に添えている「常に“Day One(ビジネスを始めた日)”のつもりでアマゾンを運営する」という理念に由来する。ファミリー・ファンドでは「子供たちを屋外には寝かせない」こと、アカデミック・ファンドでは「学び、発明し、進歩する」をモットーに進めていくようだ。

ベソス氏の姿勢と寄付先の注目度

 ベゾス氏(54歳)は、今年3月のForbes誌の長者番付で首位に立った。番付発表時点の同氏の資産総額は1,120億ドル(約11兆8,500億円)だったが、現在は1,640億ドル(約1.8兆円)に達していると言われる。昨年10月に同じくシアトル近郊に住むマイクロソフト創設者のビル・ゲイツ氏を抜いて世界一となった。

 同氏は、今年1月に「ドリーマー」と呼ばれる、幼少時に親に連れられて米国に不法入国した高校生1,000名に対し、大学の奨学金を支援する目的で、3,300万ドルを非営利団体「TheDream.US」に寄付している。米オバマ前大統領が、2012年に導入した移民政策「DACA(若年移民に対する国外強制退去の延期措)」では、不法入国した子供たちは強制国外退去処分を免除されていたが、現トランプ大統領が昨年9月にDACA制度を撤廃する方針を決定。しかし反対する声が多く、撤廃にはまだ至っていない。

 また、ベゾス氏は今月、退役軍人を議会に送り込むことを目的としたスーパーPAC(政治活動特別委員会)にも1,000万ドルを寄付したばかり。寄付先の「名誉の基金(With Honorz)」は民主党と共和党の両党から立候補する退役軍人20名を資金援助するもので、この寄付には米大手ウォルマート創設者一家のジム・ウォルトン氏、元スターバックスCEOのハワード・シュルツ氏なども参加している。この基金は保守でもリベラルでもない中立路線だが、同氏はリベラルなワシントン州で昨年、同性婚の権利擁護運動がおきた際に250万ドルを寄付している。

 ベゾス氏は何に寄付をして、誰をサポートするのか。ワシントン・ポスト社のオーナーでもあり、彼ほどの資産を持った企業家が今後どのように社会に貢献していくのか、氏の動向に世界中から注目が集まっている。

参考記事:
https://www.usatoday.com/story/tech/science/2018/09/13/amazon-ceo-jeff-bezos-announces-2-billion-charity-fund/1289788002/

この記事の寄稿者

関連する投稿


今年のプライムデーに最も売れた商品とは?

今年のプライムデーに最も売れた商品とは?

先月開催されたアマゾン・ドットコム社による恒例の大バーゲン、アマゾン・プライムデー。毎年、たった1日で爆発的に売れた商品がいくつか出現するので、話題になる。今年アメリカで飛び抜けて売れた商品を紹介しよう。


日本の「べんとう箱」をアメリカ人がローカライズすると?

日本の「べんとう箱」をアメリカ人がローカライズすると?

日本語の「弁当(べんとう)」という単語が、「Bento」として欧米文化に浸透するようになってから久しい。今では「べんとうばこ」=「Bento Box」の説明も欧米を代表する辞書に掲載されるようになった。とはいえ、日本の弁当箱そのものがアメリカに定着したのではない。あくまで米市場に出回っているのはアメリカ人が考える「Bento Box」だ。


こんなに違う! アメリカの「就活」常識

こんなに違う! アメリカの「就活」常識

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生たちのトレンドなどの情報をお届け。今回は日本とは異なる、アメリカの「就活」の常識について。


アメリカ生活に欠かせない「持ち寄り&助け合い」最強アプリ

アメリカ生活に欠かせない「持ち寄り&助け合い」最強アプリ

アメリカでは、夏の行楽シーズンや、卒業・学年末などのシーズンになると「SignUpGenius(サインナップ・ジニアス)」というサイトを使ったEメールが頻繁に飛び交う。学校やサークル、ボランティア活動、様々な集会などに欠かせない便利なツールの具体的な使われ方とは?


待望のレディー・ガガ、オリジナル美容ブランドがアマゾンでデビュー

待望のレディー・ガガ、オリジナル美容ブランドがアマゾンでデビュー

世界的に有名な米女性歌手、レディー・ガガ。楽曲やパフォーマンスはもちろん、ファッショニスタとしても注目される彼女自身のプロデュースによる初のビューティー・ブランド「Haus Laboratories」がローンチする。しかも、アマゾン・ドットコム社の独占販売になるという。






最新の投稿


【Red vs. Blue】「白人共和国」を望む共和党は、自由の国アメリカを破壊するのか?

【Red vs. Blue】「白人共和国」を望む共和党は、自由の国アメリカを破壊するのか?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回はタイム誌の「共和党はアメリカを白人共和国にするためにトランプを支持し、アメリカを破壊しようとしている」という記事について。


世界初! サンフランシスコ空港「プラスチック製の水ボトル販売禁止」を決定

世界初! サンフランシスコ空港「プラスチック製の水ボトル販売禁止」を決定

米カリフォルニア州のサンフランシスコ国際空港が、8月20日から空港内における使い捨ての飲料水入りペットボトルの販売を禁止することを発表した。世界的にプラスチック製ゴミの問題が大きくなる中、それを減らすために市をあげて取り組む姿勢だ。


今年のプライムデーに最も売れた商品とは?

今年のプライムデーに最も売れた商品とは?

先月開催されたアマゾン・ドットコム社による恒例の大バーゲン、アマゾン・プライムデー。毎年、たった1日で爆発的に売れた商品がいくつか出現するので、話題になる。今年アメリカで飛び抜けて売れた商品を紹介しよう。


今週の神秘ナンバー占い(2019年8月16日〜22日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年8月16日〜22日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


アメリカで家を新築するのはなかなか大変

アメリカで家を新築するのはなかなか大変

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをケンタッキー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は長年住んだアーカンソー州から、同じく南部のケンタッキー州へ引っ越した話。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング