ニューロサイエンスを駆使したゲームで人材を採用する企業が続々

ニューロサイエンスを駆使したゲームで人材を採用する企業が続々

アメリカでは昨今、離職率の高さが問題になっている。人事担当者が数多くの履歴書を吟味し、面接を重ねても、それだけでは判断がつかない現実があるようだ。そんな中、候補者の適正を判断するAI搭載ゲームやビデオ面接アプリを使って、その結果で候補者の適正を判断する大手企業が増えているという。


人事担当者では見抜けない候補者のリアルな適性

 アメリカの大企業ではプロジェクトによっては1日に何十人も採用しなければならないこともある。人事担当者は、数多くの履歴書に目を通すだけでも大仕事だ。応募者も複数に渡る難関を突破できるよう周到に準備をして面接にのぞむ。しかし昨今、アメリカでは社員の離職率に悩む企業が後を絶たない。せっかく雇ってもすぐに辞められたのでは、企業の生産性は上がらない。

 その救世主として大手企業が採用しはじめたのが、AI搭載のゲームや、AIを相手にしたビデオ面接のアプリだ。アメリカでは10年ほど前からビデオ面接を取り入れる企業が出始め、HireVue社のビデオ面接ソフトウエアが広く知られているが、現在テスラ社、ユニリーバ社、アクセンチュアー社、リンクトイン社など50以上の米企業が採用しているのが、ベンチャー企業「Pymetrics」が開発したニューロサイエンス(神経科学)ゲームだ。

 このゲームを開発した同社によると、企業が新規に人を採用しても、約31%が、「思い描いていた仕事とは違った」などの理由で、半年以内に退職してしまうのが現状だという。しかし、応募者にこのゲームをさせると、個々の性格や才能、行動力などが明確になり、離職率の低下に繋がる。面接官という「ひとりの人間によるバイアス」がかけられることなく、応募者「その人」の真の姿を評価することができるとして、導入した企業からの評価も上々だ。

ニューロサイエンス・ゲームは職種のマッチメイカー

 Pymetrics社のフリーダ・ポリーCEOは、ハーバート・ビジネススクールとマサチューセッツ工科大学(MIT)で神経科学の研究をしていたシングル・マザーで、自身も就職に悩み、周囲でも「死ぬほど勉強して、やっと入社した念願の会社が自分に合わず、すぐに退職した」というケースを多く見て来た。それを避ける方法はないものかと考えていたとき、アマゾンやネットフリックス、スポティファイなどのプラットフォームが、ユーザーの好みや動向データを把握し、その人が選んだ商品の内容を分析してユーザーに合う商品を推薦する機能にヒントを得て、企業と人材のマッチメイキングを神経科学とテクノロジーを使用して行うことを思いついたという。その後、 ロックフェラー財団の支援なども受けて、人材マッチメイキングのツール開発を行い、現在に至っている。

 このゲームを使用している企業では採用過程の初期段階でゲームを行い、そこで残った候補者が人間との面接に進むため、面接官による審査の回数が減ったという。また、Pymetrics社は多数の大手企業と契約しているため、ある募集に応募した人材がそのポジションには不適格という結果が出ても、ネットワーク内の他社が別のポジションで探している適正人材だった場合、その人を他社へ紹介するサービスも行っている。

 多くの人は、最初に希望した職業を得られるわけではない。最終的には90%近い人が、望んだ仕事とは異なる職に落ち着くと言われている中、このゲームを利用することで、自分の思わぬ才能が分かり、より相応しい職に就ける人が増えるかもしれない。企業にとっても応募者が真に適する役職や部署を見出せるため、効率のよい採用にもつながる。求職者にとっても、企業にとっても「ウィン・ウィン」のツールだといえそうだ。

https://www.pymetrics.com

この記事の寄稿者

関連する投稿


こんなに違う! アメリカの「就活」常識

こんなに違う! アメリカの「就活」常識

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生たちのトレンドなどの情報をお届け。今回は日本とは異なる、アメリカの「就活」の常識について。


アメリカ生活に欠かせない「持ち寄り&助け合い」最強アプリ

アメリカ生活に欠かせない「持ち寄り&助け合い」最強アプリ

アメリカでは、夏の行楽シーズンや、卒業・学年末などのシーズンになると「SignUpGenius(サインナップ・ジニアス)」というサイトを使ったEメールが頻繁に飛び交う。学校やサークル、ボランティア活動、様々な集会などに欠かせない便利なツールの具体的な使われ方とは?


スフィロ・リングで誰もがミュージシャンに!

スフィロ・リングで誰もがミュージシャンに!

 子どもでもプログラミングが可能な球体のロボテック・トイとして知られるスフィロ社の「Sphero(スフィロ)」。アメリカでは小学校や中学校の授業でも使われているテック商品だが、日本でもかなり浸透しはじめた感がある。そのスフィロを作った会社が、ウェアブルな音楽ガジェットを発売して話題になっている。


学生たちを借金から解放させた米実業家に賞賛の声

学生たちを借金から解放させた米実業家に賞賛の声

大学の学費が高額なことで知られるアメリカ。親が裕福ではない限り、大抵の学生が卒業後に返済が始まる学生ローンを受けて進学するため、借金を抱えながら社会人になる。それでは若者たちが夢に向かいにくいと、ある実業家が大学を卒業する生徒、約400人分の学生ローン、総額約44億円を肩代わりすると発表。感動と賞賛の声がアメリカを駆け巡った。


フォードが宅配ロボット動画を公開 ロボット配達人の動きに注目!

フォードが宅配ロボット動画を公開 ロボット配達人の動きに注目!

米自動車大手フォードは、自社の自動運転車に搭載した二足歩行の宅配ロボットがドアの前まで荷物を運ぶ実験の開始を発表。そのロボットの動き方を撮った動画が公開され、大きな話題を呼んでいる。






最新の投稿


【Red vs. Blue】「白人共和国」を望む共和党は、自由の国アメリカを破壊するのか?

【Red vs. Blue】「白人共和国」を望む共和党は、自由の国アメリカを破壊するのか?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回はタイム誌の「共和党はアメリカを白人共和国にするためにトランプを支持し、アメリカを破壊しようとしている」という記事について。


世界初! サンフランシスコ空港「プラスチック製の水ボトル販売禁止」を決定

世界初! サンフランシスコ空港「プラスチック製の水ボトル販売禁止」を決定

米カリフォルニア州のサンフランシスコ国際空港が、8月20日から空港内における使い捨ての飲料水入りペットボトルの販売を禁止することを発表した。世界的にプラスチック製ゴミの問題が大きくなる中、それを減らすために市をあげて取り組む姿勢だ。


今年のプライムデーに最も売れた商品とは?

今年のプライムデーに最も売れた商品とは?

先月開催されたアマゾン・ドットコム社による恒例の大バーゲン、アマゾン・プライムデー。毎年、たった1日で爆発的に売れた商品がいくつか出現するので、話題になる。今年アメリカで飛び抜けて売れた商品を紹介しよう。


今週の神秘ナンバー占い(2019年8月16日〜22日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年8月16日〜22日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


アメリカで家を新築するのはなかなか大変

アメリカで家を新築するのはなかなか大変

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをケンタッキー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は長年住んだアーカンソー州から、同じく南部のケンタッキー州へ引っ越した話。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング