中間選挙の結果がトランプ再選にとって好都合なワケ

中間選挙の結果がトランプ再選にとって好都合なワケ

テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。先日の米中間選挙で、トランプ率いる共和党は下院の過半数を民主党に取り返されてしまったが、保守派たちは「この方がトランプ再選に向けて好都合だ」と思っているのだ。


トランプ支持は不動! 選挙結果はプラスに働く

 アメリカでは大統領選の2年後の中間選挙は「大統領への信任投票」と見られており、通常は政権党が下院で30~35席、上院で4~5議席を失う。

 今回の中間選挙には52億ドルという、史上最高の費用がかかった。民主党が費やした額は選挙費として公表されている額だけでも共和党の額を3億3,000万ドル以上も上回り、私が住んでいるテキサス州でも民主党は共和党の2倍以上もの選挙費をかけていた。こうした状況下にあっても、共和党が下院で27議席しか失わず、上院では3議席も増やしたことは、トランプ政権にとってポジティブな結果と言って過言ではない。オバマ前大統領は2010年の中間選挙で下院63議席、上院6議席も失っている。

 「ねじれ議会」は、トランプが推す政策が通らないという点ではネガティブな結果と言えるかもしれない。しかし、今回追い出された共和党議員のほとんどは民主党が強い選挙区出身の中道派で、そもそもトランプの保守的な政策に反対票を投じていたので、トランプにとっては「プラス・マイナス・ゼロ」だ。

 しかも、もし中道派の共和党議員が再選され、共和党が下院で過半数を保っている状態でトランプの政策が通らなかったとしたら、トランプの支持者たちは「上下両院で共和党が過半数なのに、なぜ未だにメキシコ国境に壁が建てられないんだ!」と、不満を感じるだろう。支持者たちの苛立ちや不満は投票の原動力にならない。

 その代わりに、今回の結果から生まれた「ねじれ議会」は、2020年の再選選挙の際にトランプに最高の言い訳を与えてくれることになる。トランプは「下院で過半数を持つ民主党が、私の政策を妨害している!」と、民主党に対する怒りを煽り、自分の支持者を投票所へと駆り立てることができるからだ。以前も当コラムで書いたが、「怒り」は有権者を投票所に向かわせるための最高の機動力である。

「今回の結果」を出したトランプは大統領再選の可能性が高い

 僅差ながらも上院での共和党の勝利もばかにならない。アンチ・トランプの共和党議員2人が引退し、その代わりにトランプ支持派の候補が当選した。また、通称カヴァナー・スキャンダル(民主党が証拠のないレイプ疑惑に焦点を当てて、トランプが任命した同判事の最高裁就任を阻止しようとした)の際に、激しくカヴァナー判事を批判した民主党議員4人が落選し、トランプを全面的に支持する共和党候補が当選した。

 それ故、たとえ人工妊娠中絶などに関して民主党に近い思想を持つコリンズ議員とマーカウスキー議員のような共和党女性議員が反対しても、上院は次々にトランプが任命する保守派判事を控訴裁判所に送り込むことができるのだ。トランプ支持者にとって最大の課題は「連邦裁判所で保守派判事を増やすこと」なので、これはトランプ再選には非常に有利な展開になる。

 また、各州の知事選の結果も見逃せない。両党にとって最も重要な州は、選挙の度にどちらに転ぶかが分からない激戦州のオハイオ州とフロリダ州だ。今回の中間選挙で民主党はこの2州に共和党の2倍以上の大金をつぎ込んで、オバマ夫妻やセレブたちも特にこの2州の民主党候補を積極的に応援していた。それにも関わらず両州の知事選でトランプが応援した共和党候補が勝っただけでなく、フロリダ州では現役の民主党上院議員を共和党候補が負かしたため、保守派は2020年の大統領選でトランプが再選される可能性はすごく高いと思っている。

 ちなみに、私が住むテキサス州では、第2選挙区で当選し、共和党下院議員になったハーバード大卒の元ネイヴィー・シールズ、ダニエル・クレンショーが話題になっている。米軍兵士として戦ってアフガニスタンで右目を失い、アイパッチをつけているクレンショー議員は、まるでハリウッドの海賊映画に出てくるスターのようなイケメンで、女性にも人気が高い。将来は大統領との呼び声も高い議員なので、日本のみなさんも彼の名前を覚えておいて損はないだろう。

この記事の寄稿者

エジプト、カイロ大学で比較言語心理学を専攻。1989年から1994年までNHK関東ローカル・ニュース、NHK教育テレビ『英語会話I 』講師、NHK海外向け英語放送ラジオ・ジャパンのDJ、テレビ朝日系『CNNモーニング』キャスターを務め、1994年にオランダに移住。1998年、拠点をテキサスに移し、”レッド・ステイト(共和党が強い州)に住むイスラム教徒”というユニークな立場からアメリカでも日本でも報道されていないアメリカ保守派の視点を伝えている。

著書:
『ドナルド・トランプはなぜ大統領になれたのか?アメリカを蝕むリベラル・エリートの真実』(星海社)
『レッド・ステイツの真実 アメリカの知られざる実像に迫る』(研究社)
『世界のエリートがみんな使っているシェイクスピアの英語』(講談社)
『聖書をわかれば英語はもっと分かる』(講談社)

関連する投稿


二極化するアメリカを操るのは富者

二極化するアメリカを操るのは富者

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回はここまで分断が進んでしまったアメリカを操るのは誰なのか、リベラルな著者の見解を披露する。


どんなに銃撃事件が続いても、銃を手放さない米保守派の言い分とは?

どんなに銃撃事件が続いても、銃を手放さない米保守派の言い分とは?

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、罪のない大勢の人々が犠牲になる悲惨な銃撃事件が立て続けに起きているアメリカで、銃規制に断固として反対し続ける保守派の見解を著者が解説する。


【Red vs. Blue】「白人共和国」を望む共和党は、自由の国アメリカを破壊するのか?

【Red vs. Blue】「白人共和国」を望む共和党は、自由の国アメリカを破壊するのか?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回はタイム誌の「共和党はアメリカを白人共和国にするためにトランプを支持し、アメリカを破壊しようとしている」という記事について。


奴隷制に対する賠償金を支払うのは誰なのか?

奴隷制に対する賠償金を支払うのは誰なのか?

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、トランプ大統領に対抗するリベラル派の大統領候補や政治家たちが「過去の奴隷制に対して賠償金を払うべき」と訴えていることについて、保守派の見解を解説する。


不法移民と合法移民は違うのに

不法移民と合法移民は違うのに

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが語る。極端にリベラルな人の中には、なぜか不法移民と合法移民は同じと考える人がいる。しかし、そこで正しい意見を言うと命の危険も?






最新の投稿


今週の神秘ナンバー占い(2019年9月13日〜19日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年9月13日〜19日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


【Red vs. Blue】投資家に5兆ドル超の損失をもたらしたトランプ大統領のツイッター

【Red vs. Blue】投資家に5兆ドル超の損失をもたらしたトランプ大統領のツイッター

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は『フォーブス』誌による、トランプ大統領のツィッターのつぶやきが投資家心理を悪化させて株価が急反落し、投資家たちは約5兆ドルも失ったという記事について。


猫好き悶絶! キュートなバスボムの中身は?

猫好き悶絶! キュートなバスボムの中身は?

暑くても寒くても、季節には関係なくアメリカで人気を博している入浴剤があるという。ソーシャルメディアの話題をさらっている入浴剤とは?


それ、ほんと? アメリカ人の約半数が下着を毎日は取り替えない?

それ、ほんと? アメリカ人の約半数が下着を毎日は取り替えない?

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをケンタッキー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は先日、米有名紙が掲載した下着に関するアンケート記事を読んで驚愕したというお話。


フェイスブック、アメリカで「デート・アプリ」開始

フェイスブック、アメリカで「デート・アプリ」開始

昨年から19カ国で展開されているフェイスブック社のデート・アプリ、「フェイスブック・デーティング」のサービスがアメリカでも5日(日本時間6日)から開始された。個人情報の流出事故が続く同社によるデート・アプリだけに、「セキュリティーは大丈夫なのか?」という声が飛び交っている。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング