文化の「盗用」について考える

文化の「盗用」について考える

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが語る。アメリカに住んでいると、たびたび話題になるのが「文化の盗用」。当事者としてこの問題を扱うことになって感じたこととは?


その「文化」は誰のものか?

 もう1年以上前になるが、ファッション誌『Vogue』で、芸者風ファッションに身を包んだモデルのカーリー・クロスが批判を浴びて謝罪する、という事件があった。批判された理由は「日本文化を盗用した」ためである。白人の彼女が、縁のない文化である芸者の服装をしたこと、そしてVogue誌についても多様性をうたいながらも日本人のモデルを起用しなかったことが大問題になった。こうした議論は日本ではあまり出ないかもしれない。しかし、異なる人種が暮らすアメリカでは、文化の盗用、つまり「Cultural Appropriation」の問題は常に気遣いが必要なのだ。

ネイティブ・アメリカンは「インディアン」ではない

 以前この連載で、私が理事を務める劇団で「ピーター・パン」の上演をするために、地元のネイティブ・アメリカンたちと話し合いを重ねていることを記事にした。現在、上演に向けた準備は大詰めで、さらに細かな打ち合わせがスクワミッシュ族と続いている。

 ここで議題に上ることの多くも、この「文化の盗用」だ。スクワミッシュ族の文化は彼らのものであって、それ以外の人たちのものではない。歌や太鼓に合わせた踊りや服装についても、それらを簡単に模したものであってもステージで使うことはタブーだ。

 ちなみに日本では彼らを称する際、一括りに「インディアン」という言葉が頻繁に用いられるが、これは大きな間違いだ。「インディアン」はインド人のことであって、ネイティブ・アメリカンはインディアンではない。そのため私たちの劇団でも、脚本にあった「インディアン」という言葉は、著作権保持者との交渉のもと、すべて「ネイティブ」という言い方に変更した(ちなみに、もっと正しくいうと彼らはすべて部族名で呼ばれるべき存在である)。

 また、劇で利用するネイティブの衣装についても「コスチューム」という言い方は適当ではなく、「伝統的なレガリア(ネイティブの象徴)にインスパイアされたもの」という言い方に徹底している。それでも演出を詰める間には、たびたび「文化の盗用」問題にぶち当たる。すべての会議に出席して、この対話に参加しているが、「誰にとっても100%ハッピーな状況になることはあり得ない」ことを実感する。

 こうした「違い」を子供たちに教えていくことも、とても難しい。奇しくも今月末はハロウィンだ。スクワミッシュ族の長老たちと話していると、ハロウィンほど嘆かわしいイベントはないという話が出る。ハロウィンは文化の盗用のオンパレードだからだ。様々なコスチュームに身を包んだ子供が街に繰り出してキャンディーをねだるイベントも、今後はもっと気遣いが必要とされる傾向になっていくのかもしれない。

この記事の寄稿者

青山学院大学卒業。コマーシャルなどの映像コーディネーターを経て1998 年、宝塚歌劇団香港公演の制作に参加。その後プロデューサーに転身。株式会社MJ コンテスほか複数企業の代表として、ネバダ州立大学公認のピラティススタジオ日本進出事業や各種研修事業、2007 年に行われた松任谷由実の 「ユーミン・スペクタクル シャングリラⅢ」をはじめとする国内外の舞台・イベント制作など、さまざまな事業を展開。これまでにベストセラー数冊を含む70以上の書籍、DVD 作品を企画、プロデュース。現在も様々な事業を展開しながら“Go Tiny”(大切なものが、すべて半径5メートル以内にあることに気づこう!の意)というライフスタイルの提案も展開中。

関連する投稿


学生たちを借金から解放させた米実業家に賞賛の声

学生たちを借金から解放させた米実業家に賞賛の声

大学の学費が高額なことで知られるアメリカ。親が裕福ではない限り、大抵の学生が卒業後に返済が始まる学生ローンを受けて進学するため、借金を抱えながら社会人になる。それでは若者たちが夢に向かいにくいと、ある実業家が大学を卒業する生徒、約400人分の学生ローン、総額約44億円を肩代わりすると発表。感動と賞賛の声がアメリカを駆け巡った。


アメリカの警察は人種により対応が異なるのは本当か?

アメリカの警察は人種により対応が異なるのは本当か?

日本でよく聞く「職質」、いわゆる「職務質問」とは、街にいる「怪しそうな人」に警察官が声をかけることだが、英語だと職質は「プロファイリング」と呼ばれる。日本と同様、警察官が気になった人に対して名前や職業などを尋ねることが、今アメリカでは社会的な問題になっている。


知られざる米南部の高い“コンサバ度”

知られざる米南部の高い“コンサバ度”

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをアーカンソー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は沿岸部大都市に比べると驚くほど保守的な文化を誇る南部地域で、著者が経験したことを交えてそのコンサバ度合いを紹介する。


ストリーミング市場を制する米ネットフリックス、加入者数が歴代最大

ストリーミング市場を制する米ネットフリックス、加入者数が歴代最大

世界最大の動画ストリーミング配信企業、米ネットフリックスが、今年の第1四半期の業績を発表し、加入者数は前年同期比8%増で歴代最大の1億4,890万人だと明らかにした。アップルとディズニーの参入で競争が激化するストリーミング市場で今後の伸び悩みが懸念される同社だが、他社との差別化で躍進を続ける構えだ。


成功への選択特別編「令和」という時代を読む

成功への選択特別編「令和」という時代を読む

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。今回は新元号「令和」と、その時代がもたらす日本の行方についての特別編。新しい時代は、どのような変化を日本にもたらしていくのでしょう?






最新の投稿


年間180ドルで、世界の一流から学べる夢の授業

年間180ドルで、世界の一流から学べる夢の授業

演技、歌、料理、映像制作など、世界で一流と言われるプロフェッショナルたちから学べるオンライン・プログラムがある。業界の第一線で活躍している夢のような講師陣が揃うだけでなく、その受講料金の安さで、アメリカで人気に火がついた。


打倒アマゾンを掲げるウォルマート 家の冷蔵庫の中まで配達?!

打倒アマゾンを掲げるウォルマート 家の冷蔵庫の中まで配達?!

国土が広大なアメリカでは、宅配に時間が掛かる。そのため企業は短時間で荷物を届けるサービスを競い、時短輸送システムの構築に力を注いでいる。現状、宅配のスピードに関してはアマゾン・ドットコム社のプライム会員サービスが王者の座についているが、それに対抗しようとするのが全米各地に大型店舗を展開する大企業ウォルマート社だ。


今週の神秘ナンバー占い(2019年6月14日~20日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年6月14日~20日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


【Red vs. Blue】日本でのトランプ大統領の発言に、アメリカ国民はどう思ったか?

【Red vs. Blue】日本でのトランプ大統領の発言に、アメリカ国民はどう思ったか?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は先月、日本に新元号初の国賓として訪れたトランプ米大統領が、日本で開催された記者会見で自国の政敵の悪口を言い、金正恩の発言をサポートしたことについて。


再選活動本格始動! トランプ大統領とディナーを食べたい人、募集中

再選活動本格始動! トランプ大統領とディナーを食べたい人、募集中

毎度お騒がせのドナルド・トランプ大統領が、「彼とディナーを一緒に食べたい人」を募集している。来年の大統領選挙での再選に備えたPR活動の一環だ。公式HPで応募がスタートされるや否や、ネット上は大騒ぎになっている。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング