こんなグロテスクな番組が人気に? ニキビ潰し映像に見入るアメリカ人

こんなグロテスクな番組が人気に? ニキビ潰し映像に見入るアメリカ人

ティーンエイジャーにとって最大の悩みのひとつが、ニキビ。成人でも顔や体にあるニキビや吹き出物に悩む人は多い。そんな中、どんなニキビも見事にスッキリと取り除いてしまう美人皮膚科医の存在がインターネット上で広まり、アメリカでは「その女医がニキビを潰す映像を見ること」がサブカルチャー的な人気を誇っているという。


ニキビを潰す快感を得たいフォロワーが増大


 「ドクター・ピンプルポッパー」と呼ばれる皮膚科医が、アメリカでサブカル的な人気を博している。ピンプル(Pimple)とは「ニキビ」、ポッパー(Popper)は「ポンポンとはじく人」、つまり「ニキビをポンポンと潰す医者」というニックネームを持つのが、カリフォルニア州で皮膚科を営むサンドラ・リー女医だ。

 実は以前からインターネット上では、自身のニキビや吹き出物を潰す映像を公開するコミュニティーが小さいながら存在していたという。

 ただ、そういう動画を公開している人の多くが不潔な環境でニキビを潰していることに気づいたリー医師が、「清潔な環境でプロが施術すると、これほど簡単に潰せる」ことを伝えるために自身のYouTubeチャンネルを開設。そこで自分が患者の「黒ニキビをスッキリ出す」様子を撮影したビデオを放映すると、「スッキリと取り除いてしまう爽快感が堪らない」、「最初はギョッとするが、見始めたら止まらなくなった」、「達成感が得られる」など大反響で人気が爆発。大手ワシントンポスト紙で「ネット上でのサブカルチャーを生み出した」と報道されたほど話題になった。

話題沸騰でドクターの冠TV番組まで登場

 リー医師のYouTubeサイトは海外からのアクセスも含めて400万人に達し、フェイスブックのフォロワーは200万人、インスタグラム280万人、ツイッターでは9.1万人のサブスクライバーを持つほどになり、今もなおファンは増え続けている。その人気のすごさに気づいた米ケーブルTV局のTLCがオファーを出して、とうとう同TV局で冠番組まで登場。ちなみに番組の初回プレミア放映は240万人が視聴したヒット番組となった。

 この人気に便乗して、リー医師はSpin Master Games社と共に「Pimple Pete Game」なる、ニキビ潰しゲームまで開発。今月後半からのアメリカのホリデーシーズンを見据え、すでに米Amazon.comの「Holiday Toy List」(クリスマス・プレゼントの提案)にも載っている。アマゾンでは$16.88(約1,700円)だが、大手量販店のウォルマートやターゲット等でも取り扱っているという全米展開だ。

 すでに類似品も登場しており、なかでも肌のような素材の上のプチプチを潰して中身を出すことを繰り返す「Pop It Pal」という商品には、多人種からなるアメリカらしく、肌の色の選択肢もあり、定価は$19.99(約2,200円)。同商品の紹介映像はこちら。もし今年のクリスマス・プレゼントにこの商品が届いたら、きっと多くの人が驚愕するだろう。

 リー医師によると、ニキビを潰すことをやめられない人は「popaholics」と呼ばれ、そして「その様子を見ること」をpopaholicismと呼ぶそうだが、固有名詞をつけられても、それがグロテスクであることは変わらない気がする。幼い頃に夢中になって遊んだ「空気が入った丸いプチプチがついたビニール梱包材をつぶしていく快感」のようなものなのだろうか? 

この記事の寄稿者

関連するキーワード


アメリカ 美容業界

関連する投稿


ゲーム『テトリス』が化粧品に?

ゲーム『テトリス』が化粧品に?

『テトリス』と言ってピンとくるのは、30代半ば以降の人たちだろうか。コンピュータ・ゲームの金字塔とも言えるこのゲーム、発売から35年経った現在もファンは多い。そんなテトリスが、なぜか化粧品を発売するという。


学生たちを借金から解放させた米実業家に賞賛の声

学生たちを借金から解放させた米実業家に賞賛の声

大学の学費が高額なことで知られるアメリカ。親が裕福ではない限り、大抵の学生が卒業後に返済が始まる学生ローンを受けて進学するため、借金を抱えながら社会人になる。それでは若者たちが夢に向かいにくいと、ある実業家が大学を卒業する生徒、約400人分の学生ローン、総額約44億円を肩代わりすると発表。感動と賞賛の声がアメリカを駆け巡った。


知られざる米南部の高い“コンサバ度”

知られざる米南部の高い“コンサバ度”

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをアーカンソー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は沿岸部大都市に比べると驚くほど保守的な文化を誇る南部地域で、著者が経験したことを交えてそのコンサバ度合いを紹介する。


「吸血鬼フェイシャル」施術を受けてHIV感染が明らかに

「吸血鬼フェイシャル」施術を受けてHIV感染が明らかに

数年前に有名タレントがその美容効果を絶賛したことから話題になった「バンパイア・フェイシャル」。まるで吸血鬼のように顔を血塗れにする美容フェイシャルの施術がHIVなどの血液感染症を生む可能性を指摘されていたが、調査の結果、この施術を受けた女性2名がHIVウイルスに感染していたことが判明し、美容業界に不安が拡がっている。


ストリーミング市場を制する米ネットフリックス、加入者数が歴代最大

ストリーミング市場を制する米ネットフリックス、加入者数が歴代最大

世界最大の動画ストリーミング配信企業、米ネットフリックスが、今年の第1四半期の業績を発表し、加入者数は前年同期比8%増で歴代最大の1億4,890万人だと明らかにした。アップルとディズニーの参入で競争が激化するストリーミング市場で今後の伸び悩みが懸念される同社だが、他社との差別化で躍進を続ける構えだ。






最新の投稿


奴隷制に対する賠償金を支払うのは誰なのか?

奴隷制に対する賠償金を支払うのは誰なのか?

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、トランプ大統領に対抗するリベラル派の大統領候補や政治家たちが「過去の奴隷制に対して賠償金を払うべき」と訴えていることについて、保守派の見解を解説する。


今週の神秘ナンバー占い(2019年7月19日~25日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年7月19日~25日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


クレジットカード社会のアメリカらしい、子供向けサービス

クレジットカード社会のアメリカらしい、子供向けサービス

日本とは異なり、アメリカでは50ドル以上の現金を持ち歩く人はとても少ない。「現金はまったく持たず、クレジットカードかデビットカードのみ」という人も大勢いる。そんなカード社会だからこそ重宝されている、子供向けのサービスがある。


50歳以上の女性を対象にした一軒家シェア・マッチングとは

50歳以上の女性を対象にした一軒家シェア・マッチングとは

地域などで差はあるものの、一般的に個人主義と言われるアメリカ人は、高齢になってもひとり暮らしを好む傾向が高い。しかし50歳を過ぎて独身の場合は、必ずしもそうとは言えないようだ。一軒家の所有者で同居人を探している人と、賃貸マンションやアパート暮らしに不安を感じている人をマッチングさせるサイトの人気が上がっているという。


アイデア靴下の大勝利? 旅行やアウトドアの必需品に

アイデア靴下の大勝利? 旅行やアウトドアの必需品に

夏、真っ盛り! 旅行やイベントなどの予定がある人も多い中、海外旅行や野外イベントに行くときに、ちょっと心配なのが貴重品の管理だ。大勢が集まる場所や海外ではスリやひったくりに遭わないよう、昔ながらの腹巻型の貴重品入れに財布やパスポートを入れて持ち歩く人もいるのでは? そんなあなたにオススメなのが、このアイデア靴下だ。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング