文化の「盗用」について考える

文化の「盗用」について考える

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが語る。アメリカに住んでいると、たびたび話題になるのが「文化の盗用」。当事者としてこの問題を扱うことになって感じたこととは?


その「文化」は誰のものか?

 もう1年以上前になるが、ファッション誌『Vogue』で、芸者風ファッションに身を包んだモデルのカーリー・クロスが批判を浴びて謝罪する、という事件があった。批判された理由は「日本文化を盗用した」ためである。白人の彼女が、縁のない文化である芸者の服装をしたこと、そしてVogue誌についても多様性をうたいながらも日本人のモデルを起用しなかったことが大問題になった。こうした議論は日本ではあまり出ないかもしれない。しかし、異なる人種が暮らすアメリカでは、文化の盗用、つまり「Cultural Appropriation」の問題は常に気遣いが必要なのだ。

ネイティブ・アメリカンは「インディアン」ではない

 以前この連載で、私が理事を務める劇団で「ピーター・パン」の上演をするために、地元のネイティブ・アメリカンたちと話し合いを重ねていることを記事にした。現在、上演に向けた準備は大詰めで、さらに細かな打ち合わせがスクワミッシュ族と続いている。

 ここで議題に上ることの多くも、この「文化の盗用」だ。スクワミッシュ族の文化は彼らのものであって、それ以外の人たちのものではない。歌や太鼓に合わせた踊りや服装についても、それらを簡単に模したものであってもステージで使うことはタブーだ。

 ちなみに日本では彼らを称する際、一括りに「インディアン」という言葉が頻繁に用いられるが、これは大きな間違いだ。「インディアン」はインド人のことであって、ネイティブ・アメリカンはインディアンではない。そのため私たちの劇団でも、脚本にあった「インディアン」という言葉は、著作権保持者との交渉のもと、すべて「ネイティブ」という言い方に変更した(ちなみに、もっと正しくいうと彼らはすべて部族名で呼ばれるべき存在である)。

 また、劇で利用するネイティブの衣装についても「コスチューム」という言い方は適当ではなく、「伝統的なレガリア(ネイティブの象徴)にインスパイアされたもの」という言い方に徹底している。それでも演出を詰める間には、たびたび「文化の盗用」問題にぶち当たる。すべての会議に出席して、この対話に参加しているが、「誰にとっても100%ハッピーな状況になることはあり得ない」ことを実感する。

 こうした「違い」を子供たちに教えていくことも、とても難しい。奇しくも今月末はハロウィンだ。スクワミッシュ族の長老たちと話していると、ハロウィンほど嘆かわしいイベントはないという話が出る。ハロウィンは文化の盗用のオンパレードだからだ。様々なコスチュームに身を包んだ子供が街に繰り出してキャンディーをねだるイベントも、今後はもっと気遣いが必要とされる傾向になっていくのかもしれない。

この記事の寄稿者

青山学院大学卒業。コマーシャルなどの映像コーディネーターを経て1998 年、宝塚歌劇団香港公演の制作に参加。その後プロデューサーに転身。株式会社MJ コンテスほか複数企業の代表として、ネバダ州立大学公認のピラティススタジオ日本進出事業や各種研修事業、2007 年に行われた松任谷由実の 「ユーミン・スペクタクル シャングリラⅢ」をはじめとする国内外の舞台・イベント制作など、さまざまな事業を展開。これまでにベストセラー数冊を含む70以上の書籍、DVD 作品を企画、プロデュース。現在も様々な事業を展開しながら“Go Tiny”(大切なものが、すべて半径5メートル以内にあることに気づこう!の意)というライフスタイルの提案も展開中。

関連する投稿


アメリカでタイダイ柄がカムバック! 政治の影響がファッションに

アメリカでタイダイ柄がカムバック! 政治の影響がファッションに

1960年代のアメリカを一世風靡したヒッピー・ムーブメント。その頃の若者たちが着ていたカラフルな絞り染め、「タイダイ柄」を覚えているだろうか? 1950年代の厳しい社会的規範から逃れて自由を謳歌し、個人を表現するカウンター・カルチャーのシンボルとして大流行したタイダイ柄が、アメリカで再び流行り出しているようだ。


アメリカで「チーズ・ティー」は流行るのか?

アメリカで「チーズ・ティー」は流行るのか?

「抹茶」がアメリカで初めてブームになったとき、そのまま抹茶が茶市場に定着すると思った人はどれほどいただろうか? あとに続いた「コンブチャ」も「ボバ・ティー」も同様に一過性ではなく定着した。そんな中、中国や台湾で流行っている「チーズ・ティー」がアメリカに進出したが、第4の流行茶になるだろうか?


クールなバブル・リュックに猫好き悶絶!

クールなバブル・リュックに猫好き悶絶!

猫好きなアメリカ人の中には、犬と同じように猫を散歩に連れ出したいと願う人がかなりいる。そんな人たちのニーズを満たすべく開発されたリュック型バブル・キャリーバッグに愛猫を入れて出掛ける人たちの写真がインスタグラムを賑わせている。


キーボードのないキーボードが変えるVRの世界

キーボードのないキーボードが変えるVRの世界

ウェアブル型ガジェットには様々な商品があるが、最近アメリカで話題のなっているガジェットのひとつは、ウェアブル・キーボードの「TAP」だろう。特に昨年秋にVRへの文字入力対応を発表してから、そのニーズが高まっているようだ。


トランプ大統領、保守派も唖然としたタブー発言で人気高騰

トランプ大統領、保守派も唖然としたタブー発言で人気高騰

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、ポリティカル・コレクトネスに反するとして、歴代の米大統領たちが「演説や発言では使わなかった三文字」をトランプ大統領が頻繁に使うことについて。






最新の投稿


成功への選択「理想の家」2019年3月22日~3月28日

成功への選択「理想の家」2019年3月22日~3月28日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


【Red vs. Blue】米国土安全保障省、留学生の取締まりのため「おとり」の偽造大学設立

【Red vs. Blue】米国土安全保障省、留学生の取締まりのため「おとり」の偽造大学設立

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は不法滞在者のおとり捜査をするために、米国土安全保障省が「おとりの偽造大学」を創設していたことについて。


ミレニアル世代は「社会主義」のイメージまで塗り替える?

ミレニアル世代は「社会主義」のイメージまで塗り替える?

アメリカ生活20年強。翻訳家の高柳準が、アメリカ文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回は資本主義よりも社会主義に魅せられるという、ミレニアル世代たちについて。なぜ今、社会主義なのだろう?


アメリカの若者は占星術の虜?

アメリカの若者は占星術の虜?

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生たちのトレンドなどの情報をお届けする。今回は占いにハマる人が急増中という、アメリカのミレニアル世代たちについて。


アメリカでタイダイ柄がカムバック! 政治の影響がファッションに

アメリカでタイダイ柄がカムバック! 政治の影響がファッションに

1960年代のアメリカを一世風靡したヒッピー・ムーブメント。その頃の若者たちが着ていたカラフルな絞り染め、「タイダイ柄」を覚えているだろうか? 1950年代の厳しい社会的規範から逃れて自由を謳歌し、個人を表現するカウンター・カルチャーのシンボルとして大流行したタイダイ柄が、アメリカで再び流行り出しているようだ。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング