少年が実業家に?! 環境を守るシャンプーを生んだ斬新なアイデア

少年が実業家に?! 環境を守るシャンプーを生んだ斬新なアイデア

アメリカのビジネス業界において、このところ特に注目度が高いエリアのひとつが「環境問題を考慮した商品」の開発だ。プラスチック製品を廃止する動きが高まる中で、ある少年の斬新なアイデアから生まれた新たなビジネスが話題を呼んでいる。


プラスチック廃止を見越したアイデアを打ち出した少年

 日本でも最近は「プラスチック製ストロー」を廃止する動きが起きているが、アメリカでは廃止の先を見た、さらに一歩進んだ試みが始まっている。

 その試みのひとつに、ある少年のアイデアが製品化に結びついた注目ケースがある。2016年に米人気TV番組「シャーク・タンク」(アメリカ版「マネーの虎」)で、当時14歳だった少年、ベンジャミン・スターン君が自身のアイデアをプレゼンしたところ、億万長者の投資家として知られる実業家マーク・キューバン( Mark Cuban)氏が約1千万円の投資を申し出て話題をさらった。そのアイデアとは、「ボトルが必要ないシャンプー」だ。

 スターン君は高校を卒業後、クラウド・ファンディングの「Indigogo」で商品開発の支援キャンペーンを行い、たった3日で目標額の200%を達成させた。そして今年、そのアイデアである「NOHBO Drops」を見事、商品化させたのだ。

 サロン・クオリティーの「オールインワン・シャンプー」で、ヘア・コンディショナーと、ボディーウォッシュと、シェービング・クリームの役割も果たすオール・ナチュラルの植物性由来原料で生成されたシャンプーを、水に溶ける小さなパウチに入れた画期的なその商品の映像はこちら。

環境に優しいだけでなく、利便性もファッション性もある秀逸商品

 アメリカ製のオールインワン・シャンプーと聞くと、香りが強いイメージを抱きがちだが、この水に溶けるドロップはローズマリー・ミントとサンダルウッドの軽めの香り。現在の購入方法はオンライン販売のみで、15ポッド入りで$10。しかし人気沸騰中のため、今オンラインで購入しても、配送されるのは冬になるそうだ。商品の予約は NOHBO Drops の公式サイトで出来る。

 「プラスチック製の容器をバスルームからなくそう」というメッセージと共に、エコ・フレンドリーな商品を提供する同社は、「環境問題に配慮する」こと以外にも、ポッドの手軽さや旅行などに携帯する利便性、ボトルが必要なくなったことで生まれるスペース(省スペース)の利点なども打ち出している。

 「地球にやさしくありたい」と考える人や、「メッセージ性のある商品を買いたい」という人たちが徐々に増えているアメリカ。星の数ほどあるシャンプーやコンディショナー製品の中から、「エコや社会性を意識した商品」を選ぶ消費者もますます増えそうな気配の中、10代の少年が打ち出した、まったく新しいアイデアのエコ商品の今後の展開に期待大だ。

この記事の寄稿者

関連する投稿


アメリカでタイダイ柄がカムバック! 政治の影響がファッションに

アメリカでタイダイ柄がカムバック! 政治の影響がファッションに

1960年代のアメリカを一世風靡したヒッピー・ムーブメント。その頃の若者たちが着ていたカラフルな絞り染め、「タイダイ柄」を覚えているだろうか? 1950年代の厳しい社会的規範から逃れて自由を謳歌し、個人を表現するカウンター・カルチャーのシンボルとして大流行したタイダイ柄が、アメリカで再び流行り出しているようだ。


アメリカで「チーズ・ティー」は流行るのか?

アメリカで「チーズ・ティー」は流行るのか?

「抹茶」がアメリカで初めてブームになったとき、そのまま抹茶が茶市場に定着すると思った人はどれほどいただろうか? あとに続いた「コンブチャ」も「ボバ・ティー」も同様に一過性ではなく定着した。そんな中、中国や台湾で流行っている「チーズ・ティー」がアメリカに進出したが、第4の流行茶になるだろうか?


クールなバブル・リュックに猫好き悶絶!

クールなバブル・リュックに猫好き悶絶!

猫好きなアメリカ人の中には、犬と同じように猫を散歩に連れ出したいと願う人がかなりいる。そんな人たちのニーズを満たすべく開発されたリュック型バブル・キャリーバッグに愛猫を入れて出掛ける人たちの写真がインスタグラムを賑わせている。


キーボードのないキーボードが変えるVRの世界

キーボードのないキーボードが変えるVRの世界

ウェアブル型ガジェットには様々な商品があるが、最近アメリカで話題のなっているガジェットのひとつは、ウェアブル・キーボードの「TAP」だろう。特に昨年秋にVRへの文字入力対応を発表してから、そのニーズが高まっているようだ。


トランプ大統領、保守派も唖然としたタブー発言で人気高騰

トランプ大統領、保守派も唖然としたタブー発言で人気高騰

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、ポリティカル・コレクトネスに反するとして、歴代の米大統領たちが「演説や発言では使わなかった三文字」をトランプ大統領が頻繁に使うことについて。






最新の投稿


アメリカでタイダイ柄がカムバック! 政治の影響がファッションに

アメリカでタイダイ柄がカムバック! 政治の影響がファッションに

1960年代のアメリカを一世風靡したヒッピー・ムーブメント。その頃の若者たちが着ていたカラフルな絞り染め、「タイダイ柄」を覚えているだろうか? 1950年代の厳しい社会的規範から逃れて自由を謳歌し、個人を表現するカウンター・カルチャーのシンボルとして大流行したタイダイ柄が、アメリカで再び流行り出しているようだ。


成功への選択「時よ、止まれ!」2019年3月15日~3月21日

成功への選択「時よ、止まれ!」2019年3月15日~3月21日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


人工中絶はいつでも出来る?

人工中絶はいつでも出来る?

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが語る。米バーモント州で、妊娠週に関係なく人工中絶できるという法案が可決したことで教会は大騒ぎ。アメリカはどこに行くのだろう?


アメリカで「チーズ・ティー」は流行るのか?

アメリカで「チーズ・ティー」は流行るのか?

「抹茶」がアメリカで初めてブームになったとき、そのまま抹茶が茶市場に定着すると思った人はどれほどいただろうか? あとに続いた「コンブチャ」も「ボバ・ティー」も同様に一過性ではなく定着した。そんな中、中国や台湾で流行っている「チーズ・ティー」がアメリカに進出したが、第4の流行茶になるだろうか?


トランスジェンダーの選手とそうでない選手の競争はフェアーなのか?

トランスジェンダーの選手とそうでない選手の競争はフェアーなのか?

米テキサス州に暮らすイスラム教徒のジャーナリスト・西森マリーが、米国内でも報道されにくい保守派の声やテキサス州など南部の住民たちの声をお届けするコラム。今回は、生まれたときの性別と異なる性別で活躍するトランスジェンダーのスポーツ選手たちが、そうでない選手との身体能力差が大きく議論されている問題について。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング