FirstWorldProblemsと「SMART」を活用して目標を達成する方法

FirstWorldProblemsと「SMART」を活用して目標を達成する方法


 世の中にはあらゆる問題が充満しているが、実は「心持ちひとつ」でどうにでもなるのかもしれない。昨年の大統領選挙中のことだが、著名な漫画家Scott Adams (スコット・アダムス)が人気のポッドキャスト番組「Joe Rogan」に出演し、アメリカ国内の選挙がらみの混乱した状況を指して「この世で起こる問題の一次元的理由は、ほとんど心理的なものに起因する」と話した。また、数年前からネット上ではハッシュタグ「#FirstWorldProblems」が多く用いられるようになったが、これもまた「我々が抱えている問題は心理的なもの」ということを示すものである。

 心理学には世の中の諸問題の原因について、それを「欲望」として分析している説明がある。そんな中でも特に有名な分析事例は、マズローの「Maslow's Heirarchy of Needs(自己実現理論)」だろう。人間の成長段階が欲によって定義され、その欲は生理、安全、社会、愛、承認、自己実現のという5つの段階に分けられている。生理と安全以外の欲は、物理的なものではなく心理的なものである。マズローの5段階欲求を取ってみても、自己実現の手段として「自己流」や「個性」をどう表に出すべかという類の葛藤もまた「#FirstWorldProblems」が示すものとなるのかもしれない。

 こうした事例の通り、もしも「すべての問題が心理に起因する」と仮に言い切るとすれば、物理的な問題に対しても心理的なアプローチを用いて、現実的かつ有意義な力強いゴールをつくることが手っ取り早い解決方法になるかもしれない。そこで役立ちそうなのが、アメリカでは根強い人気がある「SMART」という経営分析のノウハウだ。これは明確な数字で成果を計る経営のツールで、経営の常識とピーター・ドラッカーの「Management By Objectives=MBO(目標による管理)」を元に構築されたものである。「SMART」とは、賢さを表す「スマート」と以下の単語をかけて作った造語を兼ねている。頭文字をつなげると「SMART」になるという、ちょっとシャレたネーミングだ。ゴール・セッティングの際には、下記の5つを重視すべきだいうのが「SMART」の考え方である。

S=Specific (特定である)

M=Measurable (計測できる)

A=Agreed Upon(同意のある)、Achievable(達成可能が高い)、Assignable(割り当てうる)

R=Realistic (現実的である)

T=Time-Bound (期限付きである)

 これらの特徴を念頭におけば、いつ何をするのか、結果は何なのか、自分のゴールは現実的なのかという課題がクリアーに出来る。物事の優先順位や時間の有効活用もしやすくなるだろう。先に述べたように「SMART」は、もともとは心理学ツールではなく経営学ツールだが、これをそのまま心理的な問題に当ててみるとよいと思う。自分が目標を持っているのか、その目標はSMARTなのかをまず検証してみよう。心理的に辛くなるような問題を抱えていたとしても、それらを一度、俯瞰して見ることにより、#FirstWorldProblemを具体的なものに切り替えることができるだろう。

 「SMART」の活用が目の前にあることへの心のざわめきを抑え、小さい目標を超える力につながるはずだ。そして、それが叶えば、大きな計画も実施できるようになるだろう。

この記事の寄稿者

関連するキーワード


自己啓発

関連する投稿


もう手放せない! ありそうでなかった「ヨガマット」

もう手放せない! ありそうでなかった「ヨガマット」

米ロサンゼルス在住のヨガ愛好家が開発したヨガマットが、全米のヨガ愛好家たちを夢中にさせている。一体、どんなマットなのだろう?


「一流」や「本場」から学ぶということ

「一流」や「本場」から学ぶということ

「ペンタゴン(米軍)式」はビジネスでも使える! メンタル・トレーニングを中心に、国防省現役キャリアの著者が知られざるペンタゴンの世界を紹介する『ペンタゴン式・心の鍛え方』。何かを習得したい時には、ボトムアップでコツコツ自分を試すだけなく、一流や本場と呼ばれる世界に体当たりしよう。


「意識的な3秒」を積み重ねて、人生最良の選択を実現する方法

「意識的な3秒」を積み重ねて、人生最良の選択を実現する方法



アメリカでの交渉に必要なこと

アメリカでの交渉に必要なこと






最新の投稿


電通イージス 、ファッション界の巨人LVMHの北米広告担当に

電通イージス 、ファッション界の巨人LVMHの北米広告担当に

世界的な高級ブランド・コングロマリットであるLVMH(モエ・ヘネシー・ルイヴィトン)社。同社が所有する全ブランドの北米における広告を、電通の海外企業である電通イージス・ネットワークが行うことが決定した。LVMHは 昨年だけで北米市場になんと3億8,600万ドル(約428億円)もの広告費を使っている。


成功への選択「夏の日の大雨」2018年8月17日~8月23日

成功への選択「夏の日の大雨」2018年8月17日~8月23日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


テキサス人は、なぜオノ・ヨーコが嫌いなのか?

テキサス人は、なぜオノ・ヨーコが嫌いなのか?

テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、ビートルズの故ジョン・レノン氏の未亡人オノ・ヨーコ氏が、平和のために新作アルバムを発表するニュースを南部テキサス人はどう捉えているか、というレポートだ。


未だかつてない日本のビジネスに、アメリカ失笑

未だかつてない日本のビジネスに、アメリカ失笑

ここ数週間、アメリカで笑いが伴う話題に上るようになった日本企業、ワキノ広告社。BizSeeds編集部はアメリカにあるため、この会社が日本でどれほどの知名度があるのか分からないが、ワキノ広告社が販売する驚きの広告スペースに、アメリカ人が失笑中だ。


赤ちゃんがすぐ泣き止む画期的なロボティックス・ベッド

赤ちゃんがすぐ泣き止む画期的なロボティックス・ベッド

2002年に育児書でベストセラー本とDVDを出版した小児科医が、多額の投資を受けてハイテックなロボティックス・ベビー・ベッドを開発した。育児における親の「消耗」が最大のストレスに繋がると警告する同医師が、親たちのストレスを軽減するために開発した画期的なベッドを紹介しよう。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング