トランプ大統領、米国の「生得権」を廃止する意向を表明

トランプ大統領、米国の「生得権」を廃止する意向を表明

「アメリカで生まれた子供は自動的に米国民である」という米合衆国憲法は、150年前から継続するものだ。しかし、米中間選挙を直前に控えた10月31日、トランプ大統領は、その憲法を廃止する大統領令を発令する意向であることをTV番組のインタビューで述べ、世界を驚かせている。この大統領令の発令は合法なのか?


親が米国人ではないのに自動的に子供が米国人になれるのはおかしい

 移民に対する強硬な姿勢を貫くトランプ大統領が、米ケーブルTV局HBOの番組内のインタビューで、150年前から続く米合衆国憲法における生得権を廃止するつもりだと話し、「移民の国アメリカ」の根幹を揺るがす発言だとして大きな論議を呼んでいる。

 米合衆国憲法修正第14条には、“All persons born or naturalized in the United States and subject to the jurisdiction thereof, are citizens of the United States and of the State wherein they reside.”(アメリカ合衆国で生まれ、あるいは帰化した者、およびその司法権に属することになった者すべてはアメリカ合衆国市民であり、その人が住む州の市民である)と記載されており、さらに「合衆国市民の特権または免除権を制限してはならない」等とも記されている。

 この憲法は自由の国アメリカの象徴としても知られており、この憲法のもと、「子供にアメリカ国籍を与えたい」と、日本人を含む世界中から大勢の人たちが意図的にアメリカで出産してきたことも周知の事実だ。しかし、移民に厳しい姿勢を打ち出すトランプ大統領は、自身の支持率が試される中間選挙を目前に控え、150年間継続してきた憲法に異議を唱えたのである。

中間選挙に照準を合わせた爆弾発言 移民に強硬な自分をアピール

 トランプ大統領は、この大統領令をいつ発令するかは明らかにしていない。しかも、大統領令によって米国憲法を改定するには長い年月がかかる上(法的に発令可能なものか否かの裁判所における審議も含め)、大統領自身が属する共和党内からも、この大統領発言については批判的な声が高い。よって、この発言に即効力はないと考えられるが、この発言が移民に批判的な支持者たちに大きなインパクトを与えたのは明らかだ。

 トランプ大統領はこの爆弾発言の前日に、南米からアメリカを目指して行進を続ける数千人もの「亡命希望者のキャラバン」の北上に備えて、5,200人からなる軍隊をメキシコとの国境警備に派遣することを発表したばかり。11月6日(日本時間7日)に
控えた中間選挙を控え、この大統領発言が投票結果にどう反映されるのか、米国内外で注目されている。

参考記事:CNN
Trump claims he can defy Constitution and end birthright citizenship

この記事の寄稿者

関連する投稿


アメリカでタイダイ柄がカムバック! 政治の影響がファッションに

アメリカでタイダイ柄がカムバック! 政治の影響がファッションに

1960年代のアメリカを一世風靡したヒッピー・ムーブメント。その頃の若者たちが着ていたカラフルな絞り染め、「タイダイ柄」を覚えているだろうか? 1950年代の厳しい社会的規範から逃れて自由を謳歌し、個人を表現するカウンター・カルチャーのシンボルとして大流行したタイダイ柄が、アメリカで再び流行り出しているようだ。


人工中絶はいつでも出来る?

人工中絶はいつでも出来る?

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが語る。米バーモント州で、妊娠週に関係なく人工中絶できるという法案が可決したことで教会は大騒ぎ。アメリカはどこに行くのだろう?


アメリカで「チーズ・ティー」は流行るのか?

アメリカで「チーズ・ティー」は流行るのか?

「抹茶」がアメリカで初めてブームになったとき、そのまま抹茶が茶市場に定着すると思った人はどれほどいただろうか? あとに続いた「コンブチャ」も「ボバ・ティー」も同様に一過性ではなく定着した。そんな中、中国や台湾で流行っている「チーズ・ティー」がアメリカに進出したが、第4の流行茶になるだろうか?


トランスジェンダーの選手とそうでない選手の競争はフェアーなのか?

トランスジェンダーの選手とそうでない選手の競争はフェアーなのか?

米テキサス州に暮らすイスラム教徒のジャーナリスト・西森マリーが、米国内でも報道されにくい保守派の声やテキサス州など南部の住民たちの声をお届けするコラム。今回は、生まれたときの性別と異なる性別で活躍するトランスジェンダーのスポーツ選手たちが、そうでない選手との身体能力差が大きく議論されている問題について。


アマゾンは、なぜニューヨークの第2本社計画を断念したのか?

アマゾンは、なぜニューヨークの第2本社計画を断念したのか?

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回はアマゾン・ドットコム社が、ニューヨークに第2本社を建設する計画を突然取りやめると発表した件について、リベラル派の意見を述べる。






最新の投稿


成功への選択「理想の家」2019年3月22日~3月28日

成功への選択「理想の家」2019年3月22日~3月28日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


【Red vs. Blue】米国土安全保障省、留学生の取締まりのため「おとり」の偽造大学設立

【Red vs. Blue】米国土安全保障省、留学生の取締まりのため「おとり」の偽造大学設立

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は不法滞在者のおとり捜査をするために、米国土安全保障省が「おとりの偽造大学」を創設していたことについて。


ミレニアル世代は「社会主義」のイメージまで塗り替える?

ミレニアル世代は「社会主義」のイメージまで塗り替える?

アメリカ生活20年強。翻訳家の高柳準が、アメリカ文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回は資本主義よりも社会主義に魅せられるという、ミレニアル世代たちについて。なぜ今、社会主義なのだろう?


アメリカの若者は占星術の虜?

アメリカの若者は占星術の虜?

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生たちのトレンドなどの情報をお届けする。今回は占いにハマる人が急増中という、アメリカのミレニアル世代たちについて。


アメリカでタイダイ柄がカムバック! 政治の影響がファッションに

アメリカでタイダイ柄がカムバック! 政治の影響がファッションに

1960年代のアメリカを一世風靡したヒッピー・ムーブメント。その頃の若者たちが着ていたカラフルな絞り染め、「タイダイ柄」を覚えているだろうか? 1950年代の厳しい社会的規範から逃れて自由を謳歌し、個人を表現するカウンター・カルチャーのシンボルとして大流行したタイダイ柄が、アメリカで再び流行り出しているようだ。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング