米消費者調査の結果が対極! 保守とリベラルは好きな商品まで異なる

米消費者調査の結果が対極! 保守とリベラルは好きな商品まで異なる

米中間選挙を目前にして、先日発表されたリサーチ機関シモンズによる「アメリカ消費者スタディー2018年冬編」の調査結果を米各紙が取り上げている。アメリカが抱える移民や国民健康保険の問題から地球温暖化まで、ことごとく意見が分かれる保守派とリベラル派だが、食品や洋服のブランドまで二者の好みが極端に異なることが分かった。


保守派の車はChevrolet、リベラル派はSubaruは定番。ではスーパーや携帯は?

 「アメリカ消費者スタディー2018年冬編」(the winter 2018 edition of the National Consumer Study)の調査結果が発表され、中間選挙を前に保守的な国民と、リベラル的な国民は日常品から嗜好品、車にいたるまで、好みのブランドや支持する商品が分かれることが判明した。

 その調査結果の中から36カテゴリーを選び、『ポリティコ・マガジン』紙が独自に作成したグラフが面白い。たとえば、保守派に最も人気が高い自動車メーカーはChevrolet、リベラル派に最も支持されている車はSubaru。これはアメリカではよく知られたことだが、同誌が選んだ他の35カテゴリーは、それぞれが好きなスーパーマーケットや洋服のブランド、乳製品や飲料、携帯電話、雑誌、ファストフードやホテル・チェーンなど、思わず結果が知りたくなるようなものが並んでいる。

 気になるスーパーマーケットは、保守派に最も人気があるのが、大手ウォルマートが経営する会員制大型量販店「Sam's Club」、リベラル派は「Trader Joe’s」。好きなコンピューターは保守派は「HP」、リベラル派は「Mac」。携帯電話は保守派が「Samsung」、リベラル派は「iPhone」。好きな飲料商品は保守派が世界的に支持されている「ダイエット・ペプシ」で、リベラル派は健康的との支持が高い「LaCroix」だった。

それぞれが支持する新聞、テレビ局、雑誌で傾向がわかる

 「アメリカの大手メディアはリベラルな報道しかしない」と継続して声を上げている「FOX News」が保守派が最も支持するケーブルTV局で、リベラル派が支持するのはトランプ政権に真っ向から立ち向かう「CNN」とは周知の事実だが、今回の調査結果もそれは同様だった。

 新聞は、保守派が「ウォール・ストリート・ジャーナル」紙、リベラル派は「ニューヨーク・タイムス」紙。日本人にはあまり馴染みがないかも知れないが、最も好きな雑誌としてリベラル派が選んだのは1857年創刊のニュース・マガジン『Atlantic』で、保守派が最も好きな雑誌として選んだのは『Guns & Ammo』(銃と弾薬)だった。

 ちなみに、ひとつだけ両派が同じ商品を選んだカテゴリーがあった。それは「国産ビール」で、選ばれた銘柄は「Coors」だった。国産ビールに対するアメリカ人の思いだけは、どちら派であっても同じようだ。

この記事の寄稿者

関連する投稿


アメリカの本当の顔とは?

アメリカの本当の顔とは?

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、時代の変化に柔軟性のない共和党(保守)に対して、民主党(リベラル)がいかにそうした変化を受け入れて柔軟であるかを軸に、アメリカのあるべき今後の姿について語る。


テキサス州で「6才の男の子の性転換」が裁判に?!

テキサス州で「6才の男の子の性転換」が裁判に?!

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。新年の初回はテキサスで行われている裁判、「6才男児はトランスジェンダーなのか、否か」が全米の注目を集めていることについて紹介しよう。


2019年、「狂気vs正気」アメリカはどこへ?

2019年、「狂気vs正気」アメリカはどこへ?

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが語る。2019年は米大統領選挙の前年。次期大統領候補者についての話題が増えるのは必須だ。ますます国の分断が進みそうな予感だが……?


【Red vs. Blue】外国人の受け入れ対応に変化を迫られる日本

【Red vs. Blue】外国人の受け入れ対応に変化を迫られる日本

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は外国人労働者の受け入れ拡大に繋がる改正出入国管理法が成立した日本について、アメリカ人両派の意見を聞いた。


年の瀬に「真の多様性」を考える

年の瀬に「真の多様性」を考える

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが語る。中間選挙の影響もあり、リベラルと保守の対立を感じるニュースが目立った今年。しかし年の瀬は真のアメリカの良さを感じることも。






最新の投稿


成功への選択「入浴剤」2019年1月18日~1月24日

成功への選択「入浴剤」2019年1月18日~1月24日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


アメリカの本当の顔とは?

アメリカの本当の顔とは?

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、時代の変化に柔軟性のない共和党(保守)に対して、民主党(リベラル)がいかにそうした変化を受け入れて柔軟であるかを軸に、アメリカのあるべき今後の姿について語る。


誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

エンターテインメントの街、ラスベガスは、カナダに本拠地のあるシルク・ドゥ・ソレイユのアメリカ拠点としても知られている。現在ラスベガスでは6つのショーが上演されているが、その本場の舞台に出演中の日本人パフォーマーが、新しいビジネスをスタートさせた。ラスベガス旅行を計画している人には特に注目の新情報だ。


あれから1年、#MeToo はどうなった?

あれから1年、#MeToo はどうなった?

アメリカ生活20年強。翻訳家の高柳準が、アメリカ文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回はハリウッド界に端を発する「#MeToo」について。女性差別問題は根深く、複雑化しやすい。性別や文化により、セクハラと性犯罪の違いに対する意識の違いを浮き彫りにしたこの運動、あれからどうなったのだろう?


アメリカ版の福袋? 女子力アップの「サブスクリプション・ボックス」

アメリカ版の福袋? 女子力アップの「サブスクリプション・ボックス」

日本の1月の風物詩のひとつである「福袋」。今年も85,000円もする「ジャイアント馬場福袋」があっという間に完売したり、新たな出会いを願う人のための「婚活福袋」が登場したりと世間を賑わせたが、アメリカにも福袋の発想に近い商品がある。それは若い女性を中心に人気を博している「サブスクリプション・ボックス」だ。その箱の中身とは?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング