米中間選挙:今回は選挙に行く! 勢いづくアメリカの若者たち

米中間選挙:今回は選挙に行く! 勢いづくアメリカの若者たち

米中間選挙まで、あとわずか。 この選挙は米上院下院議員を選出するもので、この結果により議会の与党と野党が入れ替わる可能性があるが、4年に一度の大統領選に比べると中間選挙の得票率は低いのが通常だ。しかし、今回の中間選挙には、普段は投票しない大勢の若者たちが「投票しよう!」と立ち上がる動きが広がっていることが注目されている。


いつもは見ているだけの若者たちが今回は投票する?!

 これまでは政治には無関心、敢えてよく言えば静観してきた大勢のアメリカの学生や若者たち(18歳〜29歳)。伝統的に若年層の投票率は低く、中間選挙における過去最高は1986年の21%だった。2016年の大統領選ではこの層は46.1%だったが、それでも米国勢調査データによると年齢別では最低の投票率だった。

 しかし先週、ハーバード大学の政治研究機関 Harvard Kennedy School Institute of Politicsが「今回の中間選挙では、2010年と2014年の選挙よりも多くの若者たちが投票する」という世論調査を発表。今回の中間選挙に「必ず投票する」と答えた若年層は40%もいた。

 この調査結果によると、この「30歳以下の若者たちの層」によるトランプ大統領の承認率は26%と低く、 2年後の大統領選挙では「トランプ大統領には決して投票しない」と回答した人は、全体の59%という高い数字を出したという。

2年前の大統領選で投票しなかったことを反省 現状を変えたい!

 アメリカの大手メディアは今回の中間選挙は民主党が優勢だと報道しているが、2年前の大統領選の際にもそう報道し、結果は真逆だった。そして、その大統領選には「支持したい候補者がいない」、「どうせ何も変わらない」、「めんどくさい」などの理由から若年層の半数以上が投票に行かなかった。

 しかし、トランプ政権発足後に高校やクラブ、コンサート会場など若者が集まる場所で銃乱射事件が多発し、多くの被害者が出たことで、銃規制を訴える若者たちの運動が全米で急速に拡大。「投票しよう!」というキャンペーンが各地の大学などを中心に展開され、今年9月に行われた中間選挙への投票登録キャンペーンNational Voter Registration Dayでは1日で80万人も登録した。

 この若年層による投票は政党の議席数に影響を及ぼす可能性が高く、前出の世論調査からもこの層の多数派がリベラル派を支持しているため、民主党やリベラル系非営利団体の多くが若年層の獲得に注力している。

 なかでも、広告代理店と進歩派団体のAcronymが組んで若年層を対象にSNSで投票を呼びかけるCM映像シリーズが面白いと話題に。特に「 Dear Young People, Don’t Vote: A Knock the Vote 」という、シニア市民が「我々は投票に行くけれど、あなたたちは行かない」、「富裕層への減税? 大賛成だ、なんせ私は驚くほど金持ちだからな」、「地球温暖化? それは、あなた方の問題よ。私はすぐ死ぬんだから」、「トランプ? 彼こそが男よ」などと辛辣な皮肉を次々に若者になげかける1分間の映像は、YouTubeだけでも1カ月で46万8千ビューを超えている。さて、実際どのくらいの若年層が中間選挙に投票するだろうか。

この記事の寄稿者

関連する投稿


成功への選択「入浴剤」2019年1月18日~1月24日

成功への選択「入浴剤」2019年1月18日~1月24日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


アメリカの本当の顔とは?

アメリカの本当の顔とは?

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、時代の変化に柔軟性のない共和党(保守)に対して、民主党(リベラル)がいかにそうした変化を受け入れて柔軟であるかを軸に、アメリカのあるべき今後の姿について語る。


誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

エンターテインメントの街、ラスベガスは、カナダに本拠地のあるシルク・ドゥ・ソレイユのアメリカ拠点としても知られている。現在ラスベガスでは6つのショーが上演されているが、その本場の舞台に出演中の日本人パフォーマーが、新しいビジネスをスタートさせた。ラスベガス旅行を計画している人には特に注目の新情報だ。


あれから1年、#MeToo はどうなった?

あれから1年、#MeToo はどうなった?

アメリカ生活20年強。翻訳家の高柳準が、アメリカ文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回はハリウッド界に端を発する「#MeToo」について。女性差別問題は根深く、複雑化しやすい。性別や文化により、セクハラと性犯罪の違いに対する意識の違いを浮き彫りにしたこの運動、あれからどうなったのだろう?


アメリカ版の福袋? 女子力アップの「サブスクリプション・ボックス」

アメリカ版の福袋? 女子力アップの「サブスクリプション・ボックス」

日本の1月の風物詩のひとつである「福袋」。今年も85,000円もする「ジャイアント馬場福袋」があっという間に完売したり、新たな出会いを願う人のための「婚活福袋」が登場したりと世間を賑わせたが、アメリカにも福袋の発想に近い商品がある。それは若い女性を中心に人気を博している「サブスクリプション・ボックス」だ。その箱の中身とは?






最新の投稿


成功への選択「入浴剤」2019年1月18日~1月24日

成功への選択「入浴剤」2019年1月18日~1月24日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


アメリカの本当の顔とは?

アメリカの本当の顔とは?

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、時代の変化に柔軟性のない共和党(保守)に対して、民主党(リベラル)がいかにそうした変化を受け入れて柔軟であるかを軸に、アメリカのあるべき今後の姿について語る。


誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

エンターテインメントの街、ラスベガスは、カナダに本拠地のあるシルク・ドゥ・ソレイユのアメリカ拠点としても知られている。現在ラスベガスでは6つのショーが上演されているが、その本場の舞台に出演中の日本人パフォーマーが、新しいビジネスをスタートさせた。ラスベガス旅行を計画している人には特に注目の新情報だ。


あれから1年、#MeToo はどうなった?

あれから1年、#MeToo はどうなった?

アメリカ生活20年強。翻訳家の高柳準が、アメリカ文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回はハリウッド界に端を発する「#MeToo」について。女性差別問題は根深く、複雑化しやすい。性別や文化により、セクハラと性犯罪の違いに対する意識の違いを浮き彫りにしたこの運動、あれからどうなったのだろう?


アメリカ版の福袋? 女子力アップの「サブスクリプション・ボックス」

アメリカ版の福袋? 女子力アップの「サブスクリプション・ボックス」

日本の1月の風物詩のひとつである「福袋」。今年も85,000円もする「ジャイアント馬場福袋」があっという間に完売したり、新たな出会いを願う人のための「婚活福袋」が登場したりと世間を賑わせたが、アメリカにも福袋の発想に近い商品がある。それは若い女性を中心に人気を博している「サブスクリプション・ボックス」だ。その箱の中身とは?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング