こんなグロテスクな番組が人気に? ニキビ潰し映像に見入るアメリカ人

こんなグロテスクな番組が人気に? ニキビ潰し映像に見入るアメリカ人

ティーンエイジャーにとって最大の悩みのひとつが、ニキビ。成人でも顔や体にあるニキビや吹き出物に悩む人は多い。そんな中、どんなニキビも見事にスッキリと取り除いてしまう美人皮膚科医の存在がインターネット上で広まり、アメリカでは「その女医がニキビを潰す映像を見ること」がサブカルチャー的な人気を誇っているという。


ニキビを潰す快感を得たいフォロワーが増大


 「ドクター・ピンプルポッパー」と呼ばれる皮膚科医が、アメリカでサブカル的な人気を博している。ピンプル(Pimple)とは「ニキビ」、ポッパー(Popper)は「ポンポンとはじく人」、つまり「ニキビをポンポンと潰す医者」というニックネームを持つのが、カリフォルニア州で皮膚科を営むサンドラ・リー女医だ。

 実は以前からインターネット上では、自身のニキビや吹き出物を潰す映像を公開するコミュニティーが小さいながら存在していたという。

 ただ、そういう動画を公開している人の多くが不潔な環境でニキビを潰していることに気づいたリー医師が、「清潔な環境でプロが施術すると、これほど簡単に潰せる」ことを伝えるために自身のYouTubeチャンネルを開設。そこで自分が患者の「黒ニキビをスッキリ出す」様子を撮影したビデオを放映すると、「スッキリと取り除いてしまう爽快感が堪らない」、「最初はギョッとするが、見始めたら止まらなくなった」、「達成感が得られる」など大反響で人気が爆発。大手ワシントンポスト紙で「ネット上でのサブカルチャーを生み出した」と報道されたほど話題になった。

話題沸騰でドクターの冠TV番組まで登場

 リー医師のYouTubeサイトは海外からのアクセスも含めて400万人に達し、フェイスブックのフォロワーは200万人、インスタグラム280万人、ツイッターでは9.1万人のサブスクライバーを持つほどになり、今もなおファンは増え続けている。その人気のすごさに気づいた米ケーブルTV局のTLCがオファーを出して、とうとう同TV局で冠番組まで登場。ちなみに番組の初回プレミア放映は240万人が視聴したヒット番組となった。

 この人気に便乗して、リー医師はSpin Master Games社と共に「Pimple Pete Game」なる、ニキビ潰しゲームまで開発。今月後半からのアメリカのホリデーシーズンを見据え、すでに米Amazon.comの「Holiday Toy List」(クリスマス・プレゼントの提案)にも載っている。アマゾンでは$16.88(約1,700円)だが、大手量販店のウォルマートやターゲット等でも取り扱っているという全米展開だ。

 すでに類似品も登場しており、なかでも肌のような素材の上のプチプチを潰して中身を出すことを繰り返す「Pop It Pal」という商品には、多人種からなるアメリカらしく、肌の色の選択肢もあり、定価は$19.99(約2,200円)。同商品の紹介映像はこちら。もし今年のクリスマス・プレゼントにこの商品が届いたら、きっと多くの人が驚愕するだろう。

 リー医師によると、ニキビを潰すことをやめられない人は「popaholics」と呼ばれ、そして「その様子を見ること」をpopaholicismと呼ぶそうだが、固有名詞をつけられても、それがグロテスクであることは変わらない気がする。幼い頃に夢中になって遊んだ「空気が入った丸いプチプチがついたビニール梱包材をつぶしていく快感」のようなものなのだろうか? 

この記事の寄稿者

関連するキーワード


アメリカ 美容業界

関連する投稿




アメリカのド田舎における「日本のラーメン屋」事情

アメリカのド田舎における「日本のラーメン屋」事情

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをアーカンソー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。アメリカにおける日本のラーメン・ブームが騒がれて久しいが、それは都会での話。南部では、まだまだ不思議なラーメンが幅を利かしている。


それ、ほんと? アメリカ人の約半数が下着を毎日は取り替えない?

それ、ほんと? アメリカ人の約半数が下着を毎日は取り替えない?

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをケンタッキー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は先日、米有名紙が掲載した下着に関するアンケート記事を読んで驚愕したというお話。


コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが、お届けする開運指南。今月は新型コロナウイルスが猛威を振るう世の中における、今後の動向を星の配置や数秘の観点からお伝えしていきます。






最新の投稿


渋谷のハロウィン仮装パーティー、アメリカ南部人の感想は?

渋谷のハロウィン仮装パーティー、アメリカ南部人の感想は?

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをケンタッキー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回はアメリカにおけるハロウィンの解説と、宗教色がとても強い米南部で東京・渋谷のハロウィンの写真を見せた米南部人たちの反応について。


育毛もテックな時代に?!

育毛もテックな時代に?!

米ノースキャロライナ州に拠点を置くPhotonMD社が販売しているテックな育毛医療機器が、密かな話題を呼んでいる。男女問わず、いわゆる若ハゲ(アンドロゲン性脱毛症)やストレス性脱毛などに高い効果があるという。どんな商品なのだろう?


IQが20ポイントも上昇?! アメリカで話題のBrainTechアプリ

IQが20ポイントも上昇?! アメリカで話題のBrainTechアプリ

認知神経科学者によって開発された「IQと記憶を向上させるためのアプリ」が話題を呼んでいる。指示に従って利用を続ければ、IQが20ポイント以上あがることが保証されているという、このアプリ。その実態とは?


アメリカで本格派ラーメンの宅配! 若き日本人起業家による新ビジネス

アメリカで本格派ラーメンの宅配! 若き日本人起業家による新ビジネス

アメリカにおける「日本の本格派ラーメン」の人気は年々上昇を続け、ニューヨークやロサンゼルスなどの沿岸大都市では本格派ラーメン店が並ぶ激戦区があるほどだ。地方都市でもラーメン人気が高まる中、若い日本人起業家が考案した「自宅で本格的な日本の味を再現できるラーメンのミール・キット」が話題を呼んでいる。


ベーグルの切り方でNYが大論争 縦に切るか、横に切るか?

ベーグルの切り方でNYが大論争 縦に切るか、横に切るか?

ニューヨークの名物、ベーグル。リング状の形をしたこの固めのパンは文化の一部なんだと言えるほど、ニューヨーカーのベーグルに対する想いは熱い。そんなニューヨークで、セントルイスの出身者がニューヨークとは異なるベーグルの食べ方を自信満々に紹介したツイートが炎上。単なる「ベーグルの切り方の違い」なのだが、まだ騒ぎは収まらないようだ。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング