えっ、そこ? アマゾン第2本社、NY市とワシントンDC近郊に決定

えっ、そこ? アマゾン第2本社、NY市とワシントンDC近郊に決定

米アマゾン・ドットコム社の「第2本社」が、ニューヨーク市とワシントンDC近郊アーリントンの二拠点となることが発表された。昨年開始された「アマゾン誘致合戦」の結果は、アメリカに新しい大都市が誕生することを期待していた多くの企業や地域関係者を落胆させたが、同社はこの決定により、さらに成長の加速度を増しそうだ。


白熱した誘致合戦の末の「王道的な選択」

 米アマゾン・ドットコム社の「第2本社」が、ニューヨーク市とワシントンDC近郊の二拠点になることが決定した。同社は昨年、「50億ドルの投資と5万人の雇用」を掲げて、北米各都市から「第2本社」の誘致を大々的に募集し、238地域がこれに応募。その中から候補地は20カ所に絞られていたが、米国時間13日にニューヨークのマンハッタンに近いロング・アイランド・シティと、首都ワシントンDCに隣接するバージニア州アーリントンのクリスタル・シティにそれぞれ社屋を建てて、ダブル第2本社にすると発表された。

 本社を米西海岸のシアトルに構える同社にとって、広い米大陸を挟んだ東海岸に位置する大都市ニューヨークやワシントンDCに第2本社を構えるのは理にかなっている。しかも、アーリントン近郊は米国の政治の根幹を担うさまざまな機関はもちろん、防衛の要である国防省や科学系機関などサイバーセキュリティーをはじめとするハイテク産業が集まっている地域でもある。

 アマゾン社に対し、ニューヨーク州は15億2,500万ドルの税控除と業績に基づく補助金、ニューヨーク市も最長25年間の不動産税の減税などの補助金などを用意する方針で、バージニア州は業績に基づく助成金を現金で約5億7,300万ドルを出す予定。アマゾン社は2都市へ計50億ドルを投資し、各都市に2万5,000人の新規雇用を生む予定で、雇用者の平均年収は15万ドル超え(1,500万円以上)になる見込みだ。

この2都市の不動産はすでに高騰の兆し

 このアマゾン第2本社の誘致は、ジェフ・ベゾスCEOが「候補地として自らの良さをアピールする」ことを条件に入れたため、誘致合戦にも注目が集まっていた。ミシガン州デトロイトやオハイオ州コロンバスなどの失業率が高い中部や中西部地域の都市や、ジョージア州アトランタ、テキサス州オースティンなど南部地域に一大ハイテク都市が誕生する可能性を期待する声も高かったため、同社が首都ワシントンDC近郊とニューヨークという王道的な選択をした発表を受けて、落胆する地方自治体や企業も多いようだ。

 そんな地方都市への配慮なのか、同社はテネシー州ナッシュビルに顧客対応や輸送などを担当する「センター・オブ・エクセレンス」を開設し、5,000人以上の雇用を生む見込みだと併せて発表した。同州からは、同社への雇用創出条件に基づいた州税優遇措置、6,500万ドルの現金での助成金支援などが提示されている。

 大手『ワシントン・ポスト』紙を所有するベゾスCEOは、クリスタル・シティに第二の邸宅を所有しており、同市はベゾス氏には既に馴染みのある都市でもある。多くの投資家たちは既に第2本社が建つ地域の不動産購入に積極的に動いており、同地域の物価はここ数年のシアトル並みに急高騰することが予想される。世界一の大富豪であるベゾスCEOの富は、ますます増えそうだ。

この記事の寄稿者

関連する投稿


BizSeeds編集部スタッフがお届け!『ロックダウン・アメリカ』スタート

BizSeeds編集部スタッフがお届け!『ロックダウン・アメリカ』スタート

新型コロナウイルス、死者・感染者ともに拡大を見せているアメリカ。ロックダウンが始まって1ケ月今日、アメリカのフツーの人は、どうやってロックダウン生活を過ごしているのか? 


コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが、お届けする開運指南。今月は新型コロナウイルスが猛威を振るう世の中における、今後の動向を星の配置や数秘の観点からお伝えしていきます。


トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、新型コロナウィルス感染防止で自宅に篭るべく、個々が食料品や雑貨の買い溜めをして備えているが、「忘れられている備え」があることについて。


あなたの作品が永久保存される「スケッチブック・プロジェクト」

あなたの作品が永久保存される「スケッチブック・プロジェクト」

ニューヨークの「ブルックリン・アート・ライブラリー」が主催する「スケッチブック・プロジェクト」。これまでに世界101カ国から16万人を超えるクリエイターが参加している、ユニークなアート・プロジェクトとは?


米アマゾンの年末商戦、「子供の目線」のカタログ配布は功を奏すか?

米アマゾンの年末商戦、「子供の目線」のカタログ配布は功を奏すか?

昨年、米アマゾンドットコム社が突如開始したオモチャのカタログ。今年もホリデーシーズンに先駆けて、アメリカ国内の家庭にカタログが届き始めた。しかし昨年とは異なり、今年のアマゾンのカタログのマーケティングにはひねりがある。このカタログは、完全に子供たちに向けたものなのだ。






最新の投稿


米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


BizSeeds編集部スタッフがお届け!『ロックダウン・アメリカ』スタート

BizSeeds編集部スタッフがお届け!『ロックダウン・アメリカ』スタート

新型コロナウイルス、死者・感染者ともに拡大を見せているアメリカ。ロックダウンが始まって1ケ月今日、アメリカのフツーの人は、どうやってロックダウン生活を過ごしているのか? 


新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けする、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回はトランプ大統領を嫌っている米大手メディアと民主党によるトランプ・バッシングが、度を超えているという著者の意見を例を挙げて紹介しよう。


コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが、お届けする開運指南。今月は新型コロナウイルスが猛威を振るう世の中における、今後の動向を星の配置や数秘の観点からお伝えしていきます。


トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、新型コロナウィルス感染防止で自宅に篭るべく、個々が食料品や雑貨の買い溜めをして備えているが、「忘れられている備え」があることについて。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング