視聴覚障害者へのスターバックス社の配慮に全米が称賛

視聴覚障害者へのスターバックス社の配慮に全米が称賛

兼ねてからスターバックス社が計画していた「視聴覚障害を持つ人たちが楽しめる店舗」の全米1号店が10月23日、首都ワシントンD.C.にオープンし、早くも全米中で話題を呼んでいる。


スタッフが手話で対応! マレーシアに続き2軒目

 スターバックス・コーヒーがオープンした全米初の「Signing Store(視聴覚障害を持つ人へのサービス・ストア)」。これは同社が2016年にマレーシアでオープンしたSinging Storeに続く、世界で2軒目となるサイン・ランゲージで接客する店舗だ。店舗デザインや運営準備過程はマレーシアの事例が大きく活かされ、手話ができる人材がスタッフに起用された。約25人の店舗スタッフが接客する様子が様々なメディアで取り上げられ、大きな話題となっている。その映像はこちら。

ロケーションは視聴覚者専門大学の至近

 手話による注文以外に、タブレットを使って注文できる方法も採用された。購入したドリンクの準備が出来ると、名前を呼ばれる代わりに大型スクリーンに名前が映し出されるなど様々な配慮がされている。

 全米初の店舗は視聴覚障害を持つ人たちのための大学、Gallaudet(ギャローテッド)大学の至近に作られた。ワシントンD.C. にある同校は大学と大学院を併設しており、大学院には聴者生徒も通っているが、全体の5%に過ぎない。世界でも数少ない視聴覚障害者向け学術機関には、世界中からの学生が集まることでも知られている。

 この大学で勉強後に母国に帰った留学生たちは、視聴覚障害を持つ人々への社会進出を助けるリーダー的存在になることが多いという。そんな彼らが、スターバックス社の事例をヒントに、視聴覚者向けサービスの社会浸透を手掛けてくれれば嬉しいと、同社広報は話している。

参考記事:
Starbucks opens first U.S. sign language store — with murals, tech pads and fingerspelling

この記事の寄稿者

関連する投稿


学生たちを借金から解放させた米実業家に賞賛の声

学生たちを借金から解放させた米実業家に賞賛の声

大学の学費が高額なことで知られるアメリカ。親が裕福ではない限り、大抵の学生が卒業後に返済が始まる学生ローンを受けて進学するため、借金を抱えながら社会人になる。それでは若者たちが夢に向かいにくいと、ある実業家が大学を卒業する生徒、約400人分の学生ローン、総額約44億円を肩代わりすると発表。感動と賞賛の声がアメリカを駆け巡った。


知られざる米南部の高い“コンサバ度”

知られざる米南部の高い“コンサバ度”

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをアーカンソー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は沿岸部大都市に比べると驚くほど保守的な文化を誇る南部地域で、著者が経験したことを交えてそのコンサバ度合いを紹介する。


ストリーミング市場を制する米ネットフリックス、加入者数が歴代最大

ストリーミング市場を制する米ネットフリックス、加入者数が歴代最大

世界最大の動画ストリーミング配信企業、米ネットフリックスが、今年の第1四半期の業績を発表し、加入者数は前年同期比8%増で歴代最大の1億4,890万人だと明らかにした。アップルとディズニーの参入で競争が激化するストリーミング市場で今後の伸び悩みが懸念される同社だが、他社との差別化で躍進を続ける構えだ。


成功への選択特別編「令和」という時代を読む

成功への選択特別編「令和」という時代を読む

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。今回は新元号「令和」と、その時代がもたらす日本の行方についての特別編。新しい時代は、どのような変化を日本にもたらしていくのでしょう?


スターバックスも大迷惑? シアトルの薬物政策

スターバックスも大迷惑? シアトルの薬物政策

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが語る。薬物依存は、アメリカにおける深刻な社会問題のひとつ。その薬物ユーザーを庇護するかのような政策を行ったシアトルの未来は?






最新の投稿


年間180ドルで、世界の一流から学べる夢の授業

年間180ドルで、世界の一流から学べる夢の授業

演技、歌、料理、映像制作など、世界で一流と言われるプロフェッショナルたちから学べるオンライン・プログラムがある。業界の第一線で活躍している夢のような講師陣が揃うだけでなく、その受講料金の安さで、アメリカで人気に火がついた。


打倒アマゾンを掲げるウォルマート 家の冷蔵庫の中まで配達?!

打倒アマゾンを掲げるウォルマート 家の冷蔵庫の中まで配達?!

国土が広大なアメリカでは、宅配に時間が掛かる。そのため企業は短時間で荷物を届けるサービスを競い、時短輸送システムの構築に力を注いでいる。現状、宅配のスピードに関してはアマゾン・ドットコム社のプライム会員サービスが王者の座についているが、それに対抗しようとするのが全米各地に大型店舗を展開する大企業ウォルマート社だ。


今週の神秘ナンバー占い(2019年6月14日~20日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年6月14日~20日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


【Red vs. Blue】日本でのトランプ大統領の発言に、アメリカ国民はどう思ったか?

【Red vs. Blue】日本でのトランプ大統領の発言に、アメリカ国民はどう思ったか?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は先月、日本に新元号初の国賓として訪れたトランプ米大統領が、日本で開催された記者会見で自国の政敵の悪口を言い、金正恩の発言をサポートしたことについて。


再選活動本格始動! トランプ大統領とディナーを食べたい人、募集中

再選活動本格始動! トランプ大統領とディナーを食べたい人、募集中

毎度お騒がせのドナルド・トランプ大統領が、「彼とディナーを一緒に食べたい人」を募集している。来年の大統領選挙での再選に備えたPR活動の一環だ。公式HPで応募がスタートされるや否や、ネット上は大騒ぎになっている。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング