ZOZOTOWNの前澤社長、月旅行決定! アメリカ現地の反応は?

ZOZOTOWNの前澤社長、月旅行決定! アメリカ現地の反応は?

ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイ社の前澤友作社長が、イーロン・マスク氏が率いる宇宙ベンチャー企業「スペースX」が2023年に計画している月旅行の最初の顧客として契約した。このニュースはアメリカでも大きく取り上げられているが、米国民の反応は?


イーロン・マスクのロケットで大丈夫なのか?

 「かつてロック・スターだった日本のオンライン・ファッション界を率いる億万長者が、月への観光客として名を馳せようとしている」――CNNやABC、CBSニュースをはじめとする米大手メディアは現地時間9月18日、こぞってこのニュースをトップ扱いで報じた。

 スタートトゥデイ社の前澤友作氏が搭乗するのは、イーロン・マスク氏が率いるスペースX社が開発中の大型ロケット「BFR」。マスク氏は宇宙開発だけでなく、電気自動車メーカー、テスラ社の代表も務めるが、「お騒がせセレブリティ」としても名高い。今月7日にはポッドキャスト番組に出演中に大麻とみられる葉巻を吸ったことで、株価が10%も急落したばかりだ。その番組が収録されたカリフォルニア州では大麻は合法だが、マスク氏への非難の声はまだ止まらない。

 また、スペースX社が今年2月に初めて打ち上げたロケットに、テスラ社の赤いオープンカーを積んで批判を浴びたことも記憶にあたらしい。ちなみに、ロケットに乗せた車には、宇宙人を驚かせるという目的でマネキン人形を搭載した徹底ぶりも話題になった。その映像はこちら。

 そんなお騒がせなマスク氏が提供する月旅行だけに、なかには「月への旅にはロマンがあるが、マスク氏が作るロケットで安全を約束できるのか?」と心配する声も出ている。

米メディア、ネット、街ともに「MAEZAWAフィーバー」

 この発表を受けて、BizSeedsの編集部が所在地のシアトルで取材を決行した。そこで集まったアメリカ人たちの声を紹介しよう。

「マスクとMAEZAWA、同じ匂いがするわね」
(シアトル市役所勤務、女性40歳)

「僕も月に行ってみたい。MAEZAWAが無料招待してくれる芸術家枠で選ばれるといいな」
(舞台関係者、男性35歳)

「この人、自社株を上げるための宣伝が目的でしょう?」
(証券会社勤務、女性42歳)

「MAEZAWAは独身よね? キュート! 彼を紹介して欲しい!」
(動物愛護団体職員、女性28歳)

「MAEZAWAは命知らずの現代の侍。“ロケットの打ち上げが失敗して死ぬかもしれない確率”をスペースX社は10%と見積もっているが、たぶんもっと高いはず。名誉に死して名を遺すことは、今でも日本人の美学なのかもしれない」
(公立高校教員、男性55歳)

「MAEZAWAは、この報道が世界中で流れることを見通し、その価値に対して何十億ドル支払らっても良いと判断したのだろうから、彼の企業の株価が今後どう動くのかが楽しみだ」
(デイトレーダー、男性39歳)

「これは相当クールなニュース。アメリカには驚くほどの金持ちが大勢いるが、自分の席だけでなく、まだ見ぬ他人のための席も買い占める金持ちはなかなかいない」
(会社員、女性30歳)

「MAEZAWAは、大勢の人々へ夢を与えた。同じく大金持ちの男性でも、もし1人目の客が彼ではなく、トランプ大統領の息子だったら、まったく違うニュースになっていたはず」
(編集者、男性35歳)

———というように、アメリカでも前澤社長には相当な注目が集まっている。同氏が、この契約を実行した狙いの第一目的が「同社の宣伝」であるならば、それは大成功したと言えるだろう。

この記事の寄稿者

関連する投稿


学校よりも面白い? ホームスクールでオンライン教育

学校よりも面白い? ホームスクールでオンライン教育

アメリカでは多くの子供たちが学校には通わず、親が自宅で教える「ホームスクール」で勉強している。こうしたホームスクールの多くは、オンライン教育を上手に取り入れており、数あるオンライン・プログラムの中には、『ハリー・ポッター』がテーマの科学の授業などもあり、人気を呼んでいる。


【Red vs. Blue】右派には悪夢 左派が熱狂するアレクサンドリア・オカシオ=コルテス

【Red vs. Blue】右派には悪夢 左派が熱狂するアレクサンドリア・オカシオ=コルテス

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は下院リベラル派の新人女性議員、アレクサンドリア・オカシオ=コルテス氏が全米の注目を浴びていることについて。


賛否両論? ユニバーサル・スタジオのおならショー

賛否両論? ユニバーサル・スタジオのおならショー

フロリダのユニバーサル・スタジオで、ちょっと下品なショーが物議を醸している。問題になっているのは、ドリームワークスの人気アニメーション『トロールス』のトロールたちのダンスショー。日本でも人気のアニメだが、小さな子供を持つ親たちは少々困惑しているようだ。


アメリカ南部における恋人の見つけ方

アメリカ南部における恋人の見つけ方

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをアーカンソー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は、都会と地方では結婚年齢の平均値に差があるアメリカで、南部地域住民は結婚時の平均年齢が比較的若いと言われる所以について。


日本人が提案するヴィーガン食にアメリカ人も夢中!

日本人が提案するヴィーガン食にアメリカ人も夢中!

アメリカでは現在、「こんまり」こと近藤麻理恵の「ミニマリズム」が大ブームだ。彼女が提案するライフスタイルに魅了されるアメリカ人が続出し、今やその名前を聞かない日がないほど。しかし、その「こんまり」よりも、ずっと以前からアメリカで活動を続け、昨今のヴィーガン・ブームの火付け役の一人となった日本人女性がいる。その人物とは?






最新の投稿


大都市に住むアメリカ人たちが知らないテキサス人の真の姿

大都市に住むアメリカ人たちが知らないテキサス人の真の姿

米テキサス州に暮らすイスラム教徒のジャーナリスト・西森マリーが、米国内でも報道されにくい保守派の声やテキサス州など南部の住民たちの声をお届けするコラム。今回は、保守派が多く住むと言われるテキサス州で、人々はどのように軍人を見ているのかがわかるニュースにまつわる話。


学校よりも面白い? ホームスクールでオンライン教育

学校よりも面白い? ホームスクールでオンライン教育

アメリカでは多くの子供たちが学校には通わず、親が自宅で教える「ホームスクール」で勉強している。こうしたホームスクールの多くは、オンライン教育を上手に取り入れており、数あるオンライン・プログラムの中には、『ハリー・ポッター』がテーマの科学の授業などもあり、人気を呼んでいる。


リサイクルよりも環境に優しい店がNYに登場! 容器持参で食材を買う

リサイクルよりも環境に優しい店がNYに登場! 容器持参で食材を買う

食材の買い物には、持参したエコバックを使用する人が増えたが、それでも店が用意したビニールの買い物袋を使用する人は後を絶たない。また、買い物袋だけでなく、パッケージ容器などのプラスティック製品はリサイクルできないものが多く、ゴミはなかなか減らない。そんな現状を変えるべく、さらに環境に優しい店が登場し、話題を呼んでいる。


成功への選択「防寒具」2019年2月15日~2月21日

成功への選択「防寒具」2019年2月15日~2月21日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


【Red vs. Blue】右派には悪夢 左派が熱狂するアレクサンドリア・オカシオ=コルテス

【Red vs. Blue】右派には悪夢 左派が熱狂するアレクサンドリア・オカシオ=コルテス

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は下院リベラル派の新人女性議員、アレクサンドリア・オカシオ=コルテス氏が全米の注目を浴びていることについて。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング