プロジェクト「;」 メッセージを込めたセミコロンとは?

プロジェクト「;」 メッセージを込めたセミコロンとは?

アメリカで数年前からじわじわと流行りはじめた「;」のタトゥー。この二つの点からなるマークは英語の句読点のひとつ、「セミコロン」(semicolon)だ。このマークを身体に彫っている人が増えているが、このデザインが人気なのではなく、「セミコロンを身体に彫ること」がメッセージなのだという。


ムーブメントを牽引する「プロジェクト・セミコロン」

 身体にタトゥーを彫る人が多いアメリカでは、様々なデザインのタトゥーを見ることができる。ドクロや花、アニメのキャラクターなどのワンポイントから、絵画風のカラフルで大柄のデザインやメッセージ文字など個性豊かなタトゥー柄が溢れる中、小さなふたつの点のような「;」、つまり「セミコロン」を腕や手首、首などに彫っている人が目に着くようになった。

 セミコロンは英文法の句読点のひとつ。句点の「.」(ピリオド)とも、読点の「,」(コンマ)とも異なり、セミコロンは2つの文を繋ぐ際に接続詞的または文章の区切りとして使われる。単語ではないため、それ自体は意味を持たないが、「繋がっている文章の区切り」として使用されるセミコロンを人生に置き換えて、この「セミコロンのタトゥーを入れること」自体にメッセージを含んだムーブメントがある。

 そのムーブメントを牽引するのが、2013年に立ち上げられたプロジェクト・セミコロンだ。彼らがセミコロンに込めたメッセージとは、「思い悩んだ人生に区切りをつけて、再出発を計ろう」ということ。アメリカには、鬱病や精神疾患、自傷行為にを悩まされている人々が大勢いるが、そんな彼らが自分自身に対して、もしくは彼らの再出発を支援する人たちによるメッセージであり、リマインダーでもあるという。

セミコロンが伝えるメッセージは、「生きる」

 「プロジェクト・ セミコロン」では、「自殺は防ぐことができる」、言い換えれば「救える命である」という理念のもと、寄付やファンド・レイジング、有名企業からのスポンサーシップで資金を集め、啓蒙活動を行うことで、社会の理解を深め、助けを必要としている人々や最愛の人、家族などを自殺で失った人へ適切な支援をする活動を行っている。

 「プロジェクト・ セミコロン」では、「自殺は防ぐことができる」、言い換えれば「救える命である」という理念のもと、寄付やファンド・レージング、有名企業からのスポンサーシップで資金を集め、啓蒙活動を行うことで、社会の理解を深め、助けを必要としている人々や最愛の人、家族などを自殺で失った人へ適切な支援をする活動を行っている。

 アメリカで人気の女優兼歌手のセレーナ・ゴメスがエグゼクティヴ プロデューサーを務める、米ネットフリックスのドラマ「13 Reasons Why」の番組内で、主役がセミコロンのタトゥーを入れていることが注目され、彼女自身もインスタグラムにて自身のセミコロンのタトゥーを披露したことから、この「プロジェクト・セミコロン 」にスポットライトが当たった。

 「プロジェクト・セミコロン」は、団体を開設してからこれまでに約520万人もの人を救ったと発表している。セミコロンのタトゥーを入れた人は、一見するとトレンドのデザインを身体に入れているだけに見えるが、彼らはこの活動やメッセージに対する賛同者だ。これは、社会で光が当たりにくい問題に対してヒューマニティーに溢れた地道な活動がトレンドに発展した注目すべき事例といえるだろう。

この記事の寄稿者

関連する投稿


学生たちを借金から解放させた米実業家に賞賛の声

学生たちを借金から解放させた米実業家に賞賛の声

大学の学費が高額なことで知られるアメリカ。親が裕福ではない限り、大抵の学生が卒業後に返済が始まる学生ローンを受けて進学するため、借金を抱えながら社会人になる。それでは若者たちが夢に向かいにくいと、ある実業家が大学を卒業する生徒、約400人分の学生ローン、総額約44億円を肩代わりすると発表。感動と賞賛の声がアメリカを駆け巡った。


こんなグロテスクな番組が人気に? ニキビ潰し映像に見入るアメリカ人

こんなグロテスクな番組が人気に? ニキビ潰し映像に見入るアメリカ人

ティーンエイジャーにとって最大の悩みのひとつが、ニキビ。成人でも顔や体にあるニキビや吹き出物に悩む人は多い。そんな中、どんなニキビも見事にスッキリと取り除いてしまう美人皮膚科医の存在がインターネット上で広まり、アメリカでは「その女医がニキビを潰す映像を見ること」がサブカルチャー的な人気を誇っているという。




アメリカのド田舎における「日本のラーメン屋」事情

アメリカのド田舎における「日本のラーメン屋」事情

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをアーカンソー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。アメリカにおける日本のラーメン・ブームが騒がれて久しいが、それは都会での話。南部では、まだまだ不思議なラーメンが幅を利かしている。






最新の投稿


米フード配達員の約3割、客の食べ物を配達中につまみ食い?!

米フード配達員の約3割、客の食べ物を配達中につまみ食い?!

配車サービスの運転手が、レストランやファストフード店から自宅へ温かい料理を配達してくれるサービスは、アメリカでも人気が高い。しかし、「Uber Eats」など米大手フード配達サービス4社と契約している配達員500人のうち、なんと28%が「配達中に我慢できずに客の食べ物をつまみ食いしたことがある」というアンケート結果が出ている。


アメリカに押し寄せる「バイク・シェアリング」の波

アメリカに押し寄せる「バイク・シェアリング」の波

オレンジ、ライムグリーン、イエロー、レッド、ライトブルー、ホワイト……。これらは米大都市を走り回る「バイク・シェアリング」(自転車シェアー)の色鮮やかなブランド・カラーだ。米東海岸都市からゆっくりと全米に広がったバイク・シェアリングが、配車サービスのUberや中国勢の参入などで市場が加速し、勢いがとまらない。


ハロウィンのお菓子

ハロウィンのお菓子


学生たちを借金から解放させた米実業家に賞賛の声

学生たちを借金から解放させた米実業家に賞賛の声

大学の学費が高額なことで知られるアメリカ。親が裕福ではない限り、大抵の学生が卒業後に返済が始まる学生ローンを受けて進学するため、借金を抱えながら社会人になる。それでは若者たちが夢に向かいにくいと、ある実業家が大学を卒業する生徒、約400人分の学生ローン、総額約44億円を肩代わりすると発表。感動と賞賛の声がアメリカを駆け巡った。


シリコンバレーの人々を虜にするテスラ(TESLA)の魅力とは?

シリコンバレーの人々を虜にするテスラ(TESLA)の魅力とは?

IT業界の世界的な聖地とも言えるカリフォルニア州のシリコンバレー。この地に在住して10年、元NFLチアリーダーの齋藤佳子がシリコンバレーの見逃せない情報や、地元に飛び交う噂話などをお届けする。今回はシリコンバレーに限らず、世界中から注目されているテスラ(TESLA)が、これほど羨望される理由を紹介しよう。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング