サバイバルグッズとしても便利!ポータブル鍋

サバイバルグッズとしても便利!ポータブル鍋

地震や台風と、自然災害が目立つ今年の日本。さまざまな防災グッズに注目が集まっているが、アメリカ発の「軽くて折りたためるアウトドア鍋」をご存知だろうか? 


ポケットに入るほど、小さな鍋

ワシントン州スポケーン出身のコーリー・サンチアゴ氏は、自身の肩書を「発明家」と説明している。商品化には至らなかったものも含めて、これまでに多くの発明品を手掛けてきたが、2016年に手掛けたポータブル鍋「Bear Bowl」は、すでに世界30ケ国で売られる大ヒット商品になった。

この鍋は、小さく折りたたむことが出来る。その折りたたまれた状態は、まるで畳まれたエコバッグや財布のようだ。繊維ガラスとアルミニウムで作られており、容量は小さなものでも1リットル弱と使い勝手も悪くないという。実際の鍋を紹介した映像はこちら。

ABCの人気TV番組『Shark Tank』にも登場!

日本でも自然災害が続いているが、アメリカでも9月に大型ハリケーン「フローレンス」がその猛威を振るったばかり。元々はアウトドアグッズとして売られることが多かったBear Bowlだが、最近では防災用品としての注目度があがっているという。

拡大しつつある市場のニーズに応えていくために、サンチアゴ氏が資金調達に選んだのはABC放送の人気番組『Shark Tank』だ。この番組は有名投資家の前で、自分のビジネスのプレゼンテーションを行い、それが通れば投資してもらえるというリアリティーTV番組で、2004年まで日本で放送されていた人気番組「マネーの虎」のリメイクからアメリカで大人気を博している。この番組に集められる商材は、どれも目を見張るようなアイデア商品にあふれているが、辛口投資家たちのお眼鏡にかなうものは結構少ない。

Bear Bowlのプレゼンテーションの放送予定日は、今月7日。彼らは資金調達に成功し、さらなる事業拡大が出来るだろうか? 

https://www.bearminimum.org

この記事の寄稿者

関連するキーワード


アメリカ 防災グッズ

関連する投稿


ロボットがバリスタ?! 話題の「Cafe X」

ロボットがバリスタ?! 話題の「Cafe X」

ベンチャー・テック企業がひしめく大都市、サンフランシスコ。一大観光地でもある同市のダウンタウンに今年、「ロボットがバリスタ」という無人コーヒー・バーが誕生し、話題になっている。洗練されたデザインのカプセルの中で、エスプレッソやコールド・ブリュー・コーヒーをロボット・バリスタが提供する「Cafe X」を紹介しよう。


来年は「カツサンド」がアメリカのトレンドに?

来年は「カツサンド」がアメリカのトレンドに?

アメリカでは年末が近づくと発表される、来年の「レストラン・メニューのトレンド」予想。今年の食トレンドは、「サステーナブルなシーフード」、「手作り調味料」、メルロー・カットなど牛ステーキの「新カット」などだったが、来年は日本が誇るB級グルメ「カツサンド」が、アメリカのレストランにおけるトレンドになるらしい。


成功への選択「脱、暴飲暴食」2018年12月14日~12月20日

成功への選択「脱、暴飲暴食」2018年12月14日~12月20日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


共和党の民意無視がアメリカを蝕む

共和党の民意無視がアメリカを蝕む

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、先の中間選挙で共和党州から民主党州に変わった州の現知事が、退任前に新しく就任する知事の権力を制限する法律を制定しようとする動きについて、著者の憤慨をまとめた。


アメリカで再注目されている「サードプレイス」の重要性

アメリカで再注目されている「サードプレイス」の重要性

日常生活の中で定期的に通えて、第三者と会話を交わせる場所「サードプレイス」が、個人や地域の活力を生み出す上で重要であると社会学者のレイ・オールデンバーグ氏が提唱したのは、今から約20年前のことだ。ネット社会が確立した今、アメリカでは再び、自宅でも職場でもない第三の場所、「サードプレイス」の重要性が注目されている。






最新の投稿


ロボットがバリスタ?! 話題の「Cafe X」

ロボットがバリスタ?! 話題の「Cafe X」

ベンチャー・テック企業がひしめく大都市、サンフランシスコ。一大観光地でもある同市のダウンタウンに今年、「ロボットがバリスタ」という無人コーヒー・バーが誕生し、話題になっている。洗練されたデザインのカプセルの中で、エスプレッソやコールド・ブリュー・コーヒーをロボット・バリスタが提供する「Cafe X」を紹介しよう。


来年は「カツサンド」がアメリカのトレンドに?

来年は「カツサンド」がアメリカのトレンドに?

アメリカでは年末が近づくと発表される、来年の「レストラン・メニューのトレンド」予想。今年の食トレンドは、「サステーナブルなシーフード」、「手作り調味料」、メルロー・カットなど牛ステーキの「新カット」などだったが、来年は日本が誇るB級グルメ「カツサンド」が、アメリカのレストランにおけるトレンドになるらしい。


成功への選択「脱、暴飲暴食」2018年12月14日~12月20日

成功への選択「脱、暴飲暴食」2018年12月14日~12月20日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


共和党の民意無視がアメリカを蝕む

共和党の民意無視がアメリカを蝕む

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、先の中間選挙で共和党州から民主党州に変わった州の現知事が、退任前に新しく就任する知事の権力を制限する法律を制定しようとする動きについて、著者の憤慨をまとめた。


アメリカで再注目されている「サードプレイス」の重要性

アメリカで再注目されている「サードプレイス」の重要性

日常生活の中で定期的に通えて、第三者と会話を交わせる場所「サードプレイス」が、個人や地域の活力を生み出す上で重要であると社会学者のレイ・オールデンバーグ氏が提唱したのは、今から約20年前のことだ。ネット社会が確立した今、アメリカでは再び、自宅でも職場でもない第三の場所、「サードプレイス」の重要性が注目されている。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング