SATCのキャリー、本拠地NYに自身の靴ブランド店をオープン

SATCのキャリー、本拠地NYに自身の靴ブランド店をオープン

世界中の独身女性たちの間で一斉を風靡したTVドラマ「セックス・アンド・ザ・シティ」の放送開始からちょうど20年。主役のキャリーを演じた女優のサラ・ジェシカ・パーカーが今月13日、ニューヨークのマンハッタンに独自の靴ブランド「SJP Collection」をオープンし、開店当日には長蛇の列ができた。


靴フェチ、ジェシカ・パーカーの旗艦店

 アメリカでの放映開始から今年でちょうど20周年を迎えたTVドラマ、「セックス・アンド・ザ・シティ」(通称SATC、放送終了は2004年)。その主役のキャリーはハイヒールが好きで、高級靴ブランド「マノロ・ブラニク」の高価な靴を買い過ぎて破産しそうなるエピソードもあったキャラクターだが、そのキャリーを演じた女優サラ・ジェシカ・パーカーも無類の靴好きとして知られている。

 その彼女が今月13日、満を辞して自身の靴ブランド「The SJP Collection」の路面店をニューヨークのロウアー・マンハッタンにオープン。当日は入店までに5時間待ちというほど長蛇の列ができた。

 このブランドは2014年、パーカーが「マノロ・ブラニク」のジョージ・マルクマスCEOの支援を受けて、「タイムレスで胸が高鳴るようなシルエット」を打ち出し、高品質なイタリア製ハンドクラフト靴を手の届く価格で提供するというコンセプトで立ち上げたもの。当初は大手デパートへの卸しとポップアップ店だけで販売していたが、人気に火がついてラスベガス、ワシントンDC、ドバイと次々に出店。そして今月、パーカーのホームグラウンドであるニューヨークのシーポート・ディストリクトに念願の路面店をオープンさせた。本人がツイッターで「当日は私も店にいます」と発信し、本当に店の床に膝をついて接客している姿が話題になった。

ビジネスを始めるのに遅すぎることはない

 このニュースを報道したニューヨーク・ポスト誌やピープル誌などによると、パーカーは「人が好きで、人とあれこれ語るのが好き。ニューヨークには人と関わりたいと思って来る人も多いと思う」と話した。三人の子供を育てる53歳のパーカーは、このビジネスの立ち上げに個人資産をつぎ込んだことから、「思い切ったというよりも、金銭的なギャンブルだった。でも女性が夢を追いかけることや、ビジネスを始めるのに決して遅すぎるということはない」と語っている。

 働く女性たちに対して、「その決断を下すこと。多少の度胸と多少の勇気が必要なだけ」とメッセージを送り、自身のインスタグラムにも「夢が叶った!」と喜ぶ気持ちを投稿した。俳優のマシュー・ブロデリックとおしどり夫婦だとも知られるが、第二子は不妊治療の末、40歳で代理母出産にて双子を授かった。この際にもパーカーは多くの女性に希望を与えたと言われたが、今回のビジネスへの挑戦で、またファンが増えたのでは?

参考記事:
https://people.com/style/sarah-jessica-parker-new-york-store-opening/

この記事の寄稿者

関連する投稿


学生たちを借金から解放させた米実業家に賞賛の声

学生たちを借金から解放させた米実業家に賞賛の声

大学の学費が高額なことで知られるアメリカ。親が裕福ではない限り、大抵の学生が卒業後に返済が始まる学生ローンを受けて進学するため、借金を抱えながら社会人になる。それでは若者たちが夢に向かいにくいと、ある実業家が大学を卒業する生徒、約400人分の学生ローン、総額約44億円を肩代わりすると発表。感動と賞賛の声がアメリカを駆け巡った。


知られざる米南部の高い“コンサバ度”

知られざる米南部の高い“コンサバ度”

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをアーカンソー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は沿岸部大都市に比べると驚くほど保守的な文化を誇る南部地域で、著者が経験したことを交えてそのコンサバ度合いを紹介する。


ストリーミング市場を制する米ネットフリックス、加入者数が歴代最大

ストリーミング市場を制する米ネットフリックス、加入者数が歴代最大

世界最大の動画ストリーミング配信企業、米ネットフリックスが、今年の第1四半期の業績を発表し、加入者数は前年同期比8%増で歴代最大の1億4,890万人だと明らかにした。アップルとディズニーの参入で競争が激化するストリーミング市場で今後の伸び悩みが懸念される同社だが、他社との差別化で躍進を続ける構えだ。


成功への選択特別編「令和」という時代を読む

成功への選択特別編「令和」という時代を読む

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。今回は新元号「令和」と、その時代がもたらす日本の行方についての特別編。新しい時代は、どのような変化を日本にもたらしていくのでしょう?


それって不法侵入では?! アメリカでの驚きの家探し

それって不法侵入では?! アメリカでの驚きの家探し

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをアーカンソー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は「ハウジング・ブーム」、つまり不動産ブームに沸く南部における、驚きの家の探し方をご紹介しよう。






最新の投稿


今週の神秘ナンバー占い(2019年6月14日~20日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年6月14日~20日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


【Red vs. Blue】日本でのトランプ大統領の発言に、アメリカ国民はどう思ったか?

【Red vs. Blue】日本でのトランプ大統領の発言に、アメリカ国民はどう思ったか?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は先月、日本に新元号初の国賓として訪れたトランプ米大統領が、日本で開催された記者会見で自国の政敵の悪口を言い、金正恩の発言をサポートしたことについて。


再選活動本格始動! トランプ大統領とディナーを食べたい人、募集中

再選活動本格始動! トランプ大統領とディナーを食べたい人、募集中

毎度お騒がせのドナルド・トランプ大統領が、「彼とディナーを一緒に食べたい人」を募集している。来年の大統領選挙での再選に備えたPR活動の一環だ。公式HPで応募がスタートされるや否や、ネット上は大騒ぎになっている。


国境警備員の仕事は子守じゃない! 民主党が招いた不法移民激増の危機

国境警備員の仕事は子守じゃない! 民主党が招いた不法移民激増の危機

米テキサス州に暮らすイスラム教徒のジャーナリスト・西森マリーが、米国内でも報道されにくい保守派の声やテキサス州など南部の住民たちの声をお届けするコラム。今回はメキシコ国境があるテキサス州の住人だからこそ見える国境警備隊と不法移民たちの日常と、保守派は不法移民の激増をどう見ているのかについて。


デートを盛り上げる小道具が定期的に送られてくる宅配とは?

デートを盛り上げる小道具が定期的に送られてくる宅配とは?

「デートがマンネリ化している…」と思ってはいても、毎回、次のデートのアイデアを考えて、その準備をする時間が作れる人は、そう多くはないだろう。そんな悩みを抱えるアメリカのカップルたちに代わって、次回のデートを盛り上げる企画を考え、それに伴うグッズを宅配してくれる変わったサービスがある。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング