バスの中で瞑想?! ニューヨークの街を走るメディテーション・バス

バスの中で瞑想?! ニューヨークの街を走るメディテーション・バス

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生のトレンドなどの情報をお届けする。今回紹介するのは、ストレスを抱えながら働く人が多いニューヨークのマンハッタンに登場した「モバイル・メディテーション・バス」だ。


マンハッタンのど真ん中に瞑想するためのバス

 上司からのプレッシャー、日々の残業、高額な家賃、物価の高騰……。世界中の多くの人が憧れるニューヨークは華やかな街だが、マンハッタン周辺に住む社会人は日々、多大なるストレスを抱えながら生活している。ワークライフバランスが重要なのは十分承知でも、それを実現する時間がないのが現実だ。

 そこを狙って考案されたサービスが、「BE TIME」だ。ストレスから解放されるためなら何でもしたいと感じている人たちや、瞑想できるような静かな場所を欲している人たちのために、毎日マンハッタン内の異なるロケーションに「瞑想をするためのバス」を配置するという画期的なアイデアだ。利用希望者は専用アプリを通して簡単に予約できる。

 サービスには15分または30分のセッションがあり、15分のセッションは11ドル、30分なら22ドルだ(初回は限定10ドル)。車内は1,500個のLEDライトが配された神秘的かつモダンな雰囲気で、瞑想して頭を休めたい人たちが、より落ち着いて集中できるようにデザインされている。そのバスの内部の映像はこちら。

マインドフルネスはNYの常識

 マインドフルネスが盛んなマンハッタンには、この瞑想バス以外にも様々なビジネスがあるが、もうひとつ最近注目されている「Yoga to the People」(ヨガをすべての人へ)を紹介しよう。このサービスはその名の通り、「すべての人へ届けるためのヨガ・クラス」。受講は寄付金ベース、つまり「クラスの料金は受講者が決める」という仕組みになのだ。

 無料で受けたければ無料で受けられるヨガ・クラスなので、予算に限りのある学生にも人気が高く、コロンビア大学の学生の中でもキャンパスでヨガマットを持ち歩く姿がよく見かけられる。現在はニューヨークとサンフランシスコで展開中だ。

 企業や学校などでも、それぞれの取り組みが始められたマインドフルネス。「BE TIME」は、そのマインドフルネスを提供する環境を多くの人が参加できるようにモバイル化し、「Yoga to the People」は、その機会をほぼ無償化した。都会の騒がしさやストレスから心の距離を置き、自分に集中して精神を安定させる心がけは、誰にとってもとても重要なことだ。誰にでも手の届きやすいマインドフルネスへの取り組みが、さらに拡大することを願いたい。

この記事の寄稿者

1997年生まれ、19歳。東京都出身。青山学院初等部・中等部を卒業後、米国バージニア州の女子校、St. Margaret’s Schoolに2年通う。2015年にコネチカット州のWestminster Schoolに転校。2017年9月からはニューヨークにあるコロンビア大学・バーナードカレッジに入学予定。小さい頃からバレエとピアノを習い、今でもダンスや音楽に関わる活動を積極的に行っている。2014年には中高生による英語のパブリック・スピーキングのイベントを主催。大学では国際関係と教育を専攻し、国際貢献の分野を志している。

関連する投稿


召しませ、完璧なステーキ

召しませ、完璧なステーキ

アメリカ人には、「肉好き」が多い。厚みのあるステーキは、アメリカ料理の定番のひとつだが、ステーキの調理は簡単のように見えて実は難しい。焼き加減によって硬くなり過ぎたり、生焼けになったりと、上手く肉が焼けない悩みを持つ人は多い。そんな悩める人々の救世主となるグッズとは?


ソーシャルメディア時代にぴったり!写真映えするビタミン剤

ソーシャルメディア時代にぴったり!写真映えするビタミン剤

ちょっと変わったマルチビタミンが注目を集めている。特に変わっているのはその「形状」だ。今まで見たことがないような新しいデザインの錠剤は、写真映えするという理由から、たちまち世間に浸透した。一体、どんなビタミンなのだろう?


米中間選挙: 保守派の見解「信じるな!世論調査とCNN」

米中間選挙: 保守派の見解「信じるな!世論調査とCNN」

テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は中間選挙に向けて、世論調査の結果を掲げて議論するリベラル派に対して、「その質問はフェアーか?」と質問の仕方に疑問を持つ保守派の声を現地からレポートする。


静脈探し技術で患者の不満を解消

静脈探し技術で患者の不満を解消

 病院で看護師に「血管が見つかりにくい」と言われたことのある人に朗報だ。検査時などの採血の際、静脈の位置がなかなか見つからず、何度も針を刺されて痛い経験をしたことがある人も少なくないだろう。でも、これがあれば今後はそれほど痛い思いをしなくて済むかもしれない。


日本の弁当とはちょっと違う、アメリカの「Bentoスタイル」

日本の弁当とはちょっと違う、アメリカの「Bentoスタイル」

 日本の「弁当」は歴史ある文化だが、アメリカにおける弁当、つまり「ランチ」というのは、かなり解釈が曖昧だ。アメリカにも弁当箱はあるが、和食屋の幕内風定食も弁当と呼ばれるし、仕切りのついたトレイにおかずを選んで載せるスタイルを弁当とも呼ぶ。おかずの選択肢が複数あれば弁当なのか、容器が弁当なのか、「Bento」にまつわる疑問はつきない。






最新の投稿


召しませ、完璧なステーキ

召しませ、完璧なステーキ

アメリカ人には、「肉好き」が多い。厚みのあるステーキは、アメリカ料理の定番のひとつだが、ステーキの調理は簡単のように見えて実は難しい。焼き加減によって硬くなり過ぎたり、生焼けになったりと、上手く肉が焼けない悩みを持つ人は多い。そんな悩める人々の救世主となるグッズとは?


ソーシャルメディア時代にぴったり!写真映えするビタミン剤

ソーシャルメディア時代にぴったり!写真映えするビタミン剤

ちょっと変わったマルチビタミンが注目を集めている。特に変わっているのはその「形状」だ。今まで見たことがないような新しいデザインの錠剤は、写真映えするという理由から、たちまち世間に浸透した。一体、どんなビタミンなのだろう?


米中間選挙: 保守派の見解「信じるな!世論調査とCNN」

米中間選挙: 保守派の見解「信じるな!世論調査とCNN」

テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は中間選挙に向けて、世論調査の結果を掲げて議論するリベラル派に対して、「その質問はフェアーか?」と質問の仕方に疑問を持つ保守派の声を現地からレポートする。


成功への選択「未来予想図」2018年10月12日~10月18日

成功への選択「未来予想図」2018年10月12日~10月18日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


静脈探し技術で患者の不満を解消

静脈探し技術で患者の不満を解消

 病院で看護師に「血管が見つかりにくい」と言われたことのある人に朗報だ。検査時などの採血の際、静脈の位置がなかなか見つからず、何度も針を刺されて痛い経験をしたことがある人も少なくないだろう。でも、これがあれば今後はそれほど痛い思いをしなくて済むかもしれない。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング