アジア人モデルだけのファッション・ショーに歓声

アジア人モデルだけのファッション・ショーに歓声

ファッショナブルな人たちの憧れである「ニューヨーク・ファッションウィーク」。先月行われた来春夏のコレクションを紹介する「New York Woman SS 2019」に参加したデザイナーのクラウディア・リーが、ランウェイを歩く全モデルにアジア人を起用し、服だけでなく、その「メッセージ」に対して歓声があがった。


欧米人はアジア人種の区別がつかない

 先月ニューヨークで開催されたファッションウィークで歓声があがったデザイナー、クラウディア・リーのランウェイ・ショーでは、モデルの全員がアジア人だった。

 私たち日本人からすると、日本人と韓国人、中国人、タイ人、ベトナム人、フィリピン人はまったく異なる外見に見えるが、欧米人にはアジア人の国や人種の違いが全くつかないという人も多い。従って「私は日本人です」と伝えても、「あら、あなたは中国語を話せるのね」という不思議な反応をされることも少なくない。

 そんな中、多くのメディアやファッショニスタたちが集まるニューヨークのファッションウィークにおけるクラウディア・リーのメッセージは話題になった。レディーガガの衣装を手掛けるデザイナーの元でキャリアを積み、2015年に自身のブランド「CLAUDIA LI」を立ち上げると、めきめきと頭角を現し、今や世界から注目を浴びているデザイナーのひとりだ。

そのランウェイの様子を映した映像はこちら。

同じ顔に見えても“驚くほどの多様性”を表現

 今回クラウディア・リーがランウェイで表現したかったことは、「驚くほどの多様性」と「アジア人の個性」。先述の通り、アメリカでは見分けがつかないという理由から、アジア人は一括りにされやすい。ファッション業界では、その傾向が顕著だ。しかし、みんなそれぞれのバックグラウンドと出身国があり、外見も文化背景も行動の仕方も異なる。これこそ、彼女が伝えたかったストレートなショーのメッセージだ。

 クラウディアは、ショーのバックステージで取材陣に、「アジア人とは、ひとつのナショナリティーではない。中国人だけでも、日本人だけでもなく、私のランウェイにはアジアの至るところから来た女の子たちが上がる。今こそ“アジアン・ビューティー”という一括りの観念から脱却するとき」と力強く語り、多くのソーシャルメディアは彼女のランウェイを賞賛。「素晴らしい」、「とても大切なこと」などのポストがSNSに溢れ、アジア人を代表するファッション・デザイナーへの感謝を表した。

 「アジア人はみな同じ顔」という欧米のステレオタイプを逆手にとったメッセージを掲げた今回のショーは、「表情に乏しく、何を考えているかわからない」という言われやすいアジア人のイメージを少しは変える、大きな意味があったのではないだろうか。

この記事の寄稿者

関連する投稿


ロボットがバリスタ?! 話題の「Cafe X」

ロボットがバリスタ?! 話題の「Cafe X」

ベンチャー・テック企業がひしめく大都市、サンフランシスコ。一大観光地でもある同市のダウンタウンに今年、「ロボットがバリスタ」という無人コーヒー・バーが誕生し、話題になっている。洗練されたデザインのカプセルの中で、エスプレッソやコールド・ブリュー・コーヒーをロボット・バリスタが提供する「Cafe X」を紹介しよう。


来年は「カツサンド」がアメリカのトレンドに?

来年は「カツサンド」がアメリカのトレンドに?

アメリカでは年末が近づくと発表される、来年の「レストラン・メニューのトレンド」予想。今年の食トレンドは、「サステーナブルなシーフード」、「手作り調味料」、メルロー・カットなど牛ステーキの「新カット」などだったが、来年は日本が誇るB級グルメ「カツサンド」が、アメリカのレストランにおけるトレンドになるらしい。


成功への選択「脱、暴飲暴食」2018年12月14日~12月20日

成功への選択「脱、暴飲暴食」2018年12月14日~12月20日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


共和党の民意無視がアメリカを蝕む

共和党の民意無視がアメリカを蝕む

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、先の中間選挙で共和党州から民主党州に変わった州の現知事が、退任前に新しく就任する知事の権力を制限する法律を制定しようとする動きについて、著者の憤慨をまとめた。


アメリカで再注目されている「サードプレイス」の重要性

アメリカで再注目されている「サードプレイス」の重要性

日常生活の中で定期的に通えて、第三者と会話を交わせる場所「サードプレイス」が、個人や地域の活力を生み出す上で重要であると社会学者のレイ・オールデンバーグ氏が提唱したのは、今から約20年前のことだ。ネット社会が確立した今、アメリカでは再び、自宅でも職場でもない第三の場所、「サードプレイス」の重要性が注目されている。






最新の投稿


ロボットがバリスタ?! 話題の「Cafe X」

ロボットがバリスタ?! 話題の「Cafe X」

ベンチャー・テック企業がひしめく大都市、サンフランシスコ。一大観光地でもある同市のダウンタウンに今年、「ロボットがバリスタ」という無人コーヒー・バーが誕生し、話題になっている。洗練されたデザインのカプセルの中で、エスプレッソやコールド・ブリュー・コーヒーをロボット・バリスタが提供する「Cafe X」を紹介しよう。


来年は「カツサンド」がアメリカのトレンドに?

来年は「カツサンド」がアメリカのトレンドに?

アメリカでは年末が近づくと発表される、来年の「レストラン・メニューのトレンド」予想。今年の食トレンドは、「サステーナブルなシーフード」、「手作り調味料」、メルロー・カットなど牛ステーキの「新カット」などだったが、来年は日本が誇るB級グルメ「カツサンド」が、アメリカのレストランにおけるトレンドになるらしい。


成功への選択「脱、暴飲暴食」2018年12月14日~12月20日

成功への選択「脱、暴飲暴食」2018年12月14日~12月20日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


共和党の民意無視がアメリカを蝕む

共和党の民意無視がアメリカを蝕む

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、先の中間選挙で共和党州から民主党州に変わった州の現知事が、退任前に新しく就任する知事の権力を制限する法律を制定しようとする動きについて、著者の憤慨をまとめた。


アメリカで再注目されている「サードプレイス」の重要性

アメリカで再注目されている「サードプレイス」の重要性

日常生活の中で定期的に通えて、第三者と会話を交わせる場所「サードプレイス」が、個人や地域の活力を生み出す上で重要であると社会学者のレイ・オールデンバーグ氏が提唱したのは、今から約20年前のことだ。ネット社会が確立した今、アメリカでは再び、自宅でも職場でもない第三の場所、「サードプレイス」の重要性が注目されている。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング