アヒル型ロボットをがんと戦う子供たちへ

アヒル型ロボットをがんと戦う子供たちへ

医療・がん保険の「アフラック」と聞けば、多くの人はコマーシャルに登場する、コミカルでちょっとトボけたアヒルを思い出すだろう。そのアヒルを模したロボットを、がんの子供たちに届けようという取り組みが始まった。同社がロボテック会社のSproutel社と共に開発したアヒルを紹介しよう。


2018年CESでも話題に

 今年のCES(全米民生技術協会主催の家電見本市)でも話題になった、アフラック社が開発中のアヒル型ロボット。小児がんと闘う子供たちに無料でプレゼントすることを目的に、同社がロボテックの老舗、Sproutel社と開発したものだ。提供は試験的に始まっているが、現在ジョージア州アトランタ近郊の同社拠点では、来年の本格提供に向けて着々と準備を進めている。

 全米で毎年新たに小児がんと診断される子供の数は16,000人に上ると言われ、その治療には平均で約1,000日を要するという。子供たちが病気と闘う間、常に傍らで子供たちを励まし続けるというロボットが、どんなものかを紹介した映像はこちら。

3歳から13歳のがん患者に無料で提供

 ロボットは、ベッドの上でも子供たちが常に安心できるようにと、心拍・呼吸機能がついており、まるで生きている本物のアヒルのようにロボットが心音を刻む設計がされている。この音を聞くと、ほとんどの子供がリラックスした状態になるという。また、ロボットにはRFIDチップ内蔵の絵文字ボタンがついており、子供たちが撫でたり話したりすると、インタラクティブに反応する仕組みになっている。たとえば音楽を流すと躍り出すなど、コマーシャルのアヒルさながらの楽しい仕掛けが数多く搭載されている。

 開発には、実際にがんと闘う子供たちやその家族の意見も多く取り入れられた。開発チームは丁寧に家族たちと意見交換を行い、基本デザインだけで1年半を要したという。3歳から13歳のがん患者には無料で提供するが、ひとつ200ドルで販売する計画もあるらしい。

 ちょっとかわいいアヒル型ロボット。がんの子供たちの心を癒す「よきパートナー」と言ってよいだろう。

参考記事:https://www.engadget.com/2018/09/07/aflac-robot-ducks-launch/

この記事の寄稿者

関連するキーワード


子供 がん 医療

関連する投稿


なぜ? 南部の保守州でも医療マリファナが合法に

なぜ? 南部の保守州でも医療マリファナが合法に

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをアーカンソー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回はかなり保守的な南部アーカンソー州でも、医療マリファナが合法になったことについて。


キッズがおねだりする洋服の秘密

キッズがおねだりする洋服の秘密

最近、アメリカの子供たちの間で爆発的な人気を集めている洋服がある。ロサンゼルスのメーカーが販売している「Cubcoats」だ。可愛くて便利な上着の全容とは?


BrainTechを脳卒中治療の現場へ

BrainTechを脳卒中治療の現場へ

南カリフォルニア大学の研究チームが、脳卒中治療の現場に将来活用が可能なBrainTechの研究を本格的にスタートさせ、話題を呼んでいる。バーチャル・アバターを使って運動機能改善を図るという驚きのテクノロジーの実態とは?


絶叫&爆笑必須! 世界一シュール(かも知れない)動物園

絶叫&爆笑必須! 世界一シュール(かも知れない)動物園

シアトルから車で数時間、オリンピック山脈の麓の街スクイムにある「オリンピック・ゲーム・ファーム」。アメリカでも知る人ぞ知る穴場だが、これほど動物との距離が近い動物園はなかなかない?


大人の社会科見学!アメリカ省庁探訪

大人の社会科見学!アメリカ省庁探訪

 アメリカの政府関連施設は、一般に内部を公開している機関も少なくない。施設見学に加えて、その機関ならではの「不思議なお土産」に出会えるのも魅力のひとつだ。その一部を紹介しよう。






最新の投稿


年間180ドルで、世界の一流から学べる夢の授業

年間180ドルで、世界の一流から学べる夢の授業

演技、歌、料理、映像制作など、世界で一流と言われるプロフェッショナルたちから学べるオンライン・プログラムがある。業界の第一線で活躍している夢のような講師陣が揃うだけでなく、その受講料金の安さで、アメリカで人気に火がついた。


打倒アマゾンを掲げるウォルマート 家の冷蔵庫の中まで配達?!

打倒アマゾンを掲げるウォルマート 家の冷蔵庫の中まで配達?!

国土が広大なアメリカでは、宅配に時間が掛かる。そのため企業は短時間で荷物を届けるサービスを競い、時短輸送システムの構築に力を注いでいる。現状、宅配のスピードに関してはアマゾン・ドットコム社のプライム会員サービスが王者の座についているが、それに対抗しようとするのが全米各地に大型店舗を展開する大企業ウォルマート社だ。


今週の神秘ナンバー占い(2019年6月14日~20日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年6月14日~20日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


【Red vs. Blue】日本でのトランプ大統領の発言に、アメリカ国民はどう思ったか?

【Red vs. Blue】日本でのトランプ大統領の発言に、アメリカ国民はどう思ったか?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は先月、日本に新元号初の国賓として訪れたトランプ米大統領が、日本で開催された記者会見で自国の政敵の悪口を言い、金正恩の発言をサポートしたことについて。


再選活動本格始動! トランプ大統領とディナーを食べたい人、募集中

再選活動本格始動! トランプ大統領とディナーを食べたい人、募集中

毎度お騒がせのドナルド・トランプ大統領が、「彼とディナーを一緒に食べたい人」を募集している。来年の大統領選挙での再選に備えたPR活動の一環だ。公式HPで応募がスタートされるや否や、ネット上は大騒ぎになっている。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング