プロジェクト「;」 メッセージを込めたセミコロンとは?

プロジェクト「;」 メッセージを込めたセミコロンとは?

アメリカで数年前からじわじわと流行りはじめた「;」のタトゥー。この二つの点からなるマークは英語の句読点のひとつ、「セミコロン」(semicolon)だ。このマークを身体に彫っている人が増えているが、このデザインが人気なのではなく、「セミコロンを身体に彫ること」がメッセージなのだという。


ムーブメントを牽引する「プロジェクト・セミコロン」

 身体にタトゥーを彫る人が多いアメリカでは、様々なデザインのタトゥーを見ることができる。ドクロや花、アニメのキャラクターなどのワンポイントから、絵画風のカラフルで大柄のデザインやメッセージ文字など個性豊かなタトゥー柄が溢れる中、小さなふたつの点のような「;」、つまり「セミコロン」を腕や手首、首などに彫っている人が目に着くようになった。

 セミコロンは英文法の句読点のひとつ。句点の「.」(ピリオド)とも、読点の「,」(コンマ)とも異なり、セミコロンは2つの文を繋ぐ際に接続詞的または文章の区切りとして使われる。単語ではないため、それ自体は意味を持たないが、「繋がっている文章の区切り」として使用されるセミコロンを人生に置き換えて、この「セミコロンのタトゥーを入れること」自体にメッセージを含んだムーブメントがある。

 そのムーブメントを牽引するのが、2013年に立ち上げられたプロジェクト・セミコロンだ。彼らがセミコロンに込めたメッセージとは、「思い悩んだ人生に区切りをつけて、再出発を計ろう」ということ。アメリカには、鬱病や精神疾患、自傷行為にを悩まされている人々が大勢いるが、そんな彼らが自分自身に対して、もしくは彼らの再出発を支援する人たちによるメッセージであり、リマインダーでもあるという。

セミコロンが伝えるメッセージは、「生きる」

 「プロジェクト・ セミコロン」では、「自殺は防ぐことができる」、言い換えれば「救える命である」という理念のもと、寄付やファンド・レイジング、有名企業からのスポンサーシップで資金を集め、啓蒙活動を行うことで、社会の理解を深め、助けを必要としている人々や最愛の人、家族などを自殺で失った人へ適切な支援をする活動を行っている。

 「プロジェクト・ セミコロン」では、「自殺は防ぐことができる」、言い換えれば「救える命である」という理念のもと、寄付やファンド・レージング、有名企業からのスポンサーシップで資金を集め、啓蒙活動を行うことで、社会の理解を深め、助けを必要としている人々や最愛の人、家族などを自殺で失った人へ適切な支援をする活動を行っている。

 アメリカで人気の女優兼歌手のセレーナ・ゴメスがエグゼクティヴ プロデューサーを務める、米ネットフリックスのドラマ「13 Reasons Why」の番組内で、主役がセミコロンのタトゥーを入れていることが注目され、彼女自身もインスタグラムにて自身のセミコロンのタトゥーを披露したことから、この「プロジェクト・セミコロン 」にスポットライトが当たった。

 「プロジェクト・セミコロン」は、団体を開設してからこれまでに約520万人もの人を救ったと発表している。セミコロンのタトゥーを入れた人は、一見するとトレンドのデザインを身体に入れているだけに見えるが、彼らはこの活動やメッセージに対する賛同者だ。これは、社会で光が当たりにくい問題に対してヒューマニティーに溢れた地道な活動がトレンドに発展した注目すべき事例といえるだろう。

この記事の寄稿者

関連する投稿


今どきのファッションはレンタルが主流!?

今どきのファッションはレンタルが主流!?

アメリカではオンライン・ショッピングが主流となり、名門デパートや専門店が惜しまれながらもその看板を下ろすケースが増えている。それでも景気が良いと言われるアメリカで、突如として頭角を現したショッピング・トレンドが、「レンタル」だ。流行のデザインや色の移り変わりが速いファッション分野に合うこのトレンドが今後の主流となるのか?


アメリカでタイダイ柄がカムバック! 政治の影響がファッションに

アメリカでタイダイ柄がカムバック! 政治の影響がファッションに

1960年代のアメリカを一世風靡したヒッピー・ムーブメント。その頃の若者たちが着ていたカラフルな絞り染め、「タイダイ柄」を覚えているだろうか? 1950年代の厳しい社会的規範から逃れて自由を謳歌し、個人を表現するカウンター・カルチャーのシンボルとして大流行したタイダイ柄が、アメリカで再び流行り出しているようだ。


アメリカで「チーズ・ティー」は流行るのか?

アメリカで「チーズ・ティー」は流行るのか?

「抹茶」がアメリカで初めてブームになったとき、そのまま抹茶が茶市場に定着すると思った人はどれほどいただろうか? あとに続いた「コンブチャ」も「ボバ・ティー」も同様に一過性ではなく定着した。そんな中、中国や台湾で流行っている「チーズ・ティー」がアメリカに進出したが、第4の流行茶になるだろうか?


クールなバブル・リュックに猫好き悶絶!

クールなバブル・リュックに猫好き悶絶!

猫好きなアメリカ人の中には、犬と同じように猫を散歩に連れ出したいと願う人がかなりいる。そんな人たちのニーズを満たすべく開発されたリュック型バブル・キャリーバッグに愛猫を入れて出掛ける人たちの写真がインスタグラムを賑わせている。


キーボードのないキーボードが変えるVRの世界

キーボードのないキーボードが変えるVRの世界

ウェアブル型ガジェットには様々な商品があるが、最近アメリカで話題のなっているガジェットのひとつは、ウェアブル・キーボードの「TAP」だろう。特に昨年秋にVRへの文字入力対応を発表してから、そのニーズが高まっているようだ。






最新の投稿


今どきのファッションはレンタルが主流!?

今どきのファッションはレンタルが主流!?

アメリカではオンライン・ショッピングが主流となり、名門デパートや専門店が惜しまれながらもその看板を下ろすケースが増えている。それでも景気が良いと言われるアメリカで、突如として頭角を現したショッピング・トレンドが、「レンタル」だ。流行のデザインや色の移り変わりが速いファッション分野に合うこのトレンドが今後の主流となるのか?


成功への選択「理想の家」2019年3月22日~3月28日

成功への選択「理想の家」2019年3月22日~3月28日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


【Red vs. Blue】米国土安全保障省、留学生の取締まりのため「おとり」の偽造大学設立

【Red vs. Blue】米国土安全保障省、留学生の取締まりのため「おとり」の偽造大学設立

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は不法滞在者のおとり捜査をするために、米国土安全保障省が「おとりの偽造大学」を創設していたことについて。


ミレニアル世代は「社会主義」のイメージまで塗り替える?

ミレニアル世代は「社会主義」のイメージまで塗り替える?

アメリカ生活20年強。翻訳家の高柳準が、アメリカ文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回は資本主義よりも社会主義に魅せられるという、ミレニアル世代たちについて。なぜ今、社会主義なのだろう?


アメリカの若者は占星術の虜?

アメリカの若者は占星術の虜?

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生たちのトレンドなどの情報をお届けする。今回は占いにハマる人が急増中という、アメリカのミレニアル世代たちについて。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング