召しませ、完璧なステーキ

召しませ、完璧なステーキ

アメリカ人には、「肉好き」が多い。厚みのあるステーキは、アメリカ料理の定番のひとつだが、ステーキの調理は簡単のように見えて実は難しい。焼き加減によって硬くなり過ぎたり、生焼けになったりと、上手く肉が焼けない悩みを持つ人は多い。そんな悩める人々の救世主となるグッズとは?


ステーキはシンプルなだけに難しい料理

 シンプルな料理ほど、その味の差が出るものだ。たとえば、使っている材料は同じでも、一流職人が握る寿司とそうでない寿司とでは、驚くほど味が異なる。アメリカでは、そうしたシンプルに見えてもテクニックが必要な料理の筆頭に挙げられるものがステーキだろう。

 レア、ミディアム・レア、ウェルダンと、好みの焼き加減は人それぞれだが、レストランで好みの焼き加減のステーキを注文しても、自分の望んだ焼き具合そのものの完璧なステーキが運ばれてくることの方が少ないかもしれない。それほどステーキは焼き加減が難しいが、その悩みを解決するためのツールが登場し、肉好きなアメリカ人たちから大きな支持を受けている。そのツールを説明した映像はこちら。

徹底した実験を経て完成したツールとは?

 このLEDディスプレイが付いたツール「SteakChamp」は、肉の真ん中に差し込むように設計された温度計だ。肉の内部温度を正確に読み取れるため、これを使用すれば、焼き加減が完璧に分かる仕組みだ。しかも、どんな部位、どんな産地の肉でも「その肉が最も引き立つ焼き加減に仕上がる」ということで、飛ぶ鳥を落とす勢いで売れているという。

 この商品はドイツ製だが、商品開発にはアメリカのステーキ店の複数のシェフたちが参加している。焼き加減を試す実験が何度も行われ、アメリカ産を中心とした複数産地のステーキ肉が大量に使われたという。利用した肉の部位もさまざまで、どんな肉でもおいしく仕上がるまで昼夜を徹して実験は続いたらしい。何カ月もかけて徹底した開発を進めた成果が買われ、購入者たちの反応は上々だという。

 日本では考えにくいかも知れないが、アメリカでは「朝からステーキを食べる」という習慣がある人も多い。この商品がアメリカでウケたのは当然と言うべきかも知れない。

https://www.steakchamp.com/en/

この記事の寄稿者

関連する投稿


今どきのファッションはレンタルが主流!?

今どきのファッションはレンタルが主流!?

アメリカではオンライン・ショッピングが主流となり、名門デパートや専門店が惜しまれながらもその看板を下ろすケースが増えている。それでも景気が良いと言われるアメリカで、突如として頭角を現したショッピング・トレンドが、「レンタル」だ。流行のデザインや色の移り変わりが速いファッション分野に合うこのトレンドが今後の主流となるのか?


アメリカでタイダイ柄がカムバック! 政治の影響がファッションに

アメリカでタイダイ柄がカムバック! 政治の影響がファッションに

1960年代のアメリカを一世風靡したヒッピー・ムーブメント。その頃の若者たちが着ていたカラフルな絞り染め、「タイダイ柄」を覚えているだろうか? 1950年代の厳しい社会的規範から逃れて自由を謳歌し、個人を表現するカウンター・カルチャーのシンボルとして大流行したタイダイ柄が、アメリカで再び流行り出しているようだ。


アメリカで「チーズ・ティー」は流行るのか?

アメリカで「チーズ・ティー」は流行るのか?

「抹茶」がアメリカで初めてブームになったとき、そのまま抹茶が茶市場に定着すると思った人はどれほどいただろうか? あとに続いた「コンブチャ」も「ボバ・ティー」も同様に一過性ではなく定着した。そんな中、中国や台湾で流行っている「チーズ・ティー」がアメリカに進出したが、第4の流行茶になるだろうか?


クールなバブル・リュックに猫好き悶絶!

クールなバブル・リュックに猫好き悶絶!

猫好きなアメリカ人の中には、犬と同じように猫を散歩に連れ出したいと願う人がかなりいる。そんな人たちのニーズを満たすべく開発されたリュック型バブル・キャリーバッグに愛猫を入れて出掛ける人たちの写真がインスタグラムを賑わせている。


アメリカ料理はハンバーガーだけじゃない! 食通も支持する米南部の食

アメリカ料理はハンバーガーだけじゃない! 食通も支持する米南部の食

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをアーカンソー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は、一般的にはあまり知られていない米南部ならではの美味しい地元料理の数々をご紹介。






最新の投稿


今どきのファッションはレンタルが主流!?

今どきのファッションはレンタルが主流!?

アメリカではオンライン・ショッピングが主流となり、名門デパートや専門店が惜しまれながらもその看板を下ろすケースが増えている。それでも景気が良いと言われるアメリカで、突如として頭角を現したショッピング・トレンドが、「レンタル」だ。流行のデザインや色の移り変わりが速いファッション分野に合うこのトレンドが今後の主流となるのか?


成功への選択「理想の家」2019年3月22日~3月28日

成功への選択「理想の家」2019年3月22日~3月28日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


【Red vs. Blue】米国土安全保障省、留学生の取締まりのため「おとり」の偽造大学設立

【Red vs. Blue】米国土安全保障省、留学生の取締まりのため「おとり」の偽造大学設立

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は不法滞在者のおとり捜査をするために、米国土安全保障省が「おとりの偽造大学」を創設していたことについて。


ミレニアル世代は「社会主義」のイメージまで塗り替える?

ミレニアル世代は「社会主義」のイメージまで塗り替える?

アメリカ生活20年強。翻訳家の高柳準が、アメリカ文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回は資本主義よりも社会主義に魅せられるという、ミレニアル世代たちについて。なぜ今、社会主義なのだろう?


アメリカの若者は占星術の虜?

アメリカの若者は占星術の虜?

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生たちのトレンドなどの情報をお届けする。今回は占いにハマる人が急増中という、アメリカのミレニアル世代たちについて。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング