成功への選択「とまどい」2018年10月19日~10月25日

成功への選択「とまどい」2018年10月19日~10月25日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


質問を読み、2つの選択肢からあなたのインスピレーションに近い回答を選んでください。あなたがビジネスで成功するためのヒントをアドバイスします。

質問

「とまどい」と聞いて、真っ先に頭に浮かぶのは、次のどちら?

1)予期せぬ人からの愛の告白
2)自分には分不相応と思えるような仕事の大抜擢

開運を運ぶ格言

It’s all about the journey, not the outcome
全ては過程、結果ではない
                   カール・ルイス(Carl Lewis)

10月19日~10月25日の週のキーワード

 秋も深まり、季節は冬へと向かっています。今週の開運のテーマは「衣替え」。冬に向けての身支度を整えながら、何らかの心の区切りをつけて新しい一歩を踏み出す必要がある人も出そうです。季節が移り替わるように、人生にも移り変わりがあり、この世に起こるすべてのことは変化し続けます。今週のあなたは意図してその変化を受け入れる必要があります。そう、季節が変われば衣替えが必要なのと同じように、心も切り替えが必要なのです。

選択肢1:「予期せぬ人からの愛の告白」を選んだあなたへ

 今週に経験する、ちょっとしたドキドキやわくわくは、「その場限り」になりそうです。しかし、その「その場限り」の経験が、一生を変えるほどの意味を持つことも覚えておきましょう。一瞬で通り過ぎる幸運を経験すると、たいていの人は過ぎ去ったその出来事への喪失感に心が沈みます。しかし、それこそが人生なのです。「束の間」ともいえる経験の積み重ねが、あなた自身を豊かにします。今は分からなくても、数年後にこの出来事を思い出したとき、あなたの心にはあたたかな明かりが灯るでしょう。

選択肢2:「自分には分不相応と思えるような仕事の大抜擢」を選んだあなたへ

 今週は何らかの「棚からぼたもち」にあやかれるかもしれません。しかし、自己評価が高過ぎると、それが起こったのは「当然のこと」だと勘違いしてしまうでしょう。何かを与えてもらったり、褒めてもらえた時こそ、謙虚になりたい星回りです。そして、それらを可能にした状況や支えてくれた人たちに対して感謝を忘れないようにしましょう。今週のキーワードは「小さな感謝」。どんなことも当たり前とは思わず、呼吸するのと同じように周囲へ感謝をするよう心掛けてください。

この記事の寄稿者

運命鑑定士の家系に生まれ、幼少期より算命学、数秘術、占星術などを学ぶ。米国ロサンゼルス在住。大学を卒業後、両親の顧客であった著名人の運命鑑定を引き継いだことをきっかけに依頼が増え、現在は長期契約の顧客のみを鑑定しながら、シンボル・アートの制作に力を入れている。日本にも住んでいたことがある。

関連する投稿


成功への選択「理想の家」2019年3月22日~3月28日

成功への選択「理想の家」2019年3月22日~3月28日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


アメリカの若者は占星術の虜?

アメリカの若者は占星術の虜?

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生たちのトレンドなどの情報をお届けする。今回は占いにハマる人が急増中という、アメリカのミレニアル世代たちについて。


成功への選択「時よ、止まれ!」2019年3月15日~3月21日

成功への選択「時よ、止まれ!」2019年3月15日~3月21日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


成功への選択「誓い」2019年3月8日~3月14日

成功への選択「誓い」2019年3月8日~3月14日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


成功への選択「どっちのフルーツ?」2019年3月1日~3月7日

成功への選択「どっちのフルーツ?」2019年3月1日~3月7日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?






最新の投稿


成功への選択「理想の家」2019年3月22日~3月28日

成功への選択「理想の家」2019年3月22日~3月28日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


【Red vs. Blue】米国土安全保障省、留学生の取締まりのため「おとり」の偽造大学設立

【Red vs. Blue】米国土安全保障省、留学生の取締まりのため「おとり」の偽造大学設立

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は不法滞在者のおとり捜査をするために、米国土安全保障省が「おとりの偽造大学」を創設していたことについて。


ミレニアル世代は「社会主義」のイメージまで塗り替える?

ミレニアル世代は「社会主義」のイメージまで塗り替える?

アメリカ生活20年強。翻訳家の高柳準が、アメリカ文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回は資本主義よりも社会主義に魅せられるという、ミレニアル世代たちについて。なぜ今、社会主義なのだろう?


アメリカの若者は占星術の虜?

アメリカの若者は占星術の虜?

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生たちのトレンドなどの情報をお届けする。今回は占いにハマる人が急増中という、アメリカのミレニアル世代たちについて。


アメリカでタイダイ柄がカムバック! 政治の影響がファッションに

アメリカでタイダイ柄がカムバック! 政治の影響がファッションに

1960年代のアメリカを一世風靡したヒッピー・ムーブメント。その頃の若者たちが着ていたカラフルな絞り染め、「タイダイ柄」を覚えているだろうか? 1950年代の厳しい社会的規範から逃れて自由を謳歌し、個人を表現するカウンター・カルチャーのシンボルとして大流行したタイダイ柄が、アメリカで再び流行り出しているようだ。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング