アメリカで大ヒット中の「Kombucha」、アルコール入りも登場

アメリカで大ヒット中の「Kombucha」、アルコール入りも登場

アメリカ、特に西海岸のヘルスコンシャスな人たちの間で「コンブチャ」が流行り始めて既に数年が経つが、いよいよ本格的な「コンブチャ・ブーム」が到来。 一般のスーパーマーケットの棚にも様々なコンブチャ・ドリンクのボトルが並ぶようになり、今もっとも成長が速い商品と言われている。そんな中、なんとアルコール入りのコンブチャまで登場した。


ヘルスコンシャスの心を掴んだ「Kombucha」= 紅茶キノコ

 アメリカで言う「コンブチャ」は、日本では「紅茶キノコ」の名で親しまれている発酵飲料のこと。その表記から、「コンブチャ=昆布茶」だと思っている方も多いようだが、全く別ものだ。ちなみにコンブチャの英語表記は「Kombucha」。日本語表記で「ん」に当たる箇所は「N」ではなく「M」と表記する。

 昨年の全米における「コンブチャ」の売り上げは、前年比の37.4%増である約556ミリオン・ドル(約626億円)。自然発酵ドリンクを支持する強いファン層を持つ同市場には、自然派ドリンクのトップ5ブランドと言われるGT’s、 KaVita、 Health Ade、 Brew D、 Live Sodaのほかにも、Suja 、Banbucha Kombucha 、Shen Zen Tea など多くの新規ブランドが参入。非営利組織のコンブチャ・ブルワーズ・インターナショナルによると、「コンブチャ・ドリンク市場」は2020年までに1.8ビリオン・ドル(約2,028億円)の市場にまで発展すると言う。

これほど健康的なアルコール飲料はない?

 コンブチャはそもそも発酵の過程で生まれる非常に少量のアルコール(0.5%以下)を含んでいるが、極少量なため、アルコール飲料にはならない。しかし、その発酵茶の特性を逆手にとって、7%のアルコールを含む飲料として「ハード・コンブチャ」(英語でhardはアルコール飲料を指す)を開発販売するのが、カリフォルニアに拠点を置く「 Boochcraft 」だ。

 たとえばアップル・ライム・ジャスミン味や、スイカ・ミント・チリ味など、思わず試したくなるような6種のフレーバーを揃え、そのすべてがオーガニックでグルテン・フリーという、健康にこだわる人には堪らない商品を提供している。同社の創業者たちによると、体に悪いと言われるアルコール飲料でも、発酵させた健康飲料から作れば罪悪感を覚えずに気分良く飲めると考えたという。

 同社はアルコールなしのコンブチャ・ドリンクを主軸に、セカンド・ラインとしてアルコール入りコンブチャを販売しているため、健康軸をブラさずにファン層を拡大している。飛ぶ鳥を落とす勢いのアメリカの「コンブチャ・ブーム」は、日本にも逆輸入されるだろうか?

この記事の寄稿者

関連する投稿


こんなに違う! アメリカの「就活」常識

こんなに違う! アメリカの「就活」常識

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生たちのトレンドなどの情報をお届け。今回は日本とは異なる、アメリカの「就活」の常識について。


アメリカ生活に欠かせない「持ち寄り&助け合い」最強アプリ

アメリカ生活に欠かせない「持ち寄り&助け合い」最強アプリ

アメリカでは、夏の行楽シーズンや、卒業・学年末などのシーズンになると「SignUpGenius(サインナップ・ジニアス)」というサイトを使ったEメールが頻繁に飛び交う。学校やサークル、ボランティア活動、様々な集会などに欠かせない便利なツールの具体的な使われ方とは?


学生たちを借金から解放させた米実業家に賞賛の声

学生たちを借金から解放させた米実業家に賞賛の声

大学の学費が高額なことで知られるアメリカ。親が裕福ではない限り、大抵の学生が卒業後に返済が始まる学生ローンを受けて進学するため、借金を抱えながら社会人になる。それでは若者たちが夢に向かいにくいと、ある実業家が大学を卒業する生徒、約400人分の学生ローン、総額約44億円を肩代わりすると発表。感動と賞賛の声がアメリカを駆け巡った。


米ヘルシー朝食トレンド旋風に乗るダンキン・ドーナツ

米ヘルシー朝食トレンド旋風に乗るダンキン・ドーナツ

「甘いドーナツとコーヒー」の組み合わせは、アメリカの定番朝食メニューのひとつ。しかし最近のヘルシー志向の影響を受け、ドーナツ屋でさえも、ドーナツ以外の異なるメニュー開発に力を注いでいる。世界展開をするドーナツ・チェーン、「ダンキン・ドーナツ」でも、健康的な「ブレックファスト・ボウル」なるメニューを開始して話題を呼んでいる。


知られざる米南部の高い“コンサバ度”

知られざる米南部の高い“コンサバ度”

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをアーカンソー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は沿岸部大都市に比べると驚くほど保守的な文化を誇る南部地域で、著者が経験したことを交えてそのコンサバ度合いを紹介する。






最新の投稿


【Red vs. Blue】「白人共和国」を望む共和党は、自由の国アメリカを破壊するのか?

【Red vs. Blue】「白人共和国」を望む共和党は、自由の国アメリカを破壊するのか?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回はタイム誌の「共和党はアメリカを白人共和国にするためにトランプを支持し、アメリカを破壊しようとしている」という記事について。


世界初! サンフランシスコ空港「プラスチック製の水ボトル販売禁止」を決定

世界初! サンフランシスコ空港「プラスチック製の水ボトル販売禁止」を決定

米カリフォルニア州のサンフランシスコ国際空港が、8月20日から空港内における使い捨ての飲料水入りペットボトルの販売を禁止することを発表した。世界的にプラスチック製ゴミの問題が大きくなる中、それを減らすために市をあげて取り組む姿勢だ。


今年のプライムデーに最も売れた商品とは?

今年のプライムデーに最も売れた商品とは?

先月開催されたアマゾン・ドットコム社による恒例の大バーゲン、アマゾン・プライムデー。毎年、たった1日で爆発的に売れた商品がいくつか出現するので、話題になる。今年アメリカで飛び抜けて売れた商品を紹介しよう。


今週の神秘ナンバー占い(2019年8月16日〜22日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年8月16日〜22日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


アメリカで家を新築するのはなかなか大変

アメリカで家を新築するのはなかなか大変

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをケンタッキー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は長年住んだアーカンソー州から、同じく南部のケンタッキー州へ引っ越した話。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング