プロジェクト「;」 メッセージを込めたセミコロンとは?

プロジェクト「;」 メッセージを込めたセミコロンとは?

アメリカで数年前からじわじわと流行りはじめた「;」のタトゥー。この二つの点からなるマークは英語の句読点のひとつ、「セミコロン」(semicolon)だ。このマークを身体に彫っている人が増えているが、このデザインが人気なのではなく、「セミコロンを身体に彫ること」がメッセージなのだという。


ムーブメントを牽引する「プロジェクト・セミコロン」

 身体にタトゥーを彫る人が多いアメリカでは、様々なデザインのタトゥーを見ることができる。ドクロや花、アニメのキャラクターなどのワンポイントから、絵画風のカラフルで大柄のデザインやメッセージ文字など個性豊かなタトゥー柄が溢れる中、小さなふたつの点のような「;」、つまり「セミコロン」を腕や手首、首などに彫っている人が目に着くようになった。

 セミコロンは英文法の句読点のひとつ。句点の「.」(ピリオド)とも、読点の「,」(コンマ)とも異なり、セミコロンは2つの文を繋ぐ際に接続詞的または文章の区切りとして使われる。単語ではないため、それ自体は意味を持たないが、「繋がっている文章の区切り」として使用されるセミコロンを人生に置き換えて、この「セミコロンのタトゥーを入れること」自体にメッセージを含んだムーブメントがある。

 そのムーブメントを牽引するのが、2013年に立ち上げられたプロジェクト・セミコロンだ。彼らがセミコロンに込めたメッセージとは、「思い悩んだ人生に区切りをつけて、再出発を計ろう」ということ。アメリカには、鬱病や精神疾患、自傷行為にを悩まされている人々が大勢いるが、そんな彼らが自分自身に対して、もしくは彼らの再出発を支援する人たちによるメッセージであり、リマインダーでもあるという。

セミコロンが伝えるメッセージは、「生きる」

 「プロジェクト・ セミコロン」では、「自殺は防ぐことができる」、言い換えれば「救える命である」という理念のもと、寄付やファンド・レイジング、有名企業からのスポンサーシップで資金を集め、啓蒙活動を行うことで、社会の理解を深め、助けを必要としている人々や最愛の人、家族などを自殺で失った人へ適切な支援をする活動を行っている。

 「プロジェクト・ セミコロン」では、「自殺は防ぐことができる」、言い換えれば「救える命である」という理念のもと、寄付やファンド・レージング、有名企業からのスポンサーシップで資金を集め、啓蒙活動を行うことで、社会の理解を深め、助けを必要としている人々や最愛の人、家族などを自殺で失った人へ適切な支援をする活動を行っている。

 アメリカで人気の女優兼歌手のセレーナ・ゴメスがエグゼクティヴ プロデューサーを務める、米ネットフリックスのドラマ「13 Reasons Why」の番組内で、主役がセミコロンのタトゥーを入れていることが注目され、彼女自身もインスタグラムにて自身のセミコロンのタトゥーを披露したことから、この「プロジェクト・セミコロン 」にスポットライトが当たった。

 「プロジェクト・セミコロン」は、団体を開設してからこれまでに約520万人もの人を救ったと発表している。セミコロンのタトゥーを入れた人は、一見するとトレンドのデザインを身体に入れているだけに見えるが、彼らはこの活動やメッセージに対する賛同者だ。これは、社会で光が当たりにくい問題に対してヒューマニティーに溢れた地道な活動がトレンドに発展した注目すべき事例といえるだろう。

この記事の寄稿者

関連する投稿


成功への選択「入浴剤」2019年1月18日~1月24日

成功への選択「入浴剤」2019年1月18日~1月24日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


アメリカの本当の顔とは?

アメリカの本当の顔とは?

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、時代の変化に柔軟性のない共和党(保守)に対して、民主党(リベラル)がいかにそうした変化を受け入れて柔軟であるかを軸に、アメリカのあるべき今後の姿について語る。


誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

エンターテインメントの街、ラスベガスは、カナダに本拠地のあるシルク・ドゥ・ソレイユのアメリカ拠点としても知られている。現在ラスベガスでは6つのショーが上演されているが、その本場の舞台に出演中の日本人パフォーマーが、新しいビジネスをスタートさせた。ラスベガス旅行を計画している人には特に注目の新情報だ。


あれから1年、#MeToo はどうなった?

あれから1年、#MeToo はどうなった?

アメリカ生活20年強。翻訳家の高柳準が、アメリカ文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回はハリウッド界に端を発する「#MeToo」について。女性差別問題は根深く、複雑化しやすい。性別や文化により、セクハラと性犯罪の違いに対する意識の違いを浮き彫りにしたこの運動、あれからどうなったのだろう?


アメリカ版の福袋? 女子力アップの「サブスクリプション・ボックス」

アメリカ版の福袋? 女子力アップの「サブスクリプション・ボックス」

日本の1月の風物詩のひとつである「福袋」。今年も85,000円もする「ジャイアント馬場福袋」があっという間に完売したり、新たな出会いを願う人のための「婚活福袋」が登場したりと世間を賑わせたが、アメリカにも福袋の発想に近い商品がある。それは若い女性を中心に人気を博している「サブスクリプション・ボックス」だ。その箱の中身とは?






最新の投稿


成功への選択「入浴剤」2019年1月18日~1月24日

成功への選択「入浴剤」2019年1月18日~1月24日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


アメリカの本当の顔とは?

アメリカの本当の顔とは?

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、時代の変化に柔軟性のない共和党(保守)に対して、民主党(リベラル)がいかにそうした変化を受け入れて柔軟であるかを軸に、アメリカのあるべき今後の姿について語る。


誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

エンターテインメントの街、ラスベガスは、カナダに本拠地のあるシルク・ドゥ・ソレイユのアメリカ拠点としても知られている。現在ラスベガスでは6つのショーが上演されているが、その本場の舞台に出演中の日本人パフォーマーが、新しいビジネスをスタートさせた。ラスベガス旅行を計画している人には特に注目の新情報だ。


あれから1年、#MeToo はどうなった?

あれから1年、#MeToo はどうなった?

アメリカ生活20年強。翻訳家の高柳準が、アメリカ文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回はハリウッド界に端を発する「#MeToo」について。女性差別問題は根深く、複雑化しやすい。性別や文化により、セクハラと性犯罪の違いに対する意識の違いを浮き彫りにしたこの運動、あれからどうなったのだろう?


アメリカ版の福袋? 女子力アップの「サブスクリプション・ボックス」

アメリカ版の福袋? 女子力アップの「サブスクリプション・ボックス」

日本の1月の風物詩のひとつである「福袋」。今年も85,000円もする「ジャイアント馬場福袋」があっという間に完売したり、新たな出会いを願う人のための「婚活福袋」が登場したりと世間を賑わせたが、アメリカにも福袋の発想に近い商品がある。それは若い女性を中心に人気を博している「サブスクリプション・ボックス」だ。その箱の中身とは?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング