米消費者調査の結果が対極! 保守とリベラルは好きな商品まで異なる

米消費者調査の結果が対極! 保守とリベラルは好きな商品まで異なる

米中間選挙を目前にして、先日発表されたリサーチ機関シモンズによる「アメリカ消費者スタディー2018年冬編」の調査結果を米各紙が取り上げている。アメリカが抱える移民や国民健康保険の問題から地球温暖化まで、ことごとく意見が分かれる保守派とリベラル派だが、食品や洋服のブランドまで二者の好みが極端に異なることが分かった。


保守派の車はChevrolet、リベラル派はSubaruは定番。ではスーパーや携帯は?

 「アメリカ消費者スタディー2018年冬編」(the winter 2018 edition of the National Consumer Study)の調査結果が発表され、中間選挙を前に保守的な国民と、リベラル的な国民は日常品から嗜好品、車にいたるまで、好みのブランドや支持する商品が分かれることが判明した。

 その調査結果の中から36カテゴリーを選び、『ポリティコ・マガジン』紙が独自に作成したグラフが面白い。たとえば、保守派に最も人気が高い自動車メーカーはChevrolet、リベラル派に最も支持されている車はSubaru。これはアメリカではよく知られたことだが、同誌が選んだ他の35カテゴリーは、それぞれが好きなスーパーマーケットや洋服のブランド、乳製品や飲料、携帯電話、雑誌、ファストフードやホテル・チェーンなど、思わず結果が知りたくなるようなものが並んでいる。

 気になるスーパーマーケットは、保守派に最も人気があるのが、大手ウォルマートが経営する会員制大型量販店「Sam's Club」、リベラル派は「Trader Joe’s」。好きなコンピューターは保守派は「HP」、リベラル派は「Mac」。携帯電話は保守派が「Samsung」、リベラル派は「iPhone」。好きな飲料商品は保守派が世界的に支持されている「ダイエット・ペプシ」で、リベラル派は健康的との支持が高い「LaCroix」だった。

それぞれが支持する新聞、テレビ局、雑誌で傾向がわかる

 「アメリカの大手メディアはリベラルな報道しかしない」と継続して声を上げている「FOX News」が保守派が最も支持するケーブルTV局で、リベラル派が支持するのはトランプ政権に真っ向から立ち向かう「CNN」とは周知の事実だが、今回の調査結果もそれは同様だった。

 新聞は、保守派が「ウォール・ストリート・ジャーナル」紙、リベラル派は「ニューヨーク・タイムス」紙。日本人にはあまり馴染みがないかも知れないが、最も好きな雑誌としてリベラル派が選んだのは1857年創刊のニュース・マガジン『Atlantic』で、保守派が最も好きな雑誌として選んだのは『Guns & Ammo』(銃と弾薬)だった。

 ちなみに、ひとつだけ両派が同じ商品を選んだカテゴリーがあった。それは「国産ビール」で、選ばれた銘柄は「Coors」だった。国産ビールに対するアメリカ人の思いだけは、どちら派であっても同じようだ。

この記事の寄稿者

関連する投稿


人工中絶はいつでも出来る?

人工中絶はいつでも出来る?

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが語る。米バーモント州で、妊娠週に関係なく人工中絶できるという法案が可決したことで教会は大騒ぎ。アメリカはどこに行くのだろう?


トランスジェンダーの選手とそうでない選手の競争はフェアーなのか?

トランスジェンダーの選手とそうでない選手の競争はフェアーなのか?

米テキサス州に暮らすイスラム教徒のジャーナリスト・西森マリーが、米国内でも報道されにくい保守派の声やテキサス州など南部の住民たちの声をお届けするコラム。今回は、生まれたときの性別と異なる性別で活躍するトランスジェンダーのスポーツ選手たちが、そうでない選手との身体能力差が大きく議論されている問題について。


アマゾンは、なぜニューヨークの第2本社計画を断念したのか?

アマゾンは、なぜニューヨークの第2本社計画を断念したのか?

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回はアマゾン・ドットコム社が、ニューヨークに第2本社を建設する計画を突然取りやめると発表した件について、リベラル派の意見を述べる。


リベラル派がフェイクニュースと呼ぶ「FOXニュース」視聴率、全米1位

リベラル派がフェイクニュースと呼ぶ「FOXニュース」視聴率、全米1位

トランプ大統領が唯一、フェイクニュースと呼ばないテレビ局としても知られる「FOXニュース・チャンネル」が、米ケーブル局の視聴率調査でCNNなどの大手局を抑えて、堂々たる1位を継続中だ。なぜ、FOXニュースはこれほど人気が高いのだろうか?


トランプ大統領、保守派も唖然としたタブー発言で人気高騰

トランプ大統領、保守派も唖然としたタブー発言で人気高騰

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、ポリティカル・コレクトネスに反するとして、歴代の米大統領たちが「演説や発言では使わなかった三文字」をトランプ大統領が頻繁に使うことについて。






最新の投稿


アメリカでタイダイ柄がカムバック! 政治の影響がファッションに

アメリカでタイダイ柄がカムバック! 政治の影響がファッションに

1960年代のアメリカを一世風靡したヒッピー・ムーブメント。その頃の若者たちが着ていたカラフルな絞り染め、「タイダイ柄」を覚えているだろうか? 1950年代の厳しい社会的規範から逃れて自由を謳歌し、個人を表現するカウンター・カルチャーのシンボルとして大流行したタイダイ柄が、アメリカで再び流行り出しているようだ。


成功への選択「時よ、止まれ!」2019年3月15日~3月21日

成功への選択「時よ、止まれ!」2019年3月15日~3月21日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


人工中絶はいつでも出来る?

人工中絶はいつでも出来る?

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが語る。米バーモント州で、妊娠週に関係なく人工中絶できるという法案が可決したことで教会は大騒ぎ。アメリカはどこに行くのだろう?


アメリカで「チーズ・ティー」は流行るのか?

アメリカで「チーズ・ティー」は流行るのか?

「抹茶」がアメリカで初めてブームになったとき、そのまま抹茶が茶市場に定着すると思った人はどれほどいただろうか? あとに続いた「コンブチャ」も「ボバ・ティー」も同様に一過性ではなく定着した。そんな中、中国や台湾で流行っている「チーズ・ティー」がアメリカに進出したが、第4の流行茶になるだろうか?


トランスジェンダーの選手とそうでない選手の競争はフェアーなのか?

トランスジェンダーの選手とそうでない選手の競争はフェアーなのか?

米テキサス州に暮らすイスラム教徒のジャーナリスト・西森マリーが、米国内でも報道されにくい保守派の声やテキサス州など南部の住民たちの声をお届けするコラム。今回は、生まれたときの性別と異なる性別で活躍するトランスジェンダーのスポーツ選手たちが、そうでない選手との身体能力差が大きく議論されている問題について。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング