少年が実業家に?! 環境を守るシャンプーを生んだ斬新なアイデア

少年が実業家に?! 環境を守るシャンプーを生んだ斬新なアイデア

アメリカのビジネス業界において、このところ特に注目度が高いエリアのひとつが「環境問題を考慮した商品」の開発だ。プラスチック製品を廃止する動きが高まる中で、ある少年の斬新なアイデアから生まれた新たなビジネスが話題を呼んでいる。


プラスチック廃止を見越したアイデアを打ち出した少年

 日本でも最近は「プラスチック製ストロー」を廃止する動きが起きているが、アメリカでは廃止の先を見た、さらに一歩進んだ試みが始まっている。

 その試みのひとつに、ある少年のアイデアが製品化に結びついた注目ケースがある。2016年に米人気TV番組「シャーク・タンク」(アメリカ版「マネーの虎」)で、当時14歳だった少年、ベンジャミン・スターン君が自身のアイデアをプレゼンしたところ、億万長者の投資家として知られる実業家マーク・キューバン( Mark Cuban)氏が約1千万円の投資を申し出て話題をさらった。そのアイデアとは、「ボトルが必要ないシャンプー」だ。

 スターン君は高校を卒業後、クラウド・ファンディングの「Indigogo」で商品開発の支援キャンペーンを行い、たった3日で目標額の200%を達成させた。そして今年、そのアイデアである「NOHBO Drops」を見事、商品化させたのだ。

 サロン・クオリティーの「オールインワン・シャンプー」で、ヘア・コンディショナーと、ボディーウォッシュと、シェービング・クリームの役割も果たすオール・ナチュラルの植物性由来原料で生成されたシャンプーを、水に溶ける小さなパウチに入れた画期的なその商品の映像はこちら。

環境に優しいだけでなく、利便性もファッション性もある秀逸商品

 アメリカ製のオールインワン・シャンプーと聞くと、香りが強いイメージを抱きがちだが、この水に溶けるドロップはローズマリー・ミントとサンダルウッドの軽めの香り。現在の購入方法はオンライン販売のみで、15ポッド入りで$10。しかし人気沸騰中のため、今オンラインで購入しても、配送されるのは冬になるそうだ。商品の予約は NOHBO Drops の公式サイトで出来る。

 「プラスチック製の容器をバスルームからなくそう」というメッセージと共に、エコ・フレンドリーな商品を提供する同社は、「環境問題に配慮する」こと以外にも、ポッドの手軽さや旅行などに携帯する利便性、ボトルが必要なくなったことで生まれるスペース(省スペース)の利点なども打ち出している。

 「地球にやさしくありたい」と考える人や、「メッセージ性のある商品を買いたい」という人たちが徐々に増えているアメリカ。星の数ほどあるシャンプーやコンディショナー製品の中から、「エコや社会性を意識した商品」を選ぶ消費者もますます増えそうな気配の中、10代の少年が打ち出した、まったく新しいアイデアのエコ商品の今後の展開に期待大だ。

この記事の寄稿者

関連する投稿


成功への選択「入浴剤」2019年1月18日~1月24日

成功への選択「入浴剤」2019年1月18日~1月24日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


アメリカの本当の顔とは?

アメリカの本当の顔とは?

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、時代の変化に柔軟性のない共和党(保守)に対して、民主党(リベラル)がいかにそうした変化を受け入れて柔軟であるかを軸に、アメリカのあるべき今後の姿について語る。


誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

エンターテインメントの街、ラスベガスは、カナダに本拠地のあるシルク・ドゥ・ソレイユのアメリカ拠点としても知られている。現在ラスベガスでは6つのショーが上演されているが、その本場の舞台に出演中の日本人パフォーマーが、新しいビジネスをスタートさせた。ラスベガス旅行を計画している人には特に注目の新情報だ。


あれから1年、#MeToo はどうなった?

あれから1年、#MeToo はどうなった?

アメリカ生活20年強。翻訳家の高柳準が、アメリカ文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回はハリウッド界に端を発する「#MeToo」について。女性差別問題は根深く、複雑化しやすい。性別や文化により、セクハラと性犯罪の違いに対する意識の違いを浮き彫りにしたこの運動、あれからどうなったのだろう?


アメリカ版の福袋? 女子力アップの「サブスクリプション・ボックス」

アメリカ版の福袋? 女子力アップの「サブスクリプション・ボックス」

日本の1月の風物詩のひとつである「福袋」。今年も85,000円もする「ジャイアント馬場福袋」があっという間に完売したり、新たな出会いを願う人のための「婚活福袋」が登場したりと世間を賑わせたが、アメリカにも福袋の発想に近い商品がある。それは若い女性を中心に人気を博している「サブスクリプション・ボックス」だ。その箱の中身とは?






最新の投稿


成功への選択「入浴剤」2019年1月18日~1月24日

成功への選択「入浴剤」2019年1月18日~1月24日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


アメリカの本当の顔とは?

アメリカの本当の顔とは?

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、時代の変化に柔軟性のない共和党(保守)に対して、民主党(リベラル)がいかにそうした変化を受け入れて柔軟であるかを軸に、アメリカのあるべき今後の姿について語る。


誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

エンターテインメントの街、ラスベガスは、カナダに本拠地のあるシルク・ドゥ・ソレイユのアメリカ拠点としても知られている。現在ラスベガスでは6つのショーが上演されているが、その本場の舞台に出演中の日本人パフォーマーが、新しいビジネスをスタートさせた。ラスベガス旅行を計画している人には特に注目の新情報だ。


あれから1年、#MeToo はどうなった?

あれから1年、#MeToo はどうなった?

アメリカ生活20年強。翻訳家の高柳準が、アメリカ文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回はハリウッド界に端を発する「#MeToo」について。女性差別問題は根深く、複雑化しやすい。性別や文化により、セクハラと性犯罪の違いに対する意識の違いを浮き彫りにしたこの運動、あれからどうなったのだろう?


アメリカ版の福袋? 女子力アップの「サブスクリプション・ボックス」

アメリカ版の福袋? 女子力アップの「サブスクリプション・ボックス」

日本の1月の風物詩のひとつである「福袋」。今年も85,000円もする「ジャイアント馬場福袋」があっという間に完売したり、新たな出会いを願う人のための「婚活福袋」が登場したりと世間を賑わせたが、アメリカにも福袋の発想に近い商品がある。それは若い女性を中心に人気を博している「サブスクリプション・ボックス」だ。その箱の中身とは?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング