米中間選挙:今回は選挙に行く! 勢いづくアメリカの若者たち

米中間選挙:今回は選挙に行く! 勢いづくアメリカの若者たち

米中間選挙まで、あとわずか。 この選挙は米上院下院議員を選出するもので、この結果により議会の与党と野党が入れ替わる可能性があるが、4年に一度の大統領選に比べると中間選挙の得票率は低いのが通常だ。しかし、今回の中間選挙には、普段は投票しない大勢の若者たちが「投票しよう!」と立ち上がる動きが広がっていることが注目されている。


いつもは見ているだけの若者たちが今回は投票する?!

 これまでは政治には無関心、敢えてよく言えば静観してきた大勢のアメリカの学生や若者たち(18歳〜29歳)。伝統的に若年層の投票率は低く、中間選挙における過去最高は1986年の21%だった。2016年の大統領選ではこの層は46.1%だったが、それでも米国勢調査データによると年齢別では最低の投票率だった。

 しかし先週、ハーバード大学の政治研究機関 Harvard Kennedy School Institute of Politicsが「今回の中間選挙では、2010年と2014年の選挙よりも多くの若者たちが投票する」という世論調査を発表。今回の中間選挙に「必ず投票する」と答えた若年層は40%もいた。

 この調査結果によると、この「30歳以下の若者たちの層」によるトランプ大統領の承認率は26%と低く、 2年後の大統領選挙では「トランプ大統領には決して投票しない」と回答した人は、全体の59%という高い数字を出したという。

2年前の大統領選で投票しなかったことを反省 現状を変えたい!

 アメリカの大手メディアは今回の中間選挙は民主党が優勢だと報道しているが、2年前の大統領選の際にもそう報道し、結果は真逆だった。そして、その大統領選には「支持したい候補者がいない」、「どうせ何も変わらない」、「めんどくさい」などの理由から若年層の半数以上が投票に行かなかった。

 しかし、トランプ政権発足後に高校やクラブ、コンサート会場など若者が集まる場所で銃乱射事件が多発し、多くの被害者が出たことで、銃規制を訴える若者たちの運動が全米で急速に拡大。「投票しよう!」というキャンペーンが各地の大学などを中心に展開され、今年9月に行われた中間選挙への投票登録キャンペーンNational Voter Registration Dayでは1日で80万人も登録した。

 この若年層による投票は政党の議席数に影響を及ぼす可能性が高く、前出の世論調査からもこの層の多数派がリベラル派を支持しているため、民主党やリベラル系非営利団体の多くが若年層の獲得に注力している。

 なかでも、広告代理店と進歩派団体のAcronymが組んで若年層を対象にSNSで投票を呼びかけるCM映像シリーズが面白いと話題に。特に「 Dear Young People, Don’t Vote: A Knock the Vote 」という、シニア市民が「我々は投票に行くけれど、あなたたちは行かない」、「富裕層への減税? 大賛成だ、なんせ私は驚くほど金持ちだからな」、「地球温暖化? それは、あなた方の問題よ。私はすぐ死ぬんだから」、「トランプ? 彼こそが男よ」などと辛辣な皮肉を次々に若者になげかける1分間の映像は、YouTubeだけでも1カ月で46万8千ビューを超えている。さて、実際どのくらいの若年層が中間選挙に投票するだろうか。

この記事の寄稿者

関連する投稿


アメリカでタイダイ柄がカムバック! 政治の影響がファッションに

アメリカでタイダイ柄がカムバック! 政治の影響がファッションに

1960年代のアメリカを一世風靡したヒッピー・ムーブメント。その頃の若者たちが着ていたカラフルな絞り染め、「タイダイ柄」を覚えているだろうか? 1950年代の厳しい社会的規範から逃れて自由を謳歌し、個人を表現するカウンター・カルチャーのシンボルとして大流行したタイダイ柄が、アメリカで再び流行り出しているようだ。


人工中絶はいつでも出来る?

人工中絶はいつでも出来る?

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが語る。米バーモント州で、妊娠週に関係なく人工中絶できるという法案が可決したことで教会は大騒ぎ。アメリカはどこに行くのだろう?


アメリカで「チーズ・ティー」は流行るのか?

アメリカで「チーズ・ティー」は流行るのか?

「抹茶」がアメリカで初めてブームになったとき、そのまま抹茶が茶市場に定着すると思った人はどれほどいただろうか? あとに続いた「コンブチャ」も「ボバ・ティー」も同様に一過性ではなく定着した。そんな中、中国や台湾で流行っている「チーズ・ティー」がアメリカに進出したが、第4の流行茶になるだろうか?


トランスジェンダーの選手とそうでない選手の競争はフェアーなのか?

トランスジェンダーの選手とそうでない選手の競争はフェアーなのか?

米テキサス州に暮らすイスラム教徒のジャーナリスト・西森マリーが、米国内でも報道されにくい保守派の声やテキサス州など南部の住民たちの声をお届けするコラム。今回は、生まれたときの性別と異なる性別で活躍するトランスジェンダーのスポーツ選手たちが、そうでない選手との身体能力差が大きく議論されている問題について。


アマゾンは、なぜニューヨークの第2本社計画を断念したのか?

アマゾンは、なぜニューヨークの第2本社計画を断念したのか?

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回はアマゾン・ドットコム社が、ニューヨークに第2本社を建設する計画を突然取りやめると発表した件について、リベラル派の意見を述べる。






最新の投稿


成功への選択「理想の家」2019年3月22日~3月28日

成功への選択「理想の家」2019年3月22日~3月28日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


【Red vs. Blue】米国土安全保障省、留学生の取締まりのため「おとり」の偽造大学設立

【Red vs. Blue】米国土安全保障省、留学生の取締まりのため「おとり」の偽造大学設立

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は不法滞在者のおとり捜査をするために、米国土安全保障省が「おとりの偽造大学」を創設していたことについて。


ミレニアル世代は「社会主義」のイメージまで塗り替える?

ミレニアル世代は「社会主義」のイメージまで塗り替える?

アメリカ生活20年強。翻訳家の高柳準が、アメリカ文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回は資本主義よりも社会主義に魅せられるという、ミレニアル世代たちについて。なぜ今、社会主義なのだろう?


アメリカの若者は占星術の虜?

アメリカの若者は占星術の虜?

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生たちのトレンドなどの情報をお届けする。今回は占いにハマる人が急増中という、アメリカのミレニアル世代たちについて。


アメリカでタイダイ柄がカムバック! 政治の影響がファッションに

アメリカでタイダイ柄がカムバック! 政治の影響がファッションに

1960年代のアメリカを一世風靡したヒッピー・ムーブメント。その頃の若者たちが着ていたカラフルな絞り染め、「タイダイ柄」を覚えているだろうか? 1950年代の厳しい社会的規範から逃れて自由を謳歌し、個人を表現するカウンター・カルチャーのシンボルとして大流行したタイダイ柄が、アメリカで再び流行り出しているようだ。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング