なぜ、アマゾンは毎日5,000本ものバナナを配り続けるのか?

なぜ、アマゾンは毎日5,000本ものバナナを配り続けるのか?

米アマゾン・ドットコム社の本社があるシアトルの街中で、無料のバナナ・スタンドを開始したのは2015年12月。昨年1月には配布100万本を達成し、来月末でスタンド開始から早3年が経とうとしている。同社は今後もバナナの配布を続ける予定だというが、なぜバナナなのだろう?


「バリスタ」ではなく、「バナスタ」の笑顔とバナナ

 米アマゾン・ドットコム本社は、ワシントン州シアトルのダウンタウンにあり、北端にあるユニオン湖のほとり一帯に建つビルの多くを同社が占めている。その一帯はアマゾン・キャンパスと呼ばれるが、キャンパスに隣接した歩道脇に同社が無料の「バナナ・スタンド」を出したのは2015年12月。これは地域コミュニティーのためのバナナ・スタンドで、アマゾンの従業員以外でも、このスタンドに来れば無料でバナナがもらえるというサービスだ。

「バナナ・スタンド」と言われてもピンと来ない人もいるかもしれないが、簡単に言うとたくさんのバナナが乗った移動式ワゴンのことだ。サービス開始当初は1日1,200本のバナナを配っていたが、今では1日5,000本を無料で配っているという。そのコミュニティー・バナナ・スタンドの映像はこちら。

欲しければいくつもらってもOK

 この「近所の人々にも無料でバナナを配る」ことは、同社創業者のジェフ・ベゾスCEOによるアイデアだ。同社はダウンタウンの中心地にあるため、周囲には同社とは関係のない企業や様々な店舗も並ぶ。同社の近くで働き、暮らす人たちの誰にでも同じようにバナナを配り、少しでも健康的な朝食やスナック(おやつ)を食べてもらおうという趣旨のようだ。

 しかも、バナナはひとり1本と決まっているわけではなく、欲しければ常識の範囲内ならいくつもらってもよいらしい。毎日ここでバナナをもらってから出社する人も多く、無料配布を喜ぶ人がほとんどだが、周辺の食料品店ではバナナが売れないことや、食べた皮を道に捨てる人への不満の声などもあるようだ。

 今では同社のコミュニティー・バナナ・スタンドは2箇所に増え、平日の朝7時30分から午後3時30分まで毎日バナナを配り、ツイッターでは毎日バナナにちなんだ話題をツイートしている。ちなみに、最初はオレンジにするという案もあったそうだが、バナナに落ち着いたという。さて、同社はいつまでバナナを配り続けるのだろうか。

この記事の寄稿者

関連する投稿


召しませ、完璧なステーキ

召しませ、完璧なステーキ

アメリカ人には、「肉好き」が多い。厚みのあるステーキは、アメリカ料理の定番のひとつだが、ステーキの調理は簡単のように見えて実は難しい。焼き加減によって硬くなり過ぎたり、生焼けになったりと、上手く肉が焼けない悩みを持つ人は多い。そんな悩める人々の救世主となるグッズとは?


ソーシャルメディア時代にぴったり!写真映えするビタミン剤

ソーシャルメディア時代にぴったり!写真映えするビタミン剤

ちょっと変わったマルチビタミンが注目を集めている。特に変わっているのはその「形状」だ。今まで見たことがないような新しいデザインの錠剤は、写真映えするという理由から、たちまち世間に浸透した。一体、どんなビタミンなのだろう?


米中間選挙: 保守派の見解「信じるな!世論調査とCNN」

米中間選挙: 保守派の見解「信じるな!世論調査とCNN」

テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は中間選挙に向けて、世論調査の結果を掲げて議論するリベラル派に対して、「その質問はフェアーか?」と質問の仕方に疑問を持つ保守派の声を現地からレポートする。


静脈探し技術で患者の不満を解消

静脈探し技術で患者の不満を解消

 病院で看護師に「血管が見つかりにくい」と言われたことのある人に朗報だ。検査時などの採血の際、静脈の位置がなかなか見つからず、何度も針を刺されて痛い経験をしたことがある人も少なくないだろう。でも、これがあれば今後はそれほど痛い思いをしなくて済むかもしれない。


日本の弁当とはちょっと違う、アメリカの「Bentoスタイル」

日本の弁当とはちょっと違う、アメリカの「Bentoスタイル」

 日本の「弁当」は歴史ある文化だが、アメリカにおける弁当、つまり「ランチ」というのは、かなり解釈が曖昧だ。アメリカにも弁当箱はあるが、和食屋の幕内風定食も弁当と呼ばれるし、仕切りのついたトレイにおかずを選んで載せるスタイルを弁当とも呼ぶ。おかずの選択肢が複数あれば弁当なのか、容器が弁当なのか、「Bento」にまつわる疑問はつきない。






最新の投稿


召しませ、完璧なステーキ

召しませ、完璧なステーキ

アメリカ人には、「肉好き」が多い。厚みのあるステーキは、アメリカ料理の定番のひとつだが、ステーキの調理は簡単のように見えて実は難しい。焼き加減によって硬くなり過ぎたり、生焼けになったりと、上手く肉が焼けない悩みを持つ人は多い。そんな悩める人々の救世主となるグッズとは?


ソーシャルメディア時代にぴったり!写真映えするビタミン剤

ソーシャルメディア時代にぴったり!写真映えするビタミン剤

ちょっと変わったマルチビタミンが注目を集めている。特に変わっているのはその「形状」だ。今まで見たことがないような新しいデザインの錠剤は、写真映えするという理由から、たちまち世間に浸透した。一体、どんなビタミンなのだろう?


米中間選挙: 保守派の見解「信じるな!世論調査とCNN」

米中間選挙: 保守派の見解「信じるな!世論調査とCNN」

テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は中間選挙に向けて、世論調査の結果を掲げて議論するリベラル派に対して、「その質問はフェアーか?」と質問の仕方に疑問を持つ保守派の声を現地からレポートする。


成功への選択「未来予想図」2018年10月12日~10月18日

成功への選択「未来予想図」2018年10月12日~10月18日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


静脈探し技術で患者の不満を解消

静脈探し技術で患者の不満を解消

 病院で看護師に「血管が見つかりにくい」と言われたことのある人に朗報だ。検査時などの採血の際、静脈の位置がなかなか見つからず、何度も針を刺されて痛い経験をしたことがある人も少なくないだろう。でも、これがあれば今後はそれほど痛い思いをしなくて済むかもしれない。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング