日本の弁当とはちょっと違う、アメリカの「Bentoスタイル」

日本の弁当とはちょっと違う、アメリカの「Bentoスタイル」

 日本の「弁当」は歴史ある文化だが、アメリカにおける弁当、つまり「ランチ」というのは、かなり解釈が曖昧だ。アメリカにも弁当箱はあるが、和食屋の幕内風定食も弁当と呼ばれるし、仕切りのついたトレイにおかずを選んで載せるスタイルを弁当とも呼ぶ。おかずの選択肢が複数あれば弁当なのか、容器が弁当なのか、「Bento」にまつわる疑問はつきない。


日本のものを真似ていても、しっかりローカライズ

 オンライン・ショッピングが日々盛んになる中、歴史のあるデパートは、顧客に来店してもらうために、取り扱う商品だけでなく、館内のテナントも厳選し、しのぎを削っている。そんな中、全米展開するデパート、ノードストロームでは、古参客が多いデパートのイメージを一新するような、これまでにない形式の飲食店を誘致、新規顧客の獲得を狙っている。

 ノードストロームが、ワシントン州ベルビューにあるデパート内にオープンさせたのが、米西海岸に16ものレストランを経営するセレブシェフ、トム・ダグラス氏による「Department Bento」だ。店名通り、日本の弁当にインスパイアーされたランチボックスを提供するレストランで、今年6月の開店以来、評判は上々だという。

 客が自分で好きなものを選んでいくカフェテリア方式のレストランで、日本では社員食堂などでもお馴染みのスタイルだ。「テイクアウトがしやすいトレイ」とアメリカ人客に評判の持ち帰り用容器は、日本の弁当屋ではお馴染みの「仕切りがついた箱」が使用されている。

©Image courtesy of Nordstrom, Inc.

ビーツ味やキャロット味のおにぎり?

 セレブシェフが考案した色鮮やかな4種類のおにぎりは、ショッキング・ピンクは「ビーツ」味、オレンジ色は「キャロット・ジンジャー」、緑は「わさびふりかけ」、茶色のものは「椎茸マッシュルーム」。このチョイスがいかにもアメリカらしい。

©Image courtesy of Nordstrom, Inc.

 約70席ある店内では、カウンターでまずベースとなるメニューを選ぶ。弁当トレイ、丼、サラダ(ライスの代わりにサラダ菜が入ったボウル)を選び、その上におにぎり(またはライス)、主菜、副菜を選んでいく。主菜は焼いたサーモン、照り焼きビーフ、豆腐ステーキなど5種類。弁当も丼も、値段は$15〜$18(約2,000円)だ。

  ほぼセルフサービスの弁当屋であるにもかかわらず、店内では、ワインや日本のビール、さまざまなカクテルなども楽しめる。このBento形態は今後アメリカでも定着していきそうだ。

この記事の寄稿者

関連する投稿


召しませ、完璧なステーキ

召しませ、完璧なステーキ

アメリカ人には、「肉好き」が多い。厚みのあるステーキは、アメリカ料理の定番のひとつだが、ステーキの調理は簡単のように見えて実は難しい。焼き加減によって硬くなり過ぎたり、生焼けになったりと、上手く肉が焼けない悩みを持つ人は多い。そんな悩める人々の救世主となるグッズとは?


ソーシャルメディア時代にぴったり!写真映えするビタミン剤

ソーシャルメディア時代にぴったり!写真映えするビタミン剤

ちょっと変わったマルチビタミンが注目を集めている。特に変わっているのはその「形状」だ。今まで見たことがないような新しいデザインの錠剤は、写真映えするという理由から、たちまち世間に浸透した。一体、どんなビタミンなのだろう?


米中間選挙: 保守派の見解「信じるな!世論調査とCNN」

米中間選挙: 保守派の見解「信じるな!世論調査とCNN」

テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は中間選挙に向けて、世論調査の結果を掲げて議論するリベラル派に対して、「その質問はフェアーか?」と質問の仕方に疑問を持つ保守派の声を現地からレポートする。


静脈探し技術で患者の不満を解消

静脈探し技術で患者の不満を解消

 病院で看護師に「血管が見つかりにくい」と言われたことのある人に朗報だ。検査時などの採血の際、静脈の位置がなかなか見つからず、何度も針を刺されて痛い経験をしたことがある人も少なくないだろう。でも、これがあれば今後はそれほど痛い思いをしなくて済むかもしれない。


アジア人モデルだけのファッション・ショーに歓声

アジア人モデルだけのファッション・ショーに歓声

ファッショナブルな人たちの憧れである「ニューヨーク・ファッションウィーク」。先月行われた来春夏のコレクションを紹介する「New York Woman SS 2019」に参加したデザイナーのクラウディア・リーが、ランウェイを歩く全モデルにアジア人を起用し、服だけでなく、その「メッセージ」に対して歓声があがった。






最新の投稿


召しませ、完璧なステーキ

召しませ、完璧なステーキ

アメリカ人には、「肉好き」が多い。厚みのあるステーキは、アメリカ料理の定番のひとつだが、ステーキの調理は簡単のように見えて実は難しい。焼き加減によって硬くなり過ぎたり、生焼けになったりと、上手く肉が焼けない悩みを持つ人は多い。そんな悩める人々の救世主となるグッズとは?


ソーシャルメディア時代にぴったり!写真映えするビタミン剤

ソーシャルメディア時代にぴったり!写真映えするビタミン剤

ちょっと変わったマルチビタミンが注目を集めている。特に変わっているのはその「形状」だ。今まで見たことがないような新しいデザインの錠剤は、写真映えするという理由から、たちまち世間に浸透した。一体、どんなビタミンなのだろう?


米中間選挙: 保守派の見解「信じるな!世論調査とCNN」

米中間選挙: 保守派の見解「信じるな!世論調査とCNN」

テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は中間選挙に向けて、世論調査の結果を掲げて議論するリベラル派に対して、「その質問はフェアーか?」と質問の仕方に疑問を持つ保守派の声を現地からレポートする。


成功への選択「未来予想図」2018年10月12日~10月18日

成功への選択「未来予想図」2018年10月12日~10月18日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


静脈探し技術で患者の不満を解消

静脈探し技術で患者の不満を解消

 病院で看護師に「血管が見つかりにくい」と言われたことのある人に朗報だ。検査時などの採血の際、静脈の位置がなかなか見つからず、何度も針を刺されて痛い経験をしたことがある人も少なくないだろう。でも、これがあれば今後はそれほど痛い思いをしなくて済むかもしれない。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング