成功への選択「映画の主人公」2018年10月5日~10月11日

成功への選択「映画の主人公」2018年10月5日~10月11日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


質問を読み、2つの選択肢からあなたのインスピレーションに近い回答を選んでください。あなたがビジネスで成功するためのヒントをアドバイスします。

質問

映画の主人公になれるなら、どちらの作品に出てみたいと思いますか?

1)アクション映画
2)歴史大作映画

開運を運ぶ格言

Call the world if you please “The travel of Spil-making”
この世は魂を磨く「憂き世」
             ジョン・キーツ(John Keats)

10月5日~10月11日の週のキーワード

 金星の逆行が始まります。今週に起こることすべてに「人」が関わってきます。人との縁を大切に積み上げてきた人、どんなに小さなことでもコツコツ大事に繋げてきた人にとっては、うれしい出来事が待っているかもしれません。豊穣の果実が目の前にあるのを感じますが、その果実は単に運の良さで目の前にぶら下がっているのではありません。
 反対に、好ましくない状況に追い込まれてしまう人もいます。そんな人に対して星たちは「内省の時間を持ちなさい」とささやいています。いずれの場合も、あなたの中に生まれる感情を味わいましょう。

選択肢1:「アクション映画」を選んだあなたへ

 今週は積極的に人と会いましょう。普段なら断るようなお誘いも、断らない方がよいでしょう。予想外の人が予想外の情報をあなたにもたらし、何かが好転するきっかけになりそうな予感です。ただし口は災いの元ということを覚えておきましょう。本当のことを言い過ぎたり、余計なお世話を焼いてしまうのは禁物。人と会っている間は、常に客観的な視点で自分自身の言動をコントロールするとよいでしょう。一歩引いて相手をたてる、普段なら何か発言したいところを堪えて、相手の話を聞く対応をするように心掛けてください。

選択肢2:「歴史大作映画」を選んだあなたへ

 瞬きもできないほど、忙しい1週間になるかもしれません。ただ時間に追われてしまうことのないように、ひとつひとつの行動にゴールを設定し、スケジュール管理をするとよいでしょう。今週、優先的に進めたいのは目の前にあることの処理よりも、3年後や5年後を見越して、そこにつながるための行動です。あなたには夢を描けるような未来予想図はありますか? 将来のことは分からないという人は、積極的に自分の未来を考えてください。あなたに思い描く未来がある場合は、その未来に現状で足りないものを明確化していきましょう。今はすべてを手にできなくても、足りないものを得るための具体的な行動を起こすことが吉となります。

この記事の寄稿者

運命鑑定士の家系に生まれ、幼少期より算命学、数秘術、占星術などを学ぶ。米国ロサンゼルス在住。大学を卒業後、両親の顧客であった著名人の運命鑑定を引き継いだことをきっかけに依頼が増え、現在は長期契約の顧客のみを鑑定しながら、シンボル・アートの制作に力を入れている。日本にも住んでいたことがある。

関連する投稿


学校よりも面白い? ホームスクールでオンライン教育

学校よりも面白い? ホームスクールでオンライン教育

アメリカでは多くの子供たちが学校には通わず、親が自宅で教える「ホームスクール」で勉強している。こうしたホームスクールの多くは、オンライン教育を上手に取り入れており、数あるオンライン・プログラムの中には、『ハリー・ポッター』がテーマの科学の授業などもあり、人気を呼んでいる。


成功への選択「防寒具」2019年2月15日~2月21日

成功への選択「防寒具」2019年2月15日~2月21日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


【Red vs. Blue】右派には悪夢 左派が熱狂するアレクサンドリア・オカシオ=コルテス

【Red vs. Blue】右派には悪夢 左派が熱狂するアレクサンドリア・オカシオ=コルテス

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は下院リベラル派の新人女性議員、アレクサンドリア・オカシオ=コルテス氏が全米の注目を浴びていることについて。


賛否両論? ユニバーサル・スタジオのおならショー

賛否両論? ユニバーサル・スタジオのおならショー

フロリダのユニバーサル・スタジオで、ちょっと下品なショーが物議を醸している。問題になっているのは、ドリームワークスの人気アニメーション『トロールス』のトロールたちのダンスショー。日本でも人気のアニメだが、小さな子供を持つ親たちは少々困惑しているようだ。


アメリカ南部における恋人の見つけ方

アメリカ南部における恋人の見つけ方

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをアーカンソー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は、都会と地方では結婚年齢の平均値に差があるアメリカで、南部地域住民は結婚時の平均年齢が比較的若いと言われる所以について。






最新の投稿


大都市に住むアメリカ人たちが知らないテキサス人の真の姿

大都市に住むアメリカ人たちが知らないテキサス人の真の姿

米テキサス州に暮らすイスラム教徒のジャーナリスト・西森マリーが、米国内でも報道されにくい保守派の声やテキサス州など南部の住民たちの声をお届けするコラム。今回は、保守派が多く住むと言われるテキサス州で、人々はどのように軍人を見ているのかがわかるニュースにまつわる話。


学校よりも面白い? ホームスクールでオンライン教育

学校よりも面白い? ホームスクールでオンライン教育

アメリカでは多くの子供たちが学校には通わず、親が自宅で教える「ホームスクール」で勉強している。こうしたホームスクールの多くは、オンライン教育を上手に取り入れており、数あるオンライン・プログラムの中には、『ハリー・ポッター』がテーマの科学の授業などもあり、人気を呼んでいる。


リサイクルよりも環境に優しい店がNYに登場! 容器持参で食材を買う

リサイクルよりも環境に優しい店がNYに登場! 容器持参で食材を買う

食材の買い物には、持参したエコバックを使用する人が増えたが、それでも店が用意したビニールの買い物袋を使用する人は後を絶たない。また、買い物袋だけでなく、パッケージ容器などのプラスティック製品はリサイクルできないものが多く、ゴミはなかなか減らない。そんな現状を変えるべく、さらに環境に優しい店が登場し、話題を呼んでいる。


成功への選択「防寒具」2019年2月15日~2月21日

成功への選択「防寒具」2019年2月15日~2月21日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


【Red vs. Blue】右派には悪夢 左派が熱狂するアレクサンドリア・オカシオ=コルテス

【Red vs. Blue】右派には悪夢 左派が熱狂するアレクサンドリア・オカシオ=コルテス

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は下院リベラル派の新人女性議員、アレクサンドリア・オカシオ=コルテス氏が全米の注目を浴びていることについて。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング